根岸 泰子

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 03:06
 
アバター
研究者氏名
根岸 泰子
 
ネギシ ヤスコ
通称等の別名
亀岡泰子
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~kameoka/
所属
岐阜大学
部署
教育学部 国語教育講座
職名
教授
その他の所属
教育学研究科

プロフィール

近現代日本女性文学研究/近現代の日本文学における女性文学および読者層のジェンダー的な特質の解析。/アジア太平洋戦争下の文学

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
2013年
岐阜大学 教育学部 教授
 
1985年4月
   
 
岐阜大学教育学部 教授
 
1979年4月
 - 
1985年3月
青山学院高等部 非常勤講師
 

学歴

 
1973年4月
 - 
1977年3月
お茶の水女子大学  
 
1977年4月
 - 
1985年3月
東京大学大学院人文科学研究科  
 

論文

 
『青鞜』における「私的領域」の意味
根岸 泰子(教育学部国語教育講座)
国語と国文学   80(11) 77-86   2003年11月
「ジェンダー・センシティヴ」であることへの動機付け-講義「人権」解析-(前編)
根岸 泰子(岐阜大学教育学部)
岐阜大学教育学部研究報告(人文科学)   53(2) 1-10   2005年3月
「ジェンダー・センシティヴ」であることへの動機づけ-講義「人権」解析-(後編)
根岸 泰子(岐阜大学教育学部)
岐阜大学教育学部研究報告 人文科学   第54巻(第1号) 11-21   2005年10月
大岡昇平-『ながい旅』における<苦い>真実-
根岸 泰子(岐阜大学教育学部)
国文学解釈と鑑賞   第70巻(第11号、通巻894号) 66-71   2005年11月
女性職業作家の形成-投稿家時代の水野仙子-
根岸 泰子(岐阜大学教育学部)
岐阜大学教育学部研究報告 人文科学   第54巻(第1号) 1-9   2006年2月

書籍等出版物

 
日本の近代小説Ⅱ-作品論の現在-
三好行雄、根岸泰子ほか (担当:共著, 範囲:pp16-31)
東大出版会   1986年7月   ISBN:4-13-083017-1
太宰治研究12
山内祥史編、根岸泰子ほか (担当:共著, 範囲:p117-p126)
和泉書院   2004年6月   ISBN:4-7576-0266-9
太宰治をおもしろく読む方法
山口俊雄、根岸泰子ほか (担当:共著, 範囲:29-31,50-53,58,63-86,90-126,133-159,166-186,193-219)
風媒社   2006年9月   ISBN:4-8331-2060-7
展望 太宰治
安藤宏編、根岸泰子ほか (担当:共著, 範囲:pp.140-149)
ぎょうせい   2009年6月   ISBN:978-4-324-08791-6
名古屋の都市空間
根岸泰子
ゆまに書房   2013年6月   ISBN:978-4-8433-4127-8

講演・口頭発表等

 
ジェンダー・フリーと<文学>教材の微妙な関係
根岸泰子
日本近代文学会東海支部 第8回研究会   2002年7月   日本近代文学会東海支部
一九四〇年代・戦中期の女性テクストにおける〝戦争協力〟をめぐって(特集 女性・表象―一九四〇年代―)
根岸泰子
昭和文学会秋季大会研究発表   2008年11月   昭和文学会
近代の「文学」概念の再検討2-昭和戦前期文学および批評における女性表象-
根岸泰子
日本女性学会 個人研究発表(第2分科会)   2006年6月   日本女性学会
近代の「文学」概念の再検討-自然主義における女性文学志望者の葛藤をめぐって-
根岸泰子
日本女性学会 個人研究発表(第4分科会)   2005年6月   日本女性学会
検閲下の女性文学にみる、アジア・太平洋戦争期の国民心性
根岸泰子
岐阜大学ランチタイムセミナー   2011年7月   岐阜大学

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 根岸 泰子
年度当初の「研究実施計画」に基づき、本研究初年度の平成25年度は①時代背景の調査、②文学テクスト分析、③成果発表、の各項目ごとに下記の成果を上げた。まず中産階級(知識人階級)の階層的特性を、都市文化論・都市モダニズム・都市計画史などの新知見を取り込んでの特定の都市の検証によって確認する作業を、本年度の主たる作業と位置づけた当初計画に従い、①では1920~30年代における名古屋をモデルとした都市論的な解析を行った。具体的には、名古屋の都市形成過程、新興工業都市・軍都としての都市特性や都市行政...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 根岸 泰子
戦中期の国民心性研究として、大衆娯楽小説ジャンルに対象を拡げ、ベストセラー作家堤千代の「軍人の市民的な感情表出」をモチーフとした作品群を対象に当時の検閲状況とテクスト分析の双方から考察した。 テクストからは都市新中間層と労働者 ・ 農民・大衆における愛国心と国家主義への反発の葛藤状況の諸相を析出し、堤作品の成功の理由を、「愛国心」と平時の自由主義的価値観との調整弁的機能と結論、その社会的意義を評価した。
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 根岸 泰子
平成21年度は、本研究の最終年度として、前年度から継続する資料収集((1))、収集した資料および文学テクストの解析((2))および成果発表((3))を行うとともに、当該の昭和戦中期の文学テクスト全般の新たな角度からの読解につながる視点を得ている。具体的には、(1)大東亜戦争下の国民の心性調査および関連研究資料の収集・参照・女性文学テクスト(婦人雑誌・総合雑誌・単行本)収集・戦時下の国民生活状況および大東亜戦争関連(戦況や国際情勢、宣伝等をめぐる)資料収集(2)戦時下の国民心性および戦時下の...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 根岸 泰子
女性職業作家という概念の成立過程について、当該期の文学における女性表象と女性作家・職業作家としての経済的自立と女性規範という二つの関係項を導入し、明治末から大正期、(成立期)の自然主義作家水野仙子の分析を行うとともに、昭和戦前期(展開期)のメディア「ウーマン・カレント」および佐多稲子(窪川いね子)を対象として調査・考察した。水野仙子についてはメディア戦略・読者層・既成作家との師弟関係を念頭に仙子のテクストを分析、仙子が「文章世界」という男性ジェンダーメディアと「女子文壇」「女学世界」という...
昭和戦中期の女性文学、フェミニズム批評、国語教材研究

社会貢献活動

 
日本近代文学会評議員
【】  1994年4月1日
学校評議員(一宮市立末広小学校)
【】  2003年4月1日
学会評議員(日本近代文学会)
【】  日本近代文学会  日本近代文学会  2006年4月1日 - 2007年3月31日
評議員
学校評議員(小学校)
【】  愛知県一宮市末広小学校  愛知県一宮市末広小学校  2006年4月1日 - 2007年3月31日
岐阜市読書サークル協議会講師
【】  岐阜市読書サークル協議会  岐阜市読書サークル協議会  2006年4月1日 - 2007年3月31日

その他

 
1977年3月
中学校教諭一級普通免許状(国語)
1992年8月
高等学校教諭専修免許状(国語)
2007年12月   研究会 講師
西濃地区高等学校国語教育研究会講師
2009年3月   研究会講師
西濃地区高等学校国語教育研究会講師
2011年10月   研究会講師 「高校生の国語観-その現状と問題点」
西濃地区高等学校国語教育研究会講師