寺前 裕之

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/11 03:13
 
アバター
研究者氏名
寺前 裕之
 
テラマエ ヒロユキ
所属
城西大学
部署
理学部 化学科
職名
教授
学位
工学博士(京都大学), 工学修士(京都大学), 京都大学工学博士(京都大学)
科研費研究者番号
10383176

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1988年
 日本電信電話株式会社基礎研究所 研究員
 
1988年
 - 
1999年
 日本電信電話株式会社基礎研究所 主任研究員
 
1993年
 - 
1994年
 コロラド大学 客員研究員
 
1996年
 - 
1997年
 コロラド大学 客員研究員
 
1997年
 - 
1998年
 立教大学理学部 兼任講師
 

学歴

 
 
 - 
1984年
京都大学 工学研究科 石油化学
 
 
 - 
1979年
京都大学 工学部 石油化学
 
 
 - 
1984年3月
京都大学 工学研究科 石油化学専攻
 
 
 - 
1981年3月
京都大学 工学研究科 石油化学専攻
 
 
 - 
1979年3月
京都大学 工学部 石油化学科
 

論文

 
An Attempt at Ab Initio Crystal Orbital Calculation of Electronic Structure of B-type Model-DNA
Hiroyuki Teramae, Yuriko Aoki
AIP Conference Proceedings   1906 030023   2017年   [査読有り]
As an attempts at the electronic structure calculations of the B-type model-DNA, (poly-(guanine) poly-(cytosine)) double helix including sodium atoms as counter cation, hereafter referred as (poly-(dG)poly-(dC), double helix model polymer is perfo...
Hiroyuki Teramae, Yasuko Y. Maruo
AIP Conference Proceedings   1702 090941   2016年   [査読有り]
We try to optimize the structures of monoethanolamine (MEA), MEA dimer, MEA + two water molecules, and MEA dimer + four water molecules as the model of MEA in aqueous solutions using the Hamiltonian algorithm. We found the most stable MEA backbone...
Practical Training on Adding Polarization and Diffuse Functions to Basis Set for Molecular Orbital Calculation
S. Nagaoka, H. Teramae, U. Nagashima
Aust. J. Educ. Chem.   75 8-15   2016年   [査読有り]
Adding a polarization function to a basis set for a molecular orbital calculation is frequently useful for producing accurate representations of chemical bonding. Adding a diffuse function is also important when considering anions. This article ex...
Hamiltonian algorithm and its application to the aromatic oxidative cyclization on N-methoxy-N-prenylbenzamide
Hiroyuki Teramae, Kousuke Hayashi, Jun Takayama, Takeshi Sakamoto
AIP Conference Proceedings   1790 020024   2016年   [査読有り]
The geometric structures of the phenoxenium cation which is a cation intermediate of 2-azaspiro ring compounds (2-azaspiro[4.5]decane) from N-methoxy-N-prenylbenzamide are studied by means of the Hamiltonian algorithm with ab intio molecular orbit...
Kousuke Hayashi, Jun Takayama, Meiyan Xuan, Misaki Suda, Hiroyuki Teramae, Takeshi Sakamoto
Heterocycles   92(10) 1785-1786   2016年   [査読有り]
The synthesis of spirooxindoles with a hypervalent iodine reagent depended on N-substituted benzanilide derivatives as starting materials. Reaction yields of benzanilides containing various N-substituents were discovered to relate to the cis and t...

Misc

 
Yoko Mukano, Mai Momochi, Yuriko Takanashi, Mitsuaki Suzuki, Hidetsugu Wakabayashi, Hiroyuki Teramae, and Keiji Kobayashi
Tetrahedron   66 605-611   2010年
Shin-ichi Nagaoka, Hiroyuki Teramae, and Umpei Nagashima
Bull. Chem. Soc. Jpn.   82(5) 570-573   2009年
寺前 裕之, 大田原 一成
J. Comp. Chem. Jpn.   8(1) 31-40   2009年
Hiroyuki Teramae, Kazushige Ohtawara, Takayoshi Ishimoto, and Umpei Nagashima
Bull. Chem. Soc. Jpn.   81(9) 1094-1102   2008年
Takayoshi Ishimoto, Yasuyuki Ishihara, Hiroyuki Teramae, Masaaki Baba, and Umpei Nagashima
J. Chem. Phys. 128, 184309 (2008)   128(18) 184309   2008年

書籍等出版物

 
導電性材料をめぐる最近の動向
寺前裕之
材料技術研究協会   1992年4月   
ポリアセチレンの電子構造
山邊時雄,寺前裕之
化学同人   1985年4月   

講演・口頭発表等

 
モデルDNAのHartree-Fock計算(2)
寺前 裕之, 青木 百合子
分子科学討論会2018   2018年9月10日   
Ab Initio Calculation of Polymononucleotide, a Model of B-type DNA [招待有り]
Hiroyuki Teramae, Yuriko Aoki
French-Japanese Workshop on Computational Method in Chemistry   2018年7月2日   
Ab Initio Electronic Structure Calculation of Polymononucleotide, a Model of B-type DNA
Hiroyuki Teramae, Yuriko Aoki
ICQC2018   2018年6月18日   
フェルラ酸のフリーラジカル消去能に関する理論的研究
寺前裕之, 玄美燕, 高山淳, 岡﨑真理, 坂本武史
日本コンピュータ化学会2018春季年会   2018年6月7日   
Ab Initio Electronic Structure Calculation of Polymononucleotide, a Model of B-type DNA [招待有り]
Hiroyuki Teramae, Yuriko Aoki
ICCMSE2018   2018年3月14日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
タンパク質フォールデイングに関する理論的研究
共同研究
研究期間: 2007年 - 2010年
抗不安薬の理論的研究
その他の研究制度
研究期間: 2001年 - 2006年
高次元アルゴリズムによる分子構造最適化
共同研究
研究期間: 2001年   
一般的最適化手法とab initio分子軌道法を組み合わせて、分子構造の最適を行う手法の確立を目指す
一次元高分子の非経験的結晶軌道計算
共同研究
分子内プロトン移動反応に関する理論的研究
研究期間: 2007年   
オルトヒドロキシベンゾアルデヒド類の励起状態におけるプロトン移動反応について理論計算からの予測を行った。