古林 呂之

J-GLOBALへ         更新日: 10/10/28 00:00
 
アバター
研究者氏名
古林 呂之
 
フルバヤシ トモユキ
所属
就実大学
部署
薬学部 薬学科
職名
講師
学位
修士(薬学)(摂南大学), 博士(薬学)(岡山大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
2002年
 東光薬品工業株式会社研究開発部 研究員
 
2002年
 - 
2003年
 科学技術振興事業団 研究成果活用プラザ石川
 
 
   
 
      「軟骨再生用超分子スキャフォールドの開発プロジェクト」研究員
 
2003年
 - 
2006年
 就実大学薬学部 助手
 
2007年
 - 
2008年
 就実大学薬学部 助教
 

学歴

 
 
 - 
1997年
摂南大学大学院 薬学研究科 薬学専攻
 
 
 - 
1995年
摂南大学 薬学部 衛生薬学科
 

Misc

 
Yamashita, S., Furubayashi, T., Kataoka, M., Sakane, T., Sezaki, H. and Tokuda, H.
Eur. J. Pharm. Sci.   10(3) 195-204   2000年
古林呂之、小林洋一、山下伸二、坂根稔康、川内秀之
アレルギー   52(10) 992-998   2003年
W. Tachaboonyakiat, T. Furubayashi, M. Katoh, T. Ooya, N. Yui
J. Biomater. Sci. Polym. Ed.   15(11) 1389-1404   2004年
Tomoyuki Furubayashi, Akiko Kamaguchi, Kazushi Kawaharada, Yoshie Masaoka, Makoto Kataoka, Shinji Yamashita, Yutaka Higashi and Toshiyasu Sakane
Biological & Pharmaceutical Bulletin   30(3) 608-611   2007年
Tomoyuki Furubayashi, Akiko Kamaguchi, Kazushi Kawaharada, Yoshie Masaoka, Makoto Kataoka, Shinji Yamashita, Yutaka Higashi and Toshiyasu Sakane
Biological & Pharmaceutical Bulletin   30(5) 1007-1010   2007年

講演・口頭発表等

 
薬物の経鼻吸収に及ぼす製剤粘性の影響とその評価
日本薬剤学会第23年会   2008年   
ラット鼻腔内繊毛運動評価におけるmucociliary clearanceの機能維持と部位差に関する検討
日本薬剤学会第23年会   2008年   
光に不安定な薬剤の簡易懸濁法における安定性の検討
第18回日本医療薬学会年会   2008年   
INFLUENCE OF FORMULATION VISCOSITY ON THE NASAL DRUG ABSORPTION IN RATS
第25回日本薬物動態学会年会   2008年   
薬物の経鼻吸収性に及ぼす製剤粘性の影響とCaco-2単層膜による評価
第47回日本薬学会中国四国支部学術大会   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
薬物経鼻吸収性評価システムの開発
研究期間: 2003年 - 2007年
薬物の経鼻吸収動態の解明
研究期間: 2008年   
薬物の経鼻吸収メカニズムの解明とリンパ移行性の最適化に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2009年   

特許

 
ポリロタキサンとそのヒドロゲル並びに組織再生用基材と軟骨細胞の培養方法
特開2005-143920