岩尾 徹

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 11:14
 
アバター
研究者氏名
岩尾 徹
 
イワオ トオル
URL
https:/hicel.org/
所属
東京都市大学
部署
工学部 電気電子工学科 東京都市大学 工学部 電気電子工学科
学位
博士(工学)(中央大学)
その他の所属
東京都市大学

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
1998年
 中央大学理工学研究所 準研究員
 
1999年
   
 
 中央大学理工学研究所 RA
 
2000年
   
 
 中央大学理工学研究所 ポスドク
 
2001年
   
 
 日本学術振興会 特別研究員PD
 
2001年
   
 
 テキサステック大学 客員研究員
 

学歴

 
 
 - 
2000年
中央大学 理工学研究科 電気電子工学
 
 
 - 
1997年
中央大学 理工学部 電気・電子工学科
 

委員歴

 
2010年
   
 
 日本鉄鋼協会 春季講演大会 実行委員会委員
 
2010年
   
 
 電気学会 英文論文誌編修委員会委員
 
2010年
   
 
 電気学会 B部門大会 実行委員会 編集委員長
 
2010年
   
 
 電気学会 B部門大会 論文委員会 委員長
 
2010年
   
 
 電気学会 B部門役員会 編集担当
 

受賞

 
2003年
日韓合同放電・高電圧シンポジウム優秀論文発表賞
 
2013年
接合科学共同利用・共同研究賞
 
2000年
電気学会 優秀論文発表賞
 
2010年
平成20年度電気学会静止器技術委員会優秀奨励賞
 
2007年
平成18年度 電気学会 優秀論文発表賞
 

論文

 
Takata Ricardo, Iwao Toru, Yumoto Motoshige
ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN   99(8) 93-99   2016年8月   [査読有り]
EVAPORATION SPEED AFFECTED BY MOVING SPEED OF VACUUM ARC CATHODE SPOT OF COPPER
2016 43RD IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON PLASMA SCIENCE (ICOPS)      2016年   [査読有り]
DISTRIBUTION OF AR ARC CONTAMINATED WITH NITROGEN IN PULSED TIG WELDING
2016 43RD IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON PLASMA SCIENCE (ICOPS)      2016年   [査読有り]
DEVELOPMENT OF WALL-STABILIZED ARC OF WATER-COOLED VORTEX TYPE WITH SMALL CALIBER FOR HIGH INTENSE RADIATION
2016 43RD IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON PLASMA SCIENCE (ICOPS)      2016年   [査読有り]
Mitsuyasu Eriko, Iwao Toru, Yumoto Motoshige
ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN   97(8) 63-71   2014年8月   [査読有り]

Misc

 
Toru Iwao
IEEJ Transactions on Power and Energy   136 728   2016年1月
Tadashi Sakai, Toru Iwao, Shinichi Tashiro, Manabu Tanaka, Motoshige Yumoto
Welding in the World   CDROM 47-52   2009年12月
The relation between heat transfer to the anode and frequency of the pulsed arc was detailed for TIG welding. Change of temperature and current density were calculated to describe the heat flux. The plasma arc was considered in local thermodynamic...
Shinji Yamamoto, Toru Iwao, Yoshiyasu Ehara
IEEJ Transactions on Power and Energy   136 755-760   2016年1月
A remarkable characteristic of a vacuum arc cathode spot, which can remove an oxide layer, is that it moves across the metal surface. However, the influence of current change to the parameter of the cathode spot on the boundary layer remains uncle...
廣瀬迪郎,岩尾徹,湯本 雅恵
電気学会論文誌B   Vol.133(No.1) 121-128   2013年2月
Gas tungsten arc welding (GTAW) is a high quality and productive joining technology. The tungsten inert gas (TIG) welding which is one of the GTAW has been used as a high quality joining case. Because the inert gas is used as a shielding gas, the ...
Kazuki Sone, Eriko Mitsuyasu, Shinji Yamamoto, Toru Iwao
IEEJ Transactions on Power and Energy   136 761-767   2016年1月
A remarkable characteristic of a vacuum arc cathode spot, which can remove an oxide layer, is that it moves across the metal surface. However, the influence of current change to the parameter of the cathode spot on the boundary layer remains uncle...

書籍等出版物

 
岩尾徹, 百目鬼英雄 (担当:共著)
日新出版   2014年7月   ISBN:4817302402
EE Text 電気電子基礎計測
オーム社   2009年   ISBN:978-4-274-20776-1
大電流エネルギー技術の高度化に関する調査専門委員会
電気学会   2010年   
エネルギーシステムにおける大電流技術
電気学会   2007年   
アーク・グロー放電の基礎技術 -放電分野の垣根を越えた最新技術動向調査-
電気学会   2006年   

講演・口頭発表等

 
窒素イオン照射を用いたPTFEの表面改質-接着力向上に寄与する照射エネルギーの検証-
放電学会年次大会   2012年   
減圧インパルス放電による炭素鋼表面の痕跡面積と波尾長の関係
電気学会全国大会   2004年   
針-平板電極間の負コロナ放電における最大放電電荷量の容量依存性
放電学会年次大会   2011年   
半楕円反射板を用いたアルゴンプラズマアークの赤外線よる集光点温度上昇
電気学会新エネ・環境研究会   2005年   
演色性向上に向けたスカンジウム蒸気混入高温アルゴンの放射係数
放電学会年次大会   2011年   

Works

 
財団法人実吉奨学金
2006年 - 2007年
日本学術振興会科学研究費補助金
2001年 - 2003年
日本学術振興会科学研究費補助金
2005年 - 2007年
財団法人東京都中小企業振興公社 共同開発助成事業
2004年 - 2006年
日本学術振興会科学研究費補助金
2001年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
超高温プラズマによる廃棄物処理・リサイクル技術の開発
中小企業産業技術研究開発
研究期間: 2000年 - 2005年
超高温プラズマによる廃棄物処理として、アスベスト、焼却灰、医療廃棄物などの処理に関する研究を行っている。
高輝度アークランプの開発
研究期間: 2000年   
高輝度アークランプの開発を行っています。
真空アークによる超高速表面処理
研究期間: 2000年   
真空アークによる超高速表面処理を行っています。
熱プラズマの発生と制御および材料プ口セスへの応用
研究期間: 2004年   
熱プラズマの発生と制御および材料プ口セスへの応用を行う。
パルスアーク溶接の放電物理と溶融池現象の解析
研究期間: 2004年   
パルスアーク溶接の放電物理と溶融池現象の解析を行う。