井上 あえか

J-GLOBALへ         更新日: 13/04/05 14:05
 
アバター
研究者氏名
井上 あえか
 
イノウエ アエカ
所属
就実大学
部署
人文科学部 総合歴史学科
職名
教授
学位
国際学修士(東京外国語大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1996年4月
 - 
1998年3月
 在パキスタン日本国大使館 専門調査員
 
1999年4月
 - 
2002年3月
 東京大学大学院人文社会研究科客員  助教授
 
2000年2月
 - 
2002年3月
 日本国際問題研究所 客員研究員
 
2000年4月
 - 
2003年3月
 千葉大学文学部 非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2004年3月
 東京大学東洋文化研究所 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1999年
東京大学 人文科学研究科 東洋史学
 
 
 - 
1990年
東京外国語大学 地域研究研究科 地域研究
 
 
 - 
1987年
東京外国語大学 外国語学部 インド・パキスタン語学科(ウルドゥー語専攻)
 

委員歴

 
1991年5月
 - 
1992年10月
 歴史学研究会委員
 
1999年10月
 - 
2000年9月
 日本南アジア学会幹事
 
1999年
 - 
2000年
日本南アジア学会  幹事
 
1991年
 - 
1992年
歴史学研究会  委員
 

論文

 
パキスタンからみる対中国関係
井上 あえか
現代インド研究   (3) 97-113   2013年   [査読有り][招待有り]
パキスタンにおけるイスラームと部族社会
就実大学史学論集   (22) 149-166   2007年
パキスタン政治におけるイスラーム
井上あえか
『アジア研究』アジア政経学会   49(1) 5-18   2003年   [招待有り]

Misc

 
「パキスタンにおける民主政治の限界」
『アジ研ワールドトレンド』、アジア経済研究所   (6) 37-44   2003年
「アフガン情勢とパキスタン」
酒井啓子編『「テロ」と「戦争」のもたらしたもの―中東からアフガニスタン、東南アジアへ―』、アジア経済研究所   13-22   2002年
「パキスタン政治の混迷とムシャラフ政権の行方」
『国際問題』   (573) 21-29   2008年
「パキスタン・イスラーム共和国」
松本弘編、NIHUプログラム/イスラーム地域研究東大拠点グループ2 「中東政治の構造変動」
『中東・イスラーム諸国民主化ハンドブック2009』   259−272   2009年
「1980年代パキスタンのイスラーム化とその影響」
酒井啓子
『30年の後』   109-115   2010年

書籍等出版物

 
南アジアの安全保障
日本評論社   2005年   
「パキスタン統合との原理としてのイスラーム」
黒崎卓・子島進・山根聡編『現代パキスタン分析』、岩波書店   2004年   
「カミール―分割されざる渓谷」
武内進一編『国家・暴力・政治―アジア・アフリカの紛争をめぐって』、研究双書534、アジア経済研究所   2003年   
「ターリバーンとパキスタンの内政」
広瀬崇子・堀本武功編『アフガニスタン:南西アジア情勢を読み解く』、明石書店   2002年   

講演・口頭発表等

 
「パキスタン:軍とイスラームの30年」
日本国際政治学会   2009年   
「日本におけるパキスタン人:歴史的動向」
日本中東学会第18回年次大会   2002年   

Works

 
『SAARCにおける協力の実態』
1999年 - 2000年
『SAARCにおける協力の実態』―統合行動計画(IPA)に基づく地域協力の枠組みと実績―』
2000年 - 2001年
『南アジアにおける相互理解と協調の戦略』
2000年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
パキスタン政治史
その他の研究制度
研究期間: 1996年   
カシミール問題
その他の研究制度