基本情報

所属
茨城大学 教育学部学校教育教員養成課程 教科教育コース 社会科教育教室 教授
学位
文学修士(奈良女子大学)

研究者番号
40375358
J-GLOBAL ID
200901071658086122

(教員からのメッセージ) 地理教育を中心に、社会科教育のあり方、具体的にはカリキュラム、内容、教材をどうするか、ということが現在の研究課題です。具体的には、地理教育の歴史的変遷や諸外国の動向、教材としての教科書研究、世界地誌教材開発などに取り組んでいます。地理教育が果たすべき役割は、自然と人間との関わりをベースに、地域の具体的事象を取り上げ、科学的社会認識にもとづく市民性の育成にあると考えます。

学歴

  1

論文

  16

MISC

  19

書籍等出版物

  20

講演・口頭発表等

  1

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1

その他

  3
  • 2019年2月 - 2019年2月
    北海道新聞に『『ニルスのふしぎな旅』と日本人』(2019年11月発行・新評論)著者として受けたインタビュー記事が掲載された。同じ内容が同年3月2日西日本新聞にも転載された。
  • 2019年1月 - 2019年1月
    2019年11月発行『ニルスのふしぎな旅』と日本人-スウェーデンの地理読本は何を伝えてきたのか(新評論)の書評
  • 2017年11月 - 2017年11月
    2017年人文地理学会大会特別発表(大西宏治「子どもの地理学の展開―英語圏と日本との比較」)の座長を務めるとともに、その内容を取りまとめ、『人文地理』第七〇巻第一号(146-150頁)(2018年3月31日発行)に「報告・討議の要旨および座長の所見」として報告した。