長谷川 拓也

J-GLOBALへ         更新日: 12/03/02 15:01
 
アバター
研究者氏名
長谷川 拓也
 
ハセガワ タクヤ
URL
http://thasegawa.web.fc2.com/work/work-e.html
所属
独立行政法人海洋研究開発機構
部署
地球環境変動領域 熱帯気候変動研究プログラム
職名
研究員
学位
博士(理学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
   
 
海洋研究開発機構研究員
 
2007年4月
 - 
2010年3月
海洋研究開発機構ポスドク研究員
 
2004年4月
 - 
2007年3月
日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2003年
東北大学 理学研究科 地球物理学
 
 
 - 
1998年
東北大学 理学部 宇宙地球物理学科
 

受賞

 
2011年10月
東北大学泉萩会 泉萩会奨励賞 太平洋熱帯域における海洋表層貯熱量の研究
 
2004年
青葉理学振興会賞
 

Misc

 
太平洋熱帯域の現象と観測
安藤 健太郎・黒田 芳史・長谷川 拓也・堀井 孝憲・名倉 元樹
月刊海洋   39(10) 651-657   2008年
Hasegawa, T. and K. Hanawa
Journal of Physical Oceanography   33(2) 407-421   2003年
Hasegawa, T. and K. Hanawa
Geophysical Research Letter   30(6)    2003年
太平洋における ENSO に関連した海洋貯熱量の変動
花輪 公雄・長谷川 拓也
海の研究」   12(3) 330-331   2003年
Hasegawa, T., T. Horii and K. Hanawa
Geophysical Research Letter   33(2) L02609-L02609   2006年
Hasegawa, T. and K. Hanawa
Journal of Oceanography   62(2) 227-234   2006年
Hasegawa, T. and K. Hanawa
Journal of Oceanography   63(4) 561-572   2007年
Hasegawa, T., T. Yasuda and K. Hanawa
Journal of Geophysical Research   112(C8) C08012-C08012-15   2007年
Multidecadal variability of heat content anomaly field in the North Pacific and its relationship to the Aleutian Low and Kuroshio transport
Hasegawa, T. and K. Hanawa
Papers in Meteorology and Geophysics   58 156-166   2007年
Hasegawa, T., K. Hanawa, Y.M. Tourre and W.B White
Geophys. Res. Lett.   35(9) L09607   2008年
Analysis of tropical climate variability based on the TAO/TRITON observation
Ando, K. M. Nagura and T. Hasegawa
Proceeding, 2008 Techno-ocean   CFP08CF-CDR    2008年
Hasegawa, T., K. Ando, K. Mizuno, R. Lukas
Journal of Oceanography   65(6) 817-833   2009年
Ando, K. and T. Hasegawa
SOLA   5 149-152   2009年
 2009
Weakness of the air-sea thermal coupling during Indian Ocean Dipole Mode in the 1990s
Konda, M., H. Kobayashi, T. Mochizuki, T. Hasegawa and S. Serizawa
Annual of Diisas. Prev. Res. Inst, Kyoto Univ.   52 737-746   2009年
Hasegawa, T., K. Ando, K. Mizuno, R. Lukas, B. Taguchi and H. Sasaki
Ocean Dynamics   60 1225-1269   2010年
Hasegawa, T., K. Ando, and H. Sasaki
Journal of Physical Oceanography   41(4) 827-834   2011年4月

競争的資金等の研究課題

 
エルニーニョ発生機構の解明:沿岸湧昇と高山山脈に着目した高解像度気候モデル研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 長谷川 拓也
赤道太平洋における大気海洋相互作用
共同研究
研究期間: 2007年   
太平洋海洋表層貯熱量の時間空間変動特性
科学研究費補助金
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 長谷川 拓也