西原 康師

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/17 14:41
 
アバター
研究者氏名
西原 康師
 
ニシハラ ヤスシ
URL
http://chem.okayama-u.ac.jp/~funcchem/top/
所属
岡山大学
部署
異分野基礎科学研究所
職名
教授
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学), 修士(理学)(広島大学), 学士(理学)(広島大学)
科研費研究者番号
20282858
ORCID ID
0000-0001-5409-4207

プロフィール

[最終学歴] 総合研究大学院大学 数物科学研究科 博士後期課程 中退 (1996年)
[学位]博士(理学) 総合研究大学院大学 (1997年) (指導教員:高橋 保 先生)
[担当授業科目](学部) 
前期:有機化学 1-2,化学実験 1(分担),自然科学入門(分担)
後期:有機化学 7-8, 化学実験 2(分担),化学ゼミナールB(分担)
(大学院前期課程) 後期:有機金属触媒化学
(大学院後期課程) 前期:合成有機分子化学,動態機能化学演習
[専門分野]有機合成化学,有機金属化学,高分子化学,有機材料化学
[キーワード]遷移金属触媒,有機薄膜太陽電池,有機電界効果トランジスタ,結合の活性化,有機ホウ素化学,有機ケイ素化学,有機フッ素化学
[所属学会] 日本化学会,有機合成化学協会,高分子学会,錯体化学会,近畿化学協会,ケイ素化学協会,アメリカ化学会,応用物理学会
[研究内容] 有機金属錯体触媒を利用した新規有機合成反応の開発と機能性材料への応用
[研究の目標] これまでにない活性や選択性を発現するような新規な有機金属錯体触媒を設計,合成し,新規かつ高選択的な有機合成反応を開発することを研究目的にしています。
その研究過程で多くの海外,国内の研究者との交流を深めながら研究生活(人生)を楽しみたいと考えています。

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
2005年
 岡山大学理学部化学科 助教授
 
2005年
 - 
2007年
 岡山大学自然科学研究科機能分子化学専攻 助教授
 
2007年
 - 
2010年
 岡山大学自然科学研究科機能分子化学専攻 准教授
 
2010年
   
 
- 岡山大学自然科学研究科 教授
 
1996年
   
 
 日本学術振興会 特別研究員 日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
1994年
広島大学 理学研究科 化学専攻
 
 
 - 
1996年
総合研究大学院大学 数物科学研究科 機能分子科学専攻
 
 
 - 
1992年
広島大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2009年
   
 
日本化学会  座長
 
2010年
   
 
高分子学会  中国四国支部 理事
 
2008年
   
 
The First International Symposium of Chemistry and Biochemistry in East Asia  プログラム委員長/オーガナイザー/座長
 
2009年
   
 
The First International Symposium of Chemistry and Biochemistry in East Asia  プログラム委員長/オーガナイザー/座長
 

受賞

 
2003年
第15回有機合成化学協会研究企画賞(日本触媒)
 
2007年
第1回岡山大学理学部教育貢献賞
 
2007年
平成19年度岡山大学若手トップリサーチャー
 
2008年
第88春季年会 優秀講演賞(産業)
 
2009年
2008年度有機合成化学奨励賞
 

論文

 
Wang Xiu, Wang Zhenhua, Nishihara Yasushi
CHEMICAL COMMUNICATIONS   55(71) 10507-10510   2019年9月   [査読有り]
Wang Zhenhua, Wang Xiu, Ura Yasuyuki, Nishihara Yasushi
ORGANIC LETTERS   21(17) 6779-6784   2019年9月   [査読有り]
Asanuma Yuya, Mori Hiroki, Nishihara Yasushi
CHEMISTRY LETTERS   48(9) 1029-1031   2019年9月   [査読有り]
Wang Zhenhua, Wang Xiu, Nishihara Yasushi
CATALYSTS   9(7)    2019年7月   [査読有り]
Nishinaga Shuhei, Mitani Masato, Mori Hiroki, Okamoto Toshihiro, Takeya Jun, Nishihara Yasushi
BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   92(6) 1107-1116   2019年6月   [査読有り]
Wang Xiu, Wang Zhenhua, Asanuma Yuya, Nishihara Yasushi
ORGANIC LETTERS   21(10) 3640-3643   2019年5月   [査読有り]
Wang Xiu, Wang Zhenhua, Liu Li, Asanuma Yuya, Nishihara Yasushi
MOLECULES   24(9)    2019年5月   [査読有り]
Iwasaki Masayuki, Xu Jie, Tani Yukari, Fu Liyan, Ikemoto Yuichi, Ura Yasuyuki, Nishihara Yasushi
CHEMISTRY LETTERS   48(3) 281-284   2019年3月   [査読有り]
Asanuma Yuya, Mori Hiroki, Takahashi Ryosuke, Nishihara Yasushi
JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY C   7(4) 905-916   2019年1月   [査読有り]
Hyodo Keita, Nishinaga Shuhei, Sawanaka Yuta, Ishida Takumi, Mori Hiroki, Nishihara Yasushi
JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   84(2) 698-709   2019年1月   [査読有り]
Mori Hiroki, Takahashi Ryosuke, Nishihara Yasushi
JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART A-POLYMER CHEMISTRY   56(23) 2646-2655   2018年12月   [査読有り]
Nishinaga Shuhei, Sawanaka Yuta, Toyama Ryota, Ishida Takumi, Mori Hiroki, Nishihara Yasushi
CHEMISTRY LETTERS   47(11) 1409-1411   2018年11月   [査読有り]
Nickel-catalysed decarbonylative borylation of aroyl fluorides
Zhenhua Wang,a Xiu Wanga, and Yasushi Nishihara
Chem. Commun.      2018年11月   [査読有り]
Nickel-Catalyzed Decarbonylative Alkylation of Aroyl Fluorides Assisted by Lewis-Acidic Organoboranes
Yasuhiro Okuda, Jie Xu, Takumi Ishida, Chen-an Wang, and Yasushi Nishihara
ACS Omega   3 13129-13140   2018年10月   [査読有り]
Development of a Phenanthrodithiophene-Difluorobenzoxadiazole Copolymer Exhibiting High Open-Circuit Voltage in Organic Solar Cells
Hiroki Mori, Ryosuke Takahashi, and Yasushi Nishihara
J. Poly. Sci. Part A: Pol. Chem.   56 2646-2655   2018年10月   [査読有り]
Synthesis and Transistor Characteristics of Dinaphtho[2,3-d:2’,3’-d’]anthra[1,2-b:5,6-b’]dithiophene (DNADT)
Shuhei Nishinaga, Yuta Sawanaka, Ryota Toyama, Takumi Ishida, Hiroki Mori, and Yasushi Nishihara
Chem. Lett.   47 1409-1411   2018年9月   [査読有り]
Alkoxy-Substituted Anthra[1,2-c:5,6-c’]bis([1,2,5]-thiadiazole) (ATz): a New Electron-Acceptor Unit in the Semiconducting Polymers for Organic Electronics
Hiroki Mori, Shuhei Nishinaga, Ryosuke Takahashi, and Yasushi Nishihara
Macromolecules   51 5473-5484   2018年6月   [査読有り]
Regioselective Synthesis of γ‑Lactones by Iron-Catalyzed Radical Annulation of Alkenes with α‑Halocarboxylic Acids and Their Derivatives
Masayuki Iwasaki, Natsumi Miki, Yuichi Ikemoto, Yasuyuki Ura, and Yasushi Nishihara
Org. Lett.   20 3848-3852   2018年6月   [査読有り]
Efficient Synthesis and Properties of [1]Benzothieno[3,2-b]thieno[2,3-d]furans and [1]Benzothieno[3,2-b]thieno[2,3-d]thiophenes
Yuji Kurimoto, Koichi Mitsudo, Hiroki Mandai, Atsushi Wakamiya, Yasujiro Murata, Hiroki Mori, Yasushi Nishihara, and Seiji Suga
Asian J. Org. Chem.   7 1635-1641   2018年5月   [査読有り]
Low-bandgap semiconducting polymers based on sulfur-containing phenacene-type molecules for transistor and solar cell applications
Hiroki Mori and Yasushi Nishihara
Polymer J.   50 615-625   2018年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
液晶便覧
丸善   2000年   
光学用透明樹脂における材料設計と応用技術
株式会社技術情報協会   2007年   
最新リチウムイオン二次電池〜安全性向上および高機能性に向けた材料開発〜
株式会社情報機構   2008年   
高性能蓄電池-設計基礎研究から開発・評価まで-
株式会社 エヌ・ティー・エス   2009年   
使える!有機合成反応241実践ガイド
化学同人   2010年   

講演・口頭発表等

 
フッ素の配位を利用したSc(OTf)3による脱アセチル化反応
第76日本化学会春季年会   1999年   
ケイ素上にキラリティーを持つシラノールの合成と光学分割
第76日本化学会春季年会   1999年   
シラノールおよび有機スズ化合物を用いたMizoroki-Heck 型反応 
第76日本化学会春季年会   1999年   
パラジウム触媒を用いるシラノールの交差カップリング反応
第76日本化学会春季年会   1999年   
立体選択的ヒドロシリル化を利用する含ケイ素高分子の合成
第76日本化学会春季年会   1999年   
アルキニルシランのホモカップリング反応を利用する高分子合成
第76日本化学会春季年会   1999年   
アルキニルシランとアリールトリフラートの交差カップリング反応を利用する高分子合成
第76日本化学会春季年会   1999年   
Homo- and Cross-Coupling Reactions of Alkynylsilanes Mediated by a Copper(I) Salt
The 216th ACS Meeting   1999年   
Palladium-Catalyzed Carbon-Carbon Bond Forming Reactions of Silanols
The 216th ACS Meeting   1999年   
銅(I) 塩を用いる有機ケイ素化合物のカップリング反応とトランスメタル化における機構的考察
第46回有機金属討論   1999年   
シラノール,シランジオールを用いる炭素—炭素結合形成反応
第46回有機金属討論会   1999年   
銅(I) 塩によるアルキニルシランのカップリング反応を利用する高分子合成
第77日本化学会秋季年会   1999年   
オレフィン・ホスフィン2座配位子をもつジルコノセン錯体の合成と構造
第49錯体化学討論会   1999年   
銅(I) 塩を用いるアルキニルシランのカップリング反応を利用するビスフェノールA誘導体ユニットを含む高分子の合成
第78日本化学会春季年会   2000年   
同一分子内にアルキニルシランとトリフラートを有する化合物の交差カップリングを用いる重合反応
第78日本化学会春季年会   2000年   
アルキニル基のケイ素から銅へのトランスメタル化の機構的考察
第78日本化学会春季年会   2000年   
ロジウム (I)ヒドリド錯体とメチレンシクロプロパンの反応とその機構的考察
第78日本化学会春季年会   2000年   
3,3,3-トリフルオロプロピル基を有するシラノールの交差カップリングと Mizoroki-Heck 型反応
第78日本化学会春季年会   2000年   
シランジオールの合成とパラジウム触媒を用いるカップリング反応
第78日本化学会春季年会   2000年   
Isolation of Intermediates of Ring-opening Isomerization of Methylenecyclopropanes Promoted by Rh(I) and Ir(I) Complexes..
34th International Conference on Coordination Chemistry   2000年   
白金(II)錯体によるシラノールのケイ素–炭素結合の活性化と有機基のトランスメタル化反応
第50回錯体化学討論会   2000年   
メチレンシクロプロパンの炭素–炭素結合の活性化を伴うロジウム(I)錯体上での配位子骨格変換反応
第50回錯体化学討論会   2000年   
新しいシリルロジウム錯体の合成とアセチレンとの反応
第50回錯体化学討論会   2000年   
ロジウム(I)アリーロキシ錯体の有機金属化合物との反応
第50回錯体化学討論会   2000年   
ロジウム(I)およびイリジウム(I)ヒドリド錯体を用いる1-メチレンシクロプロパン類の新規な炭素–炭素,炭素-水素結合の活性化
第47回有機金属討論会   2000年   
フッ化テトラブチルアンモニウムを活性化剤に用いる末端アルキンの交差カップリング反応
第46回有機金属討論会   2000年   
New C-C and C-H Bond Activation of 1-Methylenecyclopropanes Promoted by Hydrido Complexes of Rh(I) and Ir(I).
2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem ‘2000)   2000年   
イリジウム(I)ヒドリド錯体と2,2-ジアルキル-1-メチレンシクロプロパンとの反応
第79日本化学会春季年会   2001年   
ロジウム(I)ヒドリド錯体と2,2-ジアルキル-1-メチレンシクロプロパンとの反応
第79日本化学会春季年会   2001年   
白金(II)カチオン錯体へのシラノール上の有機基のトランスメタル化反応—ケイ素–炭素結合の活性化における機構の考察—
第79日本化学会春季年会   2001年   
遷移金属錯体触媒を用いるメチレンシクロプロパン類のヒドロシリル化反応
第79日本化学会春季年会   2001年   
ロジウム(I)ヒドロキソ錯体と有機ボロン酸との反応
第79日本化学会春季年会   2001年   
白金触媒によるメチレンシクロプロパン類のヒドロシリル化反応における中間錯体の単離と同定
第51回錯体化学討論会   2001年   
Ring-Opening Isomerization of Methylenecyclopropopanes into 1,3-Dienes Promoted by Transition Metal Hydrido Complexes.
Post-OMCOS   2001年   
2,2-ジアルキル置換メチレンシクロプロパンとロジウムおよびイリジウムヒドリド錯体との反応—ビニル錯体の生成と異性化—
第51回錯体化学討論会   2001年   
アリーロキソおよびヒドロキソロジウム(I)錯体と有機ホウ素化合物との反応
第51回錯体化学討論会   2001年   
リン配位子をもたないロジウム(I) 錯体と有機ボロン酸との反応
第51回錯体化学討論会   2001年   
白金錯体を触媒とするメチレンシクロプロパン類のヒドロシリル化反応
第47回有機金属化学討論会   2001年   
ハロゲノ(ヒドリド)シリルロジウム(III) 錯体の安定性と反応性に及ぼすハロゲンの影響
第6回ケイ素化学協会シンポジウム   2001年   
アリールオキソロジウム(I)錯体とアリールボロン酸との反応による含ホウ素アニオンの合成
子研研究会,無機金属化学の展望―全元素化学を目指して   2002年   
ロジウム(I)アリーロキソ錯体とアリールボロン酸との反応によるスピロ型ボロキシナートアニオンの合成
第81日本化学会春季年会   2002年   
ロジウム(I) ヒドリド錯体と1-メチレン-4-フェニル-スピロ[2.2]ペンタンとの反応
第81日本化学会春季年会   2002年   
白金触媒を用いるメチレンシクロプパン類の異性化反応
第81日本化学会春季年会   2002年   
アリーロキソまたはメトキソロジウム(I) 錯体とボロン酸エステルとの反応
第81日本化学会春季年会   2002年   
Synthesis of Tetraarylpentaborates from Reaction of Arylboronic Acids with an Aryloxorhodium Complex.
35th International Conference on Coordination Chemistry   2002年   
Rhodium(III) and Iridium(III) Complexes with Halo and Alkoxysilyl Ligands. Relative Stability of the Metal–Silicon Bond and Elimination of Halosilanes.
20th International Conference on Organometallic Chemistry   2002年   
Preparation, Characterization, and Reactivities of Novel Boryloxorhodium Complexes.
The 224th ACS National Meeting   2002年   
シリルロジウム(III) およびイリジウム(III) 錯体のケイ素—塩素結合生成反応—中心金属,シリル配位子による反応性の違い
第47回有機金属化学討論会   2002年   
ロジウム(I)アリールオキソ錯体とアリールボロン酸エステルとの反応
第52回錯体化学討論会   2002年   
アリール(ハロゲノ)白金(II)錯体とアリールボロン酸の反応におけるトランスメタル化
第52回錯体化学討論会   2002年   

特許

 
2-フルオロ-1-オール類の製造方法
特開2000-327605
ノルボルネン誘導体の開環重合体およびその製造方法
特願2005-267127
エンド位に2個の極性基を有するノルボルネン誘導体,そのメタセシス開環重合体およびそれらの製造方法
特願2006-064308
トリアリールエチルエテン誘導体の製造方法
特開2008-74711
ピセン及びその誘導体の製造方法