菅沼 悠介

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/08 07:52
 
アバター
研究者氏名
菅沼 悠介
 
スガヌマ ユウスケ
URL
http://polaris.nipr.ac.jp/~suganuma/
所属
国立極地研究所
部署
研究教育系・地圏研究グループ
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京大学)
その他の所属
総合研究大学院大学

プロフィール

フィールドワークをベースとしながら,各種の先進的な分析技術を駆使するとともに,数値モデル研究者とも協力しながら,地球科学を楽しく研究し,将来予測に資することを目標にしています.

具体的研究テーマと学生教育
新生代以降における古環境変動を詳細に復元し,そのメカニズムの理解と将来予測に役立てることを研究目的とします.この目的に従って,特に古環境変動記録の乏しい南極大陸および周辺海域を対象として,以下の研究を遂行中です.1)南極内陸山地における地形調査と宇宙線照射年代法に基づく氷床高度変動史の復元,2)海底堆積物を用いた過去のとくに温暖期の海洋・環境変動の復元,3)古地磁気記録および宇宙線生成核種を用いた海底・湖底堆積物の年代決定の高精度化.また,大学院教育では,野外調査から各種データ取得までの基本を習得した上で,上記の研究テーマのみならず,広く古環境変動復元に関わる研究を遂行できるように指導します.

第51次日本南極地域観測隊隊員(セール・ロンダーネ山地調査隊)
第53次日本南極地域観測隊隊員(セール・ロンダーネ山地調査隊リーダー)
第55次日本南極地域観測隊隊員(セール・ロンダーネ山地調査隊リーダー)
第57次日本南極地域観測隊隊員(中央ドロンイングモードランド地学調査隊リーダー)
第59次日本南極地域観測隊隊員(先遣隊リーダー)
富士登山競争時間内完走

研究分野

 
 

経歴

 
2016年11月
 - 
現在
国立極地研究所 准教授
 
2009年4月
 - 
2016年11月
国立極地研究所 助教
 
2008年4月
 - 
2009年3月
東京大学大学院 理学系研究科地球惑星専攻 学術振興会特別研究員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
東京大学大学院 理学系研究科地球惑星専攻 特任助教
 
2006年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院 理学系研究科地球惑星専攻 特任助手
 
2006年2月
 - 
2006年3月
東京大学大学院 理学系研究科地球惑星専攻 特任研究員
 
2005年4月
 - 
2006年1月
(独) 産業技術総合研究所 地質情報部門 1号契約職員
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星専攻
 
2000年4月
 - 
2002年3月
東京都立大学 理学研究科 地理科学専攻
 
1995年4月
 - 
2000年3月
茨城大学 理学部 地球生命科学科
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
Next Antarctic Geological Drilling (ANDRILL)program  Japanese representative
 
2018年5月
 - 
現在
日本地質学会  理事
 
2018年4月
 - 
現在
地球環境史学会  評議員(行事担当)
 
2017年4月
 - 
現在
日本地質学会環境変動史部会  部会長
 
2016年5月
 - 
現在
Quaternary International.  Editorial board
 
2015年10月
 - 
現在
INQUA Commission on Stratigraphy and Chronology (INQUA-SACCOM)  "Advisory Board"
 
2014年8月
 - 
現在
The Scientific Committee on Antarctic Research  Past Antarctic Ice Sheet Dynamics (PAIS) "Steering Committee"
 
2017年6月
 - 
2018年7月
Subcommission on Quaternary Stratigraphy  Working Group on the Early/Middle Pleistocene Boundary
 
2017年3月
 - 
2018年10月
日本地球掘削科学コンソーシアム 陸上掘削部会執行部  部会長補佐
 
2016年7月
 - 
2017年9月
SCAR  Scientific Organising Committee for the PAIS Research Programme Conference
 
2016年10月
 - 
2017年3月
J-DESC  J-DESC成果報告会WG
 
2013年10月
 - 
2017年2月
日本地球掘削科学コンソーシアム  陸上掘削部会執行部委員
 
2013年
 - 
2017年
Antarctic Geological Drilling (ANDRILL)program  Japanese representative
 
2010年
 - 
2011年
第19回INQUA大会日本招致準備委員会  委員
 
2006年
 - 
2009年
地球システム・地球進化ニューイヤースクール  実行委員
 

受賞

 
2016年
日本地質学会 小藤文次郎賞
受賞者: 菅沼悠介,岡田誠,堀江憲路,竹原真美,木村純一,羽田裕貴,風岡修
 
2016年
文部科学省 平成28年度文部科学大臣表彰 若手科学者賞
 
2014年
日本地質学会 小澤儀明賞
 
2013年
地球電磁気・地球惑星圏学会 大林奨励賞
 
2012年
日本堆積学会2012年大会 最優秀講演賞
 
2007年
第四紀学会論文賞
 

論文

 
High-resolution records of 10Be in endogenic travertine from Baishuitai, China: A new proxy record of annual solar activity?
Xu, H., Miyahara, H., Horiuchi, K., Matsuzaki, H., Sun, H., Luo, W., Zheng, X., Suganuma, Y., Wang, S., Zhou, L.,
Quaternary Science Reviews   216 34-46   2019年6月   [査読有り]
High-resolution 10Be and paleomagnetic recording of the last polarity reversal in the Chiba composite section: Age and dynamics of the Matuyama-Brunhes transition
Simon, Q., Suganuma, Y., Okada, M., Haneda, Y., ASTER Team
Earth and Planetary Science Letters   519 92-100   2019年5月   [査読有り]
湖底堆積物調査における携帯型採泥器具の種類と特徴について
香月興太,瀬戸浩二,菅沼悠介,Dong Yoon Yang
地学雑誌      2019年   [査読有り]
可搬型パーカッションピストンコアラーの開発
菅沼悠介,香月興太,金田平太郎,川又基人,田邊優貴子,柴田大輔
地質学雑誌   125 323-326   2019年1月   [査読有り]
千葉セクション:下部—中部更新統境界の国際境界模式層断面とポイントへの提案書(要約)
千葉セクションGSSP提案チーム(責任著者)
地質学雑誌   125 5-22   2019年1月   [査読有り][招待有り]
Applying the Burr Type XII Distribution to Decompose Remanent Magnetization Curves
Zhao, X., Fujii, M., Suganuma, Y., Zhao, Z., Jiang, Z
Journal of Geophysical Research   123 8398-8311   2018年9月   [査読有り]
氷上からの湖底・海底堆積物掘削プロジェクトの報告(JARE-58/59)
菅沼悠介,田邊優貴子,香月興太,柴田大輔,川又基人
南極資料   62 15-42   2018年7月   [査読有り]
The weathering of granitic rocks in a hyper-arid and hypothermal environment: a case study from the Sør-Rondane Mountains, East Antarctica
Kanamaru, T., Suganuma, Y., Oiwane, H., Miura, H., Miura, M., Okuno, J., Hayakawa, H.,
Geomorphology   317 62-74   2018年5月   [査読有り]
Paleoclimatic and paleoceanographic records through Marine Isotope Stage 19 at the Chiba composite section, central Japan: A key reference for the Early– Middle Pleistocene Subseries boundary
Suganuma Y., Haneda, Y., Kameo, K., Kubota, Y., Hayashi, H., Itaki, T., Okuda, M., Head, M.J., Sugaya, M., Nakazato, H., Igarashi, A., Shikoku, K., Hongo, M., Watanabe, M., Satoguchi, Y., Takeshita, Y., Nishida, N., Izumi, K., Kawamura, K., Kawamata, M., Okuno, J., Yoshida, T., Ogitsu, I., Yabusaki, H., Okada, M.,
Quaternary Science Review   191 406-430   2018年4月   [査読有り]
Evidence for surface remobilization by earthquakes in the Nankai forearc region from sedimentary records
Okutsu, N., Ashi, J., Yamaguchi, A., Irino, T., Ikehara K., Kanamatsu, T., Suganuma, Y., Murayama, M.,
Geological Society of London Special Publication "Subaqueous Mass Movements and Their Consequences: Assessing Geohazards, Environmental Implications   477(27)    2018年2月   [査読有り]
Paleomagnetic direction and paleointensity variations during the Matuyama-Brunhes polarity transition from a marine succession in the Chiba composite section of the Boso Peninsula, central Japan
Okada, M., Suganuma Y., Haneda, Y., Kazaoka, O.,
Earth, Planets and Space   66(45)    2017年3月   [査読有り]
菅沼悠介,川又基人,白水薫,小山拓志,土井浩一郎,金田平太郎,青山雄一,早河秀章,小花和宏之
地学雑誌, 126, 1-24      2017年3月   [査読有り]
中央ドロンイングモードランド地学調査隊報告2015-2016(JARE-57)
菅沼悠介,金田平太郎,小山拓志,外田智千,赤田幸久
南極資料   60 73-116   2016年10月   [査読有り]
Refining chronology for the Brunhes-Matuyama geomagnetic boundary
Suganuma, Y.
Geographical reports of Tokyo Metropolitan University   51 61-70   2016年3月   [査読有り]
Volcanic ash in bare ice south of Sør Rondane Mountains, Antarctica: Geochemistry, rock magnetism and nondestructive magnetic detection with SQUID gradiometer
Oda, H., Miyagi, I., Kawai, J., Suganuma, Y., Funaki, M., Imae, N., Mikouchi, T., Matsuzaki T., Yamamoto Y.,
Earth, Planets and Space   68 DOI 10.1186/s40623-016-0415-3   2016年   [査読有り]
Suganuma, Y., Okada, M., Horie, K., Kaiden, H., Takehara, M., Senda, R., Kimura, J., Kawamura, K., Haneda, Y., Kazaoka, O., Head, M.J.
Geology   43 491-494   2015年6月   [査読有り]
Nishida N., Kazaoka O., Izumi K., Suganuma Y., Okada M., Yoshida T., Ogitsu I., Nakazato H., Kameyama S., Kagawa A., Morisaki M., Nirei N.,
Quaternary International      2015年   [査読有り]
菅沼悠介,福田洋一,青山雄一,岡田雅樹
南極資料   58(3) 309-340   2014年   [査読有り]
Kazaoka, O., Suganuma, Y*., Okada, M., Kameo, K., Head, M.J., Yoshida, T., Sugaya, N., Kameyama, S., Ogitsu, I., Nirei, H., Aida, N., Kumai, H.,
Quaternary International   383 116-135   2015年   [査読有り]
Oiwane H., Ikehara M., Suganuma Y., Miura H., Nakamura Y., Sato T., Nogi Y., Yamane M., Yokoyama Y.
Marine Geology   348 27-36   2014年   [査読有り]
地球磁場極性逆転年代の高精度化
菅沼悠介,岡田誠,堀江憲路
月刊地球号外   63 122-129   2014年
ANDRILL Coulman High計画:ロス棚氷上からの地質掘削で取り組む高CO2世界の南極氷床復元化
菅沼悠介,野木義史,池原実
月刊地球   2 87-94   2014年
菅沼悠介,金丸龍夫,大岩根尚,齋田宏明,赤田幸久
南極資料   56 381-433   2013年   [査読有り]
土屋範芳,石川正弘,Satish Kumar,河上哲生,小島秀康,海田博司,三浦英樹,菅沼悠介,阿部幹雄,佐々木大輔,千葉政範,岡田 豊
南極資料   56 295-379   2013年   [査読有り]
Drastic shrinking of the Hadley circulation during the mid-Cretaceous supergreenhouse
Hasegawa H., Tada R., Jiang X., Suganuma Y., Imsamut S., Charusiri P., Ichinnorov N., Khand Y.,
Climate of the Past   7 119-151   2013年   [査読有り]
Suganuma Y.,Miura H., Okuno J.,
Antarctic Record   56 85-90   2012年   [査読有り]
菅沼悠介
第四紀研究   51 297-311   2012年   [査読有り]
Suganuma Y., Okuno, J., Heslop, D., Roberts, A.P., Yamazaki, T., Yokoyama Y.
Earth Planetary Science Letters   311 39-52   2011年   [査読有り]
Oiwane H, Tonai S., Kiyokawa S., Nakamura Y., Suganuma Y., Tokuyama H.,
Marine Geology   288 49-60   2011年   [査読有り]
菅沼悠介
地質学雑誌   117 1-13   2011年   [査読有り]
Tonai S., Suganuma Y., Ashi J., Itaya T., Oiwane H., Kiyokawa S
Tectonophysics   497 71-84   2011年   [査読有り]
Suganuma Y., Yokoyama Y., Yamazaki T., Kawamura K., Horng C. S., Matsuzaki H.,
Earth Planetary Science Letters   296 443-450   2010年   [査読有り]
Suganuma, Y., Yamazaki, T. and Kanamatsu, T
Quaternary Science Reviews   28 926-938   2009年   [査読有り]
Yamaguchi K., Kiyokawa S., Ito T., Ikehara M., Kitajima F., Suganuma Y.
Scientific Drilling   7 34-37   2009年   [査読有り]
Suganuma, Y., Yamazaki, T., Kanamatsu, T. and Hokanishi, N.,
Geochemistry, Geophysics, Geosystems   9    2008年   [査読有り]
Edgar, K.M., Wilson, P.A., Sexton, P.F., Suganuma, Y.
Nature   448 908-911   2007年   [査読有り]
Suganuma, Y., Hamano, Y., Niitsuma, S., Hoashi, M., Hisamitsu, T., Niitsuma, N., Kodama, K. and Nedachi, M.
Earth Planetary Science Letters   252 360-371   2006年   [査読有り]
Suganuma Y., T. Hamada, S. Tanaka, M. Okada, H. Nakaya, Y. Kunimatsu, H. Saegusa, S. Nagaoka, B. Ratanasthien
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   239 75-86   2006年   [査読有り]
菅沼悠介,青木かおり,金松敏也,山崎俊嗣
第四紀研究   45 435-450   2006年   [査読有り]
Campanian through Eocene Magnetostratigraphy of Sites 1257-1261, ODP Leg 207, Demerara Rise (Western Equatorial Atlantic)
Suganuma Y., Ogg J. G.
Scientific Results of the Proceedings of the Ocean Drilling Program   207 1-48   2006年   [査読有り]
海洋地質調査法と成果:京都府北方
辻野 匠,山本博文,片山 肇,村上文敏,荒井晃作,野田 篤,田村 亨,菅沼悠介
地質ニュース   615 54-59   2005年
Y. Kunimatsu, B. Ratanasthien, H. Nakaya, H. Saegusa, S. Nagaoka, Y. Suganuma, B. Udomkan
Primates   45 65-69   2004年   [査読有り]
菅沼悠介,鈴木毅彦,山崎晴雄,菊地隆男
第四紀研究   42 321-334   2003年   [査読有り]
タイ北部における哺乳類化石を含む第三系とテクトニクス
長岡信治,菅沼悠介
霊長類研究   18 159-164   2002年   [査読有り]
タイ北部Chiang Muan に分布する中新統堆積岩の古地磁気学的研究(予察)
菅沼悠介,長岡信治
霊長類研究   18 165-173   2002年   [査読有り]
伊那層群の古地磁気極性
菅沼悠介
伊那谷自然史論集   3 29-35   2001年

Misc

 
南極への扉が開くまで 2
菅沼 悠介
学童保育「ずいそう」      2017年7月
南極への扉が開くまで 1
菅沼 悠介
学童保育「ずいそう」      2017年6月
(書評)地球全史スーパー年表
菅沼 悠介
日本地質学会News   17(6) 3-4   2014年6月
極限フィールドワークから探る南極氷床の安定性: 地球温暖化で南極の氷は融けるのか?
菅沼 悠介
日刊工業新聞「地球環境」 特集 ―グリーンイノベーション実現に向けて―      2014年2月
ANDRILL Coulman High計画
菅沼悠介,須藤 斎,池原実,野木義史
日本地球掘削科学コンソーシアウムニュースレター   (7) 14   2014年
Drilling Probes Past Carbon Cycle Perturbations on the Demerara Rise
J. Erbacher, D. Moser and ODP Leg 207 Shipboard Scientific Party
EOS. Trans. AGU,   85 57-68   2004年
ODP, Leg207参加報告
菅沼悠介
日本地質学会News   6(9) 15-16   2003年
Leg 207;航海報告
菅沼悠介,西 弘嗣,近藤朋美
ODP news letter      2003年

書籍等出版物

 
STRATI 2013
SUGANUMA Yuusuke (担当:分担執筆, 範囲:A Reassessment of the Matuyama–Brunhes Boundary Age Based on the Post-depositional Remanent Magnetization (PDRM) Lock-In Effect for Marine Sediments)
Springer   2014年5月   
フィールドワーカーシリーズ第11巻(分担執筆)
菅沼 悠介 (担当:分担執筆, 範囲:南極におけるフィールドワークの生活技術)
古今書院   2014年   
Preliminary report on the Dixon Island – Cleaverville Drilling Project, Pilbara Craton, Western Australia
Kiyokawa, S., Koge, S., Ito, T., Ikehara, M., Kitajima, F., Kamaguchi, K., Suganuma, Y., (担当:共著)
Geological Survey of Western Australia, Record   2012年   

講演・口頭発表等

 
(招待講演)East Antarctic ice sheet variability during the last 3 Ma in the central & eastern Droning Maud Land [招待有り]
菅沼悠介
PMIP 2017 Stockholm, Sweden   2017年8月26日   
(招待講演)海底堆積物表層における堆積残留磁化の獲得メカニズム
菅沼 悠介
日本地質学会第123年学術大会 桜上水大会   2016年9月12日   
(座長)Antarctic ice sheet variability and Southern Ocean dynamics
菅沼 悠介
INQUA2015   2015年8月2日   
(招待講演)Lithology and chronostratigraphy of the marine sequence at the Chiba section, central Japan: a well exposed Lower-Middle Pleistocene boundary succession [招待有り]
Suganuma, Y., Okada, M., Kazaoka, O., Kameo, K., Head, M.J., Nishida N., Yoshida, T., Ogitsu, I., Kameyama, S., Nirei, H., Kumai, H.,
INQUA2015   2015年8月1日   
(座長)Paleoenviromental changes in Antarctica and Southern Oceans since the last Glacial Maximum
菅沼 悠介
ISAES2015   2015年7月13日   
(招待講演)堆積残留磁化獲得メカニズムと 地球磁場極性逆転年代の高精度決定 [招待有り]
菅沼 悠介
日本地質学会第121年学術大会 (鹿児島大会)   2014年9月15日   
(招待講演)タイ北部,中新統Chiang Muan層の古地磁気層序
菅沼 悠介
長岡信治記念シンポジウム   2013年6月   
(招待講演)地磁気強度を用いた海底堆積物とアイスコアの高精度年代対比手法の確立
菅沼 悠介
日本地球惑星科学連合大会   2011年5月   
(招待講演)太古代の地磁気
菅沼 悠介
地磁気・古地磁気・岩石磁気 夏の学校   2006年   
(招待講演)
菅沼 悠介
専修大学自然科学研究所・市民公開講座   2005年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
東南極沿岸での海域-陸域シームレス掘削による最終間氷期以降の氷床変動史の復元
文科省: 科学研究費補助金・基盤A
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月    代表者: 菅沼 悠介
過去400万年間に起こった地磁気逆転の年代確定と生物相・気候に対する影響の検証
文科省: 科学研究費補助金・基盤A
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 岡田誠
東南極氷床の融解機構と生態系への影響
東レ科学財団: 東レ科学技術研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 菅沼 悠介
熱-水-物質の巨大リザーバ:全球環境変動を駆動する南大洋・南極氷床(総括班)
新学術領域研究: 
研究期間: 2017年3月 - 2022年    代表者: 川村賢二(分担 菅沼悠介)
固体地球と氷床の相互作用
新学術領域研究 固体地球班: 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 福田洋一(分担 菅沼悠介)
最終間氷期の突然かつ急激な南極氷床崩壊イベントの検証とメカニズムの解明
科学研究費補助金・基盤研究(A): 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 関宰(分担 菅沼悠介)
過去300万年間における東南極氷床高度の定量的復元とその変動メカニズムの解明
文科省:科学研究費補助金(基盤研究(海外B))
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 菅沼 悠介
『弥生の海退』は存在したのか
文科省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 奥野淳一(分担 菅沼悠介)
松山-ブルン地磁気逆転境界年代の決定と地質年代の総合的キャリブレーション
文科省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 岡田誠(分担 菅沼悠介)
地球史海洋底断面復元プロジェクト:太古代から原生代への環境大変動解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A)): 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 清川昌一(分担 菅沼悠介)
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 菅沼 悠介
SQUIDグラジオメータによる氷床コア中の火山灰の非破壊検
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究): 
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 小田 啓邦(分担 菅沼悠介)
南極寒冷圏変動史の解読:第四紀の全球気候システムにおける南大洋の役割を評価する
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A)): 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 池原 実(分担 菅沼悠介)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 菅沼 悠介
本研究では,東南極内陸山地での地形・地質学調査を実施し,1)氷床変動の痕跡(氷河地形)の認定と,2)表面露出年代に基づき詳細な氷床高度変動史の復元を行う.そして,3)第四紀における氷床高度低下の時期,空間分布,原因,そして地球気候システム変動への影響を解明することを目的とする.当該年度は,第53次南極観測隊に参加し,セール・ロンダーネ山地西・中部で詳細な地形データ(氷河地形・GPS測量)の取得を行った.当調査では,特に第51次での調査で網羅できなかった地域や,特に重要と考えられる最終氷期以...
研究者海外派遣基金助成金: 優秀若手研究者海外派遣事業
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 菅沼 悠介
財団法人住友財団: 環境研究助成
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 菅沼 悠介
財団法人日本科学協会: 笹川科学研究助成
研究期間: 2010年       代表者: 菅沼 悠介
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 菅沼 悠介
白亜紀にはスーパークロンと呼ばれる数千万年以上に渡り地磁気が逆転しなかった時代が存在する(白亜紀スーパークロン:約1億2000万〜8400万年前).特に約1億2000万前には,オントンジャワ海台の形成,海洋無酸素イベント(OAE-1),そして白亜紀スーパークロンの開始という地球史上の大イベントが同時に発生しているため,これらのイベントが密接に関係する一連の地球システム変動である可能性が示唆されている.最新のマントル対流シミュレーションの研究は,圧倒的な熱容量を持ち地球システムを支配している...
地磁気強度と太陽活動の定量的復元と,その気候変動への寄与の解明 研究期間
学術振興会: 特別研究員奨励金
研究期間: 2008年       代表者: 菅沼 悠介
財団法人日本科学協会: 笹川科学研究助成
研究期間: 2005年       代表者: 菅沼 悠介
井上科学振興財団: 国際研究集会参加旅費助成
研究期間: 2004年       代表者: 菅沼 悠介

社会貢献活動

 
地球温暖化で南極の氷はとけるのか?極限フィールドワークから探る南極氷床の安定性(2)
【出演】  NHK  カルチャーラジオ  2018年11月30日
地球温暖化で南極の氷はとけるのか?極限フィールドワークから探る南極氷床の安定性(1)
【出演】  NHK  カルチャーラジオ  2018年11月23日
地磁気逆転について
【出演, 助言・指導, 情報提供】  BSフジ  ガリレオX  2018年5月13日
地磁気逆転について
【出演, 助言・指導, 情報提供】  NHK  サイエンスゼロ  2018年4月12日
氷床調査は命懸け
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  産経新聞  科学欄  2017年9月7日
TBSラジオ 森本毅郎 スタンバイ
【出演】  TBSラジオ  2017年8月24日
「チバニアン」の効用
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  毎日新聞「土記」  2017年7月15日
「チバニアンについて」
【出演, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  J-WAVE STEP ONE  2017年7月11日
日本テレビの高校生クイズのリサーチ
【取材協力, 助言・指導】  日本テレビ  2017年7月11日
「千葉セクションGSSP申請について」
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  読売新聞サイエンス面  2017年6月15日
「千葉時代」申請関連
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  読売新聞,毎日新聞,産経新聞,日本経済新聞,日本工業新聞,ほか多数  2017年6月8日
「チバニアンについて」
【出演, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  Tokyo FM 中西哲生のクロノス  2017年6月8日
千葉時代申請
【出演, 取材協力, 助言・指導, 情報提供】  NHK ニュースなど  2017年6月7日
地層「チバニアン」申請へ
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  朝日新聞  2017年6月7日
地球史にチバニアン?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  読売新聞  2017年6月7日
千葉セクション申請の予定
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  NHK ニュース  2017年5月31日
「千葉時代」命名なるか
【助言・指導, 情報提供】  毎日新聞  2017年5月30日
「チバニアン」申請延期
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  読売新聞  2017年5月26日
地磁気逆転の痕跡 千葉に
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  日本経済新聞  サイエンス面  2017年5月15日
千葉時代を地球史に
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  日本経済新聞  2017年5月6日
「チバニアン」誕生に期待が高まる
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  ニュートンプレス  ニュートン  2017年4月
地層に残る地球の歴史
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  毎日新聞  いまどきサイエンス  2017年2月23日
「新しい科学の世界」
【講師】  かわさき市民アカデミー  2017年1月31日
千葉時代誕生か?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  産経新聞  科学  2017年1月16日
地質年代命名争い:「千葉時代」に暗雲
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  産経新聞  2017年1月9日
千葉時代誕生なるか?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  高校生新聞  2016年10月1日
地球の歴史に新しい時代!!
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  中日新聞  子供ウィークリー  2016年7月16日
千葉時代について
【出演】  BayFM  NEC presents ザ・フリントストーン  2016年6月11日
チバニアン命名なるか?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  電気新聞  2016年5月31日
国際認定目指す地質年代「千葉時代」
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  信濃毎日新聞  2016年5月24日
チバニアン命名なるか?
【取材協力, 助言・指導】  読売新聞  サイエンスVeiw  2016年5月22日
地球の歴史に千葉の名が?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  産経新聞  おやこ新聞  2016年5月8日
千葉時代
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  朝日新聞「天声人語」  2016年4月15日
地質年代表に「千葉」有力
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  毎日新聞  2016年4月14日
「千葉時代」
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  読売新聞朝刊  2016年4月13日
千葉時代について
【出演】  NHK 首都圏ネットワーク, ニュース7,ニュース9  2016年3月28日
千葉時代誕生か?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  毎日学生新聞  2016年3月12日
地球史に「千葉時代」期待
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  読売新聞  2016年3月6日
千葉時代へ国も支援
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  千葉日報  2016年3月6日
地球史に千葉時代
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  産経新聞  2016年3月6日
チバニアン命名へ期待感
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  朝日新聞  2016年3月6日
地層「千葉時代」認定目指せ
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  毎日新聞  2016年3月6日
地質学の「千葉時代」申請へ
【取材協力】  読売新聞茨城県版  2016年2月23日
「地球の歴史に「千葉」の名が? 地質学者ら学会に申請へ」
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  朝日新聞  2015年12月2日
地球の歴史に「千葉」が
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  朝日小学生新聞  2015年11月10日
地球史に千葉時代を
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  東京新聞  2015年10月16日
たちかわ市民公開講座「地球最後の磁場逆転」講演会
【講師】  極地研  2015年10月14日
地球の歴史に「千葉期」命名?
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  読売新聞朝刊  2015年8月10日
千葉時代
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  NHK  おはよう日本  2015年8月7日
千葉時代
【取材協力, 助言・指導, 情報提供】  TBS  Nスタ  2015年8月4日

その他

 
他大学での集中講義
2018.11. 茨城大学 地磁気と地球環境変動史(集中講義)
2017. 7. 京都大学 古地磁気・岩石磁気から紐解く地球環境変動史(集中講義)
2015. 1. 首都大学東京 地球科学特論Ⅱ(集中講義)
他大学での非常勤講義等
2018. 5. 専修大学 融合領域科目(非常勤講師)
2017. 4. 専修大学 融合領域科目(非常勤講師)
2016. 4. 専修大学 融合領域科目(非常勤講師)
2015. 7. 専修大学 融合領域科目(非常勤講師)
2013年後期 成蹊大学経済学部 地球環境問題(非常勤講師)
2012年前期 首都大学東京 地球環境科学概説Ⅰ(非常勤講師)
2010. 9 University of Canterbury, Geochronology (200 level)
2009年前期 首都大学東京 自然地理学(非常勤講師)
学位審査歴
2019.2 羽田裕貴(茨城大学課程博士)副査
2009.9 杉崎彩子(総研大課程博士)副査
国際学会コンビーナー
2016.8 SCAR2016 co-convener of session S05
2015.8 INQUA2015 Lead convener of session P14
2015.7 ISAES2015 co-convener of session S18
国内学会コンビーナー
代表コンビーナー
2017.5 JpGU 地磁気・古地磁気・岩石磁気セッション
2009.10 地球電磁気学会 地磁気・古地磁気・岩石磁気セッション

共同コンビーナー
2018.5 JpGU 地球掘削科学セッション
2018.5 JpGU 下部ー中部更新統境界GSSPセッション
2017.5 JpGU 地球掘削科学セッション
2017.5 JpGU 下部ー中部更新統境界GSSPセッション
2016.5 JpGU 地球掘削科学セッション
2016.5 JpGU 下部ー中部更新統境界GSSPセッション
2015.5 JpGU 下部ー中部更新統境界GSSPセッション

サマースクール
2013.8 地球電磁気・地球惑星圏学会「地磁気・古地磁気・岩石磁気研究会」夏の学校世話人(代表 野木義史)
記者発表
2018.7 国立極地研究所プレスリリース
千葉時代(チバニアン)提案に不可欠な環境変動記録の復元
https://www.nipr.ac.jp/info/notice/20180705.html

2017.6 国立極地研究所プレスリリース
千葉県市原市の地層を地質時代の国際標準として申請
認定されれば地質時代のひとつが「チバニアン」に
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20170607.html

2015.5 国立極地研究所プレスリリース
地球最後の磁場逆転は従来説より1万年以上遅かった千葉県市原市の火山灰層の超微量・高精度分析により判明
アメリカ地質学会発行のGeology誌オンライン版に掲載
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20150520.html

2014.7 国立極地研究所プレスリリース
温暖な地球では南極氷床の形が大きく変化する:氷河地形の年代から解明
Quaternary Science Reviews誌のオンライン版に掲載
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20140728.html

2014.5 日本地球惑星科学連合2014年大会ハイライト論文選出
菅沼悠介,岡田誠,堀江憲路ほか「白尾テフラの単結晶ジルコンSHRIMP U-Pb年代を用いたB-M境界年代値の高精度決定」

2012.11 地球電磁気・地球惑星圏学会 記者発表論文
菅沼ほか「地磁気が逆転する時:そのタイミングと,地磁気強度減少および銀河宇宙線量増加に関する新たな証拠」
一般向け講演
2018.2.16 国分寺市小学校科学教室 
2018.9.29 第46回雲南懇話会
2018.9.28 城西大学理学部FD研修会
2018.9.21 極地研サイエンスカフェ
2018.9.18 第42回飯田市民大学講座
2018.7.17 市川学園 学術講演会
2018.5.20 NPO法人環境カウンセラー千葉県協議会 20周年記念講演会
2018.4.21 首都大学東京オープンユニバーシティ
2018.4.14 首都大学東京オープンユニバーシティ
2017.9.28 千葉県立長生高等学校 サイエンストップセミナー
2017.8.19 飯田市美術博物館 自然講座および高校生のための交流会
2017.8.17 松川町中央公民館 南極観測からみた地球温暖化 講師
2017.7.26 高知大学公開シンポジウム 講師
2017.7.12 千葉県麗澤中学高校 講師
2017.6.14 岡山県津山高校SSH活動 講師
2017.1.31 かわさき市民アカデミー「新しい科学の世界」講師
2017.1.29 サイエンスカフェ・国立極地研究所
2016.8.6 サイエンスカフェ・国立極地研究所
2015.10.14 たちかわ市民公開講座「地球最後の磁場逆転」講演会
2014.4.13 特定非営利活動法人 科学工学技術委員会 講演会
2014.3.28 NPO日本地質汚染審査機構事務局 第160回地質汚染イブニングセミナー
2014.3.5 たちかわ市民公開講座「南極・北極から見た地球の歴史」講演会
2013.9.28 国立極地研究所40周年記念市民講演会
2012.11 兵庫県立出石高校講演
2012.11 サイエンスカフェ・サイエンスアゴラ2012科学未来館
2012.5 サイエンスカフェ・国立極地研究所
2011.10 長野県松川町立松川中学校,中央・北・東小学校講演
2008 サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト・茨城県水戸第一高校
2006 サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト・茨城県並木高校
海外調査・観測航海参加歴
2017 第59次南極地域観測隊 宗谷海岸沿岸での地形地質調査
2015 第57次南極地域観測隊 中央ドロンイングモードでの地形地質学調査
2014 ネパールての地形調査
2013 第55次南極地域観測隊 セール•ロンダーネ山地での地球物理学調査
2012 ネパールての地形調査
2011 第53次南極地域観測隊 セール•ロンダーネ山地での地形地質学調査
2009 第51次南極地域観測隊 セール•ロンダーネ山地での地形地質学調査
2007 オーストラリア北西部,ピルバラ地塊の地質調査と陸上ボーリング
2007 イタリア中部,白亜紀スーパークロン地磁気様相復元のためのサンプリング
2007 白鳳丸航海(KH0604),ギリシャ(ピレウス)→ピレウス
2006 イタリア中部,白亜紀スーパークロン地磁気様相復元のためのサンプリング
2005 かいれい航海(KR0515) ,グアム→グアム
2005 みらい航海(MR0503) ,ダーウィン→パラオ
2004 淡青丸航海(KT04) ,東京→名古屋
2003 タイ北部での人類学・古生物学調査2
2003 ODP Leg207, バルバドス→リオ・デ・ジャネイロ
2002 白鳳丸航海(KH02-1 Leg3),「HOT-WATER」 沖縄→東京
2000 タイ北部での人類学、古生物学調査
査読歴
Nature Communications, Earth and Planetary Science Letters, Geology, Quaternary Science Reviews,PEPS (Progress in Earth and Planetary Science), G-cubed, Earth, Planets and Space, Antarctic Science, Quaternary Research, Quaternary International, Journal of Asian Earth Sciences, Polar Science, Deep Sea Research Ⅱ, GSA books