藤野 裕子

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/28 01:19
 
アバター
研究者氏名
藤野 裕子
 
フジノ ユウコ
所属
東京女子大学
部署
現代教養学部 人文学科 史学専攻
職名
准教授
学位
博士(文学)(早稲田大学)

経歴

 
 
   
 
早稲田大学 文学学術院 助教
 

論文

 
1919年立憲政友会本部放火事件―ある工場人足の政治的軌跡(上)
藤野 裕子
史論   (67) 1-19   2014年3月
表象をつなぐ想像力―ルポルタージュ読解試論
藤野 裕子
歴史学研究   (913) 12-23   2013年12月   [招待有り]
近代日本都市暴動の民衆史的研究
藤野 裕子
早稲田大学      2012年6月   [査読有り]
刑事裁判記録マイクロフィルムの公開について―東京弁護士会・第二東京弁護士会合同図書館所蔵
藤野 裕子
歴史評論   (750) 81-90   2012年
<実践>の世界へのアプローチ
藤野裕子
民衆史研究   (81) 55-61   2011年

Misc

 
書評 橋本伸也・沢山美果子編『保護と遺棄の子ども史』昭和堂、2013年
藤野 裕子
史論   (68) 75-79   2015年3月
「性欲」の歴史学を構想する
藤野 裕子
女性とジェンダーの歴史   (2) 44-46   2014年11月   [依頼有り]
史料・文献紹介 宮地尚子『震災トラウマと復興ストレス』『環状島=トラウマの地政学』
藤野 裕子
歴史学研究   (909) 42-44   2013年9月   [依頼有り]
座談会 浅草を語る
木内昇・藤野裕子・ロバート キャンベル・児玉竜一・十重田裕一(司会)
文学   14(4) 2-35   2013年7月   [依頼有り]
史料・文献紹介 農山漁村文化協会編『TPP反対の大義』
藤野 裕子
歴史学研究   (893) 67-68   2012年6月

書籍等出版物

 
都市と暴動の民衆史―東京・1905-1923年
藤野 裕子
有志舎   2015年10月   ISBN:978-4903426983
館林市史 資料編5 近現代I 近代館林の歩みと社会
館林市史編さん委員会 (担当:分担執筆, 範囲:昭和期の政治と社会)
館林市   2014年3月   
歴史学のアクチュアリティ
歴史学研究会 (担当:分担執筆, 範囲:歴史学をめぐる承認-隔離-忘却―ジェンダー史を事例として)
東京大学出版会   2013年5月   ISBN:9784130230650
震災・核災害の時代と歴史学
歴史学研究会 (担当:分担執筆, 範囲:関東大震災時の朝鮮人虐殺と向きあう―災害時の公権力と共同性をめぐって)
青木書店   2012年5月   ISBN:9784250212062
軽度外傷性脳損傷のためのリハビリテーション・ワークブック―高次脳機能障害の回復にむけて
ダグラス・メイソン (担当:単訳)
西村書店   2010年9月   ISBN:9784890133925

講演・口頭発表等

 
民衆史研究の最前線―語らない人びとの歴史にせまる [招待有り]
藤野 裕子
岡山県高等学校教育研究会地理歴史公民部会   2015年5月   
虐殺事件の裁判記録からわかること [招待有り]
藤野 裕子
関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会   2013年3月   
大正政変・米騒動・関東大震災 [招待有り]
藤野 裕子
ヒスカル日本歴史文化講座・近代2   2013年2月   
都市の暴動―労働者の生活文化から読み解く [招待有り]
藤野 裕子
ヒスカル日本歴史文化講座・近代1   2012年12月   
コメント
藤野 裕子
歴史学研究会創立80年シンポジウム「歴史学のアクチュアリティ」   2012年12月   

競争的資金等の研究課題

 
-