江原 暉将

J-GLOBALへ         更新日: 10/02/24 00:00
 
アバター
研究者氏名
江原 暉将
 
エハラ テルマサ
URL
http://www.y-eiwa.ac.jp/~kenkyu/eharate
所属
山梨英和大学
部署
人間文化学部 人間文化学科 山梨英和大学 人間文化学部 人間文化学科
職名
教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1970年
 - 
1985年
 NHK放送技術研究所 研究員
 
1986年
 - 
2002年
 NHK放送技術研究所 主任研究員
 
2003年
 - 
2004年
 諏訪東京理科大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1967年
早稲田大学 理工学部 電気通信学科
 

委員歴

 
1994年
 - 
1998年
言語処理学会理事
 
1998年
 - 
2000年
情報処理学会理事
 
2002年
 - 
2003年
情報処理学会  著作権委員会委員
 
2002年
 - 
2003年
情報処理学会  論文査読委員
 
2003年
 - 
2006年
言語処理学会  監事
 

Misc

 
TMI2007とMT Summit XIに参加して
江原暉将
AAMT Journal   (41) 2-5   2007年
中国語での話声から歌声への変換
久保一志, 江原暉将
言語処理学会第14回年次大会発表論文集 PD3-6      2008年
Rule Based Machine Translation Combined with Statistical Post Editor for Japanese to English Patent Translation
EHARA Terumasa
Proceedings of Machine Translation Summit XI, Workshop on Patent Translation   13-18   2007年
Mongolian to Japanese Machine Translation System
EHARA Terumasa, HAYATA Suzushi, KIMURA Nobuyuki
Proceedings of Second International Symposium on Information and Language Processing   27-33   2007年
Word Order Characteristics Analyzed by Multi Dimensional Scaling
EHARA Terumasa
Proceedings of The 13th Annual Meeting of The Association for Natural Language Processing      2007年

書籍等出版物

 
Japio 2007 Year Book
日本特許情報機構   2007年   
Japio 2006 YEAR BOOK
財団法人 日本特許情報機構   2006年   
第1回自然言語処理国際連合会議(IJCNLP-04)ならびに関連会議に参加して
Asia-Pacific Association for Machine Translation Journal (No.36) 2004   2004年   
新版情報処理ハンドブック、第14編 自然言語処理、第7章 応用システム, 7.1節 機械翻訳
(株)オーム社   1995年   

競争的資金等の研究課題

 
メディア情報処理
研究期間: 1967年 - 2008年
人と人とのコミュニケーションを支えるメディア技術と情報処理技術を研究する。人とコンピュータが対話したり視覚・聴覚障害者に使いやすいコミュニケーションの手段を提供する。また日本語と他の言語との間の翻訳を自動的に行う研究を行う。