中島 研吾

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/25 17:33
 
アバター
研究者氏名
中島 研吾
 
ナカジマ ケンゴ
URL
http://nkl.cc.u-tokyo.ac.jp/
所属
東京大学
部署
情報基盤センター スーパーコンピューティング研究部門
職名
教授
その他の所属
特定国立研究開発法人理化学研究所計算科学研究センター

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1999年
株式会社 三菱総合研究所
 
1991年
 - 
1994年
テキサス大学計算力学研究所(TICOM)
 
1999年
 - 
2004年
財団法人高度情報科学技術研究機構
 
2004年
 - 
2008年
東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻
 
2008年
   
 
- 東京大学情報基盤センター
 
2008年
 - 
2011年
- 海洋研究開発機構(兼)
 
2010年4月
 - 
2018年3月
理化学研究所 計算科学研究機構
 
2018年4月
 - 
現在
理化学研究所 計算科学研究センター 副センター長
 

学歴

 
2003年3月
 - 
2003年3月
東京大学 大学院工学系研究科 システム量子工学専攻
 
 
 - 
1993年
テキサス大学オースティン校 大学院 航空宇宙工学および応用力学専攻
 
 
 - 
1985年
東京大学 工学部 航空学科
 

委員歴

 
2009年4月
 - 
現在
IACM(International Association for Computational Mechanics)  General Council Member
 
2008年4月
 - 
現在
日本応用数理学会  評議員
 
2008年4月
 - 
現在
日本計算工学会  評議員
 
2007年8月
 - 
現在
日本応用数理学会  「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会運営委員
 
2014年4月
 - 
2018年3月
日本計算工学会  理事
 
2007年1月
 - 
2012年12月
SIAM  Associate Editor, SIAM Journal for Scientific Computing
 
2008年1月
 - 
2011年3月
情報処理学会  論文誌(コンピューティングシステム)編集委員
 
2007年4月
 - 
2011年3月
日本応用数理学会  学会誌編集委員
 
2005年4月
 - 
2010年3月
日本機械学会  計算力学技術者認定事業 計算力学技術者1級・2級(固体力学分野の有限要素法解析技術者)認定試験 試験問題作成委員(能力開発促進機構 計算力学技術者認定事業委員会 固体力学分野 試験問題作成WG委員)
 
2002年4月
 - 
2004年3月
日本応用数理学会  論文誌担当編集委員
 
1994年
 - 
1997年
日本計算工学会  学会誌担当編集委員
 

受賞

 
2018年1月
HPC Asia 2018 Best Paper Award Wave propagation simulation of complex multi-material problems with fast low-order unstructured finite-element meshing and analysis
受賞者: [9-7] K. Fujita, K. Katsushima, T. Ichimura, M. Horikoshi, K. Nakajima, M. Hori, L. Maddegedara
 
2017年11月
Fourth Workshop on Accelerator Programming Using Directives in conjunction with SC17 (The International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis) Best Paper Award Implicit Low-Order Unstructured Finite-Element Multiple Simulation Enhanced by Dense Computation using OpenACC
受賞者: T. Yamaguchi, K. Fujita, T. Ichimura, M. Hori, M. Lalith, K. Nakajima
 
2014年12月
20th IEEE International Conference for Parallel and Distributed Systems (ICPADS 2014) Best Paper Award Optimization of Serial and Parallel Communications for Parallel Geometric Multigrid Method
 
2011年3月
地盤工学会 平成22年度地盤工学会賞(地盤環境賞) 地球シミュレータを用いた二酸化炭素地下貯留の大規模シミュレーションシステムの開発と実用化
受賞者: 山本 肇 (大成建設(株)) 七井慎一 (大成建設(株)) 張 可霓 (北京師範大学) 西川憲明 ((独)海洋研究開発機構) 緒方隆盛 (日本電気(株)) 中島研吾 (東京大学)
 
2008年10月
情報処理学会 平成20年度山下記念研究賞 階層領域分割によるマルチステージ並列前処理手法へのハイブリッド並列プログラミングモデルの適用
 
2003年6月
ICCS 2003 (International Conference on Computational Science) Selected BEST Papers Parallel Finite Element Analysis Platform for the Earth Simulator: GeoFEM
受賞者: Okuda, H., Nakajima, K., Iizuka, M., Chen, L. and Nakamura, H
 
2001年6月
HPCN Europe 2001 (High-Performance Computing and Networking), Amsterdam, The Netherlands Best Paper Award Parallel 3D Adaptive Compressible Navier-Stokes Solver in GeoFEM with Dynamic Load-Balancing by DRAMA Library
受賞者: Nakajima, K., Fingberg, J. Okuda, H.
 

論文

 
Y. Kallinderis, K. Nakajima
AIAA Paper 93-3005, AIAA 24th. Fluid. Dynamics Conference      1993年7月   [査読有り]
© 1993 American Institute of Aeronautics and Aerodynamics, Inc. All rights reserved. An adaptive finite-element numerical method has been developed for the unsteady Navier-Stokes equations of incompressible flow in two dimensions. The momentum equ...
Y. Kallinderis, K. Nakajima, K. Nakajima
AIAA Journal   32(8) 1617-1625   1994年1月   [査読有り]
A new adaptive finite element numerical method has been developed for the unsteady Navier-Stokes equations of incompressible flow in two dimensions. The momentum equations combined with a pressure correction equation are solved employing a nonstag...
K. Nakajima, Y. Kallinderis, I. Sibetheros, R. W. Miksad, K. Lambrakos
Transaction of the ASME Journal of Offshore Mechanics and Arctic Engineering   116 202-208   1994年1月   [査読有り]
A numerical study of the nonlinear and random behavior of flow-induced forces on offshore structures and experimental verification of the results are presented. The numerical study is based on a finite-element method for the unsteady incompressibl...
K. Nakajima, I. Sibetheros, R. W. Miksad, Y. Kallinderis, K. Lambrakos
Proceedings of the International Conference on Offshore Mechanics and Arctic Engineering - OMAE   1 355-361   1994年1月   [査読有り]
A study of the nonlinear and random behavior of flow-induced forces on offshore structure is presented. This study seeks to improve the understanding of the basic hydrodynamics of reversing flow around a cylinder. The experiments use a computer co...
K. Nakajima, Y. Kallinderis
AIAA Journal   32(5) 1090-1093   1994年5月   [査読有り]
V. Parthasarathy, Y. Kallinderis, K. Nakajima
AIAA-95-0670, 33rd AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit      1995年1月   [査読有り]
© 1995 by the American Institute of Aeronautics and Astronautics, Inc. All rights reserved. A solution adaptive scheme with directional multigrid for viscous computations on hybrid grids is presented. The flow domain is discretized with prismatic ...
Yu Maruyama, Minoru Igarashi, Naohiko Nakamura, Akihide Hidaka, Kazuichiro Hashimoto, Jun Sugimoto, Kengo Nakajima
Proceedings of the ASME/JSME International Conference on Nuclear Engineering, ICONE   1 997-1008   1996年12月   [査読有り]
A computer code, WINDFLOW, for a three-dimensional thermo-fluiddynamic analysis of a single phase gaseous flow in a reactor coolant piping has been developed at JAERI. A hybrid grid system composed of triangular and quadrangular cross-sectional ce...
Kengo Nakajima,Hisashi Nakamura,Takahiko Tanahashi
Lecture Notes in Computer Science, High-Performance Computing and Networking, International Conference and Exhibition, HPCN Europe 1997   1225 342-350   1997年5月   [査読有り]
Kengo Nakajima,Hisashi Nakamura,Hiroshi Okuda
Lecture Notes in Computer Science, High-Performance Computing and Networking, International Conference and Exhibition, HPCN Europe 1998   1401 904-906   1998年4月   [査読有り]
Kengo Nakajima, Hiroshi Okuda
International Journal of Computational Fluid Dynamics   12 315-322   1999年1月
Incomplete Lower-Upper (0) (ILU(0)) factorization is a very effective preconditioning method of iterative solvers for large-scale linear sparse systems in scientific and engineering computations. However, this method requires global data dependenc...
Mikio Iizuka,Hisashi Nakamura,Kazuteru Garatani,Kengo Nakajima,Hiroshi Okuda,Genki Yagawa
Lecture Notes in Computer Science   1615 292-303   1999年5月   [査読有り]
Parallel Iterative Solvers with Localized ILU Preconditioning for Unstructured Grids
Nakajima, K., Okuda, H.
IMACS SERIES IN COMPUTATIONAL AND APPLIED MATHEMATICS Volume 5 : Iterative Methods in Scientific Computation IV   85-98   1999年8月   [査読有り]
Kengo Nakajima, Jochen Fingberg, Hiroshi Okuda
Lecture Notes in Computer Science, High-Performance Computing and Networking, International Conference and Exhibition, HPCN Europe 2001   2110 183-193   2001年4月
© Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2001. Grid adaptation is a very useful method for applications with unstructured meshes but requires dynamic load-balancing for efficient parallel computation. In this study, a parallel 3D compressible Navier-St...
K. Garatani, K. Nakajima, H. Okuda, G. Yagawa
Advances in Engineering Software   32 511-518   2001年7月   [査読有り]
GeoFEM, a parallel finite element analysis system, is application software that is being developed for conducting simulations of solid earth. This system is currently run on a massively parallel computer and can perform linear elastic analysis of ...
Kengo Nakajima,Hiroshi Okuda
High Performance Computing, 4th International Symposium, ISHPC 2002, Kansai Science City, Japan, May 15-17, 2002, Proceedings   437-448   2002年   [査読有り]
奥田 洋司, 江連 真一, 中島 研吾
日本応用数理学会論文誌   12(1) 29-43   2002年3月   [査読有り]
At present, in order to carry out computer simulations of complex large-scale problems, parallel computers are necessary to store huge amounts of data and to solve such problems in a given practical time. The finite element method (FEM) has been w...
Kengo Nakajima,Hiroshi Okuda
Concurrency and Computation: Practice and Experience   14(6-7) 411-429   2002年5月   [査読有り]
Kengo Nakajima
Concurrency and Computation: Practice and Experience   14(6-7) 483-498   2002年5月   [査読有り]
Li Chen,Issei Fujishiro,Kengo Nakajima
Proceedings of the Fourth Eurographics Workshop on Parallel Graphics and Visualization, EGPGV 2002, Blaubeuren, Germany, September 9-10, 2002   133-140   2002年9月   [査読有り]
Li Chen,Issei Fujishiro,Kengo Nakajima
Parallel Computing   29(3) 355-371   2003年   [査読有り]
Kengo Nakajima
Lecture Notes in Computer Science, High Performance Computing, 5th International Symposium, ISHPC 2003, Tokyo-Odaiba, Japan, October 20-22, 2003, Proceedings   2858 486-499   2003年   [査読有り]
Yu Maruyama, Yu Maruyama, Kiyofumi Moriyama, Hideo Nakamura, Masashi Hirano, Kengo Nakajima
Journal of Nuclear Science and Technology   40 12-21   2003年1月   [査読有り]
Effectiveness of debris cooling by water that fills a gap between the debris and the lower head wall was estimated through steady calculations in reactor scale. In those calculations, the maximum coolable debris depth was assessed as a function of...
Parallel Iterative Solves for Solid Earth Simulation on the Earth Simulator
NAKAJIMA, Kengo
Proceedings of Sixth IMACS International Symposium on Iterative Methods in Scientific Computing   181-189   2003年3月   [査読有り]
Kai Wang,Sangbae Kim,Jun Zhang 0001,Kengo Nakajima,Hiroshi Okuda
Future Generation Computer Systems   19(4) 443-456   2003年4月   [査読有り]
Hiroshi Okuda, Kengo Nakajima, Mikio Iizuka, Li Chen, Hisashi Nakamura
Lecture Notes in Computer Science   2659 773-780   2003年6月   [査読有り]
GeoFEM has been developed as a finite element solid earth simulator using the Earth Simulator (ES) (35.61 Tflops/peak according to the Linpack benchmark test). It is composed of a platform and some pluggable 'analysis modules' for structural, elec...
Kengo Nakajima
Proceedings of the 2003 ACM/IEEE Conference on Supercomputing, SC 2003      2003年11月   [査読有り]
An efficient parallel iterative method with selective blocking preconditioning has been developed for symmetric multiprocessor (SMP) cluster architectures with vector processors such as the Earth Simulator. This method is based on a three-level hy...
Kengo Nakajima,Hiroshi Okuda
Numerical Linear Algebra with Applications   11(8-9) 831-852   2004年   [査読有り]
Kengo Nakajima
IEEE Proceedings of 7th International Conference on High Performance Computing and Grid in Asia Pacific Region (HPC Asia 2004)   150-159   2004年7月   [査読有り]
Efficient parallel preconditioned iterative linear solvers for unstructured grid have been developed for symmetric multiprocessor (SMP) cluster architectures with vector processors such as the Earth Simulator. Three types of preconditioning, metho...
Li Chen, Issei Fujishiro, Issei Fujishiro, Kengo Nakajima
Proceedings of the Seventh IASTED International Conference on Computer Graphics and Imaging   242-247   2004年12月   [査読有り]
A new parallel volume rendering method for large unstructured data has been developed for the Earth Simulator. Concurrent visualization can be performed with numerical computation modules on the supercomputer. The supervoxel partition and voxel re...
Li Chen, Issei Fujishiro, Issei Fujishiro, Kengo Nakajima
Pure and Applied Geophysics   161 2245-2263   2004年12月   [査読有り]
A scalable and high-performance parallel visualization subsystem has been developed in GeoFEM for the Earth Simulator. As part of the Earth Simulator project in Japan, the proposed subsystem is effective for the visualization of large-scale geosci...
長谷川 秀彦, 須田 礼仁, 額田 彰, 梶山 民人, 中島 研吾, 高橋 大介, 小武守恒, 藤井 昭宏, 西田 晃
情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2004(128) 37-42   2004年12月
本報告では、行列計算ライブラリの使い勝手を向上させるため、(1) データの受け渡しと演算処理の指定を分離する、(2) 演算処理の指定は文字列(数式)で行う、(3) 演算処理にはユーザプログラムのメモリ空間を使用しないという特徴を持つライブラリインタフェース SILC (Simple Interface for Library Collections) を提案する。開発中の SILC の行列計算向き命令記述、多様な計算環境(逐次、並列)での実装方式についても述べる。 SILC を利用すること...
Kengo Nakajima
Parallel Computing   31(10-12) 1048-1065   2005年   [査読有り]
Sparse Approximate Inverse Preconditioner for Contact Problems on the Earth Simulator using OpenMP
NAKAJIMA, Kengo
Proceedings of International Workshop on OpenMP: Experiences and Implementations (WOMPEI 2005)   34-40   2005年1月   [査読有り]
Performance of large-scale finite-element applications in earth science on BlueGene/L prototype system using parallel iterative solvers of GeoFEM
NAKAJIMA, Kengo
「ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム HPCS2005」論文集   17-24   2005年1月   [査読有り]
Kengo Nakajima
Applied Numerical Mathematics   54 237-255   2005年7月   [査読有り]
An efficient parallel iterative method for finite element method has been developed for symmetric multiprocessor (SMP) cluster architectures with vector processors such as the Earth Simulator. The method is based on a three-level hybrid parallel p...
NAKAJIMA, Kengo
IEEE Proceedings of 8th International Conference on High Performance Computing and Grid in Asia Pacific Region (HPC Asia 2005)   83-90   2005年12月   [査読有り]
不均質場におけるマルチレベル解法
中島研吾
「ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム HPCS2006」論文集   95-102   2006年1月   [査読有り]
中島 研吾
情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2006(20) 61-66   2006年2月
Hitachi SR11000/JとIBM p5-595は,いずれもIBM POWER5プロセッサ(1.90 GHz)に基づくSMPクラスタ型の並列計算機である。本研究では,並列有限要素法コードGeoFEMに基づく様々なベンチマークを各計算機の1ノード(8コア)を使って実施し,性能を比較した。各コア間通信にMPIを適用した場合とOpenMPによってノード内を並列化した場合についても比較を実施した。両機種とも,似通った性能を示すが,Hitachi SR11000/J1はキャッシュへのデータプ...
中島 研吾, 陳莉
情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2006(87) 91-96   2006年7月
並列計算機による大規模シミュレーションにおいて結果の可視化処理は大きな技術的課題である。これまで,様々な手法が研究,開発されているが,並列処理における計算効率と対話的処理における利便性の両立は困難であった。本研究では,1 000を超えるようなプロセッサを有する並列計算機上で10^8メッシュ以上の大規模問題のシミュレーションで得られた計算結果について100分の1以下にデータ量を削減することによって,MicroAVSなど単一プロセッサ上で稼動する可視化ソフトウェアを使用して描画するための,効率...
Advanced scientific computational methods and their applications to nuclear technologies - (9) High performance computing(2)
Nakajima Kengo
Journal of the Atomic Energy Society of Japan   48(12) 961-966   2006年12月   [査読有り]
中島 研吾, 長嶋 利夫, 江連真一, 市村 強, 奥田 洋司
情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2007(17) 215-220   2007年3月
観測・計算を融合した階層連結地震・津波災害予測システム」における大規模連成シミュレーションのために,SPMD環境におけるM×N通信に基づく,フレームワークのプロトタイプを開発した。FORTRANのモジュール,構造体の特性に基づき,連成シミュレーションに関連した処理をFORTRAN環境で実施することにより,簡明なインタフェースにより,M×N通信の機能を利用可能である。PCクラスタ上で地震波伝播,石油タンクスロッシング連成シミュレーションに適用した結果を紹介する。A prototype of ...
Kengo Nakajima
Lecture Notes in Computer Science, International Conference on Computational Science (ICCS 2007)   4489 1085-1092   2007年5月   [査読有り]
The impact of parallel programming models on the performance of iterative linear solvers for finite element applications
Nakajima Kengo
Lecture Notes in Computer Science   4395 334-348   2007年5月   [査読有り][招待有り]
中島 研吾
情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2007(59) 25-30   2007年6月
本研究は,不均質場における静的弾性問題を対象とした並列有限要素法アプリケーションに対して,階層領域分割によるマルチステージ並列前処理手法(Parallel Hierarchical Interface Decomposition Algorithm PHIDAL)に基づく反復法ソルバーおよびOpenMPとMPIのハイブリッド並列プログラミングモデルを適用したものである。SMPノード内のOpenMPによる並列化はRCM法およびCyclicマルチカラー法によって実施した。TSUBAME Gr...
Kengo Nakajima
Lecture Notes in Computer Science, IEEE Third International Conference on High-Performance Computation Conference (HPCC-07)   4782 384-395   2007年9月   [査読有り]
階層型領域分割による並列多重格子法
中島 研吾
「ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム HPCS2008」論文集   115-122   2008年1月   [査読有り]
中島 研吾
情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2008(19) 205-210   2008年3月
Hitachi SR11000/J2は,IBM POWER5+プロセッサ(230GHz)に基づくSMPクラスタ型の並列計算機である。本研究では,Hitachi SR11000/J2において並列有限要素法コードGeoFEMに基づく様々なベンチマークを実施し,主として各コア間通信にMPIを適用した場合(Flat MPI)とOpenMPによってノード内を並列化した場合(Hybrid)についての比較を1 024コアまでを使用して実施した。両者は拮抗した性能を示すが,コア数を増加させた場合,Flat...
Nakajima Kengo
International Journal of Computational Methods   5(2) 255-272   2008年6月   [査読有り]
中島 研吾
情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2008(74) 163-168   2008年7月
六面体要素を使用した並列有限要素法による,不均質複雑断層面における単位すべり応答関数計算コードを対象として,適合型局所細分化のためのフレームワークのプロトタイプを開発し,負荷分散におけるデータマイグレーション部分の性能に注目した評価を実施した。 T2K オープンスパコン (東大) 32 ノード (512 コア) を使用して,良好なスケーラビリティを得ることができた。A framework for parallel adaptive mesh refinement has been deve...
Kengo Nakajima
Proceedings of the 2008 IEEE International Conference on Cluster Computing   298-303   2008年9月   [査読有り]
Kengo Nakajima
Parallel Computing: From Multicores and GPU's to Petascale, Proceedings of the conference ParCo 2009, 1-4 September 2009, Lyon, France   99-106   2009年   [査読有り]
Kengo Nakajima
Advances in Geocomputing, Lecture Notes in Earth Sciences   119 65-118   2009年2月   [査読有り][招待有り]
Solving large-scale systems of linear equations [A]{x} = {b} is one of the most expensive and critical processes in scientific computing. In particular, for simulation codes based on the finite-element method (FEM), most of the computational time ...
中島 研吾
研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2009(14) 103-108   2009年2月
本研究では,不均質場における静的弾性問題を対象とした並列有限要素法アプリケーションに対して,階層型領域間境界分割に基づく前処理付反復法ソルバー及び OpenMP と MPI の Hybrid 並列プログラミングモデルを適用し, T2K オープンスパコン(東大) 512 コアにおいて Flat MPI との性能比較,最適化を実施した。 First Touch Data Placement ,データ再配置, 「--localalloc」 を含む NUMA control の組み合わせにより,...
片桐 孝洋, 齊藤 竜彦, 古村 孝志, 中島 研吾
研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2009(1) 1-6   2009年6月
3次元津波伝搬シミュレーションコードにおいて,海底の深さに起因するループの連続化を利用し,カーネルを最適化する方式を提案する.T2Kオープンスパコン(東大版)を利用した性能評価の結果,論理マスクを用いる従来方式に対し,ベンチマークコードで48%の高速化,MPI化された実コードで5.8%,および9.2%の速度向上を得た.In this presentation, we propose an optimization method to sequentialize the loop relat...
中島 研吾, 片桐 孝洋
研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2009(6) 1-7   2009年6月
不完全LU/コレスキー分解による疎行列向け前処理付反復法をOpenMP等によりマルチコアソケット上で並列化するための手法として,マルチカラー法等による並び替えが広く使用されている.色数を増やすと通常反復回数は減少するが,同期オーバーヘッドによって性能が低下する.本研究ではHitachi SR11000/J2,T2Kオープンスパコン(東大)において非構造格子向け前処理付反復法の性能に対するリオーダリングの影響を,Flat MPI,ハイブリッド並列プログラミングモデルに対して評価した.CM-R...
片桐 孝洋, 櫻井 隆雄, 黒田 久泰, 直野 健, 中島 研吾
研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2009(3) 1-10   2009年7月
本稿では,数値計算ライブラリにおいて個々に開発された自動チューニング機能の実装を再利用するという AT 実装再利用性という概念を示す.AT 実装再利用性を達成する自動チューニングインターフェースが持つべき機能を示し,その機能の一部を実装したライブラリ OpenATLib のインターフェースについて紹介する.In this paper, reusability for implementation of automatic tuning facility (RIAT) for numeric...
櫻井 隆雄, 直野 健, 片桐 孝洋, 中島 研吾, 黒田 久泰
研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2009(17) 1-8   2009年7月
自動チューニングの実装の再利用性を実現するため,筆者らは自動チューニングインターフェース OpenATLib を提案している.本稿では OpenATLib を利用して疎行列反復解法ライブラリ Xabclib_LANCZOS と Xabclib_GMRES を開発しその性能を評価した.T2K オープンスパコン (東大版) 1 ノード (16 コア) 上で様々なフロリダ大の行列を用いて OpenATLib の自動チューニング機能を評価した結果,Xabclib_LANCZOS は最大で 22.4...
Kengo Nakajima
IEEE Proceedings of the 38th International Conference on Parallel Processing (ICPP 2009) (Second International Workshop on Parallel Programming Models and Systems Software for High-End Computing (P2S2))   73-80   2009年9月   [査読有り]
片桐 孝洋, 櫻井 隆雄, 黒田 久泰, 直野 健, 中島 研吾
応用数理   20(4) 297-309   2010年   [査読有り]
Conventional numerical libraries with auto-tuning (AT) facility have no re-usability for their AT functions. To solve the re-usability problem of AT libraries, we have established Application Programming Interfaces (APIs) for AT. The library of th...
中島 研吾
応用数理   20(4) 310-320   2010年   [査読有り]
In this study, framework for automatic tuning on selection of optimum parallel programming model in finite-element computation has been investigated. Target FEM code has been tested and optimized on T2K Open Supercomputers (Tokyo) with up to 1,024...
拡張階層型領域間境界分割に基づく悪条件問題向け並列前処理手法
中島研吾
「ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム HPCS2010」論文集   91-98   2010年1月   [査読有り]
中島 研吾
研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2010(7) 1-6   2010年2月
OpenMP/MPI ハイブリッド並列プログラミングモデルを,並列多重格子前処理付き反復法を使用した,三次元有限体積法に基づく不均質多孔質媒体中における地下水流れ問題シミュレーションに適用した.開発したプログラムの性能と安定性を T2K オープンスパコン (東大),Cray-XT4 の 1,024 コアまでを使用して評価した.First Touch Data Placement,連続メモリアクセスのためのデータ再配置,適切な NUMA control の組み合わせにより,OpenMP/MP...
櫻井隆雄, 直野健, 片桐孝洋, 中島研吾, 黒田久泰, 猪貝光祥
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2010(2) ROMBUNNO.HPC-125,2   2010年8月
大島聡史, 櫻井隆雄, 片桐孝洋, 中島研吾, 黒田久泰, 直野健, 猪貝光祥, 伊藤祥司
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2010(3) ROMBUNNO.HPC-126,NO.1   2010年10月
櫻井隆雄, 直野健, 片桐孝洋, 中島研吾, 黒田久泰, 猪貝光祥
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2010(3) ROMBUNNO.HPC-126,NO.42   2010年10月
Akira Hosoi,Takumi Washio,Jun-ichi Okada,Yoshimasa Kadooka,Kengo Nakajima,Toshiaki Hisada
ACM/IEEE Proceedings of SC10   1-11   2010年11月   [査読有り]
中島研吾
応用数理   20(4) 310-320   2010年12月   [査読有り][招待有り]
Nakajima Kengo
Lecture Notes in Computer Science   6449 185-199   2011年   [査読有り]
櫻井 隆雄, 直野 健, 片桐 孝洋, 中島 研吾, 黒田 久泰, 猪貝 光祥
ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集   2011 109-117   2011年1月   [査読有り]
中島 研吾
数理解析研究所講究録   1733 1-10   2011年3月   [招待有り]
大島聡史, 林雅江, 片桐孝洋, 中島研吾
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2010(6) ROMBUNNO.HPC-129,NO.20   2011年4月
中島研吾
応用物理   80(7) 585-589   2011年7月   [査読有り][招待有り]
中島研吾, 佐藤正樹, 古村孝志, 奥田洋司, 岩下武史, 阪口秀
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2011(2) ROMBUNNO.HPC-130,NO.44   2011年8月
大島聡史, 林雅江, 片桐孝洋, 中島研吾
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2011(2) ROMBUNNO.HPC-130,NO.11   2011年8月
櫻井隆雄, 片桐孝洋, 直野健, 黒田久泰, 中島研吾, 猪貝光祥, 大島聡史, 伊藤祥司
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2011(2) ROMBUNNO.HPC-130,NO.43   2011年8月
林雅江, 大島聡史, 中島研吾
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2011(2) ROMBUNNO.HPC-130,NO.5   2011年8月
Kengo Nakajima
IEEE Proceedings of 2012 International Conference on Cluster Computing Workshops(CLUSTER 2012)   199-206   2012年   [査読有り]
Yutaka Ishikawa,Kengo Nakajima,Atsushi Hori
Recent Advances in the Message Passing Interface - 19th European MPI Users' Group Meeting, EuroMPI 2012, Vienna, Austria, September 23-26, 2012. Proceedings   296-297   2012年   [査読有り]
2012 4TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT AND ADVANCED SYSTEMS (ICIAS), VOLS 1-2   143-148   2012年   [査読有り]
Kengo Nakajima
Proceedings of the 2012 PPOPP International Workshop on Programming Models and Applications for Multicores and Manycores, PMAM 2012, New Orleans, LA, USA, February 26, 2012   93-102   2012年2月   [査読有り]
大島聡史, 實本英之, 鴨志田良和, 片桐孝洋, 田浦健次朗, 中島研吾
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2011(6) ROMBUNNO.HPC-133,NO.5   2012年4月
片桐 孝洋, 櫻井 隆雄, 伊藤 祥司, 猪貝 光祥, 大島 聡史, 黒田 久泰, 直野 健, 中島 研吾
研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2012(9) 1-8   2012年5月
本論文では,数値計算ソフトウェアで多く用いられている数値反復解法において生じると考えられる収束障害 (Fault Convergence) の概念を提案する.数値計算分野で用いられている偽収束 (False Convergence) との違いを議論する.Laprie により定義されたディペンダブルコンピューティング実現のための 3 つの脅威―障害 (fault) ‐異常 (error) ‐故障 (failure) モデル-を用いて数値反復解法での収束問題を議論することにより,収束障害の一例...
NAKAJIMA, Kengo
HPC in Asia Workshop Poster Session, ISC’12      2012年6月   [査読有り]
大島 聡史, 實本 英之, 鴨志田 良和, 片桐 孝洋, 田浦 健次朗, 中島 研吾
研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2012(43) 1-8   2012年7月
本稿では東京大学情報基盤センターにおいて 2012 年 4 月に稼働を開始したスーパーコンピューターシステム Oakleaf-FX (Fujitsu PRIMEHPC FX10) の性能について報告する.Oakleaf-FX は SPARC64IXfx プロセッサや FEFS ファイルシステムを採用した大規模な並列計算機システムであり,理論浮動小数点演算性能は 1.13PFLOPS である.また京速コンピュータ 「京」 とも高い互換性を備えており,計算科学・計算機科学の発展に大きく寄与でき...
片桐孝洋, 櫻井隆雄, 伊藤祥司, 猪貝光祥, 大島聡史, 黒田久泰, 直野健, 中島研吾
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2012(2) ROMBUNNO.HPC-134,NO.9   2012年8月
大島聡史, 實本英之, 鴨志田良和, 片桐孝洋, 田浦健次朗, 中島研吾
情報処理学会研究報告(CD-ROM)   2012(3) ROMBUNNO.HPC-135,NO.43   2012年10月
片桐孝洋, 大島聡史, 中島研吾, 米村崇, 熊洞宏樹, 樋口清隆, 橋本昌人, 高山恒一, 藤堂眞治, 岩田潤一, 内田和之, 佐藤正樹, 羽角博康, 黒木聖夫
研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)   2012(2) 1-12   2012年12月
本報告では,レイテンシコアの高度化・高効率化による将来の HPCI システムに関する調査研究におけるターゲットアプリケーションの特徴について,演算パターンと通信パターンの観点からの分類法を提案する.東京大学情報基盤センターに設定された富士通 PRIMEHPC FX10 を用いたプロファイル結果を示し,同計算機でのハードウェア性能からの特徴について紹介する.
Yamamoto Hajime, Nanai Shinichi, Zhang Keni, Audigane Pascal, Chiaberge Christophe, Ogata Ryusei, Nishikawa Noriaki, Hirokawa Yuichi, Shingu Satoru, Nakajima Kengo
GHGT-11   37 3997-4005   2013年   [査読有り]
Nakajima Kengo
Procedia Computer Science   18 1265-1274   2013年   [査読有り]
Nakajima Kengo
Lecture Notes in Computer Science   7851 435-450   2013年   [査読有り]
Yamamoto Hajime, Nanai Shinichi, Zhang Keni, Audigane Pascal, Chiaberge Christophe, Ogata Ryusei, Nishikawa Noriaki, Hirokawa Yuichi, Shingu Satoru, Nakajima Kengo
Lecture Notes in Computer Science   7851 80-92   2013年   [査読有り]
Katagiri Takahiro, Sakurai Takao, Igai Mitsuyoshi, Ohshima Satoshi, Kuroda Hisayasu, Naono Ken, Nakajima Kengo
Lecture Notes in Computer Science   7851 236-248   2013年   [査読有り]
Ohshima Satoshi, Hayashi Masae, Katagiri Takahiro, Nakajima Kengo
Lecture Notes in Computer Science   7851 140-148   2013年   [査読有り]
Hayashi Masae, Nakajima Kengo
Lecture Notes in Computer Science   7851 278-291   2013年   [査読有り]
中島研吾
情報処理学会研究報告(Web)   2013(HPC-139) VOL.2013-HPC-139,NO.6 (WEB ONLY)   2013年5月
片桐孝洋, 大島聡史, 中島研吾, 米村崇, 熊洞宏樹, 樋口清隆, 橋本昌人, 高山恒一, 藤堂眞治, 岩田潤一, 内田和之, 佐藤正樹, 羽角博康, 黒木聖夫
情報処理学会研究報告(Web)   2013(HPC-139) VOL.2013-HPC-139,NO.4 (WEB ONLY)-9   2013年5月
本報告では,レイテンシコアの高度化・高効率化による将来の HPCI システムに関する調査研究におけるコデザインで用いるアプリケーションについて,コード最適化による性能チューニングを行った結果を報告する.Sparc64,Intel,IBM の CPU を構成要素とする異機種計算機環境での性能評価も報告する.コード最適化の結果,実測での byte perflops (B/F) 値が上がっても実時間は高速化される例があり,B/F 値のみの評価は不十分なことを示す.
Hajime Yamamoto, Shinichi Nanai, Keni Zhang, Pascal Audigane, Christophe Chiaberge, Ryusei Ogata, Noriaki Nishikawa, Yuichi Hirokawa, Satoru Shingu, Kengo Nakajima
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   7851 LNCS 80-92   2013年9月
As one of the promising approaches for reducing greenhouse-gas content in the atmosphere, CCS (carbon dioxide capture and storage) has been recognized worldwide. CO2 is captured from large emission sources and injected and stored in deep reservoir...
松本正晴, 臼井英之, 沼波政倫, 中島研吾
ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集   2014 40-40   2013年12月

Misc

 
棚橋 隆彦, 中島 研吾
計算工学 = Journal of The Japan Society for Computational Engineering and Science (JSCES)   1(1) 39-40   1996年1月
中島 研吾
計算工学 = Journal of The Japan Society for Computational Engineering and Science (JSCES)   1(3) 168-172   1996年9月
中島 研吾, 長嶋 利夫
三菱総合研究所所報   (30) 176-217   1996年11月
中島 研吾
計算工学 = Journal of The Japan Society for Computational Engineering and Science (JSCES)   2(2) 133-134   1997年6月
中島 研吾
シミュレーション   20(3) 219-223   2001年9月
In GeoFEM, iterative methods are adopted for solving large-scale sparse matrices in scientific computing using massively parallel computers. In this paper, distributed data structure and parallel processing in GeoFEM will be described. Moreover, r...
奥田 洋司, 中島 研吾
生産研究(東京大学生産技術研究所)   55(3) 285-292   2003年
中島 研吾
日本応用数理学会論文誌   14(1)    2004年
櫻井 鉄也, 高橋 桂子, 中島 研吾
応用数理   18(3) 235-236   2008年
中島 研吾
応用数理   18(2) 160-161   2008年
Chris Johnson, David Keyes, Ulrich Ruede, Gyan Bhanot, Rupak Biswas, Edmond Chow, Yuefan Deng, Lori Freitag Diachin, Omar Ghattas, Laurence Halpern, Robert Harrison, Bruce Hendrickson, Kirk Jordan, Tammy Kolda, Louis Komzsik, Ulrich Langer, Hans Petter Langtangen, Steven Lee, Kengo Nakajima, Aiichiro Nakano, Esmond G. Ng, Stefan Turek, Andy Wathen, Margaret Wright, David P. Young
SIAM Journal on Scientific Computing   30    2008年11月
中島 研吾
応用数理   19(1) 59-60   2009年
片桐 孝洋, 相島 健助, 中島 研吾
応用数理   19(3) 204-205   2009年
中島 研吾
計算工学   14(1) 2023-2024   2009年1月
石川 裕, 中島 研吾, 中島 浩, 朴 泰祐
計算工学   14(1) 2003-2007   2009年1月
中島 研吾
応用数理   20(3) 261-262   2010年
小川 孝法, 小野 謙二, 加藤 千幸, 藤澤 智光, 山田 貴博, 中島 研吾
計算工学   15(4) 2435-2444   2010年10月
Takashi Furumura,Kengo Nakajima,Array
Proceedings of the International Conference on Computational Science, ICCS 2011, Nanyang Technological University, Singapore, 1-3 June, 2011   1448-1449   2011年   [査読有り]
Olivier Coulaud,Kengo Nakajima,Esmond G. Ng,Array
Euro-Par 2011 Parallel Processing - 17th International Conference, Euro-Par 2011, Bordeaux, France, August 29 - September 2, 2011, Proceedings, Part II   302   2011年   [査読有り]
Euro-Par 2011 Parallel Processing 17th International Conference, Euro-Par 2011 Bordeaux, France, August 29-September 2, 2011 Proceedings, Part II Introduction
Coulaud Olivier, Nakajima Kengo, Ng Esmond G., Vazquez Mariano
EURO-PAR 2011 PARALLEL PROCESSING, PT 2   6853 302   2011年   [査読有り]
山本 肇, 七井 慎一, 張 可霓, 西川 憲明, 緒方 隆盛, 中島 研吾
地盤工学会誌 = / the Japanese Geotechnical Society   59(8)    2011年8月
Olivier Coulaud, Kengo Nakajima, Esmond G. Ng, Mariano Vazquez
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   6853 LNCS 302   2011年9月
As demand in high-resolution and high-fidelity modeling and simulation increases, desktop computers or small clusters of processors have proven to be insufficient to carry out the calculations in many scientific, engineering, and industrial applic...
Thomas Ludwig 0002,Costas Bekas,Alice Koniges,Kengo Nakajima
Euro-Par 2012 Parallel Processing - 18th International Conference, Euro-Par 2012, Rhodes Island, Greece, August 27-31, 2012. Proceedings   779-780   2012年   [査読有り]
G. Antoniu, T. Boku, A. Buttari, C. Calvin, P. Codognet, M. Dayde, N. Emad, Y. Ishikawa, G. Joslin, S. Matsuoka, K. Nakajima, H. Nakashima, R. Namyst, S. Petiton, T. Sakurai, M. Sato
CSIT 2013 - 9th International Conference on Computer Science and Information Technologies, Revised Selected Papers      2013年1月
The Japanese-french FP3C (Framework and Programming for Post-Petascale Computing) Project ANR/JST-2010-JTIC-003 aims at studying the software technologies, languages and programming models on the road to exascale computing. The ability to efficien...
Michel Daydé, Osni Marques, Kengo Nakajima
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   7851 LNCS    2013年9月
實本英之, 小林泰三, 松本正晴, 滝澤真一朗, 三浦信一, 中島研吾
電子情報通信学会技術研究報告   114(155(CPSY2014 10-46)) 155-159   2014年7月
中島研吾
戦略的創造研究推進事業CREST終了報告書(Web)   2015 WEB ONLY   2015年
Michel Daydé, Osni Marques, Kengo Nakajima
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   8969    2015年1月
山本肇, 七井慎一, 中島研吾, ZHANG Keni
大成建設技術センター報(CD-ROM)   (48) ROMBUNNO.47   2015年12月
中島研吾, 中島研吾, 青木尊之
計算工学   21(1) 3388‐3391   2016年1月
SPECIAL SECTION: 2016 COPPER MOUNTAIN CONFERENCE
Benzi Michele, Cai Xiao-Chuan, Chacon Luis, Duff Iain, Elman Howard, Jordan Kirk, Kelley Tim, Kilmer Misha, Leyffer Sven, Manteuffel Tom, McCormick Steve, Nagy James, Nakajima Kengo, Olson Luke, Scheichl Rob, Shadid John, Silvester David, Stathopoulos Andreas, Tuminaro Ray, Walker Homer, Willcox Karen, Woodward Carol, Yavneh Irad
SIAM JOURNAL ON SCIENTIFIC COMPUTING   39(5) CP22-CP23   2017年   [査読有り]
山本 肇, 中島 研吾
化学工学 = Chemical engineering of Japan   81(5) 236-239   2017年5月
中島研吾
科学技術未来戦略ワークショップ報告書 ドメインスペシフィック・コンピューティング-新たなコンピューティングの進化の方向性 平成30年   42‐46   2018年
Andreas Alvermann, Achim Basermann, Hans-Joachim Bungartz, Christian Carbogno, Dominik Ernst, Holger Fehske, Yasunori Futamura, Martin Galgon, Georg Hager, Sarah Huber, Thomas Huckle, Akihiro Ida, Akira Imakura, Masatoshi Kawai, Simone Köcher, Moritz Kreutzer, Pavel Kus, Bruno Lang, Hermann Lederer, Valeriy Manin, Andreas Marek, Kengo Nakajima, Lydia Nemec, Karsten Reuter, Michael Rippl, Melven Röhrig-Zöllner, Tetsuya Sakurai, Matthias Scheffler, Christoph Scheurer, Faisal Shahzad, Danilo Simoes Brambila, Jonas Thies, Gerhard Wellein
   2018年6月
We first briefly report on the status and recent achievements of the ELPA-AEO
(Eigenvalue Solvers for Petaflop Applications - Algorithmic Extensions and
Optimizations) and ESSEX II (Equipping Sparse Solvers for Exascale) projects.
In both collabor...

書籍等出版物

 
奥田 洋司, 中島 研吾
培風館   2004年   ISBN:4563067385
並列有限要素解析〔Ⅰ〕クラスタコンピューティング
培風館   2004年   
構造工学ハンドブック 第6章 数値解析手法
丸善   2004年   
計算力学〔Ⅶ〕計算力学における超並列計算法 第7章 ワークステーションクラスタによる連立一次方程式の解法
養賢堂   2002年   

講演・口頭発表等

 
中島 研吾
年会一般講演   1996年7月   
Parallel Multilevel Iterative Solvers for Incompressible Navier-Stokes Equations [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
RIKEN Symposium: Linear Algebra and its Applications   1999年11月   
和田 義孝, 中島 研吾
計算工学講演会論文集   2001年5月30日   
地球内部変動の超長期シミュレーショ ン [招待有り]
中島 研吾
日本原子力学会2001年秋の大会   2001年9月   
江連 真一, 奥田 洋司, 中島 研吾
日本応用数理学会年会予稿集   2002年   
大規模並列有限要素解析を行うにあたり,メッシュ生成等のプリプロセスは,可視化処理等のポストプロセスと共に大きな問題となる.これらの処理はグローバルな領域を扱う必要が生じ,かつGUI操作等を伴うために並列化が難しい.そのため,単一プロセッサでは取り扱うことが不可能な規模のメッシュ生成は事実上不可能となる.<br>本研究では,並列計算機を利用して,単一プロセッサ上でメッシュ生成が可能な疎な初期メッシュデータから,大規模並列有限要素解析のための密な並列メッシュデータを作成するソフトウェアをPar...
中島 研吾, 江連 真一, 奥田 洋司
日本応用数理学会年会予稿集   2002年   
並列計算機による大規模シミュレーションにおいて,データの準備(有限要素法の場合メッシュ生成),計算結果の可視化処理は大きな技術的課題である。本研究では,適応格子による細分化(Adaptive Mesh Refinement,AMR)におけるメッシュの階層性を使用して,「メッシュ生成 から シミュレーション から 可視化処理」という一連のプロセスを並列計算機上で効率的に実施するための手法を開発した。まず,領域分割された初期メッシュから細分化メッシュを並列計算機上で生成し,シミュレーションを実...
奥田 洋司, 中島 研吾
日本応用数理学会年会予稿集   2002年   
地球シミュレータが2002年3月に完成し、Linpack35.6Tflopsを達成した。このハードウェアを想定して、地球環境の諸問題に対するシミュレーションソフトウェア群の開発が同時進行している。GeoFEMはその内のひとつで、固体地球分野を対象とした並列有限要素法解析システムである。GeoFEMは、多目的の汎用的並列有限要素コードとしての性格を有する'Tiger'と、Tigerをさらに発展させ地球シミュレータの利用を前提として固体地球の諸現象をシミュレートする'Snake'の、2つのフェ...
中島 研吾
計算工学講演会論文集   2002年5月20日   
丸茂 彩, 中島 研吾, 和田 義孝
計算工学講演会論文集   2002年5月20日   
江連 真一, 奥田 洋司, 中島 研吾
計算工学講演会論文集   2002年5月20日   
中島 研吾
計算工学講演会論文集   2002年5月20日   
中島 研吾, 奥田 洋司
計算工学講演会論文集   2002年5月20日   
中島 研吾
計算力学講演会講演論文集   2003年   
陳 莉, 藤代 一成, 中島 研吾, 奥田 洋司
計算力学講演会講演論文集   2003年   
This paper describes our parallel visualization system for large unstructured datasets on the Earth Simulator. Parallel volume rendering is one of important methods in the system. Some strategies have been adopted to make it suitable for the Earth...
Solid Earth Simulation Using GeoFEM Platform on the Earth Simulator [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
SIAM Conference on Computational Science and Engineering (CSE03)   2003年2月   
HPC Middleware (HPC-MW): Infrastructure for Scientific Applications on HPC Environments - Overview and Recent Progress [招待有り]
Nakajima, K., Okuda, H.
4th Workshop on ACTS Collection   2003年8月   
HPC Middleware (HPC-MW) Infrastructure for Scientific Applications on HPC Environments [招待有り]
Nakajima, K. and Okuda
SIAM 11th Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP04), MS 37: Portable Parallel Numerical Libraries for Various Types of Architectures   2004年2月   
High-Performance Computing in Solid Earth Simulations: Benchmarks of FEM-type codes on IBM BlueGege/L (512-node prototype) [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
NERSC Scientific Computing Seminar, Lawrence Berkeley National Laboratory   2004年12月   
Flat MPI and Hybrid Parallel Programming Models for FEM Applications on SMP Cluster Architectures [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
First International Workshop on OpenMP (IWOMP 2005)   2005年6月   
地球シミュレータと並列有限要素法 [招待有り]
中島 研吾
第4回スーパーコンピュータワークショップ -大規模シミュレーションと並列計算-,筑波大学学術情報メディアセンター   2005年6月   
The impact of parallel programming models on the performance of preconditioned iterative solvers for finite-element simulations [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
CSE Colloquia, The Pennsylvania State University   2006年2月   
Parallel Multilevel Iterative Linear Solvers for Heterogeneous Field with Adaptive Mesh Refinement [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
SIAM 12th Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP06), MS 30: Scalable Preconditioning with Incomplete Factors and Sparse Approximate Inverses   2006年2月   
Scalability of GeoFEM on BG/L prototype [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
The 3rd BG/L Systems Software and Applications Workshop   2006年4月   
並列プログラミングモデルと有限要素法向け反復法ソルバーの性能 [招待有り]
中島 研吾
先駆的科学計算に関するフォーラム2006   2006年8月   
Opteronクラスタにおける並列有限要素法コードの性能評価とマルチコアプロセッサへの期待Opteronクラスタにおける並列有限要素法コードの性能評価とマルチコアプロセッサへの期待 [招待有り]
中島 研吾
第45回超並列計算研究会   2006年9月   
The GeoFEM Benchmarks for the Parallel Finite Element Method on NERSC Computers [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
NERSC Scientific Computing Seminar, Lawrence Berkeley National Laboratory, Berkeley   2006年12月   
An Integrated Predictive Simulation System for Earthquake and Tsunami Disasters [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
NERSC Scientific Computing Seminar, Lawrence Berkeley National Laboratory   2006年12月   
中島 研吾
理論応用力学講演会 講演論文集   2007年   
なし
Integrated Predictive Simulation System for Earthquake and Tsunami Disaster - Contributions from the HPC Community [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
2007 Workshop on Community Finite Element Models for Fault Systems and Tectonic Studies   2007年6月   
Parallel Programming Models for Finite-Element Applications on SMP Cluster Architectures, [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
Fourth International Conference of Applied Mathematics and Computing   2007年8月   
Hybrid vs. Flat MPI: Parallel Programming Models in Multi-core Era [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
Second Korea-Japan Workshop on Computational Engineering   2007年9月   
Automatic selection of parameters in parallel preconditioners for ill-conditioned problems [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
SIAM 13th Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP08), MS 25: Auto-tuning on Numerical Libraries and Advanced Computer Systems Part-II   2008年3月   
Hybrid vs. Flat MPI ? : Experiences in Preconditioned Iterative Linear Solvers for Unstructured Grids [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
SIAM 13th Conference on Parallel Processing for Scientific Computing (PP08), MS 49: Algorithms and Optimizations Targeting Multi-Core Architectures Part-II   2008年3月   
中島 研吾
計算工学講演会論文集   2008年5月19日   
Early Experiences in "T2K Open Super Computer (Todai Combined Cluster)" with AMD Quad-Core Opteron processors [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
NERSC Scientific Computing Seminar, Lawrence Berkeley National Laboratory   2008年6月   
人材育成も視野に:スーパーコンピューティング・ミドルウェアの開発 [招待有り]
中島 研吾
日本IBM天城HPCセミナー2008「Expect Unexpected - 大規模アプリケーションと大規模システムのCollaboration」   2008年12月   
Strategy of Domain Partitioning for Parallel Preconditioned Iterative Solvers in the Multi-Core Era [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
5th GSIC International Symposium (Leading Studies on Computational Mechanics)   2008年12月   
東京大学における全学的HPC教育の試み:学際計算科学・工学人材育成プログラム [招待有り]
中島 研吾
第7回HSS(Hokudai Simulation Salon)ワークショップ   2009年2月   
Robust and Efficient Parallel Preconditioning Methods with Hierarchical Interface Decomposition for Multicore Architectures [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
SIAM Conference on Computational Science and Engineering (CSE09), MS115: Current Auto-tuning Challenges: Multicore Architecture and Crucial Algorithms Part-II   2009年3月   
Optimization of Preconditioned Parallel Iterative Solvers for Finite-Element Applications using Hybrid Parallel Programming Models on “T2K Open Supercomputer (Tokyo)” [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
The 11th International Specialist Meeting on Next Generation Models on Climate Change and Sustainability for High Performance Computing Facilities   2009年3月   
並列前処理手法と領域分割,マルチコア時代の戦略 [招待有り]
中島 研吾
野横断型研究会「アルゴリズムによる計算科学の融合と発展」,筑波大学計算科学研究センター   2009年4月   
大学におけるスーパーコンピューティング『共同利用・共同研究拠点』時代を迎えて [招待有り]
中島 研吾
日本IBM科学技術計算ソリューションセミナー   2009年9月   
Parallel Multigrid Solvers using OpenMP/MPI Hybrid Programming Models on Multi-Core/Multi-Socket Clusters [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
2nd International Kyoto Forum on Krylov Subspace Methods   2010年3月   
Parallel Multigrid Solvers using OpenMP/MPI Hybrid Programming Models on Multi-Core/Multi-Socket Clusters [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
11th Copper Mountain Conference on Iterative Methods   2010年4月   
黒田久泰, 櫻井隆雄, 片桐孝洋, 直野健, 中島研吾
日本応用数理学会年会講演予稿集   2010年9月   
櫻井隆雄, 片桐孝洋, 直野健, 黒田久泰, 中島研吾, 猪貝光祥
日本応用数理学会年会講演予稿集   2010年9月   
Infrastructure for Development of Codes in Scientific Computing on Post-Peta-Scale Systems [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
IPAB (Initiative for Parallel Bioinformatics) Open Workshop in Okinawa 2010: "Seeds and Needs for Large Scale Computing 2010" -Next Generation Sequencer : Uniting IT and Biotechnology -   2010年10月   
Infrastructure for Application Development on Heterogeneous Parallel Computers, [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
Fujitsu Open Petascale Libraries Workshop at SC10   2010年11月   
塚本昌也, 中島研吾, 杉原正顯
ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集   2011年1月11日   
林雅江, 中島研吾
計算工学講演会論文集(CD-ROM)   2011年5月25日   
伊藤祥司, 片桐孝洋, 櫻井隆雄, 猪貝光祥, 大島聡史, 黒田久泰, 直野健, 中島研吾
計算工学講演会論文集(CD-ROM)   2011年5月25日   
ppOpen-HPC: Open Source Infrastructure for Development and Execution of Large-Scale Scientific Applications on Post-Petascale Supercomputers with Automatic Tuning (AT) [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
International Workshop on Collaborative Development of Simulation Software of Next Generation (CO-DESIGN)   2011年10月   
中島研吾
日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM)   2012年   
櫻井隆雄, 片桐孝洋, 直野健, 黒田久泰, 中島研吾, 猪貝光祥, 大島聡史, 伊藤祥司
日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM)   2012年   
大島聡史, 實本英之, 鴨志田良和, 片桐孝洋, 田浦健次朗, 中島研吾
ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム論文集   2012年1月17日   
ppOpen-HPC: Open Source Infrastructure for Development and Execution of Large-Scale Scientific Applications on Post-Peta-Scale Supercomputers with Automatic Tuning (AT)
NAKAJIMA, Kengo
ATIP/A*CRC Workshop on Accelerator Technologies for High-Performance Computing: Does Asia Lead the Way?   2012年5月8日   
林雅江, 中島研吾
計算工学講演会論文集(CD-ROM)   2012年5月29日   
Parallel Multigrid Methods on Post-Peta/Exascale Systems [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
The 6th Korea-Japan Workshop on Computational Mechanics   2012年5月31日   
ppOpen-HPC: Open Source Infrastructure for Development and Execution of Large-Scale Scientific Applications on Post-Peta-Scale Supercomputers with Automatic Tuning (AT) [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
The First Spain-Japan Workshop on Computational Mechanics   2012年9月17日   
Automatic Tuning of Preconditioned Iterative Solvers with Hybrid Parallel Programming Models [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
International Workshop on Collaborative Development of Simulation Software of Next Generation (CO-DESIGN)   2012年10月25日   
ppOpen-HPC: Open Source Infrastructure for Development and Execution of Large-Scale Scientific Applications with Automatic Tuning (AT) [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
CUG Seminar (China University of Geosciences)   2012年10月26日   
ppOpen-HPC: Open Source Infrastructure for Development and Execution of Large-Scale Scientific Applications with Automatic Tuning (AT) [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
SDSC Seminar, San Diego Supercomputer Center   2013年2月26日   
HPCI towards Exascale Era [招待有り]
Nakajima, K., Y. Ishikawa and T. Katagiri
17th Workshop on Sustained Simulation Performance (WSSP 2013)   2013年3月12日   
Automatic Tuning of Preconditioned Iterative Solvers with Hybrid Parallel Programming Models [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
Climate 2013 Workshop (The next-generation of climate models and knowledge discoveries through the extreme high-performance simulations and big data)   2013年3月21日   
Parallel Multigrid Method on Post-Peta/Exa Scale Supercomputer Systems
NAKAJIMA, Kengo
Advances in Computational Mechanics (ACM 2013) — A Conference Celebrating the 70th Birthday of Thomas J.R. Hughes: Parallelism in Matrix Computations   2013年3月25日   
Automatic Tuning of Parallel Multigrid Solvers with Hybrid Parallel Programming Models
NAKAJIMA, Kengo
Conference on Advanced Topics and Auto Tuning in High Performance Scientific Computing (2013@2HPSC)   2013年3月28日   
大島聡史, 片桐孝洋, 中島研吾, 米村崇, 熊洞宏樹, 樋口清隆, 橋本昌人, 高山恒一, 藤堂眞治, 岩田潤一, 内田和之, 佐藤正樹, 羽角博康, 黒木聖夫
先進的計算基盤システムシンポジウム論文集   2013年5月15日   
Challenges in Sparse Linear Solvers for Post-Peta/Exascale Systems [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
Latest Advances in Scalable Algorithms for Large Scale Systems, International Supercomputing Conference (ISC’13)   2013年6月19日   
小野謙二, 高木亮治, 河合浩志, 樫山和男, 中島研吾
計算工学講演会論文集(CD-ROM)   2013年6月19日   
Parallel Geometric Multigrid Method for Large-scale Simulations of 3D Groundwater Flow through Heterogeneous Porous Media [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
Berkeley Lab Computing Science Seminar, Lawrence Berkeley National Laboratory   2013年9月13日   
Iterative Linear Solvers for Post-Peta/Exascale Systems [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
International Workshop on Collaborative Development of Simulation Software of Next Generation (CO-DESIGN)   2013年10月30日   
Recent Activities in Japan towards Post-Peta/Exascale Systems [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
Fujitsu Open Petascale Libraries SC13 Workshop   2013年11月17日   
ポストペタスケール・エクサスケールシステムへ向けての東京大学情報基盤センターの取組 [招待有り]
中島 研吾
物性研スパコン共同利用・CMSI 合同研究会(第4回 CMSI 研究会)   2013年12月10日   
ポストペタ・エクサスケール時代のアプリケーション開発 [招待有り]
中島 研吾
弥生研究会「粒子法研究会」   2014年3月11日   
エクサスケール時代のシミュレーションと可視化
中島 研吾
日本計算工学会第7回S&V(Simulation & Visualization)研究会「可視化:私はここに着目する」   2014年4月9日   
ポストペタスケール時代のシミュレーションと大規模並列可視化 [招待有り]
中島 研吾
CMSI若手技術交流会   2014年7月8日   
Challenges towards Post-Peta/Exascale Computing -Information Technology Center, The University of Tokyo- [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
53rd IDC (International Data Corporation) HPC User Forum   2014年7月16日   
ppOpen-HPC: Open Source Infrastructure for Development and Execution of Large-Scale Scientific Applications with Automatic Tuning (AT) [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
IMI (Institute of Mathematics for Industry) Workshop on Optimization in the Real World   2014年10月14日   
並列前処理付き反復法 [招待有り]
中島 研吾
日本応用数理学会「応用数理セミナー」   2014年12月26日   
菱谷智幸, 中島研吾, 江連真一
日本地下水学会講演会講演要旨   2015年   
Development of Large-Scale Scientific & Engineering Applications on Post-Peta/Exascale Systems [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
Seventh Korea-Japan Workshop on Computational Engineering   2015年4月10日   
Optimization of Communications for Scalable Algorithms on Supercomputers in Next Generation [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
MS 602: Iterative Methods and Parallel Computing, 13th US National Congress on Computational Mechanics (USNCCM-13)   2015年7月27日   
ppOpen-HPC: Open Source Infrastructure for Development and Execution of Large-Scale Scientific Applications with Automatic Tuning (AT) [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
Berkeley Lab Computing Sciences Seminar (Lawrence Berkeley National Laboratory)   2015年7月28日   
ppOpen-HPC: Open Source Infrastructure for Development and Execution of Large-Scale Scientific Applications with Automatic Tuning (AT) [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
SDSC Seminar, San Diego Supercomputer Center   2015年7月30日   
山本肇, 中島研吾, ZHANG Keni
土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)   2015年8月1日   
Optimization of Communications towards Scalable Algorithms on Post Petascale Supercomputers [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
ScalA15: Workshop on Latest Advances in Scalable Algorithms for Large-Scale Systems, conjunction with SC15   2015年11月16日   
中島研吾
計算工学講演会論文集(CD-ROM)   2016年5月31日   
Extreme Simulations on ppOpen-HPC [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
Challenges in Extreme Engineering Algorithms, ISC High Performance 2016   2016年6月19日   
Development of Large-Scale Scien-tific & Engineering Applications on Post-Peta/Exascale Systems using ppOpen-HPC [招待有り]
Kengo Nakajima, Akihiro Ida and Takahiro Katagiri
Enabling Technologies and Simulation Practices for High Performance Computational Mechanics, The 12th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XII)   2016年7月24日   
Parallel Iterative Solvers for Ill-conditioned Problems with Heterogeneous Material Properties [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
NCU Mathematics Seminar, National Central University   2016年11月3日   
[6-67] Kengo Nakajima, Parallel Iterative Solvers with Preconditioning in the Post-Moore Era [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
TIMS Seminar on Scientific Computing, National Taiwan University   2016年11月14日   
Communication/Synchronization Avoiding/Reducing in Krylov Iterative Solvers on Multicore/Manycore Clusters -Early Case Studies on Oakforest-PACS with Intel Xeon Phi [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
Berkeley Lab Computing Sciences Seminar (Lawrence Berkeley National Laboratory)   2017年1月20日   
Accelerated Computing Activities at ITC/University of Tokyo [招待有り]
NAKAJIMA, Kengo
ADAC-3 (Accelerated Data Analytics and Computing) Workshop   2017年1月25日   
Application Development Framework for Manycore Architectures in Exascale/Post-Moore Era
NAKAJIMA, Kengo
2017 SIAM Conference on Computational Science and Engineering (SIAM CSE17)   2017年3月3日   
Hiding communications in preconditioned Krylov iterative solvers on multicore/manycore clusters
NAKAJIMA, Kengo
2017 Conference on Advanced Topics and Auto Tuning in High Performance Scientific Computing (2017 ATAT in HPSC)   2017年3月11日   
ポストムーア時代の科学技術アプリケーションとアルゴリズム [招待有り]
中島研吾,岩下武史,片桐孝洋,松岡聡
第64 回応用物理学会春季学術講演会 特別シンポジウム「半導体とコンピュータとのハーモニックイノベーション」   2017年3月14日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
大規模シミュレーション向け基盤ソフトウェアの開発
2002年 - 2007年

競争的資金等の研究課題

 
高精度の固体地球変動予測のための並列ソフトウェアの開発に関する研究
文部科学省: 科学技術振興調整費
研究期間: 1998年4月 - 2003年3月    代表者: 矢川元基
観測・計算を融合した階層連結地震・津波予測システム
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(CREST)
研究期間: 2005年10月 - 2011年3月    代表者: 松浦充宏
残差最小化アプローチに基づく新たな大規模線形方程式ソルバーの開発とその応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 阿部邦美
マルチコア複合環境を指向した適応型自動チューニング技術
日本学術振興会: 科学研究費助成事業基盤研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 今村俊幸
帰納的次元縮小定理に基づく線形方程式ソルバーの新展開を目指した研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 阿部邦美
自動チューニング機構を有するアプリケーション開発・実行環境
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(CREST)
研究期間: 2011年4月 - 2018年3月    代表者: 中島研吾
高性能・変動精度・高信頼性数値解析手法とその応用
学際大規模情報基盤共同利用共同研究拠点(JHPCN): 共同研究課題
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 中島研吾
Innovative Multigrid Methods
学際大規模情報基盤共同利用共同研究拠点(JHPCN): 国際共同研究課題
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 中島研吾