花田 里欧子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/12 18:34
 
アバター
研究者氏名
花田 里欧子
 
ハナダ リョウコ
所属
東京女子大学
部署
現代教養学部
職名
心理・コミュニケーション学科

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
京都教育大学 教育臨床心理実践センター 教育臨床心理実践センター 准教授
 
2000年
 - 
2003年
 宮城県不登校相談センター, 電話相談員
 
2000年
 - 
2004年
 学校法人東北柔専仙台接骨医療専門学校, 非常勤講師・スクールカウンセラー
 
2001年
 - 
2003年
 宮城県佐沼高等学校全日制, スクールカウンセラー
 
2001年
 - 
2003年
 宮城県佐沼高等学校定時制, スクールカウンセラー
 
2001年
 - 
2004年
 東西クリニック仙台(心療内科), 心理療法士
 
2002年
 - 
2003年
 東北大学大学院教育学研究科, ティーチングアシスタント
 
2002年
 - 
2003年
 原クリニック(精神科), デイケアスタッフ
 
2003年
 - 
2004年
 仙台市立新田小学校, スクールカウンセラー
 
2003年
 - 
2004年
 東仙台小学校, スクールカウンセラー
 
2003年
 - 
2004年
 仙台市立東仙台中学校, スクールカウンセラー
 
2003年
 - 
2004年
 日本学術振興会, 特別研究員DC2
 
2004年
 - 
2009年
 京都教育大学, 講師
 
2005年
   
 
- 京都工芸繊維大学, 非常勤講師
 
2007年
 - 
2013年
 京都府立東稜高等学校, スクールカウンセラー
 
2009年
   
 
- 京都教育大学, 准教授
 
2011年
   
 
- 同志社女子大学, 非常勤講師
 
2012年
   
 
- 清田クリニック(人工透析・内科・泌尿器科・禁煙外来), 心理療法士
 

学歴

 
 
 - 
2007年
東北大学 教育学研究科 臨床心理学
 
 
 - 
2002年
東北大学 教育学研究科 臨床心理学
 
 
 - 
1999年
東京女子大学 文理学部(文科系) 心理学科
 

委員歴

 
2005年
   
 
- 教育研究交流会議 学校臨床分科会代表者
 
2010年
   
 
- 心理教育相談室長
 
2013年
   
 
国際家族心理学会  Board
 
2010年
   
 
日本心理臨床学会  広報誌編集委員会委員/広報委員会委員
 
2010年
 - 
2012年
日本家族心理学会  理事(日本家族心理学会第10期役員)
 

受賞

 
2012年
腎移植予定の極端な食思不振を訴える透析患者への心理的援助
 

Misc

 
井上 雅史, 中島 隆太郎, 花田 里欧子, 古山 宣洋, 入野 俊夫
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(509) 11-15   2018年3月
井上雅史, 中島隆太郎, 花田里欧子, 古山宣洋, 入野俊夫
電子情報通信学会技術研究報告   117(509(HCS2017 93-118)) 11‐15   2018年3月
花田里欧子, 中島隆太郎, 井上雅史, 古山宣洋, 入野俊夫
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   32nd ROMBUNNO.3C1.OS.14a.02   2018年
花田 里欧子, 中島 隆太郎, 井上 雅史, 古山 宣洋, 入野 俊夫
JSAI大会論文集   2018(0) 3C1OS14a02-3C1OS14a02   2018年
<p>臨床心理面接という対話の評価において,傾聴は欠くことのできない重要な軸の一つである.これまで傾聴を構成する要素に関する知見はあるが[アイビイ1985],面接全体として傾聴が真に成立したかどうかについて評価測定するための手法は,まだ十分確立していない.特に傾聴に際してそうしているつもりでも相手はそう感じていないといったすれ違いがつきまとうことはこの課題をいっそう困難にしている.しかし面接の質の把握や向上のためには,傾聴の評価測定をすすめていく必要がある.本研究ではそのためのひとつのアプ...
花田里欧子, 入野俊夫, 古山宣洋, 井上雅史, 中島隆太郎
電子情報通信学会技術研究報告   116(524(HCS2016 90-118)) 113‐118   2017年3月

書籍等出版物

 
長谷川 啓三, 佐藤 宏平, 花田 里欧子
遠見書房   2017年   ISBN:9784866160283
日本家族心理学会, 亀口 憲治, 野末 武義, 団 士郎, 滝口 俊子, 佐藤 宏平, 花田 里欧子, 北島 歩美, 藤田 博康, 高橋 靖恵, 平山 史朗, 玉井 真理子, 麻生 典子, 平木 典子, 水野 修次郎, 皆藤 章, 田中 志帆, 内田 利広, 生田 倫子, 田附 あえか
金子書房   2015年   ISBN:9784760823963
長谷川 啓三, 花田 里欧子, 佐藤 宏平
遠見書房   2014年   ISBN:9784904536704
岡 昌之, 生田 倫子, 妙木 浩之, 富家 直明, 花田 里欧子, 三澤 文紀
新曜社   2013年   ISBN:9784788513495
心理療法の交差点 第1部第3章 家族療法 第2部事例の検討 第3部心理療法の交差点
新曜社   2013年   

講演・口頭発表等

 
花田里欧子, 清田敦彦, 岸谷里美, & 谷口淳子. (2013). 腎不全患者とその支援者が支え合えるポジティブな対話環境の設計について. 第58回日本透析医学会学術総会 ・総会特別号, 2013年6月22日 (Vol. P-2–338, p. 861). マリンメッセ福岡、福岡.
第58回日本透析医学会学術総会   2013年   
清田敦彦, 横山美紀, 岸谷里美, & 花田里欧子. (2013). 透析患者と支援者が支え合えるポジティブな対話環境の設計について. 第80回大阪透析研究会, 2013年3月17日 (Vol. E-27, p. 58). 大阪国際会議場、大阪.
第80回大阪透析研究会   2013年   
花田里欧子. (2012). 東アジアの家族を比較する(ワークショップC). 日本ブリーフセラピー協会第4回学術会議, 2012年11月11日 (p. 25). ウィリング横浜、神奈川.
日本ブリーフセラピー協会第4回学術会議   2012年   
清田敦彦, 横山美紀, 阪田万佐代, 丸山今日子, 堀江由美子, 井漕直美, 石田幸広, et al. (2012). 透析現場での心理的支援の臨床効果と限界についてー種種の愁訴を示す末期腎不全症例を通しての考察ー. 第79回大阪透析研究会, 2012年9月9日 (Vol. D-17, p. 58). 大阪国際会議場、大阪.
第79回大阪透析研究会   2012年   
花田里欧子. (2012). 家族療法的トレーニング~家族療法のトレーニング、家族療法を応用した心理臨床のトレーニング~(自主シンポジウム81). 日本心理臨床学会第31回秋季大会論文集, 2012年9月14日 (p. 740). 愛知学院大学、愛知.
日本心理臨床学会第31回秋季大会   2012年   

Works

 
対面対話進行における探索と調整機構の解明:カウンセリング場面を中心に, 基盤研究(C)
2012年
感性にはたらきかけるカウンセリングのためのパラ言語情報と身体動作の計測と解析, 萌芽研究
2011年
臨床心理面接における対話齟齬の理解:音声とうなずきの観点から, 基盤研究(C)
2010年
学校経営へのTQMの導入による教師間の同僚性の向上に関する実証的研究, 基盤研究(C)
2010年
対話に潜むパターンを探り当てる手法の開発:動的類似尺度を用いるアプローチ, 基盤研究(C)
2009年

競争的資金等の研究課題

 
G.ベイトソンによるコミュニケーション理論の実証的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1999年   
臨床心理学、特に、専門は家族療法/短期療法(ブリーフセラピー)、家族心理学である。心理臨床家の面接技術がどのように構成されているのか、また、その向上はいかに可能か、を明らかにすることを目的に、グレゴリー・ベイトソンのコミュニケーション理論をもとにして、臨床心理面接や教育実践などにかんする基礎的研究とその臨床的応用をすすめている。