Wataru Ukai

J-GLOBAL         Last updated: Feb 7, 2017 at 21:26
 
Avatar
Name
Wataru Ukai
Affiliation
Sapporo Medical University
Section
Dep. of Educational Development, Center for Medical Education / Dept. of Neuropsyhiatry, School of Medicine
Job title
Associate Professor
Degree
Ph.D.

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kigawa Y, Hashimoto E, Ukai W, Ishii T, Furuse K, Tsujino H, Shirasaka T, Saito T
Journal of neural transmission (Vienna, Austria : 1996)   121(10) 1221-1232   Oct 2014   [Refereed]
Ishii T, Hashimoto E, Ukai W, Kakutani Y, Sasaki R, Saito T
PloS one   9(5) e96272   2014   [Refereed]
Hashimoto E, Riederer PF, Hesselbrock VM, Hesselbrock MN, Mann K, Ukai W, Sohma H, Thibaut F, Schuckit MA, Saito T
The world journal of biological psychiatry : the official journal of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry   14(8) 549-564   Dec 2013   [Refereed]
Hashimoto T, Yamada M, Iwai T, Saitoh A, Hashimoto E, Ukai W, Saito T, Yamada M
Journal of neuroscience research   91(11) 1402-1407   Nov 2013   [Refereed]

Misc

 
【アルコール性臓器障害】 アルコールと脳神経疾患
鵜飼 渉, 辻野 華子, 古瀬 研吾, 木川 昌康
細胞   47(14) 693-696   Dec 2015
アルコールによる脳障害と、うつ病の病態、および抗うつ薬の作用機序との間には、BDNFや小胞体ストレス、ERK系やNRSFシグナル伝達機構の変異という共通した生物学的基盤が存在し、それが、例えば患者の抗うつ薬応答性等にも関わる分子メカニズムになっていることが推察されている。アルコールの問題が背景にある患者群では、抗うつ薬の効果が有意に低下するとの臨床報告や、SSRIの中でも、特に高いBDNF産生促進効果を有することが知られるEscitalopramが、うつ病を併存したアルコール依存症患者のア...
胎児期アルコール曝露と成長後のストレスを組み合わせた難治性うつ病モデルにおける神経幹細胞移植療法の有効性
鵜飼 渉, 木川 昌康, 石井 貴男, 古瀬 研吾, 辻野 華子, 岩本 倫, 田山 真矢, 白石 将毅, 橋本 恵理, 河西 千秋, 齋藤 利和
アルコールと医学生物学   33 39-44   Mar 2015
抗うつ効果とBipolarityの診断の糸口を求めて 血小板BDNF遊離機能の個体差のメカニズム解析から
橋本 恵理, 鵜飼 渉, 石井 貴男, 木川 昌康, 古瀬 健吾, 辻野 華子, 齋藤 利和
精神薬療研究年報   (46) 50-51   Mar 2014
抗うつ薬関連遺伝子Prg1は神経細胞の生存維持に重要な因子である
橋本 富男, 山田 美佐, 岩井 孝志, 斎藤 顕宜, 橋本 恵理, 鵜飼 渉, 齋藤 利和, 山田 光彦
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所年報   (26) 251-251   Sep 2013
鵜飼 渉, 小野 貴文, 橋本 恵理, 金田 博雄, 白坂 知彦, 五十嵐 健史, 木川 昌康, 渡邊 公彦, 吉永 敏弘, 石井 貴男, 館農 勝, 小林 清樹, 齋藤 利和
日本生物学的精神医学会誌   23(2) 109-114   Jun 2012