小崎 健一

J-GLOBALへ         更新日: 15/11/14 09:42
 
アバター
研究者氏名
小崎 健一
 
コザキ ケンイチ
所属
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
部署
生体制御科学専攻 生体薬物制御学講座 (歯科薬理学分野)
職名
教授
学位
博士 (医学)(名古屋大学大学院 医学研究科博士課程 (外科系・口腔外科))

研究分野

 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 生体制御科学専攻 生体薬物制御学講座 (歯科薬理学分野) 教授
 
2010年6月
 - 
2014年3月
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 分子細胞遺伝 准教授
 
2005年5月
 - 
2010年5月
東京医科歯科大学 硬組織疾患ゲノムセンター 特任助教授(特任准教授)
 
2004年4月
 - 
2005年4月
大阪歯科大学 薬理学講座 講師
 
2001年1月
 - 
2004年3月
愛知医科大学 医学部 病理学第2講座 助手
 
1999年4月
 - 
2000年12月
愛知県がんセンター研究所 分子腫瘍学部 浸潤・転移研究室 主任研究員
 
1994年4月
 - 
1999年3月
愛知県がんセンター研究所 病態学研究室 研究員
 
1989年7月
 - 
1990年3月
名古屋大学 医学部付属病院 口腔外科 医員
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1994年3月
名古屋大学大学院 医学研究科 外科系・口腔外科
 
1983年4月
 - 
1989年3月
広島大学 歯学部 
 

委員歴

 
2014年6月
 - 
現在
歯科基礎医学会  評議員
 
2011年1月
 - 
現在
日本癌学会  評議員
 

受賞

 
2012年11月
公益財団法人 大阪癌研究会 平成24年度 一般学術研究助成金 癌抑制遺伝子型microRNAの機能的スクリーニングと核酸医薬への応用
 
2001年11月
財団法人 興和生命科学振興財団 興和生命科学振興財団 助成金 新たな血管新生抑制因子caspin/PEDF/EPC-1の分子機序と抗腫瘍効果の解析
 

論文

 
Yanaka Y, Muramatsu T, Uetake H, Kozaki K, Inazawa J
Carcinogenesis   36(11) 1363-1371   2015年11月   [査読有り]
Fujiwara N, Inoue J, Kawano T, Tanimoto K, Kozaki K, Inazawa J
Cancer research   75(18) 3890-3901   2015年9月   [査読有り]
Kikuchi R, Kikuchi Y, Tsuda H, Maekawa H, Kozaki KI, Imoto I, Tamai S, Shiotani A, Iwaya K, Sakamoto M, Sekiya T, Matsubara O
Human cell      2014年4月   [査読有り]
Yamamoto S, Inoue J, Kawano T, Kozaki K, Omura K, Inazawa J
Molecular cancer research : MCR   12 58-68   2014年1月   [査読有り]
Harazono Y, Muramatsu T, Endo H, Uzawa N, Kawano T, Harada K, Inazawa J, Kozaki K
PloS one   8 e62757   2013年   [査読有り]
Furuta M, Kozaki K, Tanimoto K, Tanaka S, Arii S, Shimamura T, Niida A, Miyano S, Inazawa J
PloS one   8 e60155   2013年   [査読有り]
Endo H, Muramatsu T, Furuta M, Uzawa N, Pimkhaokham A, Amagasa T, Inazawa J, Kozaki K
Carcinogenesis   34(3) 560-569   2013年3月   [査読有り]
Matsumura S, Imoto I, Kozaki KI, Matsui T, Muramatsu T, Furuta M, Tanaka S, Sakamoto M, Arii S, Inazawa J
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research      2012年5月   [査読有り]
Kurasawa Y, Kozaki K, Pimkhaokham A, Muramatsu T, Ono H, Ishihara T, Uzawa N, Imoto I, Amagasa T, Inazawa J
Oncogene   31(15) 1963-1974   2012年4月   [査読有り]
Ono H, Imoto I, Kozaki K, Tsuda H, Matsui T, Kurasawa Y, Muramatsu T, Sugihara K, Inazawa J
Oncogene   31(47) 4923-4934   2012年1月   [査読有り]
Ishihara T, Inoue J, Kozaki K, Imoto I, Inazawa J
The Journal of biological chemistry   286(51) 44086-44094   2011年12月   [査読有り]
Tsuruta T, Kozaki K, Uesugi A, Furuta M, Hirasawa A, Imoto I, Susumu N, Aoki D, Inazawa J
Cancer research   71(20) 6450-6462   2011年10月   [査読有り]
Uesugi A, Kozaki K, Tsuruta T, Furuta M, Morita K, Imoto I, Omura K, Inazawa J
Cancer research   71(17) 5765-5778   2011年9月   [査読有り]
Muramatsu T, Imoto I, Matsui T, Kozaki K, Haruki S, Sudol M, Shimada Y, Tsuda H, Kawano T, Inazawa J
Carcinogenesis   32(3) 389-398   2011年3月   [査読有り]
Haruki S, Imoto I, Kozaki K, Matsui T, Kawachi H, Komatsu S, Muramatsu T, Shimada Y, Kawano T, Inazawa J
Carcinogenesis   31(6) 1027-1036   2010年6月   [査読有り]
Furuta M, Kozaki KI, Tanaka S, Arii S, Imoto I, Inazawa J
Carcinogenesis   31(5) 766-776   2010年5月   [査読有り]
Begum A, Imoto I, Kozaki K, Tsuda H, Suzuki E, Amagasa T, Inazawa J
Cancer science   100(10) 1908-1916   2009年10月   [査読有り]
Komatsu S, Imoto I, Tsuda H, Kozaki KI, Muramatsu T, Shimada Y, Aiko S, Yoshizumi Y, Ichikawa D, Otsuji E, Inazawa J
Carcinogenesis   30 1139-1146   2009年7月   [査読有り]
Qi S, Mogi S, Tsuda H, Tanaka Y, Kozaki K, Imoto I, Inazawa J, Hasegawa S, Omura K
International journal of oral and maxillofacial surgery   37 1047-1053   2008年11月   [査読有り]
Ishihara T, Tsuda H, Hotta A, Kozaki K, Yoshida A, Noh JY, Ito K, Imoto I, Inazawa J
Cancer science   99 1940-1949   2008年10月   [査読有り]
Nakamura E, Kozaki K, Tsuda H, Suzuki E, Pimkhaokham A, Yamamoto G, Irie T, Tachikawa T, Amagasa T, Inazawa J, Imoto I
Cancer science   99(7) 1390-1400   2008年7月   [査読有り]
Kikuchi R, Tsuda H, Kozaki K, Kanai Y, Kasamatsu T, Sengoku K, Hirohashi S, Inazawa J, Imoto I
Cancer research   68 5067-5075   2008年7月   [査読有り]
Kozaki K, Imoto I, Mogi S, Omura K, Inazawa J
Cancer research   68 2094-2105   2008年4月   [査読有り]
Suzuki E, Imoto I, Pimkhaokham A, Nakagawa T, Kamata N, Kozaki KI, Amagasa T, Inazawa J
Oncogene   26 7921-7932   2007年12月   [査読有り]
Tanaka K, Imoto I, Inoue J, Kozaki K, Tsuda H, Shimada Y, Aiko S, Yoshizumi Y, Iwai T, Kawano T, Inazawa J
Oncogene   26 6456-6468   2007年9月   [査読有り]
Shinoda Y, Kozaki K, Imoto I, Obara W, Tsuda H, Mizutani Y, Shuin T, Fujioka T, Miki T, Inazawa J
Cancer science   98(7) 1078-1086   2007年7月   [査読有り]
Kawasaki T, Yokoi S, Tsuda H, Izumi H, Kozaki K, Aida S, Ozeki Y, Yoshizawa Y, Imoto I, Inazawa J
Cancer science   98(7) 1070-1077   2007年7月   [査読有り]
Kozaki K, Imoto I, Pimkhaokham A, Hasegawa S, Tsuda H, Omura K, Inazawa J
Cancer science   97(12) 1351-1358   2006年12月   [査読有り]
Uchida K, Akita Y, Matsuo K, Fujiwara S, Nakagawa A, Kazaoka Y, Hachiya H, Naganawa Y, Oh-Iwa I, Ohura K, Saga S, Kawai T, Matsumoto Y, Shimozato K, Kozaki K
Immunology   116(1) 53-63   2005年9月   [査読有り]
Akita Y, Kozaki K, Nakagawa A, Saito T, Ito S, Tamada Y, Fujiwara S, Nishikawa N, Uchida K, Yoshikawa K, Noguchi T, Miyaishi O, Shimozato K, Saga S, Matsumoto Y
The British journal of dermatology   151 472-480   2004年8月   [査読有り]
Nishimaki H, Kasai K, Kozaki K, Takeo T, Ikeda H, Saga S, Nitta M, Itoh G
Biochemical and biophysical research communications   314(2) 313-320   2004年2月   [査読有り]
Takasu S, Takahashi T, Okamoto S, Oriuchi N, Nakayashiki N, Okamoto K, Muramatsu H, Hayashi T, Nakahara N, Mizuno M, Wakabayashi T, Higuchi T, Endo K, Kozaki K, Miyaishi O, Saga S, Ueda R, Yoshida J, Yoshikawa K
Journal of neuro-oncology   63 247-256   2003年7月   [査読有り]
Significant growth inhibition of human lung cancer cells both in vitro and in vivo by the combined use of a selective cyclooxygenase 2 inhibitor, JTE-522, and conventional anticancer agents.
Hida T, Kozaki K, Ito H, Miyaishi O, Tatematsu Y, Suzuki T, Matsuo K, Sugiura T, Ogawa M, Takahashi T, Takahashi T
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   8 2443-2447   2002年7月   [査読有り]
Suppression of tumor lymphangiogenesis and lymph node metastasis by blocking vascular endothelial growth factor receptor 3 signaling.
He Y, Kozaki K, Karpanen T, Koshikawa K, Yla-Herttuala S, Takahashi T, Alitalo K
Journal of the National Cancer Institute   94 819-825   2002年6月   [査読有り]
Koshikawa K, Osada H, Kozaki K, Konishi H, Masuda A, Tatematsu Y, Mitsudomi T, Nakao A, Takahashi T
Oncogene   21 2822-2828   2002年4月   [査読有り]
Kozaki K, Koshikawa K, Tatematsu Y, Miyaishi O, Saito H, Hida T, Osada H, Takahashi T
Oncogene   20(31) 4228-4234   2001年7月   [査読有り]
Association between the dopamine D2 receptor A2/A2 genotype and smoking behavior in the Japanese.
Yoshida K, Hamajima N, Kozaki Ki, Saito H, Maeno K, Sugiura T, Ookuma K, Takahashi T
Cancer epidemiology, biomarkers & prevention : a publication of the American Association for Cancer Research, cosponsored by the American Society of Preventive Oncology   10 403-405   2001年4月   [査読有り]
Protective function of p27(KIP1) against apoptosis in small cell lung cancer cells in unfavorable microenvironments.
Masuda A, Osada H, Yatabe Y, Kozaki K, Tatematsu Y, Takahashi T, Hida T, Takahashi T, Takahashi T
The American journal of pathology   158 87-96   2001年1月   [査読有り]
Lunevicius R, Nakanishi H, Ito S, Kozaki K, Kato T, Tatematsu M, Yasui K
Journal of cancer research and clinical oncology   127 193-199   2001年   [査読有り]
Polymerase chain reaction with confronting two-pair primers for polymorphism genotyping.
Hamajima N, Saito T, Matsuo K, Kozaki K, Takahashi T, Tajima K
Japanese journal of cancer research : Gann   91 865-868   2000年9月   [査読有り]
Cyclooxygenase-2 inhibitor induces apoptosis and enhances cytotoxicity of various anticancer agents in non-small cell lung cancer cell lines.
Hida T, Kozaki K, Muramatsu H, Masuda A, Shimizu S, Mitsudomi T, Sugiura T, Ogawa M, Takahashi T
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   6 2006-2011   2000年5月   [査読有り]
Establishment and characterization of a human lung cancer cell line NCI-H460-LNM35 with consistent lymphogenous metastasis via both subcutaneous and orthotopic propagation.
Kozaki K, Miyaishi O, Tsukamoto T, Tatematsu Y, Hida T, Takahashi T, Takahashi T
Cancer research   60 2535-2540   2000年5月   [査読有り]
Development and distribution of 2-amino-1-methyl-6-phenylimidazo[4,5-b]pyridine (PhIP)-induced aberrant crypt foci in the rat large intestine.
Tsukamoto T, Kozaki K, Nishikawa Y, Yamamoto M, Fukami H, Inoue M, Wakabayashi K, Tatematsu M
Japanese journal of cancer research : Gann   90 720-725   1999年7月   [査読有り]
Prognostic significance of elevated cyclooxygenase 2 expression in primary, resected lung adenocarcinomas.
Achiwa H, Yatabe Y, Hida T, Kuroishi T, Kozaki K, Nakamura S, Ogawa M, Sugiura T, Mitsudomi T, Takahashi T
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   5 1001-1005   1999年5月   [査読有り]
Kato M, Liu W, Yi H, Asai N, Hayakawa A, Kozaki K, Takahashi M, Nakashima I
The Journal of investigative dermatology   111 640-644   1998年10月   [査読有り]
Konishi H, Takahashi T, Kozaki K, Yatabe Y, Mitsudomi T, Fujii Y, Sugiura T, Matsuda H, Takahashi T, Takahashi T
Oncogene   17(16) 2095-2100   1998年10月   [査読有り]
Increased expression of cyclooxygenase 2 occurs frequently in human lung cancers, specifically in adenocarcinomas.
Hida T, Yatabe Y, Achiwa H, Muramatsu H, Kozaki K, Nakamura S, Ogawa M, Mitsudomi T, Sugiura T, Takahashi T
Cancer research   58 3761-3764   1998年9月   [査読有り]
Kozaki K, Miyaishi O, Koiwai O, Yasui Y, Kashiwai A, Nishikawa Y, Shimizu S, Saga S
The Journal of biological chemistry   273(24) 15125-15130   1998年6月   [査読有り]
Molecular analysis of a Myc antagonist, ROX/Mnt, at 17p13.3 in human lung cancers.
Takahashi T, Konishi H, Kozaki K, Osada H, Saji S, Takahashi T, Takahashi T
Japanese journal of cancer research : Gann   89 347-351   1998年4月   [査読有り]
Miyaishi O, Kozaki K, Iida K, Isobe K, Hashizume Y, Saga S
Journal of cellular biochemistry   68(4) 436-445   1998年3月   [査読有り]
Ohmiya N, Saga S, Ohbayashi M, Kozaki K, Miyaishi O, Kobayashi M, Kasuya S, Arisawa T, Goto H, Hayakawa T
Histochemistry and cell biology   108 27-34   1997年7月   [査読有り]
Kojima T, Kozaki K, Saga S, Hashizume Y, Ishiguro N, Iwata H, Miyaishi O
Journal of cellular biochemistry   65(4) 542-549   1997年6月   [査読有り]
Involvement of transforming growth factor beta1 in autocrine enhancement of gelatinase B secretion by murine metastatic colon carcinoma cells.
Shimizu S, Nishikawa Y, Kuroda K, Takagi S, Kozaki K, Hyuga S, Saga S, Matsuyama M
Cancer research   56 3366-3370   1996年7月   [査読有り]
Distinct distribution of protein disulfide isomerase family proteins in rat tissues.
Iida KI, Miyaishi O, Iwata Y, Kozaki KI, Matsuyama M, Saga S
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society   44 751-759   1996年7月   [査読有り]
Establishment and characterization of high- and low-lung-metastatic cell lines derived from murine colon adenocarcinoma 26 tumor line.
Sakata K, Kozaki K, Iida K, Tanaka R, Yamagata S, Utsumi KR, Saga S, Shimizu S, Matsuyama M
Japanese journal of cancer research : Gann   87 78-85   1996年1月   [査読有り]
Age-related alteration of proline hydroxylase and collagen-binding heat shock protein (HSP47) expression in human fibroblasts.
Miyaishi O, Kozaki K, Saga S, Sato T, Hashizume Y
Mechanisms of ageing and development   85 25-36   1995年11月   [査読有り]
Age-related attenuation of HSP47 heat response in fibroblasts.
Miyaishi O, Ito Y, Kozaki K, Sato T, Takechi H, Nagata K, Saga S
Mechanisms of ageing and development   77 213-226   1995年1月   [査読有り]
The localization of basic fibroblast growth factor (FGF-2) in rat submandibular glands.
Hiramatsu Y, Kagami H, Kosaki K, Shigetomi T, Ueda M, Kobayashi S, Sakanaka M
Nagoya journal of medical science   57 143-152   1994年12月   [査読有り]
Kozaki K, Miyaishi O, Asai N, Iida K, Sakata K, Hayashi M, Nishida T, Matsuyama M, Shimizu S, Kaneda T
Experimental cell research   213(2) 348-358   1994年8月   [査読有り]
Doubling time of ameloblastoma metastasizing to the lung: report of two cases.
Ueda M, Kosaki K, Kaneda T, Imaizumi M, Abe T
Journal of cranio-maxillo-facial surgery : official publication of the European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery   20 320-322   1992年10月   [査読有り]

Misc

 
核酸医薬への応用を目指した癌関連microRNAの統合的スクリーニング
小崎 健一
岡山歯学会雑誌   34(1) 1-10   2015年6月   [依頼有り]
癌抑制遺伝子型microRNAの機能的スクリーニングと核酸医薬への応用
小崎 健一
癌と人   41 47-48   2014年5月   [依頼有り]
Kozaki K, Inazawa J
Cancer science   103 837-845   2012年5月   [査読有り][依頼有り]
小崎 健一, 稲澤 譲治
細胞   42(6) 232-235   2010年6月   [依頼有り]
小崎 健一, 稲澤 譲治
ゲノム医学   9(1) 15-22   2009年2月   [依頼有り]
小崎 健一, 稲澤 譲治
医学のあゆみ   227(1) 62-66   2008年10月   [依頼有り]
小崎 健一, 稲澤 譲治
Cancer frontier   10(1) 57-63   2008年   [依頼有り]
小崎 健一, 稲澤 譲治
ゲノム医学   6(1) 23-29   2006年2月   [依頼有り]
Enhancement of the photodynamic effects on human oral squamous cell carcinoma cell lines by treatment with calcipotriol.
Akita Y, Kozaki K, Takeo T, Ohmura M, Nakagawa A, Yanagishita T, Kazaoka Y, Nozaki T, Yokoo K, Shinohara M, Watanabe D, Kawai T, Yamada S, Tamada Y, Ohura K, Matsumoto Y
Journal of Dermatological Science Supplement   2 S57-S64   2006年   [査読有り][依頼有り]
Increased expression of COX-2 in the development of human lung cancers.
Takahashi T, Kozaki K, Yatabe Y, Achiwa H, Hida T
Journal of environmental pathology, toxicology and oncology : official organ of the International Society for Environmental Toxicology and Cancer   21 177-181   2002年   [査読有り]
Caspin/PEDF/EPC-1 induces apoptosis in endothelial cells.
Fujiwara S, Uchida K, Fukada J, Kawai T, Natsume N, Kurita K, Sugishita H, Azuma M, Yoshikawa K, Kozaki K, Saga S
Aichi-Gakuin Dental Science   14 3-8   2001年   [査読有り]
佐賀 信介, 小崎 健一, 清水 暁
日本整形外科學會雜誌   69(8) 1794   1995年8月   [依頼有り]
小崎 健一, 上田 実, 野村 岳嗣, 伊藤 正夫, 藤内 祝, 水谷 英樹, 金田 敏郎
口科誌   39(3) 632-640   1990年   [査読有り]

書籍等出版物

 
有井滋樹, 松井修 (担当:分担執筆, 範囲:肝細胞癌関連microRNA)
アークメディア   2012年   ISBN:9784875831570
柳原尚明, 鈴木淳一 (担当:分担執筆, 範囲:Clinical application of bioartificial mucosa for maxillofacial surgery)
Kugler Publications   1992年   ISBN:9062990843

講演・口頭発表等

 
Eカドヘリン・プロモーター活性を指標としたEMT抑制性microRNAの機能的探索
小崎 健一、稲澤 譲治
Symposia “MicroRNA for cancer therapy and diagnosis”, 第72回 日本癌学会総会   2013年10月5日   
Function-based screening of EMT-suppressive microRNA in cancer cells. [招待有り]
小崎 健一
2013 SNUCRI & SNUCH Cancer Symposium   2013年5月4日   
がんDNAメチル異常を指標とした癌抑制遺伝子型microRNAの探索
小崎 健一、遠藤 寛則、稲澤 譲治
Symposia “Recent progress of non-coding RNA and cancer”, 第71回 日本癌学会総会   2012年9月20日   
DNA過剰メチル化により発現抑制される癌抑制遺伝子型microRNAの機能的スクリーニング
小崎 健一、稲澤 譲治
シンポジウム1 「small RNAと疾患」, 日本人類遺伝学会 第56回大会・第11回 東アジア人類遺伝学会   2011年   
がん細胞においてDNA過剰メチル化により発現抑制される癌抑制遺伝子型microRNAの機能的スクリーニング
小崎 健一、稲澤 譲治
Symposia “Cancer epigenetics: Breakthroughs in basic research and clinical applications”, 第70回 日本癌学会総会   2011年   
がん細胞においてDNA過剰メチル化により発現抑制される癌抑制遺伝子型microRNA
小崎 健一、稲澤 譲治
International Sessions “miRNA dysregulation in cancers, and its clinical applications”, 第69回 日本癌学会総会   2010年   
DNA過剰メチル化により発現抑制される癌抑制遺伝子型microRNA
小崎 健一、稲澤 譲治
Symposium “Cancer epigenetics-from basic science to clinical practice”, 第68回 日本癌学会総会   2009年   
がん抑制microRNAと腫瘍特異的DNAメチル化異常
小崎 健一、稲澤 譲治
シンポジウムⅠ「がんオミックス研究の成果とその臨床応用」, 日本人類遺伝学会 第53回大会   2008年   
Identification of tumor suppressor microRNA silenced by DNA methylation in oral squamous cell carcinoma [招待有り]
KOZAKI Ken-ichi, IMOTO Issei, MOGI Seiki, OMURA Ken, INAZAWA Johji
Oral Cancer Symposium, 120th Anniversary between Japan-Thailand Diplomatic Relations   2007年   
ヒト肺癌細胞株を用いたリンパ行性自然転移モデルの確立と転移関連遺伝子群の解析
小崎 健一、宮石 理、立松 義朗、長田 啓隆、高橋 隆
ワークショップ「肺癌における分子生物学の進展とその臨床応用」, 第58回 日本癌学会総会   1999年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
癌抑制遺伝子型microRNAの統合的スクリーニングと核酸医薬への応用
小崎 健一   
がん細胞の病態特異的DNAメチル化異常による悪性形質獲得機構の解明
小崎 健一   

競争的資金等の研究課題

 
癌病態特異的microRNAの統合的スクリーニングと核酸医薬への応用
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 小崎 健一
遺伝子プロモーター活性を指標とした生細胞分離技術の確立
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 小崎 健一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 小崎健一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 稲澤譲治
ゲノム情報を基盤に疾患の新しい診断、治療、予防法の開発、ならびに基礎研究で得られた成果を臨床医学に展開する「トランスレーションリサーチ」に多大な期待が寄せられている。ゲノム構造変化、エピゲノム遺伝子制御機構、体系的遺伝子発現解析など統合的ゲノム解析研究を推進し、がんの様々な特性(悪性形質)に関与する遺伝子探索と病態解明に取り組み、さらにこれら難治がんにおける画期的な診断、治療、予防法の開発を目指した。食道扁平上皮がんにおいてESCC細胞株から検出した13q21.2ホモ欠失領域の標的がん抑制...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 小崎健一
本研究では口腔癌の新たな診断・治療体系の構築に寄与すべく、癌特異的エピゲノム異常を指標とした癌抑制遺伝子型microRNA(miRNA)の網羅的探索と詳細な解析を強力に推進し、miR-218とmiR-585を同定した。さらにRictorがmiR-218の新規標的分子であることを明らかにした。TOR-Aktシグナル経路を抑制するmiR-218が、口腔癌の新規治療法の開発や個別化医療の実現などに大きく貢献しうることが示唆された。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2005年4月 - 2010年3月    代表者: 稲澤譲治
高精度ゲノムアレイとその応用法を開発し、各種のがんにおいて統合的なゲノム・エピゲノム解析を行った。その結果、新規のがん遺伝子候補としてDUSP26やSMYD2などの10遺伝子を、また、新規がん抑制遺伝子候補としてDBC1やPCDH20を含む10遺伝子を同定した。加えて、がん特異的DNAメチル化領域を特定し、これをランドマークにLAPTM5をはじめ5種類のがん抑制遺伝子候補と4種類のがん抑制性マイクロRNAを同定した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 小崎健一
近年、ゲノム情報発現系の新たな調節・制御分子として注目されているmicroRNA(miRNA)はゲノムの非コード領域に座位する機能性低分子RNAであるが、蛋白質をコードする癌遺伝子や癌抑制遺伝子と同様に、癌の発症・進展過程の分子機序に深く関与すると考えられる。本研究課題では口腔扁平上皮癌(OSCC)関連癌抑制miRNA遺伝子の単離・同定を目指して、18株のOSCC細胞株および正常口腔粘膜上皮由来不死化細胞株RT7における148種のmiRNAの定量的発現解析にDNAメチル化解析を組み合わせた...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 小崎健一
我々の最終的な研究目標は、代表的な歯原性良性腫瘍でありながら明瞭なmalignant potentialを有するエナメル上皮腫の予後を大きく左右する術後再発や悪性転化に関する分子機序の解明、ならびに同疾患に対する新たな治療法や再発制御法の開発である。上記研究目標の達成を目指して、本研究課題においては特にエナメル上皮腫の基礎医学研究に資することを目的に、follicular型とdesmoplastic型のエナメル上皮腫症例から不死化培養細胞株の樹立を試み、各々の切除組織よりヒト・エナメル上皮...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 中川温子
小児悪性リンパ腫では、バーキットリンパ腫やリンパ芽球性リンパ腫、未分化大細胞型リンパ腫、びまん性B細胞性リンパ腫が全体の90%以上を占め、その大半は悪性度と増殖活性が高く、節外性に発症する症例が多い。小児悪性リンパ腫に対する治療については近年、腫瘍細胞の表面形質や増殖活性などの生物学的特性に合わせた、急性白血病と同様の多剤併用療法が試みられ、無病生存率は80%を上まわるに至ったが、化学療法に対して抵抗性を認める症例も少なからず存在する。これらの寛解導入不能例の原因は、腫瘍細胞におけるアポト...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C), 特定領域研究)
研究期間: 2000年4月 - 2005年3月    代表者: 高橋隆
肺癌の分子病態のより多面的かつ包括的な解明を目指し研究を進めた結果、以下の成果を得た。(1)ヒト肺癌の遺伝子発現プロファイル解析を推進し癌の個性解明につながる成果を得るとともに、外科切除5年後の生存について高い確度で予測できるシステムの開発に成功した。さらに、MALDI-TOF-MSを用いたヒト肺癌の網羅的蛋白発現プロファイル解析の基盤確立を進めた。(2)我々が樹立した高転移性ヒト肺癌細胞亜株(NCI-H460-LNM35)を用いた網羅的遺伝子発現解析によって、高転移能獲得への炎症に関わる...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 佐賀信介
Caspin/PEDF/EPC-1による血管新生抑制作用の分子機序を解明すべく、免疫組織化学的解析とin situハイブリダイゼーションン法、ならびにin vitro実験モデルを用いて、軟骨分化におけるcaspinの分子動態の検討を行った。1.胎発生期マウス組織における免疫組織染色では、caspinは軟骨組織形成前の未分化間葉系細胞で特異的に発現し、軟骨が形成される部位のマトリックスで局所的に蓄積される。その後、内軟骨骨化に伴って消失するものの、骨外縁に沿って再び強く発現し、同部マトリック...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 小崎健一
本研究の目的は、癌の治療を困難にし、予後を大きく左右する転移と術後再発の制御である。細胞外マトリックス分子に結合し得る分泌蛋白質の検索によって、コラーゲン結合性セルピンcaspin(collagen-associated serpin)を独自に見出したが、近年、caspin/PEDF/EPC-1は新規血管新生抑制因子として注目されつつある。本研究では、新たな癌治療法の確立をも視野に入れつつ、生理的血管新生抑制因子caspinによる抗腫瘍効果の検討と分子機序の解明を試みた。caspinによる...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 小崎健一
我々は大腸癌で発癌・進展過程への関与が指摘されているcyclooxygenase-2(COX-2)について免疫組織学的に検索し、その発現が肺腺癌症例の約70%の症例で有意に高く、原発腫瘍に比べてリンパ節転移巣において極めて高い発現が認められたことを報告してきた。本研究において、ヒト非小細胞性肺癌細胞株NCI-H460から独自に樹立したリンパ行性ならびに血行性に短期間で自然転移する皮下移植転移モデル系NCI-H460-LNM35(LNM35)のmicroarray法を用いた発現プロファイリン...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 佐賀信介
本研究ではcaspinの生理的機能解析を進めるべく、ヒトおよびマウスrecombinant caspin(rhCaspin)の作成を試み、収率は極めて低いものの、未変性下で活性を保持した蛋白質としての精製方法を確立し、rhCaspinと特異的配列のペプチドを抗原とした抗ヒトcaspinポリクローン抗体の作製に成功した。さらに、マウス結腸癌細胞株colon26とヒト非小細胞性肺癌細胞株Na-H460の高転移性亜株を用いたcaspin遺伝子導入細胞株を作成して、caspinのin vivoにお...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月    代表者: 小崎健一
我々はヒト癌転移の臨床病態において予後との相関から明らかであるリンパ節転移に着目し、リンパ節を選択的な転移先臓器の一つと考えてリンパ行性転移モデルの確立を進め、ヒト非小細胞性肺癌細胞株(大細胞癌)NCI-H460を用いたin vivo selectionによって、マウス皮下移植により所属リンパ節へ確実に短期間で自然転移するリンパ行性転移亜株NCI-H460-LNM35(LNM35)を樹立した。本研究において、マトリックス分解酵素やその特異的阻害因子、癌関連糖鎖抗原、細胞接着分子群などの既報...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月    代表者: 小崎健一
本研究では、ヒト癌の臨床病態を大きく左右するリンパ行性転移に着目し、未だ明らかではないリンパ行性転移の分子機序とその関連遺伝子群の解明に資するべく、リンパ行性転移モデルの確立を進めた。ヒト非小細胞性肺癌細胞株(大細胞癌)NCI-H460を用いたin vivo selectionを行い、所属リンパ節へ短期間(SCIDマウスで移植後45日、KSNヌードマウスで移植後55日)で確実(100%、SCIDマウス6/6、KSNヌードマウス10/10)に自然転移する亜株H460-LNM35(LNM35)...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 小崎健一
癌細胞が浸潤・転移する際には細胞外マトリックス(ECM)を通過することが必須であり、生体内における癌細胞による各種ECMとの接着あるいはECM産生・分解の分子機構の解明は浸潤・転移の制御と阻止法の開発へつながることが期待される。本研究において、癌転移に関連する分子の単離・同定を目的に、癌細胞が分泌するECM分子結合蛋白質を検索した結果、I型とIII型コラーゲン分子に対して特異的に結合する分子量45kDaのコラーゲン結合性セルピンcaspin(collagen-associated serp...

特許

 
稲澤 譲治, 小崎 健一, 井本 逸勢, 古田 繭子, 有井 滋樹
井本 逸勢, 稲澤 譲治, 小松 周平, 小崎 健一, 津田 均
稲澤 譲治, 小崎 健一, 井本 逸勢
稲澤 譲治, 井本 逸勢, 篠田 康夫, 小崎 健一