藁谷 友紀

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/06 02:41
 
アバター
研究者氏名
藁谷 友紀
 
ワラガイ トモキ
eメール
tow003waseda.jp
URL
http://faculty/web.waseda.ac.jp/tow003/
所属
早稲田大学
部署
教育・総合科学学術院 教育学部
職名
教授
学位
経済学博士(ボン大学)
科研費研究者番号
20267462

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1978年
早稲田大学 政治経済学部 経済学科
 
 
   
 
その他(海外の大学等) 国家学(法学+経済学) 経営経済学
 
 
   
 
早稲田大学 経済学研究科 理論経済学
 

論文

 
社会人基礎力を考えるー討論21世紀の仕事としごと能力形成
藁谷友紀
しごと能力研究学会      2009年10月
しごと能力とは何かComment on "Appreciation of the Gain from Investment in Human Capital"
WARAGAI,Tomoki
しごと能力研究学会全国大会      2008年10月
教育臨床を重視した教員養成プログラム活動報告書
(申請担当者)
   2007年3月
女性のキャリア支援第三次報告書ー高校生・大学生・再就業支援に関する連携事業の報告
(プロジェクト・リーダー)
   2007年3月
30年、125年、そして新たな一歩
藁谷友紀
稲門教職会   4    2007年3月

書籍等出版物

 
地域力の時代
藁谷他、荒川区自治総合研究所編
三省堂   2012年9月   
子供の未来を守る
藁谷他、荒川区自治総合研究所
三省堂   2011年11月   
あたたかい地域社会を築くための指標
藁谷他、荒川区自治総合研究所編
八千代出版   2010年5月   
経済増長中的金融因素ー経験予教訓
何;藁谷編
2007年1月   
経営学のフロンティア
斉藤毅憲;藁谷友紀;相原章編
学文社   2004年3月   ISBN:4-7620-1223-8

講演・口頭発表等

 
グローバル企業の技術移転について
しごと能力研究学会日中国際シンポジウム   2012年5月26日   
会社データベースとボン企業データベースに基づいた戦略に関する共同研究10年の成果
藁谷友紀
日独学術・文化交流150周年記念公式国際カンファレンス   2011年11月24日   日独公式国際カンファレンス実行委員会
エネルギー、インフラストラクチュア そして 社会
藁谷友紀
日独学術・文化交流150周年記念公式国際カンファレンス   2011年11月24日   日独交流150周年記念国際カンファレンス実行委員会
しごと能力の現在 [招待有り]
記念シンポジウム
しごと能力研究学会設立大会   2007年11月17日   しごと能力研究学会
日本経済・企業の競争力についての検討ー時系列分析をもとに
南京大学招待学術講演   2002年6月   

競争的資金等の研究課題

 
東欧・中国の民主化とトクヴィルおよびシュンペーターのデモクラシー論
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
トクヴィルおよびシュンペーターのデモクラシー論が、ポスト・社会主義体制の民主化過程を理解するのにどこまで有効かを検証し、二つの国際シンポジウム、「トクヴィルとポスト共産主義体制の民主化―東欧と現代中国」(2013年3月)、「トクヴィルと東アジア―受容と有意性」(2015年9月)を行った。前者の記録は『政治経済学会ニューズレター』5号(2013年12月)に掲載され、後者の記録はいくつかの英文報告とともにTocqueville Reviewに掲載予定である。西欧社会の歴史的発展に即して形成され...
文部科学省大学・大学院における教員養成推進プログラム『教員臨床を重視した教員養成プログラム』(申請担当者)
研究期間: 2005年 - 2006年
文部科学省委託事業『女性のキャリア形成支援』(プロジェクト・リーダー)
研究期間: 2004年 - 2006年
文部科学省(国際学術研究)ドイツの評価システム
研究期間: 1998年 - 1999年
企業分析のためのデータ・ベース構築ーベルリン国立社会科学研究所(WZB)、コブレンツ・ビジネススクール(WHU)との共同研究
研究期間: 1991年 - 1994年