大庭 伸也


大庭 伸也

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/16 15:58
 
アバター
研究者氏名
大庭 伸也
 
オオバ シンヤ
eメール
oobanagasaki-u.ac.jp
URL
https://sites.google.com/site/oobalabsince2012/ooba-s
所属
長崎大学
部署
教育学部 数理情報
職名
准教授
学位
博士(学術)(岡山大学), 修士(農学)(愛媛大学), 農学士(玉川大学)
科研費研究者番号
20638481
ORCID ID
0000-0003-3854-0902

プロフィール

主に水生昆虫を対象に野外での生態や行動に関する研究に加え,動物行動の観察教材化,在来の生態系に影響を及ぼす外来種の駆除法に関する研究や実践的な保全も行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
放送大学 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
現在
長崎大学教育学部 数理情報講座 准教授
 
2010年4月
 - 
2012年3月
京都大学生態学研究センター 日本学術振興会特別研究員PD
 
2008年8月
 - 
2010年3月
長崎大学熱帯医学研究所  病害動物学分野 講師(研究機関研究員)
 
2007年4月
 - 
2008年7月
岡山大学大学院環境学研究科 進化生態学分野 博士研究員
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
環境省  希少野生動植物種保存推進員
 
2018年
 - 
現在
日本昆虫学会  編集専門委員
 
2018年
 - 
現在
日本昆虫学会  代議員
 
2017年
 - 
2018年
日本昆虫学会  自然保護委員
 
2017年
 - 
現在
日本環境動物昆虫学会  評議員
 
2017年
 - 
現在
日本環境動物昆虫学会  学会誌編集委員
 
2016年
 - 
現在
日本衛生動物学会  学会誌編集委員
 
2014年
 - 
現在
長崎県希少野生動植物モニタリング委員
 
2013年
 - 
現在
長崎県生物学会  編集委員長
 
2013年
 - 
現在
長崎県生物学会  運営委員
 

受賞

 
2018年
日本衛生動物学会 第28回佐々賞(若手奨励賞)
 
2016年
日本昆虫学会 若手奨励賞
 
2010年
平成22年度:日本環境動物昆虫学会奨励賞受賞
 
2007年
平成18年度:岡山大学大学院自然科学研究科長賞受賞
 
2004年
2004年度:ハート昆虫研究奨励基金
 

論文

 
Ohba Shin-ya
ENTOMOLOGICAL SCIENCE   22(1) 6-20   2019年3月   [査読有り]
OHBA Shin-ya, SUZUKI Kodai, SAKAI Yoichiro, SHIBATA Jun-ya, OKUDA Noboru
Freshwater Biology   in press    2019年10月   [査読有り]
理科教材化に向けたボウフラの捕食回避行動の観察
大庭 伸也
日本生態学会誌   69 111-117   2019年7月
長崎県五島市(福江島)におけるトガリアメンボの記録
上田浩一・大庭伸也
Rostria   (63) 99-101   2019年12月
人工照明に飛来したタガメの行動とその体温変化
大庭伸也・弘中満太郎
Rostria   (63) 20-24   2019年12月
3種の海産性巻貝類におけるすみわけ行動の教材化に向けた授業実践
本木和幸・大庭伸也
長崎大学教育学部教育実践研究紀要   (18) 99-106   2019年3月
長崎大学教育学部周辺における外来種・カダヤシの拡散とその認知度
大庭伸也・本木和幸・山本賢・田中颯真・松田彩葉・松本弥優
長崎大学教育学部紀要   5 125-131   2019年3月
Hayashi Masakazu, Ohba Shin-Ya
BIOLOGICAL JOURNAL OF THE LINNEAN SOCIETY   125(2) 315-320   2018年10月   [査読有り]
Ohba Shin-ya, Matsuo Sayaka, Huynh Thi T. Trang, Kudo Shin-ichi
ETHOLOGY ECOLOGY & EVOLUTION   30(5) 477-484   2018年9月   [査読有り]
大浦ひなた, 大庭伸也
長崎県生物学会誌   (82) 11‐12   2018年6月
大庭伸也, 大串俊太郎, 田中颯真, 山本賢, 本木和幸, 上田浩一
環動昆   29(1) 21‐26   2018年4月   [査読有り]
本木和幸, 大庭伸也
長崎大学教育学部教育実践研究紀要   (17) 93‐100   2018年3月
大庭伸也, 本木和幸
長崎大学教育学部紀要   4 19‐26   2018年2月
Ribeiro Jose Ricardo I., Ohba Shin-Ya, Pluot-Sigwalt Dominique, Stefanello Fabiano, Bu Wenjun, Meyin-A-Ebong Solange E., Guilbert Eric
ZOOLOGICAL JOURNAL OF THE LINNEAN SOCIETY   182(2) 319-359   2018年2月   [査読有り]
A new species of the spider genus Callobius Chamberlin 1947 (Araneae: Amaurobiidae) from Amami-ōshima Island, Japan
Okumura K, Honki K, Ohba S
Arachnology   17(9)    2018年   [査読有り]
Male description of Coelotes nasensis Shimojana 2000 (Araneae: Agelenidae) from Amami-ōshima Island, Japan
Okumura K, Honki K, Ohba S
Acta Arachnologica   67    2018年   [査読有り]
Ohba Shin-ya, Maeda Airi
ECOLOGICAL ENTOMOLOGY   42(4) 402-410   2017年8月   [査読有り]
奥山永, 高橋稜一, 中浜直之, 大庭伸也, 清拓哉, 溝田浩二, 高橋純一
長崎県生物学会誌   (80) 20‐21   2017年6月
大串俊太郎, 大庭伸也
長崎県生物学会誌   (80) 36‐38-38   2017年6月
Ohba Shin-ya, Okuda Noboru, Kudo Shin-ichi
ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE   3(5)    2016年5月   [査読有り]
Ohba Shin-ya, Huynh Trang T. T., Kawada Hitoshi, Lee Loan Luu, Huu Tran Ngoc, Hoang San Le, Takagi Masahiro
JAPANESE JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   69(3) 262-265   2016年5月   [査読有り]
Ohba Shin-Ya, Tatsuta Haruki
BIOLOGICAL JOURNAL OF THE LINNEAN SOCIETY   117(3) 601-606   2016年3月   [査読有り]
大庭 伸也, 市川 憲平
Rostria : Transactions of the Hemipterological Society of Japan   (59) 28-30   2016年2月
安倍 弘, 大庭 伸也
日本ダニ学会誌   25(1) 1-35   2016年   [査読有り]
Water mites are known to live in aquatic habitats and larval or post-larval stages are temporarily or habitually parasitic on the body surface of aquatic animals in their life cycle. Associations on the species level have been documented for 25 sp...
田中颯真, 山本 賢, 大庭 伸也
環動昆   27(3) 89-91   2016年   [査読有り]
Ohba Shin-ya, Ushio Masayuki
ENTOMOLOGICAL SCIENCE   18(4) 519-522   2015年10月   [査読有り]
Abe Hiroshi, Ohtsuka Yuhki, Ohba Shin-ya
INTERNATIONAL JOURNAL OF ACAROLOGY   41(6) 494-506   2015年8月   [査読有り]
四方圭一郎・大庭伸也
伊那谷自然史論集   16 35-36   2015年3月
2014年に外来種トガリアメンボを長野県南部の2箇所で確認した.これは長野県からの初めての記録となる.全国的に分布を拡大している種であり,今後の分布動態に注目したい.
大庭 伸也
長崎大学教育学部紀要   1 43-49   2015年3月
Between April and October 2014,I found 2 Coenagrionids,1 Aeshnid and 7 Libellulids in and around an artificial pond in front of the Faculty of Education, Nagasaki University. Of these, Ceriagrion nipponisum, Anaciaeschna martini, Anax nigrofasciat...
Ohba Shin-ya, Nguyen Van Soai, Dinh Thi Van Anh, Nguyen Yen T., Takagi Masahiro
ACTA TROPICA   142 89-95   2015年2月   [査読有り]
市川 憲平, 大庭 伸也
環動昆 = Japanese journal of environmental entomology and zoology : 日本環境動物昆虫学会誌   26(3) 89-93   2015年   [査読有り]
大庭 伸也
長崎県生物学会誌   (75) 52-54   2014年12月
大串 俊太郎, 大庭 伸也, 深川 元太郎
長崎県生物学会誌   (75) 9-13   2014年12月
大庭 伸也
長崎県生物学会誌   (74) 27-29   2014年6月
日隈 徳子, 大庭 伸也
長崎県生物学会誌   (74) 7-11   2014年6月
Inoda Toshio, Ohba Shin-ya, Rullan June K.
AQUATIC INSECTS   35(1-2) 39-45   2014年   [査読有り]
Ohba Shin-ya, Ohashi Kazunori, Pujiyati Endang, Higa Yukiko, Kawada Hitoshi, Mito Nobuaki, Takagi Masahiro
PLOS ONE   8(7)    2013年7月   [査読有り]
Nakazawa Takefumi, Ohba Shin-ya, Ushio Masayuki
BIOLOGY LETTERS   9(3)    2013年6月   [査読有り]
Ohba S, Takahashi J, Okuda N
Insect Conservation and Diversity   6(2) 155-161   2013年   [査読有り]
1.We propose a non-lethal sampling method involving stable isotope analysis for estimating the trophic position of the endangered giant water bug Kirkaldyia (=Lethocerus) deyrolli (Heteroptera: Belostomatidae) in the wild. 2.Kirkaldyia deyrolli in...
Ohba S, Trang Huynh TT, Kawada H, Loan Luu L, Tran Ngoc H, Le Hoang S, Takagi M
Journal of the American Mosquito Control Association   27(4) 384-392   2013年   [査読有り]
Culex tritaeniorhynchus, Cx. gelidus, and Cx. quinquefasciatus, known vectors of Japanese encephalitis (JE), are distributed in rice agroecosystems in Asian countries. Very few integrated studies on the breeding habitats of rice-field mosquitoes, ...
Ohba S, Ohtsuka M, Sunahara T, Sonoda Y, Kawashima E, Takagi M.
Ecological Entomology   37(5) 410-418   2012年10月   [査読有り]
1. Natural selection favours females who can correctly assess the predation risk and hence avoid high-risk oviposition sites and reduce the mortality rate of their offspring. In spite of the potential significance of such behaviour, relatively few...
大庭伸也
昆蟲ニューシリーズ   15(2) 92-93   2012年4月   [査読有り]
The giant water bug, subfamily Lethocerinae, which has the largest body size among Belostomatidae, is known to be a vertebrate specialist that preys mainly upon fish and amphibians. Here, I report that a giant water bug, Kirkaldyia (=Lethocerus) d...
Ohba S, Inatani Y
Psyche      2012年3月   [査読有り]
The numbers of Cybister tripunctatus orientalis Gschwendtner diving beetles are declining in most regions of Japan, and it is included in the Red Data List of species in 34 of 47 prefectures of Japan. However, basic ecological information about C....
Ohba S, Izumi Y, Tsumuki H
Journal of Insect Conservation   16(6) 829-838   2012年2月   [査読有り]
Rice fields provide major habitats for lentic aquatic insects including the giant water bug Kirkaldyia (=Lethocerus) deyrolli (Heteroptera: Belostomatidae) in Japan. Previous researchers have emphasized that conserving populations of the frogs, Hy...
Ohba S, Matsuo T, Takagi M
Medical and Veterinary Entomology   27(1) 96-103   2012年   [査読有り]
Fallow field biotopes that develop from abandoned rice fields are man-made wetlands that provide new habitats for various aquatic animals. Although consideration of such biotopes generally focuses on their positive aspects, this study evaluated th...
Ohba S
Entomological Science   14(3) 364-365   2011年7月   [査読有り]
The giant water bug, subfamily Lethocerinae, which has the largest body size among Belostomatidae, is known to be a vertebrate specialist that preys upon fish, amphibians and snakes. However, there have been no reports concerning predation on a tu...
Ohba S, Trang Huynh TT, Kawada H, Loan Luu L, Tran Ngoc H, Le Hoang S, Higa Y, Takagi M.
Journal of Vector Ecology   36(1) 170-174   2011年6月   [査読有り]
Residents of Vietnam living in areas with water shortages and/or poor tap water maintain water storage containers, such as jars, in and around their domiciles in order to store water used in daily life. Although these water jars are known to be im...
Ohba S
Insects   2(4) 435-446   2011年   [査読有り][招待有り]
Amphibian predator-insect prey relationships are common in terrestrial habitats, but amphibian larvae are preyed upon by a variety of aquatic hemipterans in aquatic habitats. This paper suggests that the survival of the nymphs of the endangered aq...
後藤直人・伊藤 明・大庭伸也
環動昆   22(3) 129-138   2011年   [査読有り]
Ohba S
Japanese Journal of Environmental Entomology and Zoology   22(2) 93-98   2011年   [査読有り]
大庭伸也, 松尾公則, 高木正洋
長崎県生物学会誌   67(67) 1-5   2010年12月
Ohba S, Kawada H, Dida OG, Juma D, Sonye G, Minakawa N, Takagi M
Journal of Medical Entomology   47(5) 783-787   2010年9月   [査読有り]
Polymerase chain reaction analysis was performed to determine whether mosquito predators in wetland habitats feed on Anopheles gambiae sensu lato (s.l.) larvae. Aquatic mosquito predators were collected from six wetlands near Lake Victoria in Mbit...
Ohba Shin-ya, Goodwyn P. J. Perez
JOURNAL OF INSECT SCIENCE   10    2010年5月   [査読有り]
Ohba S, Kato K, Miyatake T
Entomological Science   13(1) 35-41   2010年3月   [査読有り]
Males of the giant water bug Appasus (= Diplonychus) japonicus Vuillefroy (Belostomatidae: Heteroptera) carry egg masses on their back, but little is known about the relationship between seasonal abundance and breeding ecology of the species. In t...
Ohba S, Takagi M
Journal of the American Mosquito Control Association   26(1) 32-36   2010年3月   [査読有り]
The predatory ability of adult Japanese diving beetles on 4th instars of the Japanese encephalitis vector mosquito, Culex tritaeniorhynchus, was assessed under laboratory conditions. To determine the differences in the predatory ability among 14 b...
Kawada H, Maekawa Y, Abe M, Ohashi K, Ohba S, Takagi M.
Japanese Journal of Infectious Diseases   63 19-24   2010年2月   [査読有り]
We investigated the spatial distribution and pyrethroid susceptibility of the mosquito larvae belonging to Aedes albopictus and Culex pipiens group in catch basins located in parks in Nagasaki city, Nagasaki, Japan. Among the 308 parks located in ...
兵庫県西部と島根県東部におけるコガタノゲンゴロウの記録
大庭伸也, 稲谷吉則
きべりはむし   33 15-16   2010年
Ohba S
Applied Entomology and Zoology   44(3) 447-453   2009年12月   [査読有り]
A number of descriptive reports suggest that Cybister larvae feed on tadpoles, fish, and aquatic insects; however, no quantitative study on their feeding habits has been reported. In order to elucidate the feeding ecology of C. brevis larvae, fiel...
Ohba S, Swart CC
Ecological Research   24(6) 1207-1211   2009年10月   [査読有り]
Previous work on community structure of the invertebrate fauna of Japanese wetlands indicates the presence of intraguild predation between the heteropterans Laccotrephes japonensis (Nepidae) and Kirkaldyia deyrolli (Belostomatidae). We designed a ...
Ohba S
Environmental Entomology   38(3) 856-860   2009年6月   [査読有り]
A number of fragmentary reports suggest that the endangered diving beetle Cybister japonicus larvae feed on tadpoles, fish, and aquatic insects. However, no quantitative study on the feeding habits of C. japonicus larvae has been reported. In this...
Ohba S, Perez Goodwyn Pablo
Japanese Journal of Environmental Entomology and Zoology   20(1) 27-30   2009年   [査読有り]
Ohba S, Tatsuta H, Nakasuji F
Entomologia Experimentalis et Applicata   129(2) 223-227   2008年11月   [査読有り]
When giant water bugs (Heteroptera: Belostomatidae) encounter prey animals that are larger than they are themselves, they first hook the claw of their raptorial legs onto the animal, and then use all their legs to pin it. The claws of the raptoria...
Ohba S
Limnology   9(1) 71-73   2008年4月   [査読有り]
Giant water bug Kirkaldyia (=Lethocerus) deyrolli (Belostomatidae: Heteroptera) nymphs consume many individuals of anuran larvae (tadpoles) before they reach adulthood. However, no quantitative data on the number of tadpoles consumed have been mad...
Miyasaka H, Genkai-Kato M, Miyake Y, Kishi D, Katano I, Doi H, Ohba S, Kuhara N
Limnology   9(1) 75-80   2008年4月   [査読有り]
Relationships between weight (W; dry weight) and length (L; head capsule width, total body length or head carapace length) were examined in 31 Japanese freshwater macroinvertebrate taxa, using the form W = aLb. The relationships were expressed as ...
Ohba S, Miyasak H, Nakasuji F
Population Ecology   50(1) 9-16   2008年1月   [査読有り]
Predatory insects that depend upon particular prey animals are commonly regulated by the prey animal's abundance. Nymphs of the giant water bug Kirkaldyia (=Lethocerus) deyrolli (Heteroptera: Belostomatidae) are predators regarded as specialists i...
Ohba Shin-Ya, Miyasaka Hitoshi, Nakasuji Fusao
POPULATION ECOLOGY   50(1) 121-122   2008年1月   [査読有り]
Yanagi S, Kashima S, Ohba S, Matsubara H, Piyaseeli UKD, Yamamoto H, Nakasuji F
Medical Entomology and Zoology   59(2) 81-84   2008年   [査読有り]
2004年12月26日に発生した津波は,スリランカの多くの地域に深刻な被害をもたらした.2006年2月において,1年以上経過したにもかかわらず,大勢の人々が仮設住宅で生活することを強いられていた.そこで,仮設住宅地域と津波の被害を受けなかった一般家庭集落の間で,さまざまな病気を媒介しうるMusca domestica nebula Fabricius, 1784の個体数の比較を,トラップに集まる個体を数えることによって行った.家屋から離れた空き地では,2つの地域で違いがなかったが,台所では...
Ohba S, Nakasuji F
Population Ecology   49(4) 331-336   2007年10月   [査読有り]
This paper suggests that the nymphs of a specialist predator, Kirkaldyia (=Lethocerus) deyrolli (Belostomatidae: Heteroptera), are indirectly affected by their tadpoles' prey. K. deyrolli nymphs and the predator Laccotrephes japonensis (Nepidae: H...
Ohba S
Hydrobiologia   583 377-381   2007年6月   [査読有り]
A field research was carried out in Hyogo Prefecture, Japan in order to establish the role of the water-scorpion, Laccotrephes japonensis Scott as predator of nymphs of the endangered giant water bug, Kirkaldyia (= Lethocerus) deyrolli. To assess ...

Misc

 
大庭伸也
化学と生物   56(4) 301‐305   2018年3月
大庭 伸也
昆虫と自然   52(4) 2-4   2017年4月
大庭 伸也, 立田 晴記
昆虫と自然   52(4) 18-22,図巻頭2p   2017年4月
大庭 伸也
農業および園芸   90(2) 243-255   2015年2月
大庭 伸也
昆虫と自然   49(2) 2-3,図巻頭1p   2014年2月
大庭 伸也
昆虫と自然   48(4) 12-15   2013年4月
大庭 伸也, 稲谷 吉則
昆虫と自然   46(11) 30-33   2011年10月
大庭 伸也
環動昆   22(2) 93-98   2011年
大庭 伸也, 松尾 公則, 高木 正洋
日本衛生動物学会全国大会要旨抄録集   63(0) 49-49   2011年
休耕田を利用したビオトープは,水田耕作を辞めたために生息地が失われた水生昆虫や魚類,両生類など様々な水辺の生き物に新たな生息地を提供し,生き物観察会や体験学習など環境教育の場としても注目されている.しかし,ビオトープの造成は水田に類似した環境を創出するため,元来,水田を繁殖地としていた病原媒介蚊類に新たな繁殖地を提供することも意味するが,ビオトープから発生する蚊に関する研究はこれまでに全くなされていない.本講演では,ビオトープとその近隣の水田地帯の蚊類とその他の水生昆虫を中心に比較調査を行...
大庭 伸也, Gabriel Dida O, Duncan Jumo, 川田 均, 皆川 昇, 高木 正洋
衞生動物   61(0)    2010年4月
大庭 伸也
昆虫と自然   45(1) 30-33   2010年1月
大庭 伸也
昆虫と自然   44(1) 9-12,図巻頭2p   2009年1月

書籍等出版物

 
Paternal care in giant water bugs. In: Aquatic Insects
Shin-ya Ohba, José Ricardo I. Ribeiro, Melania Santer (担当:共著)
Springer   2019年9月   ISBN:978-3-030-16326-6
We describe general biology of giant water bugs (Heteroptera, Belostomatidae), exclusive paternal care (back-brooding behavior in Belostomatinae and emergent-brooding behavior in Lethocerinae), and recent topics in sexual selection in this family....
北隆館   2018年6月   ISBN:978-4-8326-0763-7
Predator-prey interactions of Dytiscids. In: Ecology, Systematics, and the Natural History of Predaceous Diving Beetles (Coleoptera: Dytiscidae) (Yee DA ed), pp. 363-386
Culler LE, Ohba S, Crumrine P (担当:共著)
Springer   2014年   ISBN:978-94-017-9108-3
Foraging behavior and raptorial character in giant water bug
Shin-ya Ohba
Nova Science Publishers   2009年   ISBN:978-1-60741-583-1

講演・口頭発表等

 
コオイムシ類における繁殖生態の種間比較
大庭伸也・山田知帆乃・吉村愛菜
第78回日本昆虫学会大会   2018年9月10日   
コオイムシ科昆虫の卵保護行動に関する最近の話題.
大庭 伸也
水生昆虫談話会 第435回例会   2018年8月26日   
大庭伸也, 沼田郁, 川野敬介
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   2018年3月10日   
大庭伸也
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   2018年3月10日   
Female mate choice in two closely related species of giant water bug: Appasus japonicus and A. major (Belostomatidae). [招待有り]
大庭 伸也
Workshop "Interplay between parental care and sexual selection"   2018年3月1日   
島の生態系を本来の姿に [招待有り]
大庭 伸也
公開シンポジウム 五島の外来生物を考える   2017年10月   
水生カメムシに見られる卵の特徴と卵保護の機能 [招待有り]
大庭 伸也
第77回日本昆虫学会.小集会『昆虫の家族をめぐる進化生態学 第9回』   2017年9月   
Paternal caring behavior against ants in a giant water bug
大庭 伸也
XXV International Congress of Entomology   2016年9月   
タガメの父親はアリから保護卵塊を守れるのか? [招待有り]
大庭 伸也
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会合同大会.小集会 KAMEMUSHI TODAY ~カメムシ学の現在を語る~   2016年3月   
Differential responses to predator cues between two mosquito species breeding in different habitats.
大庭 伸也
XXIV International Congress of Entomology.   2012年9月   
大庭 伸也, 潮 雅之
日本衛生動物学会全国大会要旨抄録集   2012年   
ボウフラは種類によって行動や潜水頻度が異なる.この行動の種間差は,野外で遭遇する天敵に対する対捕食者行動として説明できるかもしれない.本研究では,水田などの開放的な水域で繁殖し天敵に遭遇しやすいコガタアカイエカCulex tritaeniorhynchusと,竹の切り株などの小さな水域で繁殖し,天敵にあまり遭遇しないヒトスジシマカAedes albopictusを材料に,ボウフラの天敵であるハイイロゲンゴロウEretes griseusの2種のボウ...
大庭 伸也, 大塚 雅和, 砂原 俊彦, 園田 友理, 川島 恵美子, 高木 正洋
日本衛生動物学会全国大会要旨抄録集   2012年   
蚊は種によって繁殖水域サイズが異なる.一般に水域サイズの増加につれて捕食者も多くなるので,種ごとの繁殖水域サイズと捕食回避能力はリンクしている可能性がある.本研究では,コガタアカイエカ(コガタ)とヒトスジシマカ (ヒトスジ)に対して,天敵のキュー(ハイイロゲンゴロウを飼育していた水:天敵水)が及ぼす影響を産卵回避行動, ボウフラの行動,そして生活史形質の観点から調べた.天敵水と汲み置き水道水(対照水)を準備し,雌成虫の産卵行動を調査した.コガタは必ず天敵水ではなく対照水に産卵したが,ヒトス...
大庭 伸也, Gabriel Dida O, Duncan Jumo, 川田 均, 皆川 昇, 高木 正洋
衞生動物   2010年4月1日   
大庭 伸也, 中筋 房夫
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   2008年3月12日   
大庭 伸也, 中筋 房夫
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   2007年3月1日   
大庭 伸也, 中筋 房夫
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   2006年3月1日   
Is the giant water bug, Lethocerus deyrolli, a tadpole eater or a general predator?
5th Asia-Pacific Congress of Entomology   2005年   
Effect of Olyset net on the mosquitoes and Heteroptera predators in jars in Tan Chanh, Long An, southern Vietnam.
Annual Science Conference Year 2009, Pasteur Institute in Ho Chi Minh City   2009年   
Differential responses to diving beetle cue in Aedes albopictus and Culex tritaeniorhynchus: oviposition site selection, larval behavior, and life history trait
Nagasaki Symposium on Ecology, Physiology, and Control Strategy of Vector Mosquitoes in South East Asia   2010年   
Potential use of pyriproxyfen for control of mosquito-borne diseases: (2) Impact on Aedes albopictus populations in semi-field condition
Entomological Society of America 2010 Annual Meeting   2010年   

Works

 
親子で行く!はじめての里山冒険教科書 里山冒険へ Let's Go! http://www.honda.co.jp/outdoor/knowledge/adventure/
2012年
性淘汰が駆動する雄による子育て行動の進化:コオイムシ科昆虫を用いた実験的検証
2010年 - 2012年
タガメの繁殖生態に関する基礎的研究
2002年 - 2004年
水田におけるゲンゴロウ幼虫の保全に関する野外調査研究
2006年 - 2008年
絶滅危惧種タガメの繁殖・越冬成功に適した餌の解明
2008年 - 2009年
Phylogenetic test of Smith’s evolutionary scenario: the evolution of paternal care in the giant water bugs by revisiting body size constraints and sexual size dimorphism
2010年

競争的資金等の研究課題

 
特定外来種ツマアカスズメバチの食性と繁殖性を利用した防除の検証試験
文部科学省 平成29年度基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 高橋純一
身近な昆虫を利用した行動観察法の確立:ボウフラの捕食回避行動に着目して
 文部科学省 平成28年度挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 大庭 伸也
侵略的外来種の除去が水生動物の生存に及ぼす影響
第27期(2016年度) プロ・ナトゥーラ・ファンド助成
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 大庭 伸也
侵略的外来種の除去が絶滅危惧水生昆虫類の個体群動態に及ぼす影響
第26期(2015年度) プロ・ナトゥーラ・ファンド助成
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 大庭 伸也
種間比較に基づく大型ゲンゴロウ類の生態の解明と保全
文部科学省 平成25年度若手研究(B):
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 大庭 伸也
性淘汰が駆動する雄による子育て行動の進化:コオイムシ科昆虫を用いた実験的検証
文部科学省 平成22年度科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 大庭 伸也
タガメの繁殖生態に関する基礎的研究
公益信託増進会自然環境保全研究活動基金:: 
研究期間: 2002年 - 2004年
水田におけるゲンゴロウ幼虫の保全に関する野外調査研究
公益信託富士フィルム・グリーンファンド
研究期間: 2006年 - 2008年
絶滅危惧種タガメの繁殖・越冬成功に適した餌の解明
財団法人八雲環境科学振興財団
研究期間: 2008年 - 2009年