小川 哲司

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/06 02:46
 
アバター
研究者氏名
小川 哲司
 
オガワ テツジ
eメール
ogawa.tetsujiwaseda.jp
URL
https://sites.google.com/site/ogatetsu/
所属
早稲田大学
部署
理工学術院 基幹理工学部
職名
准教授
学位
博士(工学)(早稲田大学)
科研費研究者番号
70386598
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0002-7316-2073

プロフィール

2000年早稲田大学理工学部電気電子情報工学科卒業.2002年同大学大学院修士課程修了.2005年同大学大学院博士後期課程終了.博士(工学).2004--2007年早稲田大学理工学術院助手.2007年早稲田大学IT研究機構講師.2007--2012年早稲田大学高等研究所助教.現在,早稲田大学理工学術院准教授.その間,2012年,2013年米国ジョンズホプキンス大学訪問研究者,2014年,2015年チェコ共和国ブルノ工科大学訪問研究者.2012--2015年エジプト・日本科学技術大学(E-JUST)特任准教授.2012年より産業技術総合研究所人工知能研究センター客員研究員.音声・音響情報処理,画像・映像情報処理,IoT,パターン認識に関する研究に従事.IEEE,電子情報通信学会,情報処理学会,日本音響学会,日本機械学会,日本風力エネルギー学会,日本水産学会,日本畜産学会各会員.

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
早稲田大学理工学部 助手
 
2007年4月
 - 
2007年10月
早稲田大学IT 研究機構 客員講師
 
2007年11月
 - 
2012年3月
早稲田大学高等研究所 助教
 
2012年4月
 - 
2015年3月
エジプト・日本科学技術大学 特任准教授
 
2012年4月
   
 
早稲田大学理工学術院 准教授
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2000年3月
早稲田大学 理工学部 電気電子情報工学科
 
2000年4月
 - 
2002年3月
早稲田大学大学院 理工学研究科 電気工学専攻
 
2002年4月
 - 
2005年3月
早稲田大学大学院 理工学研究科 電気工学専攻
 

委員歴

 
2008年
 - 
2011年
情報処理学会 音声言語情報処理研究会  運営委員
 
2009年
 - 
2010年
第9回情報科学技術フォーラム(FIT)  プログラム委員
 
2010年
 - 
2010年
高度言語情報融合フォーラム(ALAGIN)  若手研究者フォーラム実行委員
 
2010年
 - 
2011年
電子情報通信学会  情報・システムソサイエティ誌 編集委員
 
2017年
 - 
2017年
第7回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム  プログラム委員
 

受賞

 
2018年2月
早稲田大学 早稲田大学ティーチングアワード総長賞
 
2017年12月
APSIPA ASC2017 APSIPA ASC2017 Poster Book Prizes
 
2012年3月
情報処理学会 情報処理学会 山下記念研究賞
 
2011年3月
日本音響学会 日本音響学会粟屋潔学術奨励賞
 
2008年10月
BTAS2008 BTAS2008 Best Paper Award
 

論文

 
画像からの牛の状態識別に基づく分娩予兆検知
兵頭亮介,安田早希,斎藤奨,沖本裕典,中野鐵兵,赤羽誠,小林哲則,小川哲司
電子情報通信学会技術研究報告 (PRMU)      2018年12月
映像からの牛の分娩予兆行動検知に関する検討
菅原一真,中野鐵兵,赤羽誠,小林晢則,小川哲司
電子情報通信学会技術研究報告 (PRMU)      2018年12月
RNN言語モデルのためのドメイン属性情報を用いたゼロショット学習
芦川博人,森岡幹,俵直弘,小川厚徳,岩田具治,小川哲司,小林哲則
情報処理学会研究報告      2018年12月
正常稼働状態の表現学習に基づく風車異常検知
長谷川隆徳,緒方淳,村川正宏,小川哲司
第40回風力エネルギー利用シンポジウム予稿集      2018年12月
畳み込みニューラルネットワークに基づく風車異常検知システムにおける判断根拠の可視化に関する検討
佐伯真於,緒方淳,村川正宏,小川哲司
第40回風力エネルギー利用シンポジウム予稿集      2018年12月

書籍等出版物

 
人工知能学大辞典(話者認識・話者照合)
人工知能学会(編) (担当:分担執筆)
共立出版   2017年7月   ISBN:978-4-320-12420-2
音響キーワードブック(話者ダイアライゼーション)
日本音響学会(編集) (担当:分担執筆)
コロナ社   2016年3月   ISBN:9784339008807

講演・口頭発表等

 
定置網漁の日単位漁獲量予測モデリングにおける学習データ量と予測性能の関係の調査
堀内優佳,幸加木裕也,小林哲則,小川哲司
日本水産学会秋季大会   2018年9月   
情報工学から考えるIoTと畜産の未来 [招待有り]
小川哲司
日本繁殖生物学会若手サマーセミナー合宿   2018年8月   
状態空間モデルを用いた定置網漁のための日単位漁獲量予測
小川哲司
マリンITワークショップ   2018年8月   
Toward proactive forecasting for smart maintenance of infrastructure equipment and support for primary industry [招待有り]
Tetsuji Ogawa
7th Research Seminar in E-JUST   2018年3月   Egypt-Japan University of Science and Technology (E-JUST)
定置網漁における漁獲過程モデルを用いたシロサケの日単位漁獲量予測
幸加木裕也,俵直弘,小林哲則,橋本和夫,小川哲司
日本水産学会春季大会   2018年3月   

競争的資金等の研究課題

 
動画に対する深い意味的注釈の付与
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
局所的海洋データを活用した漁業の効率化の研究開発
総務省: 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)・地域ICT振興型研究開発
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
人の発声機構を考慮した話者固有の情報の抽出と話者照合への応用に関する研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
音声信号が持つ個人性(話者特徴)を発話内容(音韻特徴)の影響を受けずに抽出する技術を開発し,発話内容の違いの影響が原因で実用化の域に達していない短い発話に対する話者照合の性能を抜本的に改善することを目指す.そのために,(WP1)人の発声機構に着目し,発話内容の情報が混入しない声帯からの信号を用いて話者特徴を抽出する技術,(WP2)深層学習を用いて音響的な情報から話者を認識するための情報と発話内容を認識するための情報を分離する技術,(WP3)音声認識と音声合成技術を駆使して話者特徴に含まれる...
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月

特許

 
5170465 : 音源分離装置、方法及びプログラム
赤桐 健三, 小川 哲司, 小林 哲則
5105336 : 音源分離装置、プログラム及び方法
小林 哲則, 赤桐 健三, 小川 哲司
4986248 : 音源分離装置、方法及びプログラム
小林 哲則, 赤桐 健三, 小川 哲司
2008-147914 : エコーキャンセラ及びエコーキャンセル方法
小林 哲則, 赤桐 健三, 藤江 真也, 小川 哲司
2007-219175 : 認識器構築システム、認識器構築方法、組立サービス提供システム、およびプログラム
小林 哲則, 中野 鐵兵, 藤江 真也, 小川 哲司