共同研究・競争的資金等の研究課題

2009年 - 2011年

ゴルジ体タンパクgiantinの発生過程における機能の解析

文部科学省  科学研究費補助金(若手研究(B))
  • 片山 健太郎

課題番号
21780266
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
4,290,000円
(直接経費)
3,300,000円
(間接経費)
990,000円
資金種別
競争的資金

OCD系統の発症ラット(ocd/ocd)は常染色体単純劣性の遺伝様式で伝達される四肢短小、骨軟骨形成不全症および全身性の皮下水腫などを呈し、本表現型はゴルジ体タンパク質Giantinの機能欠損に起因すると考えられる。本年度はocd/ocdが呈する皮下水腫が血管形成もしくはリンパ管形成の異常に起因するのか否かを明らかにすることを試みた。血管内皮細胞のマーカー分子であるPECAMおよびリンパ管内皮細胞のマーカー分子であるポドプラニンに対する抗体を用いて、胎齢12.5日から14.5Hの+/+およびocd/ocd胎子のホールマウント免疫染色を行った結果、+/+およびocd/ocd胎子の間で染色パターン、染色性に顕著な違いは認められなかった。したがって、ocd/ocd胎子では脈管形成および胎齢14.5日までの血管およびリンパ管の新生に異常は生じていないと考えられた。アルカリフォスファターゼ染色および酒石酸抵抗性酸フォスファターゼ染色により胎齢18.5日の大腿骨の骨芽細胞および破骨細胞を染色した結果、ocd/oed胎子では+/+胎子より骨芽細胞および破骨細胞の数が少ない傾向が認められた。このことから、ocd/ocdでは骨芽細胞および破骨細胞の増殖もしくは分化に異常が生じており、giantinは軟骨細胞の増殖・分化だけでなく、骨芽細胞および破骨細胞の増殖もしくは分化においても重要な役割を担...

リンク情報
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/21780266.ja.html