中曽 一裕

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/22 20:28
 
アバター
研究者氏名
中曽 一裕
 
ナカソ カズヒロ
URL
http://tottoritougoubunshi.jp
所属
鳥取大学
部署
医学部 病態解析医学講座 統合分子医化学分野
職名
准教授
学位
博士(医学)
科研費研究者番号
30379648

プロフィール

脳神経内科(神経内科専門医・総合内科専門医),ジョンズホプキンス大学神経科学部門研究員などを経て現在の統合分子医化学へ.
研究は神経変性疾患(パーキンソン病,レビー小体型認知症,アルツハイマー病など)や精神科領域疾患(うつ病など)の分子病態を対象に行っています.最近の興味は脳神経精神疾患,内科的全身疾患に伴うミクログリア(脳組織マクロファージ)の活性化と病態,特に非運動症状(うつ症状,やる気の低下,認知症など)との関連に向いています.新しい治療につながるような研究を心がけています.
その他の研究キーワードとしては,タンパク質凝集,タンパク質伝播,シヌクレイン,酸化ストレス,脂溶性ビタミンほか.

教育担当は生化学(タンパク質,アミノ酸,酵素,ヌクレオチド),神経科学(神経薬理,受容体,トランスポーターなど),基礎生物学(神経,筋肉)など...

研究分野

 
 

経歴

 
1995年
   
 
鳥取大学大学院 1995~
 
1998年
   
 
米国Johns Hopkins大学 1998~
 
1999年
   
 
鳥取大学附属病院 1999~
 
2005年
   
 
鳥取大学医学部脳幹性疾患研究施設 2005~
 
2010年
   
 
鳥取大学医学部病態解析医学講座統合分子医化学分野 2010~
 

学歴

 
 
 - 
1999年
鳥取大学大学院 医学研究科 
 

受賞

 
2010年
日本酸化ストレス学会優秀演題賞
 

論文

 
Horikoshi Y, Kamizaki K, Hanaki T, Morimoto M, Kitagawa Y, Nakaso K, Kusumoto C, Matsura T
BioFactors (Oxford, England)   44(2) 180-191   2018年3月   [査読有り]
Hanaki T, Horikoshi Y, Nakaso K, Nakasone M, Kitagawa Y, Amisaki M, Arai Y, Tokuyasu N, Sakamoto T, Honjo S, Saito H, Ikeguchi M, Yamashita K, Ohno S, Matsura T
Biochimica et biophysica acta   1860(11 Pt A) 2404-2415   2016年11月   [査読有り]
Rice Bran Dietary Supplementation Improves Neurological Symptoms and Loss of Purkinje Cells in Vitamin E-Deficient Mice.
Takahashi T, Nakaso K, Horikoshi Y, Hanaki T, Yamakawa M, Nakasone M, Kitagawa Y, Koike T, Matsura T
Yonago acta medica   59(3) 188-195   2016年9月   [査読有り]
Preconditioning by Low Dose LPS Prevents Subsequent LPS-Induced Severe Liver Injury via Nrf2 Activation in Mice.
Nakasone M, Nakaso K, Horikoshi Y, Hanaki T, Kitagawa Y, Takahashi T, Inagaki Y, Matsura T
Yonago acta medica   59(3) 223-231   2016年9月   [査読有り]
Kim SH, Shahani N, Bae BI, Sbodio JI, Chung Y, Nakaso K, Paul BD, Sawa A
Human molecular genetics   25(12) 2514-2524   2016年6月   [査読有り]
Nakaso K, Horikoshi Y, Takahashi T, Hanaki T, Nakasone M, Kitagawa Y, Koike T, Matsura T
Neuroscience letters   610 117-122   2016年1月   [査読有り]
Kurosawa M, Matsumoto G, Kino Y, Okuno M, Kurosawa-Yamada M, Washizu C, Taniguchi H, Nakaso K, Yanagawa T, Warabi E, Shimogori T, Sakurai T, Hattori N, Nukina N
Human molecular genetics   24(4) 1092-1105   2015年2月   [査読有り]
Nakaso K, Tajima N, Horikoshi Y, Nakasone M, Hanaki T, Kamizaki K, Matsura T
Biochimica et biophysica acta   1842(9) 1303-1312   2014年9月   [査読有り]
Harada H, Warabi E, Matsuki T, Yanagawa T, Okada K, Uwayama J, Ikeda A, Nakaso K, Kirii K, Noguchi N, Bukawa H, Siow RC, Mann GE, Shoda J, Ishii T, Sakurai T
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   33(37) 14767-14777   2013年9月   [査読有り]
Nakaso K, Tajima N, Ito S, Teraoka M, Yamashita A, Horikoshi Y, Kikuchi D, Mochida S, Nakashima K, Matsura T
PloS one   8(2) e55068   2013年   [査読有り]
Teraoka M, Nakaso K, Kusumoto C, Katano S, Tajima N, Yamashita A, Zushi T, Ito S, Matsura T
Journal of clinical biochemistry and nutrition   51(2) 122-127   2012年9月   [査読有り]
Nakaso K, Adachi Y, Fusayasu E, Doi K, Imamura K, Yasui K, Nakashima K
Journal of clinical neurology (Seoul, Korea)   8(3) 230-234   2012年9月   [査読有り]
Mechanisms underlying production and externalization of oxidized phosphatidylserine in apoptosis: involvement of mitochondria.
Yamashita A, Morikawa H, Tajima N, Teraoka M, Kusumoto C, Nakaso K, Matsura T
Yonago acta medica   55(1) 11-20   2012年3月   [査読有り]
Jiang H, Ren Y, Yuen EY, Zhong P, Ghaedi M, Hu Z, Azabdaftari G, Nakaso K, Yan Z, Feng J
Nature communications   3 668   2012年2月   [査読有り]
Ren Y, Jiang H, Ma D, Nakaso K, Feng J
Human molecular genetics   20(6) 1074-1083   2011年3月   [査読有り]
Ito S, Nakaso K, Imamura K, Takeshima T, Nakashima K
Neuroscience research   66(1) 124-130   2010年1月   [査読有り]
Ren Y, Jiang H, Yang F, Nakaso K, Feng J
The Journal of biological chemistry   284(6) 4009-4017   2009年2月   [査読有り]
Fluctuating Foville's syndrome caused by a pontine angioma in a patient with a polycystic kidney.
Nakaso K, Sasaki K
Internal medicine (Tokyo, Japan)   48(15) 1335-1336   2009年   [査読有り]
Imamura K, Takeshima T, Nakaso K, Ito S, Nakashima K
Neuroscience letters   440(2) 97-102   2008年8月   [査読有り]
Nakaso K, Ito S, Nakashima K
Neuroscience letters   432(2) 146-150   2008年2月   [査読有り]
Wada-Isoe K, Kitayama M, Nakaso K, Nakashima K
Journal of the neurological sciences   260(1-2) 33-37   2007年9月   [査読有り]
Imamura K, Takeshima T, Nakaso K, Nakashima K
Neuroreport   18(13) 1319-1322   2007年8月   [査読有り]
Fusayasu E, Kowa H, Takeshima T, Nakaso K, Nakashima K
Pain   128(3) 209-214   2007年4月   [査読有り]
Henn IH, Bouman L, Schlehe JS, Schlierf A, Schramm JE, Wegener E, Nakaso K, Culmsee C, Berninger B, Krappmann D, Tatzelt J, Winklhofer KF
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   27(8) 1868-1878   2007年2月   [査読有り]
Nishiwaki M, Fujimuro M, Teishikata Y, Inoue H, Sasajima H, Nakaso K, Nakashima K, Sadanari H, Yamamoto T, Fujiwara Y, Ogawa N, Yokosawa H
Journal of medical virology   78(12) 1635-1642   2006年12月   [査読有り]
Nakaso Kazuhiro, Ito Satoru, Yoshimoto Yuko, Imamura Keiko, Takeshima Takao, Nakashima Kenji
NEUROSCIENCE RESEARCH   58 S236   2007年   [査読有り]
Imamura K, Takeshima T, Kashiwaya Y, Nakaso K, Nakashima K
Journal of neuroscience research   84(6) 1376-1384   2006年11月   [査読有り]
Nakaso K, Adachi Y, Yasui K, Sakuma K, Nakashima K
Neuroscience letters   400(1-2) 44-47   2006年5月   [査読有り]
Fujimuro M, Nakaso K, Nakashima K, Sadanari H, Hisanori I, Teishikata Y, Hayward SD, Yokosawa H
Experimental and molecular pathology   80(2) 124-131   2006年4月   [査読有り]
[Anti-Yo antibody associated paraneoplastic cerebellar degeneration with gastric adenocarcinoma in a male patient: a case report].
Goto A, Kusumi M, Wakutani Y, Nakaso K, Kowa H, Nakashima K
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   46(2) 144-147   2006年2月   [査読有り]
Nakaso K, Nakamura C, Sato H, Imamura K, Takeshima T, Nakashima K
Biochemical and biophysical research communications   339(3) 915-922   2006年1月   [査読有り]
Ishizaki K, Takeshima T, Fukuhara Y, Araki H, Nakaso K, Kusumi M, Nakashima K
Headache   45(9) 1224-1228   2005年10月   [査読有り]
[Problems associated with advancing Parkinson's disease].
Nakashima K, Nomura T, Yasui K, Kitayama M, Nakaso K, Inoue Y
Nihon Ronen Igakkai zasshi. Japanese journal of geriatrics   42(5) 529-531   2005年9月   [査読有り]
Kowa H, Fusayasu E, Ijiri T, Ishizaki K, Yasui K, Nakaso K, Kusumi M, Takeshima T, Nakashima K
Neuroscience letters   374(2) 129-131   2005年2月   [査読有り]
Yoshimoto Y, Nakaso K, Nakashima K
FEBS letters   579(5) 1197-1202   2005年2月   [査読有り]
Margolis RL, Holmes SE, Rosenblatt A, Gourley L, O'Hearn E, Ross CA, Seltzer WK, Walker RH, Ashizawa T, Rasmussen A, Hayden M, Almqvist EW, Harris J, Fahn S, MacDonald ME, Mysore J, Shimohata T, Tsuji S, Potter N, Nakaso K, Adachi Y, Nakashima K, Bird T, Krause A, Greenstein P
Annals of neurology   56(5) 670-674   2004年11月   [査読有り]
[A case of malignant fibrous histiocytoma with metastatic brain tumors after tumorgenic embolism].
Imamura K, Wada K, Yasui K, Nakaso K, Watanabe Y, Kowa H, Nakashima K
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   44(7) 446-449   2004年7月   [査読有り]
Yano H, Nakaso K, Yasui K, Wakutani Y, Nakayasu H, Kowa H, Adachi Y, Nakashima K
Neurogenetics   5(2) 135-140   2004年6月   [査読有り]
Nakaso K, Yoshimoto Y, Nakano T, Takeshima T, Fukuhara Y, Yasui K, Araga S, Yanagawa T, Ishii T, Nakashima K
Brain research   1012(1-2) 42-51   2004年6月   [査読有り]
Wakutani Y, Kowa H, Kusumi M, Nakaso K, Yasui K, Isoe-Wada K, Yano H, Urakami K, Takeshima T, Nakashima K
Neurobiology of aging   25(3) 291-294   2004年3月   [査読有り]
Heme oxygenase-1 expression predicts cervical lymph node metastasis of tongue squamous cell carcinomas.
Yanagawa T, Omura K, Harada H, Nakaso K, Iwasa S, Koyama Y, Onizawa K, Yusa H, Yoshida H
Oral oncology   40(1) 21-27   2004年1月   [査読有り]
p53-mediated mitochondrial dysfunction by proteasome inhibition in dopaminergic SH-SY5Y cells.
Nakaso K, Yoshimoto Y, Yano H, Takeshima T, Nakashima K
Neuroscience letters   354(3) 213-216   2004年1月   [査読有り]
Wakutani Y, Kowa H, Kusumi M, Nakaso K, Isoe-Wada K, Yano H, Urakami K, Takeshima T, Nakashima K
Dementia and geriatric cognitive disorders   17(3) 147-150   2004年   [査読有り]
PI3K is a key molecule in the Nrf2-mediated regulation of antioxidative proteins by hemin in human neuroblastoma cells.
Nakaso K, Yano H, Fukuhara Y, Takeshima T, Wada-Isoe K, Nakashima K
FEBS letters   546(2-3) 181-184   2003年7月   [査読有り]
Hypertrophy of IMC of carotid artery in Parkinson's disease is associated with L-DOPA, homocysteine, and MTHFR genotype.
Nakaso K, Yasui K, Kowa H, Kusumi M, Ueda K, Yoshimoto Y, Takeshima T, Sasaki K, Nakashima K
Journal of the neurological sciences   207(1-2) 19-23   2003年3月   [査読有り]
[A case of non-paralytic pontine exotropia with vertical dissociated nystagmus in the contralateral eye].
Nakaso K, Yoshimoto Y, Ueda K, Sasaki K
Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   42(2) 181-184   2002年2月   [査読有り]
Co-induction of heme oxygenase-1 and peroxiredoxin I in astrocytes and microglia around hemorrhagic region in the rat brain.
Nakaso K, Kitayama M, Mizuta E, Fukuda H, Ishii T, Nakashima K, Yamada K.
Neurosci Lett.   293 49-52   2000年   [査読有り]
Regulation of agrin expression in hippocampal neurons by cell contact and electrical activity.
Lesuisse C, Qiu D, Böse CM, Nakaso K, Rupp F.
Brain Res Mol Brain Res.   81 92-100   2000年   [査読有り]
Plasma homocysteine and MTHFR C677T genotype in levodopa-treated patients with PD.
Yasui K, Kowa H, Nakaso K, Takeshima T, Nakashima K.
Neurology   55(3) 437-440   2000年   [査読有り]
Oxidative stress-related proteins A170 and heme oxygenase-1 are differently induced in the rat cerebellum under kainate-mediated excitotoxicity.
中曽 一裕
Neurosci Lett.   282 57-60   2000年   [査読有り]
Effects of kainate-mediated excitotoxicity on the expression of rat counterparts of A170 and MSP23 stress proteins in the brain.
中曽 一裕
Brain Res Mol Brain Res.   69(2) 155-163   1999年   [査読有り]
Induction of heme oxygenase-1 in the rat brain by kainic acid-mediated excitotoxicity: the dissociation of mRNA and protein expression in hippocampus.
中曽 一裕
Biochem Biophys Res Commun.   259(1) 91-96   1999年   [査読有り]

Misc

 
中曽一裕
飯島藤十郎記念食品科学振興財団年報   33 78‐83   2018年8月
堀越洋輔, 森本昌樹, 森本昌樹, 北川良憲, 北川良憲, 中曽一裕, 楠本智章, 松浦達也
ビタミン   92(4) 206-206   2018年4月
中曽一裕, 堀越洋輔, 松浦達也
日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   71st 139   2018年4月
野村聡子, 堀越洋輔, 森本昌樹, 森本昌樹, 倉敷達之, 倉敷達之, 北川良憲, 北川良憲, 中曽一裕, 松浦達也
日本過酸化脂質・抗酸化物質学会年会講演要旨集   26th 16   2018年
古くて新しい脂溶性ビタミンの科学 抗酸化能だけではないビタミンEの効果 トコトリエノールのシグナル伝達を介した神経細胞保護機序
中曽 一裕, 松浦 達也
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3PW27-5]   2017年12月

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
老化関連脳神経障害に対する米糠成分の効果
飯島藤十郎記念食品科学振興財団: 研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 中曽 一裕
ドパミン存在下におけるαシヌクレインの酸化修飾と細胞内安定性,細胞間伝播
JSPS: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 中曽 一裕
内在性抗酸化システム活性化を検出・定量できる培養細胞系の構築とポリフェノール類のスクリーニング
本庄国際奨学財団: 「食と健康」プログラム研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 中曽 一裕
米糠成分によるビタミンE欠乏誘発性 短期記憶障害・運動機能障害への効果
飯島藤十郎記念食品科学振興財団: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 中曽 一裕
ドーパミン神経特異的なαシヌクレイン修飾と新規パーキンソン病治療ターゲット
JSPS: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 中曽 一裕
 DA 存在下におけるαsyn の細胞毒性・易凝集性誘発の機序として,αsyn内の特定のメチオニン残基が酸化修飾され,メチオニンスルホキシド(Met(O))となることが重要であることを示した.
(Nakaso K, PLoS ONE 2013, Teraoka M, J Clin Biol Nutr 2012)
トコトリエノールによるパーキンソン病モデル細胞の保護作用機構に関する研究
JSPS: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 松浦 達也
パーキンソン病・アルツハイマー病に関連するタンパク質病的修飾を抑         制する成分の探索  〜市販のコーヒー飲料から〜
全日本コーヒー協会: 研究助成
研究期間: 2011年 - 2012年3月    代表者: 中曽 一裕
パーキンソン病におけるp62による蛋白sequestrationとオートファジー
JSPS: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 中曽一裕
パーキンソン病,ハンチントン病など神経変性疾患の分子病態(特に細胞死,凝集体形成)の観点から基礎研究を行い,将来的に臨床応用を目指す.
カテコールアミン存在下におけるα-synuclein毒性機序の検討と治療への応用
大日本住友製薬: カテコールアミンと神経疾患に関する研究助成
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 中曽 一裕
コーヒー成分クロロゲン酸によるパーキンソン病発症および進行抑制に関する研究
全日本コーヒー協会: 研究助成
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 中曽 一裕
コーヒー成分によるパーキンソン病発症および進行抑制に関する研究
全日本コーヒー協会: 研究助成
研究期間: 2007年 - 2008年3月    代表者: 中曽 一裕
培養神経細胞とアストロサイトによる家族性片頭痛の疾患モデル構築と分子機構の解明
JSPS: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 竹島多賀夫
ハンチントン病の分子病態におけるp62(A170)の関与と治療への応用
JSPS: 科学研究費補助金 若手研究(A) 
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 中曽一裕
ハンチントン病(HD)の核内および核外凝集体がp62(A170)陽性であることから,凝集体形成メカニズムおよびその意義について検討し,HDモデルの知見から後のPDモデルにおける検討への基礎データを得た.
神経変性疾患治療を目指したNrf2活性化薬剤およびNrf2活性化検出システムの開発
JST: シーズ発掘試験
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 中曽 一裕
パーキンソン病発症抑制に関わるカフェインの作用機序に関する基礎研究
全日本コーヒー協会: 研究助成
研究期間: 2005年 - 2006年3月    代表者: 中曽 一裕
神経細胞封入体モデルを用いたパーキンソン病発症機序および治療法の研究
JSPS: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 中島 健二
<パーキンソン病脳Lewy小体,細胞内封入体モデルにおけるp62の関与>
Lewy小体(LB)の構成成分や,封入体形成過程の解析を行う事は,パーキンソン病(PD)の発症メカニズムを解明する上で有用な戦略である.我々は,MG132処理PC12細胞による実験的封入体モデルを用い,p62および他の関連分子の,封入体形成過程への関与を検討した.p62はPD脳におけるLBおよび実験的細胞内封入体の構成成分として認められ,ユビキチンと結合していた.プロテアソーム阻害下でのp62増加は転写レベルでの発現...
ドパミン神経幹細胞の増殖・分化シグナルの制御とパーキンソン病治療への応用
JSPS: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 竹島多賀夫
パーキンソン病における神経細胞保護療法 – 転写因子Nrf2活性化薬剤の探索 –
永尾武難病研究基金: 研究助成
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 中曽 一裕
武田医学研究報彰基金: 研究助成
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 中曽 一裕
パーキンソン病発症機構の解明-ホモシステイン毒性とその関連酵素遺伝子多型の検討
JSPS: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 中島 健二