勝又 基

J-GLOBALへ         更新日: 15/09/24 02:47
 
アバター
研究者氏名
勝又 基
 
カツマタ モトイ
所属
明星大学
部署
人文学部 日本文化学科
職名
教授
学位
博士(文学 九州大学 甲第72号)(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
 - 
2004年
東京大学 学振PD
 
2005年
 - 
2007年
明星大学 日本文化学部 言語文化学科 専任講師
 
2008年
 - 
2010年
明星大学 日本文化学部 言語文化学科 准教授
 
2010年
 - 
2015年
明星大学 人文学部 日本文化学科 准教授
 
2012年
 - 
2013年
国文学研究資料館 客員准教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年
九州大学 文学研究科 国語学・国文学専攻
 
 
 - 
2001年
九州大学 文学研究科 国語学・国文学専攻
 
 
 - 
1993年
金沢大学 文学部 文学科
 

委員歴

 
2005年
 - 
2006年
国文学研究資料館 文献調査委員
 
2008年
 - 
2014年
日本近世文学会  ホームページ委員
 
2012年
 - 
2014年
日本近世文学会  「近世文藝」編集委員
 
2012年
 - 
2016年
日本近世文学会  委員
 

論文

 
勝又 基
金沢大学国語国文   0(36) 48-58   2011年3月
勝又 基
明星大学研究紀要, 人文学部・日本文化学科   0(19) 41-53   2011年
勝又 基
近世文芸   30-43   2010年1月
矢吹 美貴, 勝又 基
北陸古典研究   0(24) 25-44   2009年11月
勝又 基
東アジア比較文化研究   85-95   2009年6月
勝又 基
明星大学研究紀要, 日本文化学部・言語文化学科   0(17) 91-100   2009年
勝又 基
明星大学研究紀要. 日本文化学部・言語文化学科   16(0) 147-159   2008年
勝又 基
明星大学研究紀要. 日本文化学部・言語文化学科   15(0) 97-107   2007年3月
勝又 基
明星大学研究紀要. 日本文化学部・言語文化学科   14(0) 73-83   2006年3月
勝又 基
金沢大学国語国文   0(28) 40-49   2003年3月
勝又 基
近世文芸   17-30   2002年1月
川平 敏文, 勝又 基
近世初期文芸   0(18) 149-191   2001年12月
勝又 基
北陸古典研究   0(16) 83-101   2001年10月
勝又 基
雅俗   0(8) 57-69   2001年
勝又 基
北陸古典研究   0(15) 128-145   2000年10月
勝又 基
語文研究   33-44   2000年6月
勝又 基
文献探究   83-93   2000年
勝又 基
近世文芸   1-10   1999年7月
勝又 基
語文研究   193-203   1999年6月
中野三敏教授退官記念号
勝又 基
文献探究   51-65   1999年3月
川平 敏文, 勝又 基
文献探究   16-30   1998年3月
勝又 基
金沢大学国語国文   23(0) 154-161   1998年2月
勝又 基
語文研究   1-10   1996年6月

講演・口頭発表等

 
近世仏教と孝子伝 明学がもたらしたもの
九州大学国語国文学会 九州大学箱崎キャンパス中央図書館4階視聴覚ホール   2015年   
Zen and Filial Piety From Medieval to Pre-modern
Assosiation of Japanese Literary Studies 2014 Annual Conference Western Washington University   2014年   
Filial Son or Filial Child: The Relationship between Filial Commendation and Age in Early Modern Japan
New England Association for Asian Studies Academic Conference 2014 University of Connecticut   2014年   
中村惕斎「金杉孝子会語」について
仮名草子研究会例会 国文学研究資料館   2013年   
近世前期における孝子日本代表の選出 ――『本朝人鑑』『続本朝人鑑』『釈氏二十四孝』『釈門孝子伝』について
北陸古典研究会 金沢大学サテライトプラザ   2012年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
近世後期江戸・上方小説における相互交流の研究
研究期間: 2005年 - 2008年
旧台北帝大に遺存する国学者・長沢伴雄の旧蔵書に関する総合的研究
研究期間: 2007年 - 2009年
『本朝孝子伝』研究-「孝」から見た近世前期文学の再検討
研究期間: 2008年 - 2010年
説話文学の中世と近世 ――『本朝孝子伝』を中心として
研究期間: 2009年 - 2009年
平成21年度特別研究費(共同研究助成費)。近世前期の代表的な孝子説話集である『本朝孝子伝』のテキスト整備を行い、『『本朝孝子伝』本文集成』を刊行した。
『本朝孝子伝』研究 ――「孝」から見た近世前期文学の再検討
研究期間: 2009年 - 2012年
近世前期の代表的な孝子伝である『本朝孝子伝』の注釈と作者・藤井懶斎の伝記研究を中心として、近世前期文学を教訓、とくに孝の視点から再考する。