岡本 士毅

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/28 09:28
 
アバター
研究者氏名
岡本 士毅
 
オカモト シキ
URL
http://www.ryudai2nai.com/
所属
琉球大学
部署
大学院医学研究科
職名
特命講師
学位
獣医学(北海道大学)

研究分野

 

経歴

 
2017年1月
 - 
現在
琉球大学 大学院医学研究科 内分泌代謝・血液・膠原病内科学講座(第二内科) 特命講師
 
2004年4月
   
 
 大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 生理学研究所 
 
 
   
 
     発達生理学研究系 生殖・内分泌系発達機構研究部門 
 
 
   
 
     助手 就任
 
2001年4月
   
 
 (財)東京都医学研究機構 東京都臨床医学総合研究所 
 

学歴

 
 
 - 
2000年
北海道大学 獣医学研究科博士課程 獣医学専攻
 
 
 - 
1996年
北海道大学 獣医学部 獣医学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本肥満学会  刊行委員会
 

受賞

 
2015年3月
生活習慣病の分子細胞病態学研究会 ポスター演題最優秀賞
 
2002年7月
第31回国際血液学学会 トラベルグラント
 

論文

 
Role of the α2 subunit of AMP-activated protein kinase and its nuclear localization in mitochondria and energy metabolism-related gene expressions in C2C12 cells
Okamoto S, Asgar NF, Yokota S, Saito K, Minokoshi Y.
Metabolism   10.1016/j.metabol.2018.10.003   2018年10月   [査読有り]
Gamma-Aminobutyric Acid Signaling in Brown Adipose Tissue Promotes Systemic Metabolic Derangement in Obesity
Ikegami R, Shimizu I, Sato T, Yoshida Y, Hayashi Y, Suda M, Katsuumi G, Li J, Wakasugi T, Minokoshi Y, Okamoto S, Hinoi E, Nielsen S, Jespersen NZ, Scheele C, Soga T, Minamino T.
Cell Rep   24(11) 2827-2837   2018年9月   [査読有り]
Brown rice‐specific γ‐oryzanol as a promising prophylactic avenue to protect against diabetes mellitus and obesity in humans
Masuzaki H, Kozuka C, Okamoto S, Yonamine M, Tanaka H, Shimabukuro M
J Diabetes Investig   10.1111/jdi.12892   2018年7月   [査読有り]
Activity of xanthine oxidase in plasma correlates with indices of insulin resistance and liver dysfunction in patients with type 2 diabetes mellitus and metabolic syndrome: A pilot exploratory study
Sunagawa S, Shirakura T, Hokama N, Kozuka C, Yonamine M, Namba T, Morishima S, Nakachi S, Nishi Y, Ikema T, Okamoto S, Matsui C, Hase N, Tamura M, Shimabukuro M, Masuzaki H.
J Diabetes Investig.   10.1111/jdi.12870   2018年6月   [査読有り]
Okamoto S, Sato T, Tateyama M, Kageyama H, Maejima Y, Nakata M, Hirako S, Matsuo T, Kyaw S, Shiuchi T, Toda C, Sedbazar U, Saito K, Asgar NF, Zhang B, Yokota S, Kobayashi K, Foufelle F, Ferré P, Nakazato M, Masuzaki H, Shioda S, Yada T, Kahn BB, Minokoshi Y
Cell reports   22(3) 706-721   2018年1月   [査読有り]
Shiuchi T, Toda C, Okamoto S, Coutinho EA, Saito K, Miura S, Ezaki O, Minokoshi Y
Scientific reports   7(1) 15141   2017年11月   [査読有り]
Coutinho EA, Okamoto S, Ishikawa AW, Yokota S, Wada N, Hirabayashi T, Saito K, Sato T, Takagi K, Wang CC, Kobayashi K, Ogawa Y, Shioda S, Yoshimura Y, Minokoshi Y
Diabetes   66(9) 2372-2386   2017年9月   [査読有り]
Iwakoshi-Ukena E, Shikano K, Kondo K, Taniuchi S, Furumitsu M, Ochi Y, Sasaki T, Okamoto S, Bentley GE, Kriegsfeld LJ, Minokoshi Y, Ukena K
eLife   6 e28527   2017年8月   [査読有り]
Saito N, Kimura S, Miyamoto T, Fukushima S, Amagasa M, Shimamoto Y, Nishioka C, Okamoto S, Toda C, Washio K, Asano A, Miyoshi I, Takahashi E, Kitamura H
Biochemistry and biophysics reports   9 322-329   2017年3月   [査読有り]
Inagaki-Ohara K, Okamoto S, Takagi K, Saito K, Arita S, Tang L, Hori T, Kataoka H, Matsumoto S, Minokoshi Y
Nutrition & metabolism   13 7   2016年   [査読有り]

Misc

 
Minokoshi Y, Toda C, Okamoto S
Indian journal of endocrinology and metabolism   16(Suppl 3) S562-8   2012年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
「炭水化物に対する嗜好性をめぐる脳科学の進歩と肥満症診療への応用―AMPキナーゼ反応性CRHニューロンは炭水化物と脂肪の食べ分けを決定するー」
岡本士毅、與那嶺正人、益崎裕章、箕越 靖彦 (担当:共著, 範囲:肥満研究 24(2)60-66)
日本肥満学会   2018年8月   
「特集 食欲と食嗜好のサイエンス 恒常的摂食調節機構と食嗜好性制御機構との関連」
岡本士毅
羊土社   2017年   
「特集 エネルギー代謝調節研究の新展開 エネルギー摂取を制御する視床下部神経回路網」
岡本 士毅
科学評論社   2017年8月   
「肥満症治療の今後」
益崎裕章、與那嶺正人、岡本士毅 (担当:共著, 範囲:成人病と生活習慣病 47(11) 1367-1373)
東京医学社   2017年7月   
「脳における炎症と糖尿病」
益崎裕章、岡本士毅、小塚智沙代 (担当:共著, 範囲:糖尿病診療マスター 15(10) 825-830)
医学書院   2017年4月   
「特集 中枢神経系によるエネルギー代謝調節機構 中枢AMPKによる摂食調節機構」
岡本 士毅
科学評論社   2015年8月   
「視床下部における食欲制御」
岡本士毅、箕越靖彦 (担当:共著, 範囲:細胞工学 28 (8) 812-816)
秀潤社   2009年5月   
「特集 大きく変わる肥満症のとらえ方−摂食とエネルギー消費のバランス機− AMPKと摂食調節」
岡本士毅、箕越靖彦 (担当:共著, 範囲:最新医学・第63巻・第10号)
最新医学社   2008年6月   
「食欲の分子メカニズム -視床下部AMPキナーゼによる摂食行動調節作用-」
箕越靖彦、岡本士毅 (担当:共著, 範囲:わかる実験医学シリーズ 生活習慣病がわかる 98-104)
羊土社   2005年9月   
造血幹細胞の発生をめぐって
Annual Review 血液2003   2003年   

講演・口頭発表等

 
視床下部室傍核には脂肪と炭水化物の食べ分けを決める食嗜好性制御ニューロンが存在する [招待有り]
岡本 士毅
新学術領域研究「温度生物学」若手の会   2018年6月27日   
A Subset of CRH Neurons in the Paraventricular Hypothalamus Regulates Dietary Preference for Carbohydrate over Fat via AMPK [招待有り]
岡本 士毅
Consortium of Biological Sciences 20   2017年12月9日   
視床下部AMPKは炭水化物嗜好性を制御する [招待有り]
岡本 士毅、與那嶺 正人、Jasmine Millman、難波豊隆、箕越 靖彦、益崎 裕章
第39回日本肥満学会   2017年12月1日   
視床下部室傍核CRHニューロンのAMPKは食物嗜好性を調節する [招待有り]
岡本 士毅、益崎 裕章、箕越 靖彦
第6回 Cutting-edge Forum for Diabetic Complication   2017年12月1日   
AMP-activated protein kinase in CRH neurons in the PVH controls food selection behavior [招待有り]
岡本 士毅
第60 回日本糖尿病学会年次学術集会   2017年5月20日   
視床下部室傍核AMPKによる食物選択行動の調節機構 [招待有り]
岡本士毅、佐藤達也、箕越靖彦
第90 回日本内分泌学会学術総会 若手中堅の会YEC企画   2017年4月21日   
AMPK in the paraventricular hypothalamic nucleus regulates food selection behavior in mice [招待有り]
岡本 士毅
第94回日本生理学会大会   2017年3月29日   
視床下部室傍核AMPKによる食物選択行動の調節機構 [招待有り]
岡本 士毅
第43回日本神経内分泌学会   2016年10月14日   
視床下部室傍核AMPKによる食物選択行動の調節とストレス応答 [招待有り]
岡本士毅、佐藤達也、箕越靖彦
第37回日本肥満学会   2016年10月7日   
AMP-activated protein kinase in CRH neurons in the PVH controls food selection behavior [招待有り]
岡本 士毅
The 36th The Annual Meeting of Japan Society for the Study of Obesity, The 8th Asia-Oceania Conference on Obesity, The 46th NIPS International Symposium, Symposium2   2015年10月3日   

競争的資金等の研究課題

 
肥満後の急激な減量に伴う食嗜好性変容の脳内分子メカニズム
日本学術振興会: 科学技術振興調整費 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 岡本 士毅
FGF21による食餌選択行動と脳内メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学技術振興調整費 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 岡本 士毅
ストレスによる食餌嗜好性の変化と脳内メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学技術振興調整費 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 岡本 士毅
TNF-alpha産生から見た白色脂肪組織炎症反応における中枢性制御機構とその異常
日本学術振興会: 科学技術振興調整費 新学術領域研究 (公募研究)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 岡本 士毅
食餌嗜好性制御中枢の細胞内制御メカニズムの解析
日本学術振興会: 科学技術振興調整費 若手研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 岡本 士毅