毎熊 隆誉

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/19 16:20
 
アバター
研究者氏名
毎熊 隆誉
 
マイグマ タカヨシ
URL
http://www.shujitsu.ac.jp
所属
就実大学
部署
薬学部 薬学科 臨床薬学分野
職名
講師
学位
博士(薬学)(九州大学)
その他の所属
岡山SP研究会

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2003年
 - 
2004年
 福岡徳洲会病院薬剤部 薬剤師
 

学歴

 
 
 - 
2003年
九州大学 薬学系研究科 医療薬科学専攻
 
 
 - 
2001年
第一薬科大学 薬学部 薬剤学科
 

Misc

 
Maiguma T, Fujisaki K, Itoh Y, Makino K, Teshima D, Takahashi-Yanaga F, Sasaguri T, Oishi R.
Naunyn-Schmiedeberg's Archive of Pharmacology   367 289-296   2003年
Makino K, Yano T, Maiguma T, Teshima D, Sendo T, Itoh Y, Oishi R.
Ther Drug Monit.   25(5) 574-580   2003年
A simple determination of mizoribine in human plasma by liquid chromatography with UV detection.
Kaji H, Maiguma T, Inukai Y, Ono H, Taniguchi R, Makino K, Tagawa Y, Teshima D.
J AOAC Int.   88(4) 1114-1117   2005年
毎熊隆誉, 加地弘明, 犬飼容子, 谷口律子, 江川孝, 小野浩重, 柴田隆司, 牧野和隆, 手嶋大輔.
医療薬学   33(4) 301-309   2007年
Teshima D, Maiguma T, Kaji H, Otsubo K, Kitagawa N, Okabe Y, Sugitani A, Tanaka M, Oishi R.
J Clin Pharm Ther.   33(2) 159-163   2008年

書籍等出版物

 
<病院・薬局実務実習>事前学習テキスト―実務実習モデル・コアカリキュラム対応
評言社   2006年   

競争的資金等の研究課題

 
薬剤性スティーブンス・ジョンソン症候群発症メカニズム解析
研究期間: 2004年 - 2013年
抗癌剤誘発性副作用メカニズム解析および予防・治療薬の探索
研究期間: 2005年 - 2013年
簡易懸濁法における相互作用解析
薬局製剤の安定性解析
ジェネリック医薬品の生物学的同等性に関する研究
研究期間: 2010年 - 2015年