野村 恭史

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/27 16:42
 
アバター
研究者氏名
野村 恭史
 
ノムラ ヤスシ
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科 思想文化学専攻 哲学講座
職名
助教
学位
博士(文学)(北海道大学)

研究分野

 
 

書籍等出版物

 
『ウィトゲンシュタインにおける言語・論理・世界―『論考』の成立と崩壊』
単著、ナカニシヤ出版   2006年   
『これからのウィトゲンシュタイン -刷新と応用のための14 篇』 担当「階層と実在―『論理哲学論考』における「関数」のリダンダンシーについて―」
共著、荒畑靖宏・山田圭一・古田徹也 編著 リベルタス出版   2016年   
『哲学の歴史〈11〉論理・数学・言語』 担当「前期ウィトゲンシュタイン」
共著、飯田隆編著、中央公論新社   2007年   
ジョン・R・サール『表現と意味―言語行為論研究』
共訳、山田友幸監訳、誠信書房   2006年   
『哲学の問題群―もういちど考えてみること』
共著、麻生博之・城戸淳編著、ナカニシヤ出版   2006年   

論文

 
Universals without Instantiations: A Metaphysical Implication of the Tractatus
野村 恭史
S. Majetschak & A. Weiberg (eds.), Aesthetics Today: Contemporary Approaches to the Aesthetics of Nature and of Art: Papers of the 39th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society   39 186-188   2016年8月   [査読有り]
ラッセルにおける無限クラスの存在証明とパラドクス
野村 恭史
北海道哲学会『哲学年報』   (62) 1-28   2016年   [査読有り]
Nonsense Passing through Type Distinctions: Wittgenstein's Criticism to Russell in 1913 Revisited
野村 恭史
C. Kanzian, J. Mitterer & K. Neges (eds.), Realism - Relativism - Constructivism:Papers of the 38th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society   38 209-211   2015年8月   [査読有り]
『数学の原理』におけるラッセルのパラドクスとクラスの理論
野村 恭史
科学基礎論学会編『科学基礎論研究』   41(1) 23-36   2013年11月   [査読有り]
『数学の原理』におけるラッセルのパラドクスと命題関数の理論
野村 恭史
日本科学哲学会編『科学哲学』   46(1) 17-33   2013年7月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
「付録B」タイプ理論とは何だったのか―ラッセル『数学の原理』再考―
野村 恭史
北海道哲学会、北海道大学   2017年7月   
階層と実在―『論考』における「関数」のリダンダンシーについて― [招待有り]
野村 恭史
シンポジウム「これからのウィトゲンシュタイン―刷新と応用」慶應義塾大学   2016年12月   
Universals without Instantiations: A Metaphysical Implication of the Tractatus
野村 恭史
The 39th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society, Kirchberg am Wechsel, Lower Austria   2016年8月   
Nonsense Passing through Type-Distinctions: Wittgenstein's Criticism to Russell in 1913 Revisited
野村 恭史
The 38th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society, Kirchberg am Wechsel, Lower Austria   2015年8月13日   
無事実理論から無命題理論へ―初期ラッセル真理論の展開
野村 恭史
北海道哲学会、北海道大学   2014年7月26日   

Misc

 
事典項目執筆「意味」「分析哲学」
野村 恭史
電子版『イミダス』、集英社      2013年3月   [依頼有り]
川崎誠著『言語哲学への新視角―ウィトゲンシュタインはソシュールを読んだ!』書評
野村 恭史
『図書新聞』   (3043)    2011年12月   [依頼有り]
Some Channel Theoretic Considerations on Situations and Information (jointly worked)
Tomoyuki YAMADA and Yasushi NOMURA
Language Understanding and Action Control, Annual Project Report (Grand-in-Aid for Creative Vasic Research 13NP0301)   pp.11-20    2003年   [依頼有り]

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
北海道大学 大学院文学研究科 助教
 
2002年4月
 - 
現在
千歳科学技術大学 非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2007年3月
北海道大学 大学院文学研究科 助手
 
2002年9月
 - 
2003年3月
札幌学院大学 人文学部 非常勤講師
 
2001年9月
 - 
2002年3月
札幌学院大学 人文学部 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2000年
北海道大学 文学研究科 
 
 
 - 
1994年
北海道大学 文学部 哲学科
 

競争的資金等の研究課題

 
言語と論理の哲学
その他の研究制度
研究期間: 2002年 - 2010年