庄子 習一


庄子 習一

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/28 02:51
 
アバター
研究者氏名
庄子 習一
 
ショウジ シュウイチ
URL
http://www.shoji.comm.waseda.ac.jp/
所属
早稲田大学
部署
理工学術院 基幹理工学部
職名
教授
学位
工学博士(東北大学)
科研費研究者番号
00171017

プロフィール

1984年 東北大学大学院 工学研究科 博士後期課程修了(工学博士)
1994年 東北大学工学部・助手
1990-1991年 スイス・ヌーシャテル大学研究員
1991年 マサチューセッツ工科大学研究員(国際共同研究)
1992年   同    ・助教授
1994年 早稲田大学理工学部・助教授
1997年 早稲田大学理工学部・教授
1994-2006 Sensors & Actuators, (A&B) Section Editor
1997年 IEEE MEMS国際会議・議長
1994-1998 同会議論文委員・運営委員
2002年 MicroTAS 国際会議・議長
1998-2005同会議論文委員・運営委員
2006-2010 IEEE J Micro Electromechanical Systems, Editor
2009-2015 International Conference on Solid-state Sensor, Actuator, Microsystems: Transducers 運営委員
2011年 Transducers 国際会議 論文副委員長
2015年 Transducers 国際会議 論文副委員長
2017年 Transducers 国際会議 論文委員長
  

受賞

 
2019年7月
The 10th Japan-China-Korea Joint Conference on MEMS/NEMS 2019 Best Student Poster Award Introduction of the Study on Moisture Adsorption Characteristics of Woody Carbon Material
受賞者: N. Takahashi, H. Kuwae, S. Shoji, J. Mizuno
 
2019年4月
2019 International Conference on Electronics Packaging (ICEP 2019) IEEE EPS Japan Chapter Young Award Cu-Cu Quasi-Direct Bonding with Atomically Thin-Au and Pt Intermediate Layer Using Atomic Layer Deposition
受賞者: H. Kuwae, K. Yamada, W. Momose, S. Shoji, J. Mizuno
 
2019年4月
2019 International Conference on Electronics Packaging (ICEP 2019) IEP Poster Award of ICEP 2019」 Study of Low-Residual Stress Amorphous Film Deposition Method for LiTaO3/Quarts or LiNbO3/Quarts Bonding toward 5G Surface Acoustic Wave Devices
受賞者: A. Tezuka, H. Kuwae, K. Yamada, S. Shoji, S. Kakio, J. Mizuno
 
2019年3月
CIAiS International Symposium 2019 Best Poster Award Water-Electrokinetic Energy Harvester Using Flexible Woody Carbon Film
受賞者: S. Maeda, H. Kuwae, S. Shoji, J. Mizuno
 
2019年1月
Mate 2019 優秀発表賞 (学生賞) メッシュパターンを有するフレキシブル酸化インジウムスズ電極の開発
受賞者: 坂本暁祐、桑江博之、庄子習一、水野潤
 

論文

 
D.H. Yoon, Y. Nozaki, D. Tanaka, T. Sekiguchi, S. Shoji
Micromachines 2019   10(9) 613   2019年9月   [査読有り]
D.H. Yoon, D. Tanaka, T. Sekiguchi, S. Shoji
Micromachines   9(10)    2018年10月   [査読有り]
T. Kasahara, R. Ishimatsu, H. Kuwae, S. Shoji, J. Mizuno
Japanese Journal of Applied Physics   57(12) 128001-1-128001-4   2018年10月   [査読有り]
Structural Formation of Oil-in-Water (O/W) and Water-in-Oil-in-Water (W/O/W) Droplets in PDMS Device Using Protrusion Channel without Hydrophilic Surface Treatment
D.H. Yoon, D. Tanaka, T. Sekiguchi, S. Shoji
Micromachines 2018   9(9)    2018年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
機能材料2014年3月号
蜂巣琢磨、水野潤、庄子習一、逢坂哲彌
㈱シーエムシー出版   2014年3月   
月刊ディスプレイ
仁村将次、庄子習一、水野潤、重藤暁津、佐久間克幸、荻野浩司、榎本智之
㈱テクノタイムズ社   2013年3月   
ナノインプリントの開発とデバイス応用」(第12章4 実装技術 及び、第14章2 マイクロTAS)
水野潤、篠原秀敏、笠原崇史、庄子習一
シーエムシー出版   2011年10月   
Microfluidics, Topics in Current Chemistry 304
S. Shoji, K. Kawai
Springer-Verlag Berlin Heidelberg   2011年4月   
BIO INDUSTRY
庄子習一、川合健太郎
シーエムシー出版   2010年3月   

講演・口頭発表等

 
Study on Correlation between Surface Morphology and Work Function of Aluminum Film in Nanoscale
K. Sasagawa, H. Kuwae, H. Goto, M. Sakata, T. Yasuda, J. Lu, H. Itoh, A. Honda, S. Shoji, J. Mizuno
2019 MRS (Materials Research Society) Fall Meeting   2019年12月5日   
Fabrication of Artificial Oral Mucosa with Micropatterned Fish Scale-Collagen Scaffold by Soft Lithography
K. Miwa, A. Suzuki, H. Kuwae, I. Yamaguchi, Y. Kodama, K. Izumi, S. Shoji, J. Mizuno
2019 MRS (Materials Research Society) Fall Meeting   2019年12月4日   
Sequential Formation of Daughter Droplets by Breakup of Microdroplets into Bypass Channel
S. Hattori, D.H. Yoon, Y. Nozaki, T, Isano, H. Yamagata, H. Fujita, T. Sekiguchi, S. Shoji
The 23rd International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (μTAS 2019)   2019年10月29日   
Establishment of Labo-In-A-Microdroplet for Azo Compound Synthesis
D. Tanaka, S. Sawai, T. Sugaya, Y. Nozaki, D.H. Yoon, T. Isano, H. Yamagata, H. Fujita, T. Sekiguchi, T. Akitsu, S. Shoji
The 23rd International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (μTAS 2019)   2019年10月28日   
Simultaneous Microdroplets Generation by Tall Breakup Induced with Multi-Branch Channel
S. Kajiya, D.H. Yoon, Y. Nozaki, T. Isano, H. Yamagata, H. Fujita, T. Sekiguchi, S. Shoji
The 23rd International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (μTAS 2019)   2019年10月28日   

競争的資金等の研究課題

 
細胞内微小サンプル計測を目的としたマイクロ・ナノドロップレットハンドリング
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
①微小なスケール(数ミクロン~サブミクロン)のマイクロドロップレットの安定な作製技術の確立。:平成28年度までに微小なスケールでドロップレットの作製に成功したが、ドロップレットが微小であるほど、安定な生成が困難となる。この原因として、主に流路内の壁面の性質および溶液の物性が支配的なことが推察された。そこで、流路内壁面の性質の影響の少ないノズル型流体デバイスを設計してドロップレットの生成を試み、これに成功した。②微小サンプルのドロップレット内への内包技術およびドロップレット内での反応技術の確...
マイクロフルイディックエンジニアリングの深化と生体分子高感度定量計測への展開
研究期間: 2011年5月 - 2016年3月
本研究では、微小発光サンプルの光学的超高感度定量計測を可能とすべく、以下の新規マイクロ流体デバイス要素技術を開発した。1)自由なサイズの液滴作製技術の構築,2) 自由な流れのコントロール技術の構築,3) 液滴のパッシブソーティング技術の構築。次に要素技術をシステム化することにより、微小発光サンプルの計測を実現した。1)液滴に生体サンプルを個別に抱合して環境微生物個々の遺伝子を解析,2) 個別に抱合された細胞の成長を観察して酵素反応活性を評価。本研究の遂行により、従来定性的観察のみ可能であっ...
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(特別推進研究)
研究期間: 2008年 - 2012年
電気化学ナノテクノロジーに基づく「固液界面制御による新機能発現のための材料開発研究」と「界面構造や界面現象の実践的な活用によるデバイス開発研究」に総合的に取り組むことで、電気化学に立脚した材料およびデバイスの実用化研究の根源にあるものを事象ごとの経験論から抽出し、アウトプットとしてのデバイス(具体的にはエネルギーデバイス、センサデバイス、電子デバイス・磁気記録デバイス)を縦糸に、機能発現および界面設計の次元(3次元、2次元、0次元)を横糸に、「電気化学デバイス工学」という学理の構築を図った。
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(A))
研究期間: 2004年 - 2006年
近年世界的に研究が盛んなMicroTAS(マイクロ化学・生化学分析システム)の分野では、DNAやタンパク質といった生体物質の分析手法の進歩が著しい。それに比べて進展が遅れている分析に掛けるまでの生体サンプルの抽出・前処理にMEMSおよびナノテクノロジー技術を適用し,トータルシステムとしての機能を飛躍的に改善することを目的として研究を行った。具体的には特定の細胞や組織から生体サンプルを抽出・処理し,マイクロ生化学分析チップへ供給するシステムの実現を目指し、そのために必要なサンプル採集・選別お...
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2005年
本研究は,電気化学系特有の因子である拡散過程,特に微小反応場における非線形的拡散に着目し,その積極的制御により単純かつ精密な制御を可能とする新規な金属ナノ構造析出形成プロセスの開発を目的とした.
初年度は,Siウェハ表面のナノ欠陥サイトへの金属種の優先析出を確認し,その制御による金属ナノ構造体形成プロセスを開発した.また還元剤種と金属クラスタとの反応の非経験的分子軌道法解析から,金属表面の触媒活性度について定量的な知見を得た.さらに,光照射援用陽極化成によるSi微小構造体形成に関する基礎的...

特許

 
6251935 : 接合方法
水野 潤, 庄子 習一
6157206 : 積層構造体の製造方法
庄子 習一, 水野 潤, 仁村 将次
5733747 : 微細パターンを表面に有する物品の製造方法
石橋 健太郎, 水野 潤, 庄子 習一
5700189 : 三次元シースフロー形成構造及び微粒子集束方法
庄子 習一, 水野 潤, 後藤 峰生, 加藤 友也, 篠原 秀敏, 船津 高志, 荒川 貴博
5703302 : 細胞培養容器及びその容器を用いた細胞培養方法
庄子 習一, 川合 健太郎