鳥海 直美

J-GLOBALへ         更新日: 13/03/26 11:11
 
アバター
研究者氏名
鳥海 直美
 
トリウミ ナオミ
所属
四天王寺大学
部署
人文社会学部 人間福祉学科
職名
准教授
学位
博士(学術)(大阪市立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
四天王寺大学 准教授
 
2008年4月
 - 
2009年3月
千里金蘭大学 准教授
 
2004年4月
 - 
2008年3月
千里金蘭大学 講師
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2006年3月
大阪市立大学大学院 後期博士課程 生活科学研究科 障害者・高齢者福祉学分野
 
2000年4月
 - 
2002年3月
大阪市立大学大学院 前期博士課程 生活科学研究科 高齢者・障害者福祉学分野
 
 
   
 
大阪市立大学 生活科学部 社会福祉学科
 

委員歴

 
2008年4月
 - 
現在
NPO法人 自立生活センターあるる  理事
 
2004年4月
 - 
現在
NPO法人 地域生活サポートネットほうぷ  副代表理事
 
2005年12月
 - 
2010年12月
アートミーツケア学会  理事
 
2000年7月
 - 
2008年3月
NPO法人 自立生活センターあるる  運営委員
 

論文

 
カルチュラルプローブを使った高齢者施設でのケアとインクルーシブデザインの試み
岩隈美穂・鳥海直美
インターナショナルナーシングレビュー   35(3) 51-60   2012年5月   [招待有り]
ソーシャルワーク教育におけるサービスラーニングの導入と実践-大学とNPOの協働による障害児の余暇活動支援を通して-
鳥海 直美
千里金蘭大学紀要   (5) 25-33   2009年1月
在宅高齢者ケアにおける「価値認識」と「アセスメント情報把握」に対する訪問看護と訪問介護の職種間比較
松井妙子・鳥海直美・蘇珍伊・岡田進一
日本在宅ケア学会誌   11(2) 83-90   2008年3月   [査読有り]
ホームヘルプサービスにおけるコーディネーターの役割葛藤の構造-サービス提供責任者の実践に焦点をあてて-
鳥海 直美
生活科学研究誌   (4) 213-221   2006年3月   [査読有り]
高齢者の在宅ケアにおける訪問介護事業所のサービス提供責任者の役割特性-訪問介護・訪問看護・在宅介護支援センターにおける情報認識の比較から-
鳥海直美・松井妙子・笠原幸子・蘇珍伊・岡田進一・白澤政和
日本在宅ケア学会誌   9(1) 61-70   2005年12月   [査読有り]

Misc

 
「尊厳のためのデザインリサーチ」の成果と課題-社会福祉学研究の立場から-
鳥海 直美
尊厳のためのデザインリサーチプロジェクト2011-2012(財団法人たんぽぽの家)   15-15   2012年5月   [依頼有り]
障害をもつ子どもの声を聴くということ-「子どもからはじめる個人将来計画」の取り組みから-
鳥海 直美
はらっぱ   (326) 6-8   2012年3月   [依頼有り]
障害児の自立に向けた支援 はじめよう!自立生活プログラム・子ども版
NPO法人地域生活サポートネットワーク
1-59   2012年2月
在宅高齢者ケアにおける訪問看護事業所、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所のチームアプローチに関連する要因分析-事業所の管理・運営および経営状況に焦点をあてて-
松井妙子・綾部貴子・原田由美子・鳥海直美
大阪ガスグループ福祉財団調査・研究報告集   (24) 99-108   2011年6月
呼びとめられてしまったこと、問われてしまったこと
鳥海 直美
自立生活センターおおさかひがし会報      2011年5月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
新・社会福祉士養成講座 障害者に対する支援と障害者自立支援制度 第三版
鳥海 直美 (担当:分担執筆, 範囲:居宅介護等従業者の役割と実際)
中央法規出版   2012年2月   
新たな社会福祉学の構築-白澤政和教授退職記念論集-
松井妙子・鳥海直美/橋本卓也・鳥海直美 (担当:分担執筆, 範囲:介護保険制度下における訪問看護と訪問介護の連携コンピテンシー抽出の試み-軽度要介護高齢者に対する在宅支援に焦点をあてた質的研究から-/介助関係における価値とジレンマの構造)
中央法規出版   2011年2月   
現代社会福祉用語の基礎知識
鳥海 直美 (担当:共編者, 範囲:インフォーマル・ケア、介護の社会化、自己決定、フォーマル・ケア、他)
学文社   2001年3月   

講演・口頭発表等

 
福祉・教育・地域の連携で子どもの声を聴く取り組み
鳥海 直美
障害児の生活と共育を考える部会連続講座2012   2012年11月9日   社団法人子ども情報研究センター
在宅高齢者に対する訪問看護・訪問介護・居宅介護支援のチーム活動の実践度に関連する要因(1)-対象者の特性と職場環境に焦点をあてて-
松井妙子・綾部貴子・原田由美子・鳥海直美・白澤政和
第16回日本在宅ケア学会学術集会   2012年3月   
在宅高齢者に対する訪問看護・訪問介護・居宅介護支援のチーム活動の実践度に関連する要因(2)-対象者の特性とチーム活動にかかわる社会資源情報に焦点をあてて-
綾部貴子・松井妙子・原田由美子・鳥海直美・白澤政和
第16回日本在宅ケア学会学術集会   2012年3月   
在宅高齢者に対する訪問看護・訪問介護・居宅介護支援のチーム活動の実践度に関連する要因(3)-対象者の特性と他職種連携についての考え方に焦点をあてて-
原田由美子・松井妙子・綾部貴子・鳥海直美・白澤政和
第16回日本在宅ケア学会学術集会   2012年3月   
尊厳のためのデザインリサーチプロジェクト
塩瀬隆之・鳥海直美・水野大二郎・森下静香・他5名
京都大学総合博物館 INCLUSIVE DESIGN NOW2011   2011年11月19日   

競争的資金等の研究課題

 
障害児の自立に向けた支援事業
大阪ガスグループ: 小さな灯運動30周年記念 子ども支援市民活動助成プログラム
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: NPO法人地域生活サポートネットほうぷ
ジレンマ状況におけるソーシャルワーク実践の価値生成に関する実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 鳥海 直美
在宅高齢者ケアにおける訪問看護事業所、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所のチームアプローチに関連する要因分析
大阪ガスグループ福祉財団: 
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 松井 妙子
ソーシャルワークの特性に関する実践的研究-ケアマネジメントとの関連をもとに
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(A)
研究期間: 2006年4月 - 2010年3月    代表者: 白澤 政和
障害児と家族の地域生活支援に関する事業
大阪ガスグループ: 子ども支援市民活動 助成プログラム
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: NPO法人地域生活サポートネットほうぷ