阿部 豊

J-GLOBALへ         更新日: 12/02/21 19:24
 
アバター
研究者氏名
阿部 豊
 
アベ ユタカ
所属
東京大学
部署
大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 地球惑星システム科学講座
職名
准教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

受賞

 
1988年
日本気象学会 堀内基金奨励賞 「大気・海洋の起源に関する新理論の提唱」
受賞者: 阿部 豊, 松井孝典
 

論文

 
Abe Y, Abe-Ouchi A, Sleep NH, Zahnle KJ
Astrobiology   11 443-460   2011年6月   [査読有り]
Genda H, Abe Y
Nature   433(7028) 842-844   2005年2月   [査読有り]

Misc

 
阿部 豊
遊・星・人 : 日本惑星科学会誌   19(3) 190-210   2010年9月
生物が生存可能な惑星(habitable planet)の環境の必要条件を液体の水が存在することと考えて,表面に液体の水が存在する地球型惑星「水惑星」の形成と進化を検討した.第1回(第1〜3章)と第2回(第4・5章)までの議論をふまえ,最終回の今回は,より原理的な立場から水惑星の形成・維持について検討する.第6章では,再び惑星の表層環境を決める問題をとりあげて,空間的・時間的に中心星から受け取るエネルギーが変化する,ということから導かれてくる問題を中心に検討する.第7章では,水の供給に注目...
阿部 豊
遊・星・人 : 日本惑星科学会誌   19(2) 112-135   2010年6月
生物が生存可能な惑星(habitable planet)の環境の必要条件を液体の水が存在することと考えて,表面に液体の水が存在する地球型惑星「水惑星」の形成と進化を検討した.前回の第1回(第1〜3章)では水惑星が維持される環境条件について論じた.これをふまえ,今回は,第4章では,惑星表面に水が供給される過程の理解を目指して,地球大気形成過程について論じる.大気形成過程は,太陽系の惑星形成,惑星の材料物質,および惑星形成プロセスで必然的に起こる衝突過程と深くかかわっている.第5章では,個々の...
阿部 豊
遊・星・人 : 日本惑星科学会誌   18(4) 194-215   2009年12月
生物が生存可能な惑星(habitable planet)の環境の必要条件を液体の水が存在することと考えて,表面に液体の水が存在する地球型惑星「水惑星」の形成と進化を検討した.第1回は,第1章で宇宙おけるH_2Oの普遍性と,物性の特徴から,生命を支える環境物質としての水の重要性を論じる.第2章では,H_2Oが惑星表面で液体の水として存在できるための環境条件について全球平均の気候モデルを用いて議論する.第3章では,第2章で論じた環境条件を長期間にわたって維持するための条件について,大気散逸,中...
倉本 圭, 阿部 豊, はしもと じょーじ
天文月報   102(3) 184-189   2009年3月
倉本 圭, 阿部 豊, はしもと じょーじ, 林 祥介, 関根 康人, 佐藤 光輝
天文月報   102(3) 184-189   2009年2月
佐々木 貴教, 阿部 豊
遊・星・人 : 日本惑星科学会誌   17(2) 117-122   2008年6月
惑星大気の進化履歴を追う上で,流体力学的散逸は大規模な大気散逸を引き起こすメカニズムとして重要である.しかし,多成分大気の流体力学的散逸に関する数値計算は未だ実現されていない.そこで本研究では,多成分大気の流体力学的散逸に関する汎用的な数値計算コードを開発した.またこの数値計算コードを用いることで,以下の2つの金星大気問題の解決を図った:(1)過去に金星表面に存在した水の散逸,(2)金星大気中の希ガス分別.計算の結果,いずれの問題も初期金星大気の流体力学的散逸のみによって説明することは難し...
阿部 豊, 田近 英一
天気   54(1) 5-8   2007年1月
玄田 英典, 阿部 豊
遊・星・人 : 日本惑星科学会誌   13(2) 94-98   2004年6月
岩朝 美晴, 阿部 豊, 田中 浩
日本流体力学会年会講演論文集   2001 53-54   2001年7月
To investigate water vapor transport in an atmosphere in radiative-convective equilibrium, we constructed a simplified dynamical convection model (DCM) that explicitly models moist convection and longwave radiation in a gray atmosphere. In the sub...
阿部 豊, 戸田 康史, 小島 勝行
遊・星・人 : 日本惑星科学会誌   7(3) 207-209   1998年9月
はしもと じょーじ, 阿部 豊
遊・星・人 : 日本惑星科学会誌   7(2) 109-114   1998年6月
松木 秀文, 阿部 豊
火山   42 S275-S279   1997年4月
We examined the convective stability of a partially molten layer by linear stability analysis. We found that most important parameters which control the stability are the visvcosity ratio of melt and solid phases and permeability (or grain size). ...
阿部 豊
遊・星・人 : 日本惑星科学会誌   5(3) 119-125   1996年9月
戸田 康史, 阿部 豊
地震. 2輯   47(4) 423-429   1995年1月
矢部 孝, 青木 尊之, 佐々木 晶, 阿部 豊, 小林 直樹, 寺沢 敏夫
遊・星・人 : 日本惑星科学会誌   3(4) 262-267   1994年12月
阿部 豊
遊・星・人 : 日本惑星科学会誌   1(3) 111-116   1992年12月

競争的資金等の研究課題

 
惑星システム物理学
宇宙において地球のような天体が普遍的な存在であるのか,あるいは特殊な存在であるのか.このような問いに答えることを究極の目標にして,地球型惑星の性質の生成・維持のメカニズム,異なる性質を持つ地球型惑星の「作り分け」について,物理学を基礎にした理論的手法で検討している.