Hasegawa Masaki

J-GLOBAL         Last updated: May 13, 2019 at 13:01
 
Avatar
Name
Hasegawa Masaki
Affiliation
Hiroshima Prefectural College of Health Sciences
Section
Faculty of Health SciencesDepartment of Physical Therapy
Job title
Instructor

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2004
   
 
- Hiroshima Prefectural College of Health
 
 
   
 
Science, Instructor
 

Education

 
 
   
 
Department Physical Therapy, Hiroshima Prefectural College of Health and Welfare
 
 
   
 
Institute of Health Sciences・Division of Physical Therapy, Faculty of Medicine, Hiroshima University
 

Published Papers

 
山本 征孝, 島谷 康司, 長谷川 正哉, 村田 拓也, 岡村 和典, 栗田 雄一
バイオメカニズム学会誌   41(4) 213-219   Nov 2017
本研究では様々な底屈制動力を持つ短下肢装具を使用した歩行を、筋骨格モデルと装具モデルを用いて筋活性度と筋力推定を行った。健常成人2名を対象として装具なしと底屈制動を4段階に調整した短下肢装具を使用した歩行を行い、筋活性度推定と筋力推定を行った。筋電図にて計測した筋活動と解析した筋活性度の相関は、前脛骨筋、腓腹筋内側頭、大腿二頭筋、大臀筋において中等度から高い相関を示した。また、短下肢装具条件においても筋活性度は類似した値を示した。筋力推定ではすべての短下肢装具の条件で前脛骨筋の筋力は装具な...
Okamura K, Kanai S, Hasegawa M, Otsuka A, Oki S
Foot (Edinburgh, Scotland)   34 1-5   Aug 2017   [Refereed]
福祉の現場から 足底パッドを用いた歩行指導の効果
長谷川 正哉
地域ケアリング   19(5) 61-63   May 2017
正しい姿勢や動き方を指導する際、対象者に意図が伝わらず難渋する場面に遭遇する。一方、我々の研究グループでは「感覚的」な歩行指導方法について検討し、その有効性や応用可能性を模索してきた。今回、このコンセプトに基づき足部の感覚を刺激しながら歩行指導を行う『足底パッド』を開発したため、その効果について概説する。(著者抄録)
知覚入力型インソール開発のための基礎的研究 足底知覚を用いた動作指導がランニング動作中の下肢アライメントにおよぼす影響
長谷川 正哉, 梶川 菜津美, 阿部 薫, 島谷 康司, 田中 聡
靴の医学   30(2) 57-61   Mar 2017
足底に設置した突起を用いて動作中の足底圧軌跡を教示する知覚入力型インソールを開発している.本研究では突起を踏み分けながら走行するよう指示した際の下肢アライメントの変化を調査した.その結果,知覚入力型インソール使用時には脛骨および踵骨の傾斜角度,Leg Heel Angleが変化した.着用者が突起の位置を知覚しながら足底の荷重部位を制御した結果,下肢の動的アライメントの変化に至ったものと考える.従来のインソールは他動的にアライメントを矯正する目的で使用されているが,知覚入力型インソールを用い...
知覚入力型インソールによる動作指導の効果
長谷川 正哉
BIO Clinica   32(1) 60-64   Jan 2017
動作指導を行う際、力のかけ方やタイミングなど感覚的な要因についての意思疎通は困難である。また、複雑な課題や不適切な指導を行った場合、対象者の混乱を招き、かえってパフォーマンスの低下につながる可能性が指摘されている。著者はこれらの課題を解決するため、足底感覚入力を用いた簡便な動作指導方法について検討を進めており、突起を用いて足底感覚入力を行う知覚入力型インソール(Perceptual Stimulus Insole:以下PSI)を開発した。本稿ではPSIによる足底圧中心(Center of ...
大古場 良太, 長谷川 正哉, 吉塚 久記, 本多 裕一, 浅見 豊子
理学療法科学   31(6) 911-914   Dec 2016
[目的]突起物を踵に貼付することにより初期接地位置を教示し、その際の歩行時下腿筋活動について検証した。[対象と方法]健常成人12名とした。突起物を踵の3点(内側、外側、後方)に貼付した突起物有り条件と、何も貼付しない突起物無し条件の計4条件を設定し、初期接地の際に突起物を踏むように意識して歩行させた際の遊脚期における下腿筋活動を比較した。[結果]突起物無し条件と比較し、突起物有り条件において前脛骨筋および長腓骨筋の筋活動が有意に増大した。遊脚期を5%ごとに分けた周期ごとの比較では、どの周期...
更衣動作を用いた心的回転と視点取得の比較
桃谷 美穂, 島谷 康司, 長谷川 正哉, 三谷 良真, 金井 秀作, 田中 聡, 小野 武也, 沖 貞明
尾道市立市民病院医学雑誌   29(1) 9-14   Oct 2016
整形外科的疾患のない健常者ボランティア被験者40名(男性9名、女性31名、平均年齢21.4歳)を対象に、心的回転および視点取得の2つのイメージ方法を用いて手課題と更衣課題の2種類のイメージ課題の有用性について検討した。研究では日本版運動心像質問紙改訂版(JMIQ-R)を用いて被験者のイメージ能力評価を行い、次に被験者を心的回転課題遂行群(A群)と視点取得課題遂行群(B群)の各20名に無作為に2群に分けた。そして、手課題か更衣課題のいずれかを先に行い、10分の休憩時間を挟み残りの課題を行い、...
母趾外転筋と短母趾屈筋の疲労が歩行時の足底圧分布に及ぼす影響
岡村 和典, 金井 秀作, 長谷川 正哉, 島田 雅史, 坂村 慶明, 井出本 憲克, 大塚 彰
臨床バイオメカニクス   37 135-141   Sep 2016
動的場面における足部内在筋の内側縦アーチ(MLA)支持作用を検証するため、足部内在筋の機能低下に伴う歩行時の足底圧分布の変化を調べた。健常成人男性12名(23.5±3.9歳)の右下肢に対して、母趾外転筋と短母趾屈筋の疲労を自主制作のプーリーシステムを用いて誘発させた。疲労誘発の前・後に、快適歩行速度での歩行(10m)をそれぞれ5回ずつ行わせ、立脚期における足底圧分布を測定した。3〜5回目の右立脚期における足底圧分布を解析対象とした。足部内在筋である母趾外転筋と短母趾屈筋に疲労を生じさせるこ...
高齢者のための靴の選び方
長谷川 正哉
理学療法の臨床と研究   (25) 17-23   Mar 2016
靴は地面と足を隔てる外的環境であり、杖や装具よりも使用頻度が高い日用品である。また、靴は立位や歩行に影響をおよぼすことから、それらを介入対象としてあつかう理学療法士は靴に関する知識を持つ必要がある。本稿では高齢者の足部機能を補助する一般的な靴についてふれ、靴の選択方法および環境設定、着用方法について概説した。高齢者に対し「歩行」を目的とした靴を選ぶ際にはヒール、ソール、アッパー部分の構造を確認する必要がある。一方、高齢者では靴の着脱動作が困難な場合があり、また、靴の選択基準として靴着脱の容...
模擬患者とOSCEを用いた演習科目の実践
金井 秀作, 沖 貞明, 沖田 一彦, 小野 武也, 原田 俊英, 飯田 忠行, 梅井 凡子, 島谷 康司, 長谷川 正哉, 武本 秀徳, 積山 和加子, 高宮 尚美, 大塚 彰, 田中 聡
人間と科学: 県立広島大学保健福祉学部誌   16(1) 83-88   Mar 2016
高周波治療器による温熱刺激が足関節柔軟性と軟部組織硬度に与える影響について
佐藤 慎也, 長谷川 正哉, 田中 聡
運動器リハビリテーション   26(3) 332-337   Oct 2015
健常者を対象に、高周波治療器による温熱刺激が足関節柔軟性と軟部組織硬度に与える影響について検証した。照射強度は被験者の主観的温熱感に基づき調節した。その結果、照射群における表面温度の上昇、軟部組織硬度の低下が認められた。足関節柔軟性では深部照射群・ダミー群にて増加傾向にあったことから、温熱効果や軽度の触圧刺激による筋弛緩作用が示唆されたが、今後もその効果について検証していく必要がある。(著者抄録)
足部テーピングの量および効果の持続性に関する三次元歩行解析
岡村 和典, 金井 秀作, 大塚 彰, 長谷川 正哉, 坂村 慶明, 島田 雅史, 井出本 憲克
臨床バイオメカニクス   36 229-233   Oct 2015
Low-Dyeテーピング(LD)が歩行時の足部内側縦アーチに及ぼす影響を確認し、使用するテープの量および効果の持続性について検討した。健常成人男性11例(22.6±6.8歳)対象とした。テーピング方法はLDおよびLDの横断テープを通常の1/2の量に減らした1/2LDとした。対象は裸足、LD貼付直後、10分間歩行後(LD)、1/2LD貼付直後、10分間歩行後(1/2LD)の各条件下において快適歩行速度で歩行した。裸足(8.2±2.0mm)に比べLD(10.6±1.8mm)、1/2LD(10....
深部静脈血栓症に対する予防的運動療法の検討 受動的な足関節運動が下肢筋活動に与える影響
積山 和加子, 福永 亜美, 沖 貞明, 金井 秀作, 長谷川 正哉, 田中 聡
心臓リハビリテーション   20(2) 384-387   Jun 2015
【目的】深部静脈血栓症(deep venous thrombosis:DVT)は下肢の静脈、特にヒラメ静脈に起こりやすいとされ、予防には自発的な運動が重要とされている。しかし、自発的な運動が困難な場合も多く、受動的な運動でDVTを予防することを目的として検討を行った。【方法】健常成人を対象とした。座位と立位2条件における電動アシスト機能付きステップマシンを用いた受動的な足関節底背屈運動中の下肢筋活動を測定した。表面筋電図の測定筋は前脛骨筋、腓腹筋内側頭、ヒラメ筋とした。【結果】前脛骨筋では...
知覚入力型インソールを用いた後足部への感覚入力と選択的注意が歩容に与える影響
長谷川 正哉, 後藤 拓也, 島谷 康司, 金井 秀作, 大塚 彰
靴の医学   28(2) 30-34   Mar 2015
後足部に対し感覚入力を行う知覚入力型インソール(Perceptual Stimulus Insole;以下PSI)を試作し,PSIに設置した突起を踏みながら歩行するよう指示した際の歩容の変化について調査した.健常成人女性10名を対象とし,コントロール条件およびPSI条件での歩行を行わせ,遊脚期におけるつま先高,初期接地時の足関節背屈角度を抽出した.結果,PSI条件におけるつま先高および足関節背屈角度の増加を認めた.そのため,PSIの使用と課題の指示はフットクリアランスや足関節機能の低下した...
高齢者が自覚する靴サイズ、着用する靴サイズ、足型に基づく靴サイズの相違
長谷川 正哉, 島田 雅史, 積山 和加子, 島谷 康司, 金井 秀作, 田中 聡, 沖 貞明, 大塚 彰
理学療法の臨床と研究   (24) 9-12   Mar 2015
「目的」店頭における靴の選び方として、まず自覚する靴サイズやウィズに基づき履く靴を決定し、着用感による判断を行うものと考える。しかし、自覚する靴サイズと実際の足型が異なる場合には適切な靴の選択が困難になる可能性がある。本研究では、高齢者の靴サイズの認識とその認識に影響を与える要因について検討することを目的とした。「方法」高齢者51名を対象とし、自覚する靴サイズ(以下、自覚サイズ)、当日着用している靴サイズ(以下、着用サイズ)および靴の選択基準を調査した。次に、足長・足幅の計測を実施し、JI...
理学療法学科における学生自治の動作分析サークル活動が評価実習に及ぼす影響 Focus Group Interviewによる質的研究
吉塚 久記, 玉利 誠, 長谷川 正哉, 浅見 豊子
理学療法福岡   (28) 83-87   Mar 2015
学生の動作分析のスキルの修得を円滑にすることを目的に、学生自治の動作分析サークル活動を継続的に行い、評価実習後に学生10名に対してFocus Group Interviewを実施した。その結果、サークル活動による変化として「観察の知識と方法論」「観察の認知スキル」「観察の運動スキル」「分析の知識と方法論」「分析の認知スキル」「情意領域」が抽出され、特に観察に関するスキルと情意領域の学習には促進効果が得られていた。一方、分析に関するスキルには促進効果が得られなかったが、今後取り組むべき課題と...
脛骨神経に対する末梢感覚神経刺激と課題指向型練習の併用が急性期脳卒中片麻痺患者に及ぼす即時的影響
山本 征孝, 島谷 康司, 長谷川 正哉
物理療法科学   21 59-63   Jul 2014
【目的】急性期脳卒中片麻痺患者を対象に、脛骨神経に対する末梢感覚神経刺激(Peripheral Sensory Nerve Stimulation:PSS)と課題指向型練習の併用治療が足関節底屈筋力や歩行能力に及ぼす影響を調査した。【方法】当院入院中の急性期脳卒中片麻痺患者14名を、PSSを行う群(以下PSS群)7名と電極のみ貼り付けて実際にはPSSを行わない群(以下placebo群)7名の2群に分けた。両群とも30分間課題指向型練習を併用して行った。評価項目はModified Ashwo...
OTAO HIROSHI, TANAKA SATOSHI, TSUMIYAMA WAKAKO, HASEGAWA MASAKI, SHIMATANI KOJI, UMEI NAMIKO, KANAI SHUSAKU, FUJIWARA KAZUHIKO, HACHIYA MIZUKI, MIZOTA KATSUHIKO
ヘルスプロモーション理学療法研究   4(1) 25-30   Apr 2014
FUKUO JITSUHITO, TANAKA SATOSHI, OKITA KAZUHIKO, HASEGAWA MASAKI
理学療法科学   29(2) 233-238 (J-STAGE)   2014
JONO YASUTOMO, JONO YASUTOMO, KANAI SHUSAKU, GOTO TAKUYA, HARADA RYO, FUJITAKA YUTA, DANIIDE YASUSHI, HASEGAWA MASAKI, OTSUKA AKIRA
ヘルスプロモーション理学療法研究   3(2) 47-51   Jul 2013   [Refereed]
大塚彰, 長谷川正哉, 城野靖朋, 田中聡, 沖貞明
理学療法えひめ   27 1-4   May 2013
長谷川正哉, 金井秀作, 島谷康司, 城野靖朋, 島田雅史, 大塚彰
理学療法の臨床と研究   (22) 15-19   Mar 2013   [Refereed]
Shimatani Koji, Goto Takuya,Kouge Eriko,Oki Sadaaki,Hasegawa Masaki,Kanai Shusaku,Ono Takeya,Otsuka Akira
Journal of physical therapyscience   24(3) 223-226   Sep 2012   [Refereed]
24(3) 237-239   Sep 2012   [Refereed]
Akdogan E, Shima K, Kataoka H, Hasegawa M, Otsuka A, Tsuji T
IEEE transactions on neural systems and rehabilitation engineering : a publication of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   20(5) 697-707   Sep 2012   [Refereed]
SHIMA Keisuke, UENO Gaku, AKDOGAN Erhan, TSUJI Toshio, HASEGAWA Masaki, OTSUKA Akira
計測自動制御学会論文集 = Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers   48(9) 528-535   Sep 2012   [Refereed]
ARAKAWA TATSUYA, OTAO HIROSHI, OKAMURA MAYU, NAKAO HITOMI, HACHIYA MIZUKI, MIZOKAMI AKIHIRO, HASEGAWA MASAKI, UMEI NAMIKO, ONO TAKEYA
ヘルスプロモーション理学療法研究   2(2) 65-68   Jul 2012   [Refereed]
長谷川正哉, 金井秀作, 島田雅史, 島谷康司, 沖貞明, 大塚彰
靴の医学   25(2) 47-51   Mar 2012   [Refereed]
島田雅史, 長谷川正哉, 金井秀作, 沖貞明, 田坂厚志, 大塚彰
靴の医学   25(2) 10-13   Mar 2012   [Refereed]
理学療法の臨床と研究   0(21) 89-92   Mar 2012   [Refereed]
理学療法の臨床と研究   0(21) 85-88   Mar 2012   [Refereed]
理学療法の臨床と研究   0(21) 93-97   Mar 2012   [Refereed]
Shimatani Koji, Goto Takuya ,Kouge Eriko,Oki Sadaaki,Hasegawa Masaki,Kanai Shusaku,Ono Takeya,Otsuka Akira
Journal of physical therapyscience   23(5) 769-771   Oct 2011   [Refereed]
TAKAHASHI YUJI, KANAI SHUSAKU, HASEGAWA MASAYA, OOTAO HIROSHI, ONO TAKEYA, MATSUBAYASHI YOSHITO, OTSUKA AKIRA
Rigakuryoho kagaku   26(3) 341-345   Jun 2011   [Refereed]
OTAO HIROSHI, HACHIYA MIZUKI, MURATA SHIN, ONO TAKEYA, UMEI NAMIKO, KANAI SHUSAKU, HASEGAWA MASAKI, MIZOKAMI AKIHIRO, KAWAKAMI TERUHIKO
Rigakuryoho kagaku   26(3) 359-363   Jun 2011   [Refereed]
大塚彰, 島田雅史, 大塚麻矢子, 長谷川正哉, 金井秀作, 沖貞明
靴の医学   24(2) 9-13   Mar 2011   [Refereed]
臨床実習教育におけるコミュニケーションスキル課題への対応
島谷康司,沖貞明,沖田一彦,小野武也,金井秀作,滝川厚,塩川光久,高島裕臣,長谷川正哉,梅井凡子,大田尾浩,武本秀徳,大塚彰
理学療法の臨床と研究   0(20) 101-108   Mar 2011   [Refereed]
島田雅史, 田坂厚志, 小田修平, 石田勝, 長谷川正哉, 大塚彰, 千葉恭平, 河野正明
理学療法の臨床と研究   (20) 109-111   Mar 2011   [Refereed]
橋本奈緒美, 島谷康司, 沖貞明, 長谷川正哉, 金井秀作, 大塚彰, 内海志美
理学療法の臨床と研究   (20) 91-94   Mar 2011   [Refereed]
SHIMATANI KOJI, SEKIYA HIROSHI, TANAKA YOSHIFUMI, HASEGAWA MASAKI, OKI SADAAKI
Rigakuryoho kagaku   26(1) 105-109   Feb 2011   [Refereed]
Journal of physical therapy practice and research   0(20) 57-61   Mar 2011   [Refereed]
Journal of physical therapy practice and research   0(20) 85-89   Mar 2011   [Refereed]
TAKEMOTO Yuki, FUKUOKA Akiko, OKI Sadaaki, ONO Takeya, HASEGAWA Masaki, OTSUKA Akira
運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine   21(3) 255-259   Nov 2010   [Refereed]
SHIMADA Masashi, OTSUKA Akira, KANAI Shusaku, HASEGAWA Masaki, SHIMATANI Koji, KAWANO Masaaki, OKI Sadaaki
Japanese journal of clinical biomechanics   31(0) 377-382   Sep 2010   [Refereed]
OTSUKA Akira, SHIMADA Masashi, KANAI Shusaku, HASEGAWA Masaki, SHIMATANI Kouji, OKI Sadaaki
Japanese journal of clinical biomechanics   31(0) 431-437   Sep 2010   [Refereed]
Hasegawa M, Chin T, Oki S, Kanai S, Shimatani K, Shimada T
Sports medicine, arthroscopy, rehabilitation, therapy & technology : SMARTT   2 14   Jun 2010   [Refereed]
HASEGAWA MASAKI, SHIMATANI KOJI, KANAI SHUSAKU, OKI SADAAKI, SHIMIZU MICHELE EISEMANN, MUGURUMA AKIKO, OTSUKA AKIRA
Rigakuryoho kagaku   25(3) 437-441   Jun 2010   [Refereed]
HASEGAWA Masaki, OTSUKA Akira, SHIMATANI Koji, KANAI Shusaku, OKI Sadaaki, CHIN Takaaki, MORIYASU Hiroshi
日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development   26(2) 97-101   Apr 2010   [Refereed]
山本征孝, 長谷川正哉, 島谷康司, 金井秀作, 沖貞明, 大塚彰
靴の医学   23(2) 66-70   Mar 2010   [Refereed]
吉川雅夫, 金井秀作, 長谷川正哉, 島谷康司, 沖貞明, 大塚彰
靴の医学   23(2) 33-37   Mar 2010   [Refereed]
田坂厚志, 杉田実希, 石田勝, 長谷川正哉, 島谷康司, 金井秀作, 小野武也, 大塚彰, 沖貞明, 河野正明
理学療法の臨床と研究   (19) 49-52   Mar 2010   [Refereed]
Ono Takeya, Miyoshi Masahiro, Sadaaki Oki, Shimizu M E, Umei Namiko, Shiraiwa Kayoko, Takemoto Hidemori, Shimatani Koji, Hasegawa Masaki, Otsuka Akira
Journal of physical therapyscience   21 173-176   Feb 2010   [Refereed]
Hasegawa Masaki, Oki Sadaaki , Shimada Tomoaki
Journal of physical therapyscience   22 11-16   Feb 2010   [Refereed]
Journal of physical therapy practice and research   0(19) 77-81   2010   [Refereed]
沖貞明, 服部暁穂, 小野武也, 大塚彰, 金井秀作, 長谷川正哉, 島谷泰司
総合リハビリテーション   37(11) 1049-1054   Nov 2009   [Refereed]
Do children with developmental disorders have low gross motor abilities
Koji Shimatani, Yoshifumi Tanaka, Masaki Hasegawa, Sadaaki Oki, Hiroshi Sekiya
Current Pediatric Research   13 9-12   Sep 2009   [Refereed]
TASAKA ATSUSHI, OKI SADAAKI, TANAKA SATOSHI, SHIMATANI KOJI, HASEGAWA MASAKI, KANAI SHUSAKU, ONO TAKEYA, OTSUKA AKIRA, SAKAGUCHI AKIRA
Rigakuryoho kagaku   24(4) 577-580   Aug 2009   [Refereed]
坂口顕, 槻本直也, 川原由紀, 鵜崎智史, 長谷川正哉, 島谷康司, 金井秀作
靴の医学   22(2) 23-26   Mar 2009   [Refereed]
Hasegawa Masaki
Koji Shimatani, Hiroshi Sekiya, Yoshifumi Tanaka, Masaki Hasegawa, Sadaaki Oki   21 7-11   Feb 2009   [Refereed]
MAEOKA HIROSHI, FUKUMOTO TAKAHIKO, SAKAGUCHI AKIRA, HASEGAWA MASAKI, KANAI SHUSAKU, TAKATORI KATSUHIKO, HIYAMIZU MAKOTO, SHOMOTO KOJI
Rigakuryoho kagaku   23(4) 529-533   Aug 2008   [Refereed]
金井秀作, 長谷川正哉, 島谷康司, 坂口顕, 前岡浩, 沖貞明
靴の医学   21(2) 60-64   Mar 2008   [Refereed]
長谷川正哉, 金井秀作, 島谷康司, 坂口顕, 沖貞明, 大塚彰
靴の医学   21(2) 36-40   Mar 2008   [Refereed]
島谷康司, 金井秀作, 長谷川正哉, 坂口顕, 大塚彰, 沖貞明
靴の医学   21(2) 41-45   Mar 2008   [Refereed]
島谷康司, 清水ミシェルアイズマン, 金井秀作, 長谷川正哉, 小野武也, 沖貞明, 大塚彰
人間と科学   8(1) 167-172   Mar 2008   [Refereed]
トレッドミルを用いた模擬スリップ現象からの回避行動の特徴
山本拓哉,田辺茂雄,長谷川正哉
金城大学紀要   8 179-184   Mar 2008   [Refereed]
島谷康司, 長谷川正哉, 金井秀作, 沖貞明, 大塚彰
小児保健研究   67(2) 398-402   Mar 2008   [Refereed]
島谷康司, 関矢寛史, 金井秀作, 長谷川正哉, 田坂厚志, 大塚彰, 沖貞明
理学療法の臨床と研究   (17) 29-34   Mar 2008   [Refereed]
SAKAGUCHI AKIRA, OKI SADAAKI, KANAI SHUSAKU, HASEGAWA MASAKI, SHIMIZU MICHELE EISEMANN, OTSUKA AKIRA
Rigakuryoho kagaku   23(1) 23-27   Feb 2008   [Refereed]
JINNOUCHI MASASHI, ONO TAKEYA, OKI SADAAKI, KAJIHARA HIROKI, KANAI SHUSAKU, HASEGAWA MASAKI, SAKAGUCHI AKIRA, SHIMATANI KOJI, SHIMIZU MICHELE EISEMANN, OTSUKA AKIRA
Rigakuryoho kagaku   23(1) 169-173   Feb 2008   [Refereed]
Erhan Akdogan,Keisuke Shima,Hitoshi Kataoka,Masaki Hasegawa,Akira Otsuka,Toshio Tsuji
IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2008, February 22-25, 2009, Bangkok, Thailand   852-858   2008   [Refereed]
SHIMATANI KOJI, GOTOU MAKIKO, KANAI SHUUSAKU, HASEGAWA MASAKI, OTSUKA AKIRA, OKI SADAAKI
Rigakuryoho kagaku   22(4) 527-532   Nov 2007   [Refereed]
島谷康司, 長谷川正哉, 金井秀作, 田坂厚志, 坂口顕, 沖貞明, 大塚彰
子どもと発育発達   5(3) 171-174   Oct 2007   [Refereed]
Masaki Hasegawa, Shusaku Kanai, Shimizu M Eisemann, Akira Otsuka
Journal of physical therapy science   19 77-81   Jun 2007   [Refereed]
陣之内将志, 小野武也, 沖貞明, 清水 ミシェル・アイズマン, 長谷川正哉, 坂口顕, 金井秀作, 白岩加代子, 大塚彰
人間と科学   7(1) 181-185   Mar 2007   [Refereed]
長谷川正哉, 金井秀作, 清水(アイズマン)ミシェル, 島谷康司, 田中聡, 沖貞明, 大塚彰
形態・機能   5(2) 75-80   Mar 2007   [Refereed]
島谷康司, 長谷川正哉, 金井秀作, 遠藤竜治, 田坂厚志, 清水ミシェル・アイズマン, 小野武也, 大塚彰
理学療法の臨床と研究   (16) 103-108   Mar 2007   [Refereed]
HASEGAWA MASAKI, SHIMATANI KOJI, KANAI SHUSAKU, TASAKA ATSUSHI, SAKAGUCHI AKIRA, SHIMIZU MICHELE E, OKI SADAAKI, OTSUKA AKIRA
Rigakuryoho kagaku   22(1) 151-156   Feb 2007   [Refereed]
長谷川正哉, 大塚彰, 金井秀作, 沖貞明
日本義肢装具学会誌   23(1) 71-74   Jan 2007   [Refereed]
Journal of physical therapy practice and research   0(16) 71-74   2007   [Refereed]
Journal of physical therapy practice and research   0(16) 79-82   2007   [Refereed]
Journal of physical therapy practice and research   0(16) 89-92   2007   [Refereed]
SAKAGUCHI AKIRA, OKI SADAAKI, KANAI SHUSAKU, HASEGAWA MASAKI, SHIMIZU MISHERUAIZUMAN, OTSUKA AKIRA, ONO TAKEYA, JINNOUCHI MASASHI
理学療法科学   21(2) 181-184   May 2006   [Refereed]
HASEGAWA MASAKI, KANAI SHUSAKU, SAKAGUCHI AKIRA, OKI SADAAKI, ISHIKURA TAKASHI, OTSUKA AKIRA
Rigakuryoho kagaku   21(2) 191-195   May 2006   [Refereed]
坂口顕, 金井秀作, 長谷川正哉, 陳之内将志, 大塚彰, 沖貞明
靴の医学   19(2) 46-51   Mar 2006   [Refereed]
HASEGAWA Masaki, KANAI Shusaku, SAKAGUCHI Akira, JINNOUCHI Masashi, OKI Sadaaki, OTSUKA Akira
靴の医学   19(2) 41-45   Mar 2006   [Refereed]
坂口顕, 金井秀作, 長谷川正哉, 小野武也, 大塚彰, 沖貞明
理学療法の臨床と研究   (15) 37-40   Mar 2006   [Refereed]
HASEGAWA Masaki, KANAI Shusaku, OKI Sadaaki, OTSUKA Akira
靴の医学   18(2) 6-10   Mar 2004   [Refereed]
SAKAGUCHI Akira, KANAI Shusaku, OTSUKA Akira, HASEGAWA Masaki, OKI Sadaaki
靴の医学   18(2) 35-38   Mar 2004   [Refereed]
KANAI Shusaku, HASEGAWA Masaki, OTSUKA Akira, OKI Sadaaki
靴の医学   18(2) 42-46   Mar 2004   [Refereed]

Books etc

 
理学療法士のための足と靴のみかた
Hasegawa Masaki (Part:Joint Work, 3章.足の基本-バイオメカニクス)
文光堂   Feb 2013   
よくわかる理学療法評価・診断のしかた
Hasegawa Masaki (Part:Joint Work, 1章.形態計測評価)
文光堂   Feb 2012   
脊柱機能の臨床的重要性と上下肢との連関
Hasegawa Masaki (Part:Joint Work, 3章.胸椎と肋骨の運動連鎖)
Jan 2011   
リハビリポケットブック―臨床評価ガイド―
Hasegawa Masaki (Part:Joint Translation)
Oct 2009   
健康応援都市みはら-佐木島ガイドブックを持って砂浜を歩こう
Hasegawa Masaki (Part:Joint Work, 6章.砂浜歩行の効果と実践方法-運動学的分析から-)
Mar 2009   
実践MOOK理学療法プラクティス 腰痛の病態とその理学療法アプローチ
Hasegawa Masaki (Part:Joint Work)
May 2008   

Conference Activities & Talks

 
知覚入力型インソールを用いた教示が動作の理解にあたえる影響
長谷川 正哉, 田村 栄治, 後藤 拓也, 島谷 康司, 高宮 尚美, 沖田 一彦
理学療法学   Apr 2015   
長谷川正哉, 島田雅史, 島谷康司, 金井秀作, 沖貞明, 大塚彰, 雪岡治雄
日本義肢装具学会誌   7 Oct 2013   
島田雅史, 長谷川正哉, 金井秀作, 沖貞明, 島谷康司, 田中聡, 石田勝, 大塚彰
日本義肢装具学会誌   7 Oct 2013   
大塚彰, 長谷川正哉, 島田雅史, 金井秀作, 田中聡, 沖貞明
日本義肢装具学会誌   7 Oct 2013   
大田尾浩, 田中聡, 積山和加子, 長谷川正哉, 島谷康司, 梅井凡子, 金井秀作, 藤原和彦, 八谷瑞紀, 溝田勝彦
ヘルスプロモーション理学療法研究   Oct 2013   
島谷康司, 島圭介, 後藤拓也, 田中聡, 沖貞明, 長谷川正哉
日本発育発達学会大会抄録集   20 Feb 2013   
谷出康士, 金井秀作, 城野靖朋, 後藤拓也, 島谷康司, 長谷川正哉, 大塚彰
理学療法学   2012   
島谷康司, 後藤拓也, 高下恵里子, 沖貞明, 長谷川正哉, 金井秀作, 田中聡, 田坂厚志, 小野武也, 大塚彰
理学療法学   2012   
金井秀作, 北風草介, 谷出康士, 井出本裕貴, 大田尾浩, 積山和加子, 長谷川正哉, 島谷康司, 大塚彰
理学療法学   2012   
長谷川正哉, 上枡里美, 金井秀作, 島谷康司, 沖貞明, 田坂厚志, 島田雅史, 大塚彰
靴の医学   Aug 2011   
金井秀作, 長谷川正哉, 島谷康司, 島田雅史, 沖貞明, 大塚彰
靴の医学   Aug 2011   
島田雅史, 長谷川正哉, 金井秀作, 島谷康司, 沖貞明, 田坂厚志, 大塚彰
靴の医学   Aug 2011   
Effect of methods of descending stairs forwards versus backwards on knee joint force in patients with osteoarthritis of the knee
Hasegawa Masaki
16th International world physical therapy congress   Jun 2011   
島谷康司, 後藤拓也, 高下恵里子, 長谷川正哉, 金井秀作, 沖貞明, 小野武也, 田坂厚志, 大塚彰
理学療法学   2011   
長谷川正哉, 大田尾浩, 島谷康司, 金井秀作, 小野武也, 田坂厚志, 沖貞明, 大塚彰
理学療法学   2011   
大田尾浩, 八谷瑞紀, 村田伸, 小野武也, 梅井凡子, 金井秀作, 長谷川正哉, 溝上昭宏
理学療法学   2011   

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(若手研究(B))
Project Year: 2008 - 2009    Investigator(s): Masaki HASEGAWA
The people who have a floating toe deformity do not build a base of support. As a result, it is difficult to move the center of foot pressure forward when walking. In addition, people that have a floating toe deformity have concentrated pressure o...