Ryoko Hanada

J-GLOBAL         Last updated: Oct 12, 2018 at 18:34
 
Avatar
Name
Ryoko Hanada
Affiliation
Tokyo Woman's Christian University
Section
School of Arts and Sciences Division of Psychology and Communication
Degree
Ph.D.(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Associate Professor, Kyoto University of Education Center for Clinical Psychology and Education, Center for Clinical Psychology and Education
 
2000
 - 
2003
 Counseling Center of School Refusal in Miyagi Prefecture, Telephone Counselor
 
2000
 - 
2004
 Sendai Judo Therapy Vocational College, Part-Time Lecturer, School Counselor
 
2001
 - 
2003
 Sanuma High School (full-time high school), School Counselor
 
2001
 - 
2003
 Sanuma High School (a part-time high school), School Counselor
 
2001
 - 
2004
 Touzai Clinic (psychosomatic medicine), Psychotherapist
 
2002
 - 
2003
 Tohoku University, Teaching Assistant
 
2002
 - 
2003
 Hara Clinic (mental hospital), day care staff
 
2003
 - 
2004
 Shinden Elementary School, School Counselor
 
2003
 - 
2004
 Higashi-Sendai Elementary School, School Counselor
 
2003
 - 
2004
 Higashi-Sendai Junior High School, school counselor
 
2003
 - 
2004
 Japan Society for Promotion of Science, JSPS Research Fellow
 
2004
 - 
2009
 Kyoto University of Education, Lecturer
 
2005
   
 
- Kyoto Institute of Technology, Part-Time Lecturer
 
2007
 - 
2013
 Touryou High School, School Counselor
 
2009
   
 
- Kyoto University of Education, Associate Professor
 
2011
   
 
- Doshisha Women's College of Liberal Arts, Part-Time Lecturer
 
2012
   
 
- Kiyota Clinic, Psychotherapist
 

Education

 
 
 - 
2007
Clinical Psychology, Graduate School, Division of Education, Tohoku University
 
 
 - 
2002
Clinical Psychology, Graduate School, Division of Education, Tohoku University
 
 
 - 
1999
Department of Psychology, Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities), Tokyo Woman's Christian University
 

Committee Memberships

 
2010
   
 
The association of Japanese Clinical Psychology  広報誌編集委員会委員/広報委員会委員
 
2010
 - 
2012
Japanese Association of Family Psychology  Board
 
2007
   
 
National Foundation of Brieftherapy  Board,Branch Manager of Kyoto
 
2003
   
 
Japan Association of Family Therapy  
 
2003
   
 
The Japanese Psychological Association  
 

Awards & Honors

 
2012
腎移植予定の極端な食思不振を訴える透析患者への心理的援助
 

Misc

 
井上 雅史, 中島 隆太郎, 花田 里欧子, 古山 宣洋, 入野 俊夫
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(509) 11-15   Mar 2018
井上雅史, 中島隆太郎, 花田里欧子, 古山宣洋, 入野俊夫
電子情報通信学会技術研究報告   117(509(HCS2017 93-118)) 11‐15   Mar 2018
花田里欧子, 中島隆太郎, 井上雅史, 古山宣洋, 入野俊夫
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   32nd ROMBUNNO.3C1.OS.14a.02   2018
HANADA Ryoko, NAKAJIMA Ryutaro, INOUE Masashi, FURUYAMA Nobuhiro, IRINO Toshio
Proc. of JSAI   2018(0) 3C1OS14a02-3C1OS14a02   2018
<p>Active listening is one of the indispensable axes in evaluating the dialogue of psychotherapy. Although there have been discussions about it in the area of clinical psychology, the method for evaluating active listening has been missing. It is ...
花田 里欧子, 入野 俊夫, 古山 宣洋, 井上 雅史, 中島 隆太郎
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(524) 113-118   Mar 2017

Books etc

 
心理療法の交差点 第1部第3章 家族療法 第2部事例の検討 第3部心理療法の交差点
新曜社   2013   
家族心理学の専門家が説くあっというまの問題解決 〈プロローグ〉家族は成長し続ける 終章 恋人時代は~
アルテ   2013   
学校臨床-子ども・学校をめぐる教育課題への理解と対応- 第3部 学校をめぐる課題とその対応 第9章 学校への過度な要求(pp.140-153)
金子書房   2012   
解決志向介護コミュニケーションー短期療法で家族を考える 序章 解決志向介護ってなに?(pp.1-10) 第3章 介護者が疲れてしまわないために第2節 介護に携わる家族への援助(pp.118-130) 終章 解決志向介護に関する理論(pp.201-209) コラム7 言葉に頼らない介護-老犬の介護から学ぶもの-(pp.149-151)
誠信書房   2010   ISBN:978-4-414-40064-9
Clinical Psychology Concerning Interactional Patterns: Empirical Studies of Communication Theory by Gregory Bateson
風間書房   2010   

Conference Activities & Talks

 
花田里欧子, 清田敦彦, 岸谷里美, & 谷口淳子. (2013). 腎不全患者とその支援者が支え合えるポジティブな対話環境の設計について. 第58回日本透析医学会学術総会 ・総会特別号, 2013年6月22日 (Vol. P-2–338, p. 861). マリンメッセ福岡、福岡.
第58回日本透析医学会学術総会   2013   
清田敦彦, 横山美紀, 岸谷里美, & 花田里欧子. (2013). 透析患者と支援者が支え合えるポジティブな対話環境の設計について. 第80回大阪透析研究会, 2013年3月17日 (Vol. E-27, p. 58). 大阪国際会議場、大阪.
第80回大阪透析研究会   2013   
花田里欧子. (2012). 東アジアの家族を比較する(ワークショップC). 日本ブリーフセラピー協会第4回学術会議, 2012年11月11日 (p. 25). ウィリング横浜、神奈川.
日本ブリーフセラピー協会第4回学術会議   2012   
清田敦彦, 横山美紀, 阪田万佐代, 丸山今日子, 堀江由美子, 井漕直美, 石田幸広, et al. (2012). 透析現場での心理的支援の臨床効果と限界についてー種種の愁訴を示す末期腎不全症例を通しての考察ー. 第79回大阪透析研究会, 2012年9月9日 (Vol. D-17, p. 58). 大阪国際会議場、大阪.
第79回大阪透析研究会   2012   
花田里欧子. (2012). 家族療法的トレーニング~家族療法のトレーニング、家族療法を応用した心理臨床のトレーニング~(自主シンポジウム81). 日本心理臨床学会第31回秋季大会論文集, 2012年9月14日 (p. 740). 愛知学院大学、愛知.
日本心理臨床学会第31回秋季大会   2012   

Research Grants & Projects

 
Empirical Studies of Communication Theory by GregoryBateson
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 1999   
臨床心理学、特に、専門は家族療法/短期療法(ブリーフセラピー)、家族心理学である。心理臨床家の面接技術がどのように構成されているのか、また、その向上はいかに可能か、を明らかにすることを目的に、グレゴリー・ベイトソンのコミュニケーション理論をもとにして、臨床心理面接や教育実践などにかんする基礎的研究とその臨床的応用をすすめている。