酒田 信親

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/16 10:39
 
アバター
研究者氏名
酒田 信親
 
サカタ ノブチカ
URL
https://sites.google.com/view/nobuchikasakata
所属
奈良先端科学技術大学院大学
部署
情報科学領域
職名
准教授
学位
博士(工学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学領域 准教授
 
2017年8月
 - 
2018年3月
国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教
 
2007年4月
 - 
2017年8月
大阪大学 基礎工学研究科 助教
 
2006年4月
 - 
2007年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2007年3月
筑波大学大学院 システム情報工学研究科 知能機能システム
 
1998年4月
 - 
2002年3月
筑波大学 第三学群 工学システム学類
 

受賞

 
2018年3月
情報処理学会 第80回全国大会学生奨励賞 全方位映像による仮想化現実世界を介した現実空間とVR空間の遷移に関する一考察
受賞者: 桶田真吾、武原光、河合紀彦、佐藤智和、酒田信親、清川清
 
2016年6月
第8回ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会(ARGWI2研究会) 優秀研究賞 ソーシャルログインはユーザのサービス利用を継続させるか?
受賞者: 土方嘉徳, 安藤諒, 酒田信親
 
2010年12月
ICAT2010(International Conference on Artificial Reality and Telexistence) Best Paper Award Stabilization Method for Floor Projection with a Hip-Mounted Projector
受賞者: Keisuke Tajimi, Keiji Uemura, Nobuchika Sakata and Shogo Nishida
 
2010年9月
ヒューマンインタフェースシンポジウム2010 優秀プレゼンテーション賞 他者との関わり意識を促すSynchronized Heart Beat System
受賞者: 大森耕介, 伊藤京子, 酒田信親, 大西智士, 西田正吾
 
2006年6月
International conference on Collaboration Technologies (CollabTech 2006) Best Paper Award Visual Assist with a Laser Pointer and Wearable Display for Remote Collaboration
 
2005年6月
,International Conference on Collaboration Technology (CollabTech2005) Best Paper Award Tangible Tabletop Interface for an Expert to Collaborate with Remote Field Workers
受賞者: Takeshi Kurata, Takahiro Oyabu, Nobuchika Sakata, Masakatsu Kourogi, and Hideaki Kuzuoka
 
2004年10月
DICOMO2004 優秀プレゼンテーション賞 肩載せアクティブカメラ・レーザによる遠隔協調作業"
受賞者: 酒田信親,蔵田武志, 興梠正克, 葛岡英明, マーク・ビリングハースト
 
2007年
ICCAS2007 Outstanding paper awards A pilot user study on 3-d museum guide with route recommendation using a sustainable positioning system
受賞者: Takashi Okuma, Masakatsu Kourogi, Nobuchika Sakata, and Takeshi Kurata
 

論文

 
Obstacle avoidance method in real space for virtual reality immersion
Kohei Kanamori, Nobuchika Sakata, Tomu Tominaga, Yoshinori Hijikata, Kensuke Harada, and Kiyoshi Kiyokawa
IEEE International Symposium for Mixed and Augmented Reality 2018   80-89   2018年10月   [査読有り]
潜在トピックに基づく複雑ネットワークの生成モデルに関する研究
赤山 郁人, 土方 嘉徳, 倉持 俊也, 酒田 信親
システム制御情報学会論文誌   31(10) 366-376   2018年10月   [査読有り]
柴田貴史, 冨永登夢, 土方嘉徳, 酒田信親, 伊藤京子
システム制御情報学会論文誌   31(3) 101‐111   2018年3月   [査読有り]
酒田信親, 佐藤文宏, 冨永登夢, 土方嘉徳
システム制御情報学会論文誌   31(3) 112‐120   2018年3月   [査読有り]
酒田信親, 久保田彰, 土方嘉徳
情報処理学会論文誌   59(2) 613-621   2018年2月   [査読有り]
Ikuto Akayama,Yoshinori Hijikata,Toshiya Kuramochi,Nobuchika Sakata
Proceedings of the 12th International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication, IMCOM 2018, Langkawi, Malaysia, January 05-07, 2018   89:1-89:7   2018年   [査読有り]
Nobuchika Sakata, Masaki Maeda, Tomu Tominaga, and Yoshinori Hijikata
Transactions of the Virtual Reality Society of Japan   22(2) 209-216   2017年6月   [査読有り]
潜在トピックを利用した協調フィルタリングにおけるトピック情報源の違いに関する調査
西村 章宏,土方 嘉徳,酒田 信親
情報処理学会論文誌   58(5) 1102-1112   2017年5月   [査読有り]
Nobuchika Sakata,Fumihiro Sato,Tomu Tominaga,Yoshinori Hijikata
Collaboration Technologies and Social Computing - 9th International Conference, CollabTech 2017, Saskatoon, SK, Canada, August 8-10, 2017, Proceedings   10397 168-181   2017年   [査読有り]
犬飼和真, 富永登夢, 土方嘉徳, 酒田信親
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   21(4) 605-612   2016年12月   [査読有り]
佐藤文宏, 冨永登夢, 土方嘉徳, 酒田信親, 西田正吾
システム制御情報学会論文誌   29(8) 355‐361   2016年8月   [査読有り]
2016 IEEE/WIC/ACM INTERNATIONAL CONFERENCE ON WEB INTELLIGENCE (WI 2016)   689-694   2016年   [査読有り]
Sato Fumihiro, Tominaga Tomu, Hijikata Yoshinori, Sakata Nobuchika
COLLABORATION TECHNOLOGIES AND SOCIAL COMPUTING, COLLABTECH 2016   647 105-116   2016年   [査読有り]
Akira Kubota,Tomu Tominaga,Yoshinori Hijikata,Nobuchika Sakata
2016 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence, WI 2016, Omaha, NE, USA, October 13-16, 2016   689-694   2016年   [査読有り]
Masaki Maeda,Tomu Tominaga,Yoshinori Hijikata,Nobuchika Sakata
Proceedings of the 2016 ACM International Symposium on Wearable Computers, ISWC 2016, Heidelberg, Germany, September 12-16, 2016   192-195   2016年   [査読有り]
Masaki Maeda,Nobuchika Sakata
2015 IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality, ISMAR 2015, Fukuoka, Japan, September 29 - Oct. 3, 2015   186-187   2015年   [査読有り]
佐藤文宏, 松田大輝, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   20(2) 163-171   2015年6月   [査読有り]
Fumihiro Sato,Nobuchika Sakata
SIGGRAPH Asia 2015 Mobile Graphics and Interactive Applications, Kobe, Japan, November 2-6, 2015   17:1-17:4   2015年   [査読有り]
Seungwon Kim,Gun A. Lee,Sangtae Ha,Nobuchika Sakata,Mark Billinghurst
Proceedings of the 33rd Annual ACM Conference Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems, Seoul, CHI 2015 Extended Abstracts, Republic of Korea, April 18 - 23, 2015   1669-1674   2015年   [査読有り]
上羽優貴, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   19(3) 339-347   2014年9月   [査読有り]
永嶋涼平, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   19(2) 265-274   2014年6月   [査読有り]
高野祐輝, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   19(2) 285-293   2014年6月   [査読有り]
Seungwon Kim,Gun A. Lee,Nobuchika Sakata,Mark Billinghurst
IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality, ISMAR 2014, Munich, Germany, September 10-12, 2014   83-92   2014年   [査読有り]
蔵田 武志, 酒田 信親, 加納 裕
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   19(3)    2014年
Nobuchika Sakata,Yuuki Takano,Shogo Nishida
Human-Computer Interaction. Advanced Interaction Modalities and Techniques - 16th International Conference, HCI International 2014, Heraklion, Crete, Greece, June 22-27, 2014, Proceedings, Part II   8511 148-157   2014年   [査読有り]
Fumihiro Sato,Nobuchika Sakata,Shogo Nishida
SIGGRAPH Asia 2014 Mobile Graphics and Interactive Applications, Shenzhen, China, December 3-6, 2014   26:1   2014年   [査読有り]
Yuuki Ueba,Nobuchika Sakata,Shogo Nishida
IEEE Symposium on 3D User Interfaces, 3DUI 2014, Minneapolis, MN, USA, March 29-30, 2014   171-172   2014年   [査読有り]
上羽優貴, 梶原康宏, 上村敬志, 酒田信親, 西田正吾
情報処理学会論文誌ジャーナル(Web)   54(4) 1489-1497 (WEB ONLY)   2013年4月   [査読有り]
Seungwon Kim,Gun A. Lee,Nobuchika Sakata,Array,Elina Vartiainen,Mark Billinghurst
IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality, ISMAR 2013, Adelaide, Australia, October 1-4, 2013   261-262   2013年   [査読有り]
Matthew Tait,Tony Tsai,Nobuchika Sakata,Mark Billinghurst,Elina Vartiainen
IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality, ISMAR 2013, Adelaide, Australia, October 1-4, 2013   1-6   2013年   [査読有り]
Yuuki Ueba,Nobuchika Sakata,Shogo Nishida
SIGGRAPH Asia 2013 Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications, Hong Kong, China, November 19-22, 2013   69:1   2013年   [査読有り]
Seungwon Kim,Gun A. Lee,Nobuchika Sakata
IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality, ISMAR 2013, Adelaide, Australia, October 1-4, 2013   1-6   2013年   [査読有り]
Daiki Matsuda,Nobuchika Sakata,Shogo Nishida
23rd International Conference on Artificial Reality and Telexistence, ICAT 2013, Tokyo, Japan, December 11-13, 2013   122-128   2013年   [査読有り]
Ryohei Nagashirna,Nobuchika Sakata,Shogo Nishida
23rd International Conference on Artificial Reality and Telexistence, ICAT 2013, Tokyo, Japan, December 11-13, 2013   78-84   2013年   [査読有り]
松田大輝, 上村敬志, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   17(3) 161-169   2012年9月   [査読有り]
上村敬志, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   17(3) 171-179   2012年9月   [査読有り]
Daiki Matsuda,Keiji Uemura,Nobuchika Sakata,Shogo Nishida
16th International Symposium on Wearable Computers, ISWC 2012, Newcastle, United Kingdom, June 18-22, 2012   48-51   2012年   [査読有り]
Nobuchika Sakata,Tomoyuki Kobayashi,Shogo Nishida
Human-Computer Interaction. Interaction Modalities and Techniques - 15th International Conference, HCI International 2013, Las Vegas, NV, USA, July 21-26, 2013, Proceedings, Part IV   378-387   2013年   [査読有り]
多治見圭亮, 上村敬志, 梶原康宏, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   16(2) 161-169   2011年6月   [査読有り]
Kosuke Omori,Kyoko Ito,Nobuchika Sakata,Satoshi Ohnishi,Shogo Nishida
Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Anchorage, Alaska, USA, October 9-12, 2011   3236-3241   2011年   [査読有り]
北村 喜文, 池井 寧, 橋本 悠希, 酒田 信親, 長谷川 晶一, 小木 哲朗, 嵯峨 智, 蔵田 武志, 水野 統太, 稲見 昌彦, 古川 正紘, 昆陽 雅司, 佐藤 智和, 田中 弘美, 大谷 智子, 小坂 崇之, 雨宮 智浩, 北原 格, 黒田 嘉宏, 橋田 朋子, 伊藤 雄一, 山本 豪志朗, 久米 祐一郎, 石井 裕剛, 藤田 欣也, 白井 暁彦, 竹田 仰, 榎並 和雅, 脇田 航, 柴田 史久, 安藤 英由樹, 筧 康明, 新居 英明, 牧野 泰才, 清川 清, 柳田 康幸, 谷川 智洋, 岡本 正吾
日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan   16(4) 207-219   2011年12月
酒田 信親, 石井 裕剛, 緒方 広明
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   16(4)    2011年
Daisuke Honda,Nobuchika Sakata,Shogo Nishida
Human-Computer Interaction. Towards Mobile and Intelligent Interaction Environments - 14th International Conference, HCI International 2011, Orlando, FL, USA, July 9-14, 2011, Proceedings, Part III   6763 230-239   2011年   [査読有り]
Daiki Matsuda,Keiji Uemura,Nobuchika Sakata,Shogo Nishida
10th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality, ISMAR 2011, Basel, Switzerland, October 26-29, 2011   281-282   2011年   [査読有り]
Keisuke Tajimi,Nobuchika Sakata,Keiji Uemura,Shogo Nishida
Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Istanbul, Turkey, 10-13 October 2010   3008-3013   2010年   [査読有り]
Yasuhiro Kajiwara,Keisuke Tajimi,Keiji Uemura,Nobuchika Sakata,Shogo Nishida
Proceedings of the 2nd Augmented Human International Conference, AH 2011, Tokyo, Japan, March 13, 2011   14   2011年   [査読有り]
蔵田 武志, 酒田 信親, 牧田 孝嗣
情報処理   51(4) 425-430   2010年4月
Mie Nakatani,Daisuke Suzuki,Nobuchika Sakata,Shogo Nishida
Human Interface and the Management of Information. Information and Interaction, Symposium on Human Interface 2009, Held as part of HCI International 2009, San Diego, CA, USA, July 19-24, 2009, Proceedings, Part II   5618 826-834   2009年   [査読有り]
Nobuchika Sakata,Shu Okamoto,Shogo Nishida
Human Interface and the Management of Information. Designing Information Environments, Symposium on Human Interface 2009, Held as Part of HCI International 2009, San Diego, CA, USA, July 19-24, 2009, Procceedings, Part I   5617 611-618   2009年   [査読有り]
A Study of a Sense of Crisis from Auditory Warning Signals
Nakatani Mie, Suzuki Daisuke, Sakata Nobuchika, Nishida Shogo
WCECS 2009: WORLD CONGRESS ON ENGINEERING AND COMPUTER SCIENCE, VOLS I AND II   387-+   2009年   [査読有り]
Nobuchika Sakata,Teppei Konishi,Shogo Nishida
Virtual and Mixed Reality, Third International Conference, VMR 2009, Held as Part of HCI International 2009, San Diego, CA, USA, July 19-24, 2009. Proceedings   5622 106-113   2009年   [査読有り]
大隈 隆史, 興梠 正克, 酒田 信親, 蔵田 武志
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   14(3) 305-314   2009年9月   [査読有り]
This paper describes a mobile science-museum-guide system using an indoor/outdoor positioning system, a pilot user study to evaluate the usability of the navigation system, and a GUI tool for reliving experiences of the participants using the acti...
岡本周, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   13(4) 421-428   2008年12月   [査読有り]
Kurata Takeshi, Sakata Nobuchika, Kourogi Masakatsu, Okuma Takashi, Ohta Yuichi
ENGINEERING REALITY OF VIRTUAL REALITY 2008   6804    2008年   [査読有り]
川本 海, 蔵田 武志, 酒田 信親, 大隈 隆史, 葛岡 英明
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   13(2) 207-215   2008年6月   [査読有り]
This paper describes a novel method for measuring the position and orientation of physical tags on a large tabletop display. This method employs a set of photo sensors and accelerometers embedded in a tag to observe fiducial marker patterns shown ...
2007 INTERNATIONAL CONFERENCE ON CONTROL, AUTOMATION AND SYSTEMS, VOLS 1-6   2413-2417   2007年   [査読有り]
Masakatsu Kourogi,Nobuchika Sakata,Array,Takeshi Kurata
Advances in Artificial Reality and Tele-Existence, 16th International Conference on Artificial Reality and Telexistence, ICAT 2006, Hangzhou, China, November 29 - December 1, 2006, Proceedings   4282 1310-1321   2006年   [査読有り]
Array,Masakatsu Kourogi,Nobuchika Sakata,Takeshi Kurata
Sixth IEEE/ACM International Symposium on Mixed and Augmented Reality, ISMAR 2007, 13-16 November 2007, Nara, Japan   279-280   2007年   [査読有り]
酒田 信親, 蔵田 武志, 葛岡 英明
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   11(4) 561-568   2006年12月   [査読有り]
The Wearable Active Camera/Laser-Pointer (WACL) is a body-worn tool equipped with a camera/laser head capable of pan/tilt control to assist field workers in remote collaboration. A remote expert can freely observe the real workplace and directly p...
酒田 信親, 蔵田 武志, 興梠 正克, 葛岡 英明, ビリングハースト マーク
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   10(3) 333-342   2005年9月   [査読有り]
The Wearable Active Camera/Laser (WACL) is a new collaboration tool that allows remote experts not only to independently set their viewpoints into the workplace of fieldworkers wearing the WACL but also to point to real objects directly with the l...
Takeshi Kurata,Nobuchika Sakata,Masakatsu Kourogi,Hideaki Kuzuoka,Mark Billinghurst
8th International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2004), 31 October - 3 November 2004, Arlington, VA, USA   62-69   2004年   [査読有り]
Nobuchika Sakata,Takeshi Kurata,Takekazu Kato,Masakatsu Kourogi,Hideaki Kuzuoka
7th International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2003), 21-23 October 2003, White Plains, NY, USA   53-56   2003年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Dieter Schmalstieg, Tobias Hollerer (担当:共編者)
マイナビ出版   2018年7月   
AR(拡張現実)技術の基礎・発展・実践
野敏之, 池田聖, 石井裕剛, 石川智也, 一刈良介, 岩井大輔, 内山英昭, 大石岳史, 大隈隆史, 大星直樹, 亀田能成, 神原誠之, 北原格, 清川清, 蔵田武志, 黒田知宏, 黒田嘉宏, 興梠正克, 酒田信親, 柴田史久, 杉本麻樹, 田中秀幸, 谷川智洋, 鳴海拓志, 日浦慎作, 堀謙太, 牧田孝嗣, 山本豪志朗 (担当:共著, 範囲:第4章4節 「ARによるコミュニケーション支援」)
科学情報出版   2015年9月   
次世代ヒューマンインタフェース開発の最前線
酒田 信親 (担当:共著, 範囲:「小型プロジェクタと深度センサを用いたウェアラブル足入力インタフェースの開発」pp.585-596)
エヌ・ティー・エス   2013年6月   

講演・口頭発表等

 
AR丸分かり教室~基礎から最新動向まで [招待有り]
池田 聖, 酒田 信親, 山本 豪志朗
第23回日本バーチャルリアリティ学会大会招待講演   2018年9月19日   日本バーチャルリアリティ学会
桶田真吾, 武原光, 河合紀彦, 佐藤智和, 酒田信親, 清川清
情報処理学会全国大会講演論文集   2018年3月13日   
寺田周平, 酒田信親, 河合紀彦, 清川清
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018年3月6日   
佐藤優也, 原田研介, 原田研介, 酒田信親, WAN Weiwei, WAN Weiwei, RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G.
日本機械学会論文集(Web)   2018年   
佐藤優也, 原田研介, WAN Weiwei, 酒田信親, RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G.
計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(CD-ROM)   2017年12月20日   
多田昌洋, 酒田信親, 原田研介
電子情報通信学会技術研究報告   2017年10月12日   
西村章宏, 土方嘉徳, 酒田信親
情報処理学会論文誌ジャーナル(Web)   2017年5月15日   
佐藤優也, 原田研介, 菊地宏平, WAN Weiwei, 酒田信親, RAMIREZ‐ALPIZAR Ixchel G.
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2017年5月9日   
柴田貴史, 酒田信親, 伊藤京子
電子情報通信学会技術研究報告   2017年1月12日   
池上陽一郎, 冨永登夢, 土方嘉徳, 酒田信親
電子情報通信学会技術研究報告   2016年7月13日   
犬飼和真, 冨永登夢, 土方嘉徳, 酒田信親
電子情報通信学会技術研究報告   2016年7月13日   
久保田彰, 酒田信親
電子情報通信学会技術研究報告   2016年1月14日   
やっぱヒューマンでしょ:MVEが名称変更を議論する理由, “経験・体験の拡張”
酒田 信親
HCGシンポジウム2015招待講演企画セッション   2015年12月16日   
篠田美香子, 久保田彰, 酒田信親
電子情報通信学会技術研究報告   2015年6月25日   
久保田彰, 酒田信親
電子情報通信学会技術研究報告   2015年6月1日   
池上陽一郎, 酒田信親
電子情報通信学会技術研究報告   2015年6月1日   
前田将希, 酒田信親
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   2015年5月20日   
佐藤文宏, 酒田信親
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   2015年5月20日   
久保田彰, 酒田信親
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   2015年5月20日   
池上陽一郎, 酒田信親
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   2015年5月20日   
篠田美香子, 酒田信親, 西田正吾
電子情報通信学会技術研究報告   2015年1月15日   
久保田彰, 酒田信親, 西田正吾
電子情報通信学会技術研究報告   2015年1月15日   
佐藤文宏, 酒田信親, 西田正吾
電子情報通信学会技術研究報告   2014年10月2日   
篠田美香子, 酒田信親, 西田正吾
電子情報通信学会技術研究報告   2014年5月30日   
酒田信親, 久保田彰, 西田正吾
電子情報通信学会技術研究報告   2014年2月6日   
A Tablet interface for laying out AR objects -Outlook of relationship with smartphone and AR [招待有り]
SAKATA Nobuchika
The 20th International Display Workshops   2013年12月   
上羽優貴, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2013年9月18日   
小川達也, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2013年9月18日   
永嶋涼平, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2013年9月18日   
高野祐輝, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2013年9月18日   
上羽優貴, 梶原康宏, 上村敬志, 酒田信親, 西田正吾
情報処理学会シンポジウム論文集   2012年3月8日   
大森耕介, 伊藤京子, 大西智, 酒田信親, 西田正吾
電子情報通信学会技術研究報告   2012年1月13日   
松田大輝, 上村敬志, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2011年9月20日   
進来太彦, 富谷拓, 酒田信親, 西田正吾
電子情報通信学会技術研究報告   2011年1月13日   
富谷拓, 酒田信親, 西田正吾
電子情報通信学会技術研究報告   2011年1月13日   
上村敬志, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会研究報告   2011年   
多治見圭亮, 上村敬志, 梶原康宏, 酒田信親, 西田正吾
電子情報通信学会技術研究報告   2010年10月14日   
内山英昭, 一刈良介, 石川智也, 池田聖, 酒田信親
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2010年9月15日   
梶原康宏, 多治見圭亮, 上村敬志, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2010年9月15日   
大森耕介, 伊藤京子, 酒田信親, 大西智士, 西田正吾
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2010年9月7日   
プロジェクション型ARでのインタラクション技法 [招待有り]
酒田 信親
北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科セミナー招待講演   2010年   
岡本周, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2009年9月9日   
進来太彦, 酒田信親, 西田正吾
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   2009年5月20日   
鈴木大輔, 酒田信親, 仲谷美江, 西田正吾
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   2009年5月20日   
進来太彦, 酒田信親, 西田正吾
自動制御連合講演会(CD-ROM)   2009年   
田村 秀行, 稲見 昌彦, 蔵田 武志, 酒田 信親, 磯 光雄, 岩田 洋夫, 西岡 貞一, 谷川 智洋
日本バーチャルリアリティ学会誌 = Journal of the Virtual Reality Society of Japan   2008年12月31日   
蔵田 武志, 佐宗 晃, 酒田 信親, 興梠 正克, 大隈 隆史, 児島 宏明, 勝山 悟朗, 北口 貴史
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   2008年9月25日   
本稿では、主にオフィス環境における遠隔対話支援や情報提示のための分散設置型ポータブルロボット「ユビキッキ」について紹介する。試作したユビキッキのプロトタイプは、レーザスキャナによる壁や床などへの単純な図形の描画機能、映像撮影機能、マイクアレイによる音源位置同定機能、音声発話機能、アクティブRFIDを用いた個人認証・位置計測機能、ネットワーク通信機能を有する。自律移動ができない代わりに、可搬性や設置形態の自由度が高いという特徴をもつ。これらの機能や特徴を組み合わせて実現される、自律的、または...
岡本周, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2008年9月24日   
小西哲平, 酒田信親, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2008年9月24日   
小西哲平, 酒田信親, 西田正吾
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   2008年5月16日   
岡本周, 酒田信親, 西田正吾
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   2008年5月16日   
大隈 隆史, 興梠 正克, 酒田 信親, 蔵田 武志
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   2007年9月27日   
本報告では開発中の屋内外ポジショニングシステムに基づいて実現された三次元展示ナビシステムとその有用性・使用感を評価するために行ったパイロットユーザスタディ,および活動履歴を用いて見学者の行動を追体験するツールについて述べる.展示ナビシステムでは見学者位置姿勢の測立結果とその履歴に基づいて、三次元地図上に現在位置と見学推薦ルートを提示し、必要に応じて展示物の説明を提示する.科学技術館でパイロットユーザスタディを実施し,参加者から三次元地図,推薦ルート提示などについてのコメントを得た.追体験ツ...
大隈隆史, 興梠正克, 酒田信親, 蔵田武志
情報科学技術フォーラム   2007年8月22日   
大隈 隆史, 興梠 正克, 酒田 信親, 蔵田 武志
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   2007年8月22日   
酒田信親, GAO Xiong, 西田正吾
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2007年   
蔵田 武志, 酒田 信親, 興梠 正克, 大隈 隆史, 大田友一
情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   2006年11月9日   
本稿では,頭部を拘束しない新しい装着型インタフェース,BOWL ProCam (BOdy-Worn Laser Projector Camera)を提案する.実世界と仮想世界をシームレスに融合させたインタラクション技法を,いつでもどこでもユーザに提供するために,BOWL ProCamは,焦点深度の深いレーザプロジェクタ,広範囲な状況把握を可能にする高精細魚眼カメラ,及び投影像の安定化などに有効な姿勢角センサなどを備える.本稿ではまず,ProCamシステムの装着部位評価のためのシミュレーショ...
蔵田武志, 酒田信親, 興梠正克, 大隈隆史, 大田友一
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2006年9月7日   
興梠 正克, 酒田 信親, 大隈 隆史, 蔵田 武志
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   2006年9月5日   
本稿では、屋内外で利用可能な歩行者ナビを実現するため、歩行動作に基づくデッドレコニングとGPS、アクティブRFIDタグシステムを統合したパーソナルポジショニングシステムについて述べる。自蔵センサ群を情報源に用いたデッドレコニングでは位置と方位の累積誤差が補正されないと歩行者ナビの実現に要する精度が得られない問題があった。そこで、その累積誤差をGPSとアクティブRFIDタグシステムの測位結果に基づいて補正する手法を提案する。提案手法を実装し、組み込み型パーソナルポジショニングシステムとして実...
川本 海, 蔵田 武志, 酒田 信親, 大隈 隆史, 葛岡 英明
情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2006年5月19日   
This Paper describes a novel method for measuring position and orientation of physical tags on a large tabletop display. This method employs a set of photo sensors and accelerators embedded in the tag to observe fiducial marker patterns shown on t...
川本 海, 蔵田 武志, 酒田 信親, 大隈 隆史, 葛岡 英明
情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告   2006年3月27日   
This Paper describes a novel method for measuring position and orientation of physical tags on a large tabletop display. This method employs a set of photo sensors and accelerators embedded in the tag to observe fiducial marker patterns shown on t...
興梠正克, 酒田信親, 大隈隆史, 蔵田武志
日本バーチャルリアリティ学会研究報告   2006年   
酒田 信親, 蔵田 武志, 葛岡 英明
ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface   2005年11月29日   
酒田信親, 蔵田武志, 葛岡英明
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   2005年9月27日   
蔵田武志, 酒田信親, 大薮崇宏, こうろぎ正克, 葛岡英明
情報処理学会シンポジウム論文集   2005年7月18日   
酒田信親, 興梠正克, 大隈隆史, 蔵田武志
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集   2005年   
酒田 信親, 蔵田 武志, 興梠 正克, 葛岡 英明, ビリングハースト マーク
ヒューマンインタフェース学会研究報告集 : human interface   2004年11月5日   
酒田信親, 蔵田武志, 興ろぎ正克, 葛岡英明, BILLINGHURST M
情報処理学会シンポジウム論文集   2004年7月7日   
蔵田武志, 大隈隆史, こうろぎ正克, 酒田信親, 葛岡英明
映像情報Industrial   2004年7月1日   
酒田信親, 加藤丈和, 興ろぎ正克, 葛岡英明, 蔵田武志
電子情報通信学会技術研究報告   2003年1月16日   
酒田 信親, 加藤 丈和, 興梠 正克, 葛岡 英明, 蔵田 武志
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   2003年1月9日   
本研究では,遠隔地間のコミュニケーションの支援装置として,レーザ搭載型ウェアラブルアクティブカメラ(WACL)と,それを用いた遠隔コミュニケーション支援システムを提案する.WACLはパン・チルト制御可能なカメラにレーザポインタを搭載した装着型デバイスであり,カメラ制御に同期したレーザポインタの操作によって実空間を指し示すことができる.提案システムでは,WACLを装着することによって,遠隔地にいる指示者が装着者の姿勢変化に依存せずその周囲の状況を自由に観測しながら,レーザポインタで実世界の対...
レーザ搭載型ウェアブルアクティブカメラによる遠隔コミュニケーション支援
パターン認識メディア理解研究会   2003年   
葛岡英明, 酒田信親, 松本明子, 山崎敬一
情報処理学会全国大会講演論文集   2002年3月12日   

競争的資金等の研究課題

 
修復と観測の融合に基づく隠消現実感の高度化
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 河合 紀彦
ヘッドマウントディスプレイを用いた視知覚矯正・補助フレームワークの構築
文部科学省: 基盤研究(A)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 清川 清
拡張身体表現による遠隔協調作業
文部科学省: 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 酒田 信親
人称視点選択可能な遠隔協調作業システムの開発
文部科学省: 若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 酒田 信親
実世界志向インタフェースによる遠隔協調作業
文部科学省: 若手研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 酒田 信親

特許

 
興梠 正克, 蔵田 武志, 大隈 隆史, 酒田 信親
興梠 正克, 蔵田 武志, 大隈 隆史, 酒田 信親
蔵田 武志, 大隈 隆史, 興梠 正克, 葛岡 英明, 酒田 信親, 大藪 崇宏, 川本 海
蔵田 武志, 大隈 隆史, 興梠 正克, 葛岡 英明, 酒田 信親, 大藪 崇宏, 川本 海
蔵田 武志, 明渡 純, 朴 載赫, 酒田 信親, 大隈 隆史, 興梠 正克
蔵田 武志, 明渡 純, 朴 載赫, 酒田 信親, 大隈 隆史, 興梠 正克
興梠 正克, 蔵田 武志, 大隈 隆史, 酒田 信親
蔵田 武志, 大隈 隆史, 興梠 正克, 葛岡 英明, 酒田 信親, 川本 海
蔵田 武志, 大隈 隆史, 興梠 正克, 葛岡 英明, 酒田 信親, 川本 海
興梠 正克, 蔵田 武志, 大隈 隆史, 酒田 信親
蔵田 武志, 大隈 隆史, 興梠 正克, 葛岡 英明, 酒田 信親, 大藪 崇宏, 川本 海
蔵田 武志, 大隈 隆史, 興梠 正克, 葛岡 英明, 酒田 信親, 大藪 崇宏, 川本 海
特許F170009164 : Attitude angle processor and attitude angle processing method
Kourogi Masakatsu, Kurata Takeshi, Kato Takakazu, Okuma Takashi, Sakata Nobuchika
蔵田 武志, 大隈 隆史, 興梠 正克, 加藤 丈和, 酒田 信親, 葛岡 英明
蔵田 武志, 大隈 隆史, 興梠 正克, 加藤 丈和, 酒田 信親, 葛岡 英明
興梠 正克, 蔵田 武志, 加藤 丈和, 大隈 隆史, 酒田 信親
興梠 正克, 蔵田 武志, 加藤 丈和, 大隈 隆史, 酒田 信親
蔵田 武志, 大隈 隆史, 興梠 正克, 加藤 丈和, 酒田 信親, 葛岡 英明
蔵田 武志, 大隈 隆史, 興梠 正克, 加藤 丈和, 酒田 信親, 葛岡 英明