SANADA Kiyoshi

J-GLOBAL         Last updated: Jun 8, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
SANADA Kiyoshi
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
College of Sport and Health Science, Department of Sport and Health Science
Job title
Professor
Degree
PhD(Tokyo Metropolitan University)
Other affiliation
Ritsumeikan UniversityRitsumeikan UniversityRitsumeikan UniversityRitsumeikan University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1988
 - 
Jun 2005
Diamond Athretics Co., ltd.
 
Jul 2005
 - 
Sep 2007
Consolidated Research Institute for Advanced Science and Medical Care, Waseda University, Lecturer
 
Oct 2007
 - 
Mar 2009
Consolidated Research Institute for Advanced Science and Medical Care, Waseda University, Associate professor
 
Apr 2009
 - 
Mar 2010
College of Science and Engineering, Ritsumeikan University, Associate professor
 
Apr 2010
 - 
Mar 2011
College of Sport and Health Science, Ritsumeikan University, Associete Professor
 

Education

 
 
 - 
Mar 1988
Faculty of Physical Education, National Institute of Fitness and Sports in Kanoya
 
 
 - 
Mar 2002
Department of Exercise and Sports Science, "Graduate School, Division of Natural Science", Tokyo Metropolitan University
 
 
 - 
Mar 2005
Department of Exercise and Sports Science, "Graduate School, Division of Natural Science", Tokyo Metropolitan University
 

Committee Memberships

 
Nov 2018
   
 
PLOS ONE  Editional Board
 

Awards & Honors

 
Mar 2019
若手研究奨励賞, 京都滋賀体育学会第148回大会
 
Mar 2019
学会賞(奨励論文賞), 京都滋賀体育学会第148回大会
 
Jul 2016
優秀演題賞(実践報告部門), 日本スポーツ栄養学会第3回大会
 
Mar 2015
優秀若手研究奨励賞, 京都滋賀体育学会第144回大会
 
Jul 2014
アワードⅢ, 第22回日本運動生理学会大会
 

Published Papers

 
未来を切り拓く学生たちの挑戦支援 ―奨学金・助成金受給対象者における成長実感と今後の課題―
安原壮一、松本 清、真田樹義
立命館高等教育研究   (19) 135-147   Mar 2019
課外自主活動における学生の成長 ―ワークショップによる成長調査を通じて―
今川新悟、河井 亨、真田樹義
立命館高等教育研究   (19) 111-121   Mar 2019
閉経後サルコペニア女性を対象とした骨密度に対する軽負荷パワートレーニング効果の個体差に関連する要因の検討
浜口佳奈子, 栗原俊之, 藤本雅大, 家光素行, 佐藤幸治, 浜岡隆文, 真田樹義
トレーニング科学   30(1) 45-54   Nov 2018
日本人中高齢女性を対象とした内臓脂肪の分布とメタボリックシンドロームリスク因子との関係
中山侑紀,井門あゆみ,石井好二郎,家光素行,佐藤幸治,藤本雅大,栗原俊之,浅原哲子,真田樹義
京都滋賀体育学研究   34 10-18   Aug 2018
Tanaka M, Masuda S, Yamakage H, Inoue T, Ohue-Kitano R, Yokota S, Kusakabe T, Wada H, Sanada K, Ishii K, Hasegawa K, Shimatsu A, Satoh-Asahara N
Diabetes Res Clin Pract   142 195-202   May 2018

Books etc

 
サルコペニア概論
真田樹義、監修:荒井秀典
ライフサイエンス出版   Jul 2017   
Physical Activity, Exercise, Sedentary Behavior and Health. “Relationship of Cardiorespiratory Fitness and Obesity Genes to Metabolic Syndrome in Adult Japanese Men”
Kiyoshi Sanada, Motoyuki Iemitsu, Haruka Murakami, Ryoko Kawakami, Yuko Gando, Hiroshi Kawano, Katsuhiko Suzuki, Mitsuru Higuchi, Motoyuki Miyachi. Editor in Chief:Kazuyuki Kanosue, Editors:Satomi Oshima, Zhen-Bo Cao, Koichiro Oka.
Springer   Aug 2015   
サルコペニアとメタボリックシンドローム
真田樹義
医歯葉出版株式会社   Jan 2015   ISBN:0039-2359
[アンチ・エイジングシリーズ4]進化する運動科学の研究最前線:生活習慣病予防のための運動処方開発
真田樹義
株式会社エヌ・ティー・エヌ   Dec 2014   ISBN:978-4-86043-414-4
生活習慣病の予防・改善のための運動処方③ サルコペニア,ロコモティブシンドローム,認知症の運動療法
宮地元彦、勝川史憲、田中茂穂、真田樹義、村田トオル、 監修:宮地元彦
公益財団法人 健康・体力づくり事業財団   Mar 2014   

Conference Activities & Talks

 
中年期女性における動脈硬化指標と骨密度および栄養摂取状況との関連
京都滋賀体育学会第148回大会   10 Mar 2019   
合同シンポジウム(日本体力医学会)体力医科学による疫学研究・介入研究・トレーニング研究・基礎研究とサルコペニア・フレイル
第5回日本サルコペニア・フレイル学会   10 Nov 2018   
Association of sarcopenic obesity predicted by anthropometric measurements and twenty-four year all-cause mortality in elderly men【招聘講演】
4th Asian Conference for Frailty and Sarcopenia   20 Oct 2018   
合同シンポジウム1 サルコペニア肥満の評価と問題点【招聘講演】
第39回日本肥満学会   7 Oct 2018   
中年期女性の骨指標に対する動脈硬化指標と歩行性及び非歩行性身体活動量の関係
日本体育学会第69回大会   25 Aug 2018   

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
生活習慣病予防のための運動処方開発にむけた科学的根拠の構築:肥満関連遺伝子,身体活動量,および食事摂取状況がメタボリックシンドロームの発症に及ぼす影響
文部科学省科学技術振興調整費SCOE・重点研究A
Project Year: 2007 - 2009
生活習慣病予防のための運動処方開発にむけた科学的根拠の構築:肥満関連遺伝子,身体活動量,および食事摂取状況がメタボリックシンドロームの発症に及ぼす影響
文部科学省科学技術振興調整費SCOE・プロトタイプ研究
Project Year: 2006 - 2006
肥満関連遺伝子,身体組成,有酸素能力がメタボリックシンドロームの発症に及ぼす影響
明治安田生命健康医科学研究助成
Project Year: 2006 - 2006
肥満関連遺伝子と超音波法による身体組成および運動時呼気ガス応答との関係
デサントスポーツ科学財団研究助成
Project Year: 1999 - 1999
理想的高齢者に対する体力的個人差を考慮した運動処方の検索
小野スポーツ科学財団研究助成
Project Year: 1996 - 1996