大野 高裕

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/30 03:23
 
アバター
研究者氏名
大野 高裕
 
オオノ タカヒロ
eメール
ohnowaseda.jp
URL
http://www.ohno.mgmt.waseda.ac.jp/
所属
早稲田大学
部署
理工学術院 創造理工学部
職名
教授
学位
工学博士(早稲田大学)
科研費研究者番号
70169027

研究キーワード

 
 

経歴

 
1984年4月
   
 
早稲田大学理工学部工業経営学科 助手
 
1988年4月
   
 
早稲田大学理工学部工業経営学科 専任講師
 
1989年4月
   
 
早稲田大学理工学部工業経営学科 助教授
 
1994年4月
   
 
早稲田大学理工学部工業経営学科 教授
 
 
   
 
現在に至る
 

学歴

 
 
 - 
1978年
早稲田大学 理工学部 工業経営学科
 
 
 - 
1980年
早稲田大学 理工学研究科 機械工学専攻工業経営学分野
 
 
 - 
1986年
早稲田大学 理工学研究科 機械工学専攻工業経営学分野
 

論文

 
情報開示がオペレーショナル・アセット特化型J-REITに与える影響
右橋俊毅,大野高裕
第58回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集   106-107   2017年5月
精神科治療における5S利用の推進
松本博隆,大野高裕
第58回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集   98-99   2017年5月
精神科治療における5Sの意義と有用性
松本博隆,大野高裕
第58回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集   96-97   2017年5月
顧客関係管理における消費者行動の推定:PMCMCによる逐次推定
鈴木槙将,山下和也,高橋啓,本村陽一,大野髙裕
計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2016      2016年12月
トランクィリティによる不完全一対比較方法の比較検討
臧巍,熊谷敏,大野高裕
第57回日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集   156-159   2016年10月

競争的資金等の研究課題

 
看護師適正配置支援システムの構築
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
本研究ではまず看護師の業務量平準化を目的とし、DPCデータから診療行為を把握した上で、疾病別労務費計算方法を提案し、業務推定システムの構築を試みた。次に、個人別の看護師能力評価モデルと、病棟別業務難易度及び看護師スキルミックスを考慮した人員配置モデルを提案し、看護師の適正配置システムの構築を行った。最後に、固定希望を考慮した看護師勤務表の再作成アルゴリズムを提案し、看護師スケジューリングシステムを構築した。これらのモデルを構築する際、それぞれ共同研究先A病院の実データを用いてその妥当性を検証した
ライフサイクルマネジメントのためのモデルと評価技術
文部科学省: 
研究期間: 1999年 - 2003年
医療機関におけるプロフィットデザインシミュレータの開発
本研究では医療機関の収益と費用に関して、期待収益と標準原価の設定によって、経営計画に役立つプロフィットデザインシミュレータを開発することを目的としている。期待収益については診療報酬定額制を用い、また標準原価については特に看護師の標準作業の設定方法を設計することでその方法論を提案している。これらを用いた一つの適用事例として、患者の病棟移動に関するプロフィットデザインシミュレータを開発した
耐久消費財のブランドスイッチング構造と競争戦略に関する研究
本研究は,今日における耐久消費財の特徴に着目する.1つ目は,消費者の製品寿命概念が物理的寿命の概念から,買替え寿命に変化していることである.2つ目は,耐久消費財の売上中で買替えによる売上の占める割合が大きくなることである.2つ目の特徴は1つ目の特徴によりもっと加速化されつつある.そこで,各企業は顧客維持戦略が重要となる.企業の顧客維持戦略の一環としてブランドロイヤルティを向上させ,ブランド・スイッチングを防ぎ,反復購買に至るようにする戦略が必要となる.平成13年度の研究では,耐久消費財に対...
地球環境保全への企業会計評価システムの適用
この研究では、基本的立場として、企業が地球環境保全に対する活動を行なうにあたって、製品の製造・販売活動を通じて消費者の支持を得られなければ、永続的な活動になり得ないとの考えを持ってスタートしている。つまり、企業利益と地球環境保全とのトレードオフ関係を企業に対する消費者の支持というキーワードで解決しようとした。そのために、この研究の基礎として、まず消費者が企業の地球環境保全活動についての関心度ならびに企業に対する評価を地球環境保全活動を通じて行ない得るかどうかを調査によって確認した。さらに、...