美田 敏宏

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/07 09:36
 
アバター
研究者氏名
美田 敏宏
 
ミタ トシヒロ
URL
http://www.juntendo.ac.jp/graduate/laboratory/labo/kiseityu/main.html
所属
順天堂大学
部署
大学院医学研究科
職名
教授
学位
医学博士

プロフィール

日本内科学会・総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会・消化器内視鏡専門医
日本医師会・認定産業医

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
順天堂大学大学院 教授
 
2012年
 - 
現在
順天堂大学 医学研究科 生体防御・寄生虫学 教授
 
1999年
 - 
2012年
東京女子医大・国際環境・熱帯医学教室
 
1996年
 - 
1997年
国立がんセンター中央病院臨床病理研修医
 

学歴

 
 
 - 
1990年
長崎大学 医学部 医学科
 

受賞

 
2005年
第18回日本内科学会奨励賞(日本内科学会)
 
2002年
第15回日本内科学会奨励賞(日本内科学会)
 

論文

 
Ikeda M, Kaneko M, Tachibana SI, Balikagala B, Sakurai-Yatsushiro M, Yatsushiro S, Takahashi N, Yamauchi M, Sekihara M, Hashimoto M, Katuro OT, Olia A, Obwoya PS, Auma MA, Anywar DA, Odongo-Aginya EI, Okello-Onen J, Hirai M, Ohashi J, Palacpac NMQ, Kataoka M, Tsuboi T, Kimura E, Horii T, Mita T
Emerging infectious diseases   24(4) 718-726   2018年4月   [査読有り]
Rodrigues PT, Valdivia HO, de Oliveira TC, Alves JMP, Duarte AMRC, Cerutti-Junior C, Buery JC, Brito CFA, de Souza JC Jr, Hirano ZMB, Bueno MG, Catão-Dias JL, Malafronte RS, Ladeia-Andrade S, Mita T, Santamaria AM, Calzada JE, Tantular IS, Kawamoto F, Raijmakers LRJ, Mueller I, Pacheco MA, Escalante AA, Felger I, Ferreira MU
Scientific reports   8(1) 1993   2018年1月   [査読有り]
Balikagala B., Mita T., Ikeda M., Sakurai M., Yatsushiro S., Takahashi N., Tachibana S.-I., Auma M., Ntege E.H., Ito D., Takashima E., Palacpac N.M.Q., Egwang T.G., Onen J.O., Kataoka M., Kimura E., Horii T., Tsuboi T.
Malaria Journal   16(1) 23   2017年1月   [査読有り]
Hashimoto M., Doi M., Kurebayashi N., Furukawa K., Hirawake-Mogi H., Ohmiya Y., Sakurai T., Mita T., Mikoshiba K., Nara T.
FEBS Open Bio   6(12) 1178-1185   2016年12月   [査読有り]
Honma H., Niikura M., Kobayashi F., Horii T., Mita T., Endo H., Hirai M.
Scientific Reports   6 36971   2016年11月   [査読有り]
Pongvongsa T., Nonaka D., Iwagami M., Nakatsu M., Phongmany P., Nishimoto F., Kobayashi J., Hongvanthon B., Brey P.T., Moji K., Mita T., Kano S.
Malaria Journal   15(1) 508   2016年10月   [査読有り]
Takamiya S., Mita T.
Parasitology International   65(5 Pt B) 580-583   2016年10月   [査読有り]
Yatsushiro S., Yamamoto T., Yamamura S., Abe K., Obana E., Nogami T., Hayashi T., Sesei T., Oka H., Okello-Onen J., Odongo-Aginya E.I., Alai M.A., Olia A., Anywar D., Sakurai M., Palacpac N.M., Mita T., Horii T., Baba Y., Kataoka M.
Scientific Reports   6 30136   2016年7月   [査読有り]
Hashimoto M., Nara T., Mita T., Mikoshiba K.
Parasitology International   65(3) 179-179   2016年6月   [査読有り]
Mita T., Culleton R., Takahashi N., Nakamura M., Tsukahara T., Hunja C.W., Win Z.Z., Htike W.W., Marma A.S., Dysoley L., Ndounga M., Dzodzomenyo M., Akhwale W.S., Kobayashi J., Uemura H., Kaneko A., Hombhanje F., Ferreira M.U., Bj?rkman A., Endo H., Ohaship J.
Antimicrobial Agents and Chemotherapy   60(6) 3340-3347   2016年6月   [査読有り]
Morales J., Hashimoto M., Williams T.A., Hirawake-Mogi H., Makiuchi T., Tsubouchi A., Kaga N., Taka H., Fujimura T., Koike M., Mita T., Bringaud F., Concepci?n J.L., Hashimoto T., Embley T.M., Nara T.
Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences   283(1830)    2016年5月   [査読有り]
Takamiya S., Hashimoto M., Mita T., Yokota T., Nakajima Y., Yamakura F., Sugio S., Fujimura T., Ueno T., Yamasaki H.
Parasitology International   65(2) 120-120   2016年4月   [査読有り]
Mita T., Tachibana S.-I., Hashimoto M., Hirai M.
Expert Review of Anti-Infective Therapy   14(1) 125-135   2016年   [査読有り]
Hashimoto M., Nara T., Enomoto M., Kurebayashi N., Yoshida M., Sakurai T., Mita T., Mikoshiba K.
Biochemical and Biophysical Research Communications   466(3) 475-480   2015年10月   [査読有り]
Mita T., Jombart T.
Parasitology International   64(3) 238-243   2015年6月   [査読有り]
Murai K., Culleton R., Hisaoka T., Endo H., Mita T.
Parasitology International   64(3) 267-273   2015年6月   [査読有り]
Tanabe K., Zollner G., Vaughan J.A., Sattabongkot J., Khuntirat B., Honma H., Mita T., Tsuboi T., Coleman R.
Parasitology international   64(3) 260-266   2015年6月   [査読有り]
Mita T.
Parasitology International   64(3) viii-xiii   2015年   [査読有り]
Horii T., Mita T.
Parasitology International   64(3) vii   2015年   [査読有り]
Tsukahara T, Ogura S, Sugahara T, Sekihara M, Furusawa T, Kondo N, Mita T, Endo H, Hombhanje F
Frontiers in Public Health   3 275   2015年   [査読有り]
Honma H., Hirai M., Nakamura S., Hakimi H., Kawazu S.-I., Palacpac N.M.Q., Hisaeda H., Matsuoka H., Kawai S., Endo H., Yasunaga T., Ohashi J.U.N., Mita T., Horii T., Furusawa M., Tanabe K.
DNA Research   21(4) 439-446   2014年8月   [査読有り]
Mita T., Ohashi J., Venkatesan M., Marma A.S.P., Nakamura M., Plowe C.V., Tanabe K.
Journal of Infectious Diseases   209(1) 130-139   2014年   [査読有り]
Tanabe K., Mita T., Palacpac N.M.Q., Arisue N., Tougan T., Kawai S., Jombart T., Kobayashi F., Horii T.
Vaccine   31(9) 1334-1339   2013年2月   [査読有り]
Tanabe K., Jombart T., Horibe S., Palacpac N.M.Q., Honma H., Tachibana S.-I., Nakamura M., Horii T., Kishino H., Mita T.
Mitochondrion   13(6) 630-636   2013年   [査読有り]
Hunja C.W., Unger H., Ferreira P.E., Lumsden R., Morris S., Aman R., Alexander C., Mita T., Culleton R.
International Journal for Parasitology   43(11) 885-889   2013年   [査読有り]
Khattak A.A., Venkatesan M., Jacob C.G., Artimovich E.M., Nadeem M.F., Nighat F., Hombhanje F., Mita T., Malik S.A., Plowe C.V.
Malaria Journal   12(1)    2013年   [査読有り]
Mita T., Tanabe K.
Japanese Journal of Infectious Diseases   65(6) 465-475   2012年   [査読有り]
Tachibana S.-I., Sullivan S.A., Kawai S., Nakamura S., Kim H.R., Goto N., Arisue N., Palacpac N.M.Q., Honma H., Yagi M., Tougan T., Katakai Y., Kaneko O., Mita T., Kita K., Yasutomi Y., Sutton P.L., Shakhbatyan R., Horii T., Yasunaga T., Barnwell J.W., Escalante A.A., Carlton J.M., Tanabe K.
Nature Genetics   44(9) 1051-1055   2012年   [査読有り]
Takahashi N., Tanabe K., Tsukahara T., Dzodzomenyo M., Dysoley L., Khamlome B., Sattabongkot J., Nakamura M., Sakurai M., Kobayashi J., Kaneko A., Endo H., Hombhanje F., Tsuboi T., Mita T.
Malaria Journal   11    2012年   [査読有り]
Takahashi N., Tanabe K., Tsukahara T., Dzodzomenyo M., Dysoley L., Khamlome B., Sattabongkot J., Nakamura M., Sakurai M., Kobayashi J., Kaneko A., Endo H., Hombhanje F., Tsuboi T., Mita T.
Malaria Journal   92   2012年   [査読有り]
Tanabe K., Arisue N., Palacpac N.M.Q., Yagi M., Tougan T., Honma H., Ferreira M.U., F?rnert A., Bj?rkman A., Kaneko A., Nakamura M., Hirayama K., Mita T., Horii T.
Vaccine   30(9) 1583-1593   2012年   [査読有り]
Doi M., Tanabe K., Tachibana S.-I., Hamai M., Tachibana M., Mita T., Yagi M., Zeyrek F.Y., Ferreira M.U., Ohmae H., Kaneko A., Randrianarivelojosia M., Sattabongkot J., Cao Y.-M., Horii T., Torii M., Tsuboi T.
Vaccine   29(26) 4308-4315   2011年6月   [査読有り]
Mita T., Venkatesan M., Ohashi J., Culleton R., Takahashi N., Tsukahara T., Ndounga M., Dysoley L., Endo H., Hombhanje F., Ferreira M.U., Plowe C.V., Tanabe K.
Journal of Infectious Diseases   204(12) 1980-1988   2011年   [査読有り]
Honma H., Kim J.-Y., Palacpac N.M.Q., Mita T., Lee W., Horii T., Tanabe K.
Malaria Journal   10    2011年   [査読有り]
Tanabe K., Zakeri S., Palacpac N.M.Q., Afsharpad M., Randrianarivelojosia M., Kaneko A., Marma A.S.P., Horii T., Mita T.
Antimicrobial Agents and Chemotherapy   55(1) 94-100   2011年   [査読有り]
Tanabe K., Mita T., Jombart T., Eriksson A., Horibe S., Palacpac N., Ranford-Cartwright L., Sawai H., Sakihama N., Ohmae H., Nakamura M., Ferreira M.U., Escalante A.A., Prugnolle F., Bj?rkman A., F?rnert A., Kaneko A., Horii T., Manica A., Kishino H., Balloux F.
Current Biology   20(14) 1283-1289   2010年   [査読有り]
Mita T.
Acta Tropica   114(3) 166-170   2010年   [査読有り]
Marma A.S.P., Mita T., Eto H., Tsukahara T., Sarker S., Endo H.
Parasitology International   59(2) 178-182   2010年   [査読有り]
Mita T., Tanabe K., Kita K.
Parasitology International   58(3) 201-209   2009年   [査読有り]
Mita T., Tanabe K., Takahashi N., Culleton R., Ndounga M., Dzodzomenyo M., Akhwale W.S., Kaneko A., Kobayakawa T.
Journal of Antimicrobial Chemotherapy   63(2) 252-255   2009年   [査読有り]
Culleton R.L., Mita T., Ndounga M., Unger H., Cravo P.V.L., Paganotti G.M., Takahashi N., Kaneko A., Eto H., Tinto H., Karema C., D'Alessandro U., Do Ros?rio V., Kobayakawa T., Ntoumi F., Carter R., Tanabe K.
Malaria Journal   7    2008年9月   [査読有り]
Dysoley L., Kaneko A., Eto H., Mita T., Socheat D., B?rkman A., Kobayakawa T.
Acta Tropica   106(3) 207-212   2008年   [査読有り]
Mita T., Tanabe K., Takahashi N., Tsukahara T., Eto H., Dysoley L., Ohmae H., Kita K., Krudsood S., Looareesuwan S., Kaneko A., Bj?rkman A., Kobayakawa T.
Antimicrobial Agents and Chemotherapy   51(3) 1071-1077   2007年   [査読有り]
Mita T., Kaneko A., Hwaihwanje I., Tsukahara T., Takahashi N., Osawa H., Tanabe K., Kobayakawa T., Bj?rkman A.
Infection, Genetics and Evolution   6(6) 447-452   2006年   [査読有り]
Mita T., Kaneko A., Hombhanje F., Hwaihwanje I., Takahashi N., Osawa H., Tsukahara T., Masta A., Lum J.K., Kobayakawa T., Ishizaki T., Bj?rkman A.
Acta Tropica   98(2) 137-144   2006年   [査読有り]
Mita T., Kaneko A., Lum J.K., Zungu I.L., Tsukahara T., Eto H., Kobayakawa T., Bj?rkman A., Tanabe K.
Molecular and Biochemical Parasitology   135(1) 159-163   2004年   [査読有り]
Mita T., Kaneko A., Lum J.K., Bwijo B., Takechi M., Zungu I.L., Tsukahara T., Tanabe K., Kobayakawa T., Bj?rkman A.
American Journal of Tropical Medicine and Hygiene   68(4) 413-415   2003年   [査読有り]
Bwijo B., Kaneko A., Takechi M., Zungu I.L., Moriyama Y., Lum J.K., Tsukahara T., Mita T., Takahashi N., Bergqvist Y., Bj?rkman A., Kobayakawa T.
Acta Tropica   85(3) 363-373   2003年   [査読有り]
Mita T., Nakanishi Y., Ochiai A., Shimoda T., Kato H., Yamaguchi H., Toda G.
Pathology International   49(7) 643-647   1999年   [査読有り]
Kato S.-I., Torii A., Inadama E., Mita T., Anami M., Asakawa H., Tanaka F., Sakurai T., Negishi M., Ariizumi M., Toda G., Takahashi H.
Gastroenterological Endoscopy   40(4) 649-650   1998年   [査読有り]

Misc

 
【今、蚊を考える-蚊媒介感染症に関する最近の話題】 蚊媒介感染症に関する最近の話題 マラリア
美田 敏宏
臨床と微生物   44(3) 263-268   2017年5月
マラリアは世界三大感染症の1つであり、eliminationに向けたグローバルな取り組みが進められているが、薬剤耐性やsubmicroscopic infectionなど多くの難題がある。本稿では、このような難題に最先端研究がどう貢献しているかについて概説する。(著者抄録)
STH-PAS法を活用したマラリア遺伝子診断ツールの開発
川合 覚, 丹羽 孝介, 川瀬 三雄, 美田 敏宏
Clinical Parasitology   26(1) 86-89   2015年12月
分泌型シトクロムb5の寄生適応における生理的意義 寄生線虫における分布
高宮 信三郎, 橋本 宗明, 山崎 浩, 美田 敏宏
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [1P-165]   2016年9月
STH-PAS法を活用したマラリア遺伝子診断ツールの開発
川合 覚, 丹羽 孝介, 川瀬 三雄, 美田 敏宏
日本臨床寄生虫学会大会プログラム・講演要旨   26回 40-40   2015年6月
他科に聞くシリーズ 国内で遭遇する可能性のある熱帯病 確実な診断と感染防御の最新知見
美田 敏宏
日本臨床内科医会会誌   29(5) 756-760   2015年3月
駆虫により咽頭違和感が消失した無鉤条虫症の1例
村井 謙治, 鈴木 麻衣, 鈴木 彰人, 石島 聡子, 渡辺 由希子, 乾 啓洋, 高宮 信三郎, 山崎 浩, 内藤 俊夫, 美田 敏宏, 礒沼 弘
Clinical Parasitology   24(1) 94-96   2013年12月
30歳代男。入院する約1年前、エチオピア南部の食堂で生の牛肉を摂食した。2日後、39℃の発熱があったが翌日には解熱し、1週間後に下痢があった。入院約40日前に東京都内の肉料理店で牛刺しを食べた。入院20日前頃に便中で動く小さな白色様のものを見つけ、条虫と確認された。「喉の奥で何かが動いて気分が悪い」と咽頭違和感を自覚したため、入院6日前に受診した。喉頭内視鏡検査で観察したが、咽頭吸虫等の寄生虫や異物を認めず、咽喉頭炎に伴う咽頭違和感の可能性を考慮しニューキノロン系抗菌薬、去痰薬、咳嗽薬を処...
【検査値を読む2013】 便検査 寄生虫卵・虫体検査
美田 敏宏, 北 潔
内科   111(6) 1049-1049   2013年6月
薬剤耐性熱帯熱マラリア原虫の急速な選択は原虫集団の遺伝的多様性を低下させうるか
美田 敏宏, 塚原 高広, 高橋 延之, 遠藤 弘良
東京女子医科大学総合研究所紀要   32 42-43   2012年8月
サシガメ刺咬症の2例
小林 憲, 竹下 みずほ, 尾立 冬樹, 石崎 純子, 美田 敏宏
日本皮膚科学会雑誌   122(1) 124-124   2012年1月
抗マラリア薬の併用療法は既存の耐性原虫蔓延を抑制するか
美田 敏宏, 塚原 高広, 高橋 延之, 遠藤 弘良
東京女子医科大学総合研究所紀要   31 37-38   2011年8月
マダガスカルのマラリア低流行地域における医療従事者のマラリア迅速診断キット使用および診断結果遵守に関連する因子(Factors Associated With Preservers' Use of Malaria Rapid Diagnostic Tests and Adherence to Test Results in Areas of Unstable Malaria Transmission in Madagascar)
Rakotonandrasana Harimbola David, 塚原 高広, 清水 悟, 美田 敏宏, 遠藤 弘良
東京女子医科大学雑誌   81(1) 41-49   2011年2月
マラリア流行地域ではマラリア迅速診断キット(Rapid diagnostic test;RDT)の導入が進んでいるにもかかわらずいまだ臨床診断が広く行われている.また、DTの結果が陰性にもかかわらずその結果を遵守せず、多くの医療従事者は抗マラリア薬を処方している.本研究の目的は適正なRDTの使用およびRDT結果遵守に関連する医療者個人および医療施設因子を決定することである.2009年にマダガスカル国南部の半乾燥地域において31ヶ所の一次診療所に勤務する処方担当者を対象として質問紙を使用した...
クロロキン耐性関連遺伝子(pfcrt)周囲マイクロサテライト分析によるアジアおよび太平洋地域におけるクロロキン耐性熱帯熱マラリア原虫の起源
高橋 延之, 美田 敏宏, 遠藤 弘良
東京女子医科大学総合研究所紀要   30 33-34   2010年9月
ピリメタミン耐性熱帯熱マラリア原虫の出現時期推定
美田 敏宏, 大橋 順
東京女子医科大学総合研究所紀要   30 35-36   2010年9月
小林 憲, 竹下 みずほ, 尾立 冬樹, 石崎 純子, 美田 敏宏
臨床皮膚科   64(2) 173-177   2010年2月
症例1:33歳,男性.植木職人.仕事中に左手を虫に刺された.症例2:5歳,男児.自宅前の木で見つけた虫を手で捕まえようとしたところ,右第2指を刺された.いずれも立川市内で発生.症例1は受傷から1時間30分後に受診し,2つの刺し口を有し,発赤,腫脹を伴う有痛性硬結を認めた.症例2は受傷30分以内で受診し,刺し口と周囲の紫斑のみであった.いずれの症例も持参した虫はヨコヅナサシガメと同定された.ヨコヅナサシガメは,1928年九州で初めて確認されたインドから中国原産の帰化昆虫で,1990年以降生息...
アフリカにおけるpyrimethamine耐性熱帯熱マラリア原虫の独立進化と拡散
美田 敏宏, 高橋 延之, 遠藤 弘良
東京女子医科大学総合研究所紀要   29 31-32   2009年7月
熱帯熱マラリア原虫におけるsulfadoxine耐性関連遺伝子(dhps)の集団遺伝学的検討
美田 敏宏, 高橋 延之, 遠藤 弘良
東京女子医科大学総合研究所紀要   29 33-34   2009年7月
pfcrt(Plasmodium falciparum chloroquine resistance transporter)遺伝子型とpfcrt周囲マイクロサテライト多型の分析によるクロロキン耐性熱帯熱マラリア原虫の起源の推定
高橋 延之, 美田 敏宏, 遠藤 弘良
東京女子医科大学総合研究所紀要   29 35-36   2009年7月
【"熱帯病"研究の最前線】 集団遺伝学的アプローチが明かす新しいマラリア感染像
田邉 和裄, 美田 敏宏
医学のあゆみ   229(4) 247-251   2009年4月
AIDS、結核と並び世界の三大感染症のひとつであるマラリアは毎年、3億人がかかり、百万人以上の命を奪っている。マラリアなどの感染症の伝播や流行を研究する分野は疫学であるが、伝播・流行という現象は、病原体の側からみると、病原体がそのゲノムをある世代からつぎの世代へ伝える集団レベルの遺伝現象である。最近、マラリアの集団遺伝学的研究が進展し、従来の疫学研究にはなかったマラリア感染の新しい見方が生まれつつある。本稿では、そうした新しいマラリア感染像を紹介する。そのなかで、(1)マラリア原虫の遺伝的...
ピリメタミン耐性熱帯熱マラリア原虫はアフリカに多数の独立起源を持つ
美田 敏宏, 高橋 延之, 田邉 和裄, 小早川 隆敏
東京女子医科大学総合研究所紀要   28 28-29   2008年11月
基礎研究の新たな方向性を解く 疾患解明Overview マラリアの薬剤耐性とその克服
美田 敏宏, 北 潔
実験医学   26(11) 1777-1783   2008年7月
ダブルバルーン内視鏡にて観察した日本海裂頭条虫症の1例
長尾 健太, 小西 洋之, 岸野 真衣子, 中村 真一, 白鳥 敬子, 美田 敏宏
Clinical Parasitology   18(1) 61-63   2008年2月
日本海裂頭条虫症が疑われた30歳男性例に対してダブルバルーン内視鏡検査を施行した。その結果、回腸粘膜に吸着している日本海裂頭条虫を確認することができ、さらに、ガストログラフィンで駆虫される様子を観察することができた。
ピリメサミン耐性熱帯熱マラリアの起源および空間的拡散
美田 敏宏, 高橋 延之
東京女子医科大学総合研究所紀要   27 26-27   2007年10月
Boualam Khamlome, Boualam Khamlome, Hideaki Eto, Toshihiro Mita, Miki Sakurai, Takayuki Saito, Ataru Tsuzuki, Jun Kobayashi, Samlane Phompida, Takatoshi Kobayakawa
Tropical Medicine and Health   35(4) 343-350   2007年1月
In 1999, an insecticide-treated net (ITN) distribution project was started in several malaria-endemic villages in Lao P.D.R., namely Vientiane, Bolikhamxay and Khammouanne Provinces. After the completion of the project, it was found that the ITNs ...
東南アジア、メラネシアにおけるPyrimethamine耐性熱帯熱マラリア原虫の空間的拡散解析
美田 敏宏, 小早川 隆敏
東京女子医科大学総合研究所紀要   26 24-25   2006年7月
パプアニューギニアにおける熱帯熱マラリア原虫薬剤耐性の進化論的検討
美田 敏宏, 高橋 延之, 塚原 高広, 小早川 隆敏
東京女子医科大学総合研究所紀要   25 28-29   2005年7月
フィールドにおけるクロロキン圧消失は感受性熱帯熱マラリア原虫の選択をもたらす
美田 敏宏, 金子 明, 小早川 隆敏
東京女子医科大学総合研究所紀要   24 28-29   2004年7月
1998および2000年サリマ地区でクロロキン薬剤耐性試験を実施し,著明な感受性の回復,およびK76T変異率の低下という結果を得た.そこで,K76T変異率の低下機序をより詳細に検討するため,原虫の薬剤耐性関連変異の集団遺伝学的考察を試みた.60例(1998)および137例(2000)の熱帯熱マラリア原虫陽性患者を対象にした.クロロキン中止後のマラウイにおけるpfcrtK76T変異率減少の機序は野生型alleleを持った原虫のexpansionによって起こり,同位のback mutation...
JICA開発パートナー事業実施報告 パプア・ニューギニア大学との「マラリア防圧に関わる総合的研究協力」プロジェクト
塚原 高広, 大澤 彦太, 金子 明, 江藤 秀顕, 美田 敏宏, 高橋 延之, 小早川 隆敏
熱帯   36(117-160) 117-124   2004年3月
マラウイにおける治療政策変更によるchloroquine使用中止が熱帯熱マラリア原虫集団に与えた影響
美田 敏宏, 塚原 高広, 金子 明, 小早川 隆敏
日本内科学会雑誌   93(Suppl.) 201-201   2004年2月
パプアニューギニアにおける熱帯熱マラリア原虫pfcrt及びpfmdrl遺伝子変異の検討
美田 敏宏, 塚原 高広, 江藤 秀顕, 金子 明, 小早川 隆敏
東京女子医科大学総合研究所紀要   23 27-28   2003年7月
東京都特別区における結核の疫学特性
西浦 博, 金子 明, 美田 敏宏, 塚原 高広, Lum Jeffrey Kojiro, 山浦 常, 江藤 秀顕, 小早川 隆敏
地域環境保健福祉研究   6(2) 1-6   2003年3月
日本最大の都市である東京都特別区における結核の疫学的研究を行った.結核予防法に基づいて性・年齢別及び各保健所・保健センター別に統計された1988〜1997年の結核新登録患者数を利用して結核罹患率及び年齢調整結核罹患率を求め,主にその記述疫学特性について検討した.罹患率は減少傾向にあったが,1990年代前半からその減少傾向に鈍化が認められた.老年人口指数と年齢調整罹患率との間に有意な正の相関関係を認め,罹患率減少速度に鈍化を来たした主な要因は人口の急速な高齢化に伴う高齢者結核の増加であると考...
マラウイにおけるクロロキン耐性関連遺伝子の分子論的検討
美田 敏宏, 金子 明, Lum Jeffrey K., 塚原 高広, 武地 美保, Bwijo A., Zungu I., 小早川 隆敏
日本熱帯医学会雑誌   30(増刊) 223-223   2002年9月
マラウイにおけるクロロキン使用中止後の熱帯熱マラリア原虫クロロキン感受性能回復とPfcrt遺伝子K76T低変異率
美田 敏宏, 金子 明, Lum J.Kojiro, Bwijo Bwijo, 武地 美保, Zungu Innocent L., 塚原 高広, 高張 延之, 小早川 隆敏, Bjoerkman Anders
東京女子医科大学総合研究所紀要   22 29-30   2002年7月
標題の感受性能回復の程度を調べるため,マラウイ,サリマ地域において1998及び2000年の2回にわたりin vitro薬剤耐性試験を行った.又,日本に持ち帰った濾紙採血サンプルにより熱帯熱マラリア原虫のpfcrt遺伝子変異及びpfmdr 1遺伝子変異について検討した.薬剤耐性試験を行った熱帯熱マラリア原虫96例中,クロロキン(CQ)耐性原虫は9%,pfcrt変異(K76T)は7%,pfmdr 1変異(N86Y)は48%であった.このpfcrt変異率は,CQを常用している他のアフリカ諸国より...
Malawiにおける熱帯熱マラリア原虫クロロキン耐性遺伝子Pfcrt及びPfmdr1多型
美田 敏宏, 金子 明, 塚原 高広, 武地 美保, Bwijo A., Zungu I., 小早川 隆敏
日本熱帯医学会雑誌   29(増刊) 159-159   2001年8月
ヴァヌアツ島嶼におけるマラリア化学療法及び防圧
金子 明, Lum Jeffrey Kojiro, 美田 敏宏, 塚原 高広, 高橋 延之, Bjoerkman Anders, 小早川 隆敏
東京女子医科大学総合研究所紀要   21 31-32   2001年7月
ヴァヌアツマラクラ島の熱帯熱または三日熱マラリア患者100名に対しProguanil(PG)投与を行い,治療効果と遺伝子型の関係を検討した.その結果,ヴァヌアツのメラネシア人集団ではpoor metabolizer(PM)の割合が高く,CYP2C19-PM遺伝子型が多く分布することが判明した.PG治療後のPG代謝はCYP2C19に関する遺伝子型と強く相関を示したが,治療効果ではCYP2C19遺伝子型,原虫DHFR遺伝子型ともに相関を示さなかった.次にアネイチュウム島の全島民700名を対象に...
金子 明, Morris Kalkoa, 美田 敏宏, 武地 美保, Bergqvist Yngve, 小早川 隆敏, 石崎 高志, Bjoerkman Anders
臨床薬理   32(2) 331S-332S   2001年3月
pyrimethamine/sulfadoxine(PS)の治療効果と原虫薬剤耐性遺伝子変異の検討
美田 敏宏, 塚原 高広, 金子 明, 小早川 隆敏
日本内科学会雑誌   90(臨増) 177-177   2001年2月
ヴァヌアツ島嶼熱帯熱マラリアに対するpyrimethamine/sulfadoxine治療効果の分子疫学的検討
美田 敏宏, 金子 明, Taleo G., Kalkoa M., Bjoerkman A., 小早川 隆敏
日本熱帯医学会雑誌   28(増刊) 277-277   2000年10月
アンケート調査による化学物質過敏症とホルムアルデヒドの関連
美田 敏宏, 堀内 雅浩, 刀根 隆, 島村 雄二, 渡邉 紀明
東京都衛生局学会誌   (102) 350-351   1999年5月
佐々木 知也, 美田 敏宏, 浅川 博, 松岡 美佳, 稲玉 英輔, 戸島 恭一郎, 鳥居 明, 戸田 剛太郎
Progress of Digestive Endoscopy(消化器内視鏡の進歩)   52 102,6-103,6   1998年10月
低分化の成分を混在した胃分化型sm癌のリンパ節転移に関する臨床病理学的検討
美田 敏宏
Gastroenterological Endoscopy   40(Suppl.1) 388-388   1998年3月
リンパ節転移を認めた分化型早期胃癌の検討
美田 敏宏
日本病理学会会誌   86(1) 260-260   1997年4月
加藤 慎一, 鳥居 明, 美田 敏宏
Gastroenterological Endoscopy   37(4) 792-799   1995年4月
美田 敏宏, 鳥居 明, 金木 昌之
Progress of Digestive Endoscopy(消化器内視鏡の進歩)   44 172-173   1994年6月
インターフェロン投与中に発症した間質性肺臓炎の1例
美田 敏宏
日本内科学会関東地方会抄録集   (4) 162-162   1993年3月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2018年    代表者: 美田 敏宏
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 美田 敏宏
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 川合 覚
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 塚原 高広
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 美田 敏宏

書籍等出版物

 
旅行者下痢症とその対策
アジア旅行者のための感染症対策(連合出版)   2003年   

委員歴

 
 
   
 
(学内運営)医学部研究委員会  委員長
 
 
   
 
(学内運営)感染制御センター  副センター長
 
 
   
 
(学内運営)ZoneG  オーガナイザー
 
 
   
 
(学内運営)医学部学生部  委員
 
 
   
 
(学内運営)大学院検討委員会研究小委員会  委員
 

社会貢献活動

 
国際協力システムにて熱帯感染症講義(年5回)
【講師】

教育活動

 
大学院教育
講義等
学部教育
M1 熱帯医学概論
ZoneC 血液-マラリア
zoneG 寄生虫学講義-マラリア、臨床寄生虫学、及び実習担当
ZoneI グローバルな感染症対策
大学院生の指導実績
これまで7人
現在6人指導中(うち2人は海外留学生)
他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
東京女子医科大学非常勤講師
平成24年度東京女子医科大学クラークシップ(熱帯医学)3期担当
平成24年度東京女子医科大学・寄生虫学講義、実習担当
ファカルティディベロップメント
平成24年度医学教育ミニワークショップ参加
平成24年度新入生フレッシュマンキャンプ参加
平成24年度医学教育ワークショップ参加
平成25年度新入生フレッシュマンキャンプ参加
平成26年度新入生フレッシュマンキャンプ参加
平成26年度医学教育ワークショップ参加