木下 浩二

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/15 11:49
 
アバター
研究者氏名
木下 浩二
 
キノシタ コウジ
所属
近畿大学
部署
医学部 血液・膠原病内科
職名
准教授
学位
医学博士(近畿大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1986年
近畿大学 医学部 医学研究科
 

論文

 
Nozaki Y, Kinoshita K, Ri J, Sakai K, Shiga T, Hino S, Hirooka Y, Sugiyama M, Funauchi M, Matsumura I.
Mod Rheumatol.   26 265-270   2016年   [査読有り]
Nozaki Y, Kinoshita K, Hino S, Yano T, Niki K, Hirooka Y, Kishimoto K, Funauchi M, Matsumura I.
Am J Physiol Renal Physiol.   308 899-909   2015年   [査読有り]
Interleukin-18 receptor α has differing roles in the systemic response and renal inflammation in lipopolysaccharide-induced acute kidney injury
Hino S,Nozaki Y,Kinoshita K, Funauchi M,
ACTA MEDICA KINKI UNIVERSITY   38 15-22   2015年   [査読有り]
Yano T, Nozaki Y, Kinoshita K, Hino S, Hirooka Y, Niki K, Shimazu H, Kishimoto K, Funauch M, Matsumura I.
Lab Invest.   95 78-91   2015年   [査読有り]
Estimation of kidney injury molecule-1 (Kim-1) in patients with lupus nephritis.
Nozaki Y, Kinoshita K, Yano T, Shiga T, Hino S, Niki K, Kishimoto K, Funauchi M, Matsumura I.
Am J Physiol Renal Physiol.   306 F1210-1221   2014年   [査読有り]

Misc

 
Update in Autoimmunology
木下 浩二
Update in Autoimmunology      2007年

書籍等出版物

 
Update in Autoimmunology
木下 浩二 (担当:編者)
Reseach Signpost   2007年   

講演・口頭発表等

 
インフリキシマブ増量・減量プロトコルによる臨床効果及び骨破壊進行抑制効果について
野﨑 祐史、冨田 大介、岡田 晃典、井上 明日圭、木下 浩二、船内 正憲、松村 到
第62回日本リウマチ学会総会   2018年4月   
A phase II trial of retinoids on lupus nephritis in a single center
M. Funauchi, Y. Nozaki, K. Kinoshita
EULAR Congress 2016   2016年6月   
リウマチ性多発筋痛症における関節エコー所見とMMP-3の変化に関する検討
井上明日圭、野﨑 祐史、伊丹 哲、酒井 健史、田崎知江美、李 進海、 湯本 妙子、朝戸 佳世、志賀 俊彦、樋野 尚一、矢野 智洋、岸本 和也、永禮 靖章、嶋津 秀紀、木下 浩二、船内 正憲、松村 到
第60回日本リウマチ学会総会   2016年4月   
成人発症スティル病10例を含む膠原病患者におけるプロカルシトニンの検討
酒井 健史、伊丹 哲、井上明日圭、田崎知江美、李 進海、湯本 妙子、朝戸 佳世、志賀 俊彦、樋野 尚一、矢野 智洋、 岸本 和也、嶋津 秀紀、永禮 靖章、野崎 祐史、 木下 浩二、船内 正憲、松村 到
第60回日本リウマチ学会総会   2016年4月   
ビスホスホネートからデノスマブへ変更することによるQOLと骨密度変化に与える影響について
永禮靖章、伊丹哲、酒井健史、井上明日圭、田崎知江美、李進海、 湯本妙子、朝戸佳世、 志賀俊彦、樋野尚一、矢野智洋、岸本和也、 嶋津秀紀、野﨑祐史、木下浩二、船内正憲、 松村到
第59回日本リウマチ学会総会   2015年4月