吉田 実

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/30 10:29
 
アバター
研究者氏名
吉田 実
 
ヨシダ ミノル
URL
http://www.ele.kindai.ac.jp/yoshida/
所属
近畿大学
部署
理工学部 電気電子工学科
職名
教授
学位
博士(工学)(大阪大学)
その他の所属
大学院総合理工学研究科

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
現在
近畿大学 理工学部電気電子工学科 教授
 
1985年4月
 - 
2003年12月
三菱電線工業株式会社 情報通信事業部 情報通信・フォトニクス研究所 主席研究員
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
NEDO  「次世代素材等レーザー加工技術開発プロジェクト」研究評価委員会(分科会)委員
 
2012年4月
 - 
現在
レーザー学会   「ファイバレーザー技術」専門委員会委員
 
2011年12月
 - 
現在
レーザー学会   関西支部運営委員会委員 (幹事)
 
2011年6月
 - 
現在
レーザー学会  編集委員会委員
 
2008年11月
 - 
現在
特定非営利法人 レーザー技術推進センター   理事
 

受賞

 
 
平成 2年4月 電気関係学会関西支部連合大会 奨励賞
 
 
平成 9年4月 科学技術庁長官 第56回注目発明選定
 
 
平成17年5月 レーザー学会 奨励賞
 
 
平成21年5月 レーザー学会 論文賞
 
 
平成21年11月(財)日本発明協会 近畿地方発明奨励賞
 

論文

 
Visible ns-pulse laser oscillation in Pr-doped double-clad structured waterproof fluoride glass fiber with SESAM
The Journal of Engineering   2017 407-409   2017年6月   [査読有り]
梶川 翔太, 寺尾 季倫, 吉田 実, 藤本 靖
電気学会論文誌C   136(11) 1506-1510   2016年11月   [査読有り]
All-fiber phase-control-free coherent-beamcombining toward femtosecond-pulse amplification
Yuta Kambayashi, Minoru Yoshida, Toshiki Sasaki, Masashi Yoshikawa
Optics Communications   382 556-558   2016年8月   [査読有り]
共振器長制御によるコヒーレント共振器結合ファイバレーザーの高多重化
閑林 優太,佐々木 俊貴,吉田 実
レーザー研究   44(6) 385-389   2016年6月   [査読有り]
閑林優太、吉田実、井上大樹
電気学会論文誌C   136(1) 70-75   2016年1月   [査読有り]

Misc

 
OPAおよびXPWを用いたパルスクリーナーの開発
吉田実, 吉井 健登, Xiaoyang Guo, 時田茂樹, 西岡一, 河仲準二
大阪大学レーザー科学研究所平成29年度共同研究成果報告書      2018年5月
繰返しパルス照射による光学材料のレーザー損傷しきい値
吉田実、竹村有輝、本越伸二、實野孝久、藤岡加奈、小川遼、吉村政志
大阪大学レーザー科学研究所平成29年度共同研究成果報告書      2018年5月
Prドープ耐候性フッ化物ファイバによる先進的可視光レーザーの開発
吉田実、梶川翔太、村上太朗、石井修、山嵜正明、藤本靖
大阪大学レーザーエネルギー学研究センター平成28年度共同研究成果報告書      2017年5月
光パラメトリック増幅による次世代高強度レーザーシステムの開発
吉田実, 吉井健登, Xiaoyang Guo, 伊山功一, 時田茂樹, 川嶋利幸, 西岡一, 河仲準二
大阪大学レーザーエネルギー学研究センター平成28年度共同研究成果報告書      2017年5月
Nd/Cr:YAGの材料内におけるエネルギー移乗に関する研究
吉田実、山田隼弘、本越伸二、實野孝久、藤岡加奈、時田茂樹、河仲準二
大阪大学レーザーエネルギー学研究センター平成28年度共同研究成果報告書      2017年5月

書籍等出版物

 
レーザーものづくり入門 -基礎から装置導入まで-
吉田 実, 中野 人志 (担当:共著)
レーザープラットフォーム協議会(産報出版)   2010年1月   

講演・口頭発表等

 
Development of coherent addition system used nematic liquid crystal toward ultrashort pulse amplification
K. Takada, T. Nakamura, K. Nakayama, M. Yoshida
Laser Precision Microfabrication   2018年6月25日   
Er-doped fiber laser architecture for robust and passive pulse generation
K. Morishita, M. Yoshida
Laser Precision Microfabrication   2018年6月25日   
フェムト秒レーザー照射によりPLA表面へ形成したナノ周期構造上での細胞進展制御
竹中啓輔、塚本雅裕、大賀貴寬、佐藤雄二、清家翼、吉田 実、村井健介、浅井知
第65回応用物理学会春期学術講演会   2018年4月20日   
高濃度Er添加光ファイバを可飽和吸収体として利用したパルスファイバレーザーの発振特性の向上
福山像吾、吉田実、藤本靖
電気学会電子材料研究会   2018年3月28日   
低利得光パラメトリック増幅による高コントラスト広帯域アイドラー光の発生
吉井健登、Guo Xiaoyang、時田茂樹、吉田 実、西岡一、河仲準二
第65回応用物理学会春期学術講演会   2018年3月20日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
全ファイバ型フェムト秒パルスレーザーの産業応用に資する高エネルギー化と髙安定
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 吉田 実
高エネルギー高効率化を可能とする国産技術中心の位相結合ファイバレーザーの高出力化
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 吉田 実
省資源加工に貢献する高効率・高精細加工が可能な位相結合ファイバレーザーの高効率化
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 吉田 実
光ファイバ応用
光ファイバを利用したファイバレーザー用途、通信用途の新しい光部品の開発を行うと同時に、測定技術の開発も進めている。
ファイバレーザー
産業界で導入が進められつつあるファイバレーザーの高出力化、高安定化、フェムト秒領域の短パルス発生、ナノ秒領域の10GW/cm^2の高輝度パルスの発生に関して、実用化を視野に入れた開発を進めている。

特許

 
特願2010-118318 : 金属表面加工方法及び金属表面加工装置
藤田雅之,染川智弘, 吉田 実, 中瀬拓也,小林隆
特願2012-188426 : 蛍光ガラス、蛍光ガラスの製造方法、光ファイバ及びファイバレーザ
藤本靖、村上元一郎、杉山誠一、吉田実、中野人志