基本情報

所属
茨城大学 農学部地域総合農学科 教授
学位
博士(農学)(東京大学)

研究者番号
10260506
J-GLOBAL ID
200901077687162111

外部リンク

(研究経歴)
1)インゲン属の種間雑種の作出。今まで困難であったインゲンマメとライマメの雑種を作出することに成功した。
2)タバコ属の種間交雑における花粉管伸長阻害の研究。特定の種間交雑組合せで花粉管が異常を起こす現象を詳細に観察し、組合せによって多様な異常が起きることを明らかにした。
3)タバコの柱頭滲出液中に存在するタンパク質の研究。柱頭滲出液中のタンパク質を二次元電気泳動で分離し、それらのタンパク質が病原体によって誘導されるタンパク質とよく似た種類のタンパク質であることを明らかにした。さらに、材料をペチュニアに変え、逆遺伝学的手法によってトランスポゾン挿入変異体を作出してそれらのタンパク質の花粉管伸長との関係を研究した。
4)植物病原細菌ファイトプラズマに関する研究。東京大学植物病理学研究室の難波成任先生の元で、植物病原微生物ファイトプラズマの染色体外DNAに関する研究と病原性の異なる変異株を用いた免疫組織化学的な研究を行った。
5)イネにおける雑種弱勢の研究。日本型イネとペルーのイネ品種”Jamaica"の間に見られる雑種弱勢原因遺伝子Hwc1-1とHwc2-1を単離することを通して弱勢の発生機構に関する研究を行っている。
6)アサガオにおいてDNAマーカーを利用した花に関する量的形質遺伝子座と種間交雑不親和性の研究を行っている。
7)野生イネの他殖性形質を栽培イネに導入する研究を行っている。
8)レンコンの品種識別用DNAマーカーの開発を行っている。

受賞

  1

論文

  54

MISC

  1

講演・口頭発表等

  100