基本情報

所属
慶應義塾大学 総合政策学部 教授
大学院政策・メディア研究科 委員
(兼任) SFC研究所日本研究プラットホーム・ラボ 共同代表
グローバルリサーチインスティテュート 所員
Graduate School of Media and Governance member
(兼任) Co-chair, Japan Studies Platform Laboratory, Keio Research Institute at SFC
Global Research Institute(KGRI) member
学位
博士(法学)(慶應義塾)
修士(法学)(慶應義塾)
Doctor of the Science of Law [S.J.D.](Keio University)
Master of Laws [LL.M.](Keio University)

J-GLOBAL ID
200901042790764890

外部リンク

1999年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業(政治学科開設100周年記念論文最優秀)。 2001年、同法学研究科政治学専攻前期博士課程修了。 2003年、同後期博士課程単位取得、退学。 同年、東京大学先端科学技術研究センター特任助手(~2007年)。 2005年、博士(法学)(慶應義塾大学)。 2007年、慶應義塾大学総合政策学部専任講師。 2010年、同准教授(~2017年)、大学院政策・メディア研究科委員(~現在)。 2014年、ハーバード大学ライシャワー日本研究所客員研究員(米国、~2015年)。 2015年、国立政治大学国際事務学院日本研究学位学程客座副教授(台湾、~2016年)。 2017年、慶應義塾大学総合政策学部教授(~現在に至る)。 2018年、ルール大学ボーフム校日本学科客員教授(ドイツ)。 専門は日本政治外交、政官関係論、官僚制、オーラルヒストリー。主著に『政党と官僚の近代』(藤原書店、2007年)、『近代日本の官僚』(中央公論新社、2013年)、『The Origins of the Modern Japanese Bureaucracy』(Bloomsbury, 2019年)、『憲法判例からみる日本』(共編著、日本評論社、2016年)。

論文

  30

MISC

  79

書籍等出版物

  52

講演・口頭発表等

  79

Works(作品等)

  66

共同研究・競争的資金等の研究課題

  25

学術貢献活動

  1

社会貢献活動

  50

メディア報道

  6