細川 周平

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/10 03:27
 
アバター
研究者氏名
細川 周平
 
ホソカワ シュウヘイ
所属
国際日本文化研究センター
部署
国際日本文化研究センター
職名
教授
学位
人文博士(東京芸術大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1991年
東京芸術大学楽理科 助手
 
1992年
 - 
2004年
東京工業大学社会理工学科 助教授
 
2004年
   
 
国際日本文化研究センター 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京芸術大学 音楽研究科 楽理科専攻
 
 
 - 
1978年
東京大学 理学部 生物学科(植物学専攻)
 

委員歴

 
2000年
 - 
2004年
日本ポピュラー音楽学会  理事
 
2001年
   
 
国際ポピュラー音楽学会  理事
 

論文

 
Considérations sur la musique mass-médiatisée
HOSOKAWA Shuhei
International Review of Aesthetics and Sociology of Music (IRASM)   21-50   1981年
The Walkman as Urban Strategy
HOSOKAWA Shuhei
International Association of Music Education (IAME)Yearbook(ed. by Jack Dobbs)      1983年
The Walkman as Urban Strategy
HOSOKAWA Shuhei
Pop and Folk Music: Stock-taking of New Trends   129-133   1983年
Les Yeux et le secret: le cas des Residents
HOSOKAWA Shuhei
Traverses   164-169   1984年
The Walkman Effect
HOSOKAWA Shuhei
Popular Music   165-80.2   1984年

Misc

 
Book Review: Myth and Music, by Eero Tatasti, Mouton, The Hague-Paris-New York, 1979
HOSOKAWA Shuhei
IRASM   262-265   1980年
Compte-rendu: Entendre la musique, by Michel Imberty, Dunot, Paris, 1979
HOSOKAWA Shuhei
IRASM   82-85   1981年
Free jazz in Giappone
HOSOKAWA Shuhei
Musica/Realtà   18-24   1982年
I segni imperiali
HOSOKAWA Shuhei
Alfabeta   3-4   1984年
Umberto E...
HOSOKAWA Shuhei
Il cavallo di Troia   37-41   1984年

書籍等出版物

 
音楽の記号論
細川 周平
朝日出版社   1981年1月   
ウォークマンの修辞学
細川 周平
朝日出版社   1981年7月   
トランス・イタリア・エクスプレス
細川 周平
筑摩書房   1985年5月   
未来派2009
坂本龍一 細川周平編集 (担当:分担執筆)
本本堂   1986年4月   
サッカー狂い―時間・球体・ゴール
細川 周平
哲学書房   1989年1月   

講演・口頭発表等

 
戦前昭和の股旅物―浪曲と流行歌
細川周平
国際日本文化研究センター 共同研究会   2017年2月20日   
Bimusicalとは何か? [招待有り]
細川 周平
京都市芸伝統音楽研究センター所長サロン   2017年5月10日   京都市立芸術大学
室伏鴻のパリの住まい―一九八三年~八四年 [招待有り]
細川 周平
即身仏と<外>の身体―室伏鴻を巡って   2017年6月24日   東北公益文科大学
ブラジル音楽の幹と枝葉 [招待有り]
細川 周平
-   2017年7月7日   神戸女学院大学
「『軍神橘中佐』(1926年、日活)の間メディア性――選曲譜、字幕、SPレコード」コメンテーター [招待有り]
細川 周平
映画文化と越境―国民国家、メディア、アイデンティティ   2017年7月18日   京都大学

競争的資金等の研究課題

 
近代日本の大衆音楽
研究期間: 1989年 - 2006年
日系ブラジル文化
研究期間: 1991年 - 2006年