Shuji Arima

J-GLOBAL         Last updated: Dec 2, 2019 at 13:22
 
Avatar
Name
Shuji Arima
E-mail
shuarimamed.kindai.ac.jp
Affiliation
Kindai University
Section
Faculty of Medicine

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Jul 1995
Young Investigator Travel Award
 

Published Papers

 
Umemura S, Arima H, Arima S, Asayama K, Dohi Y, Hirooka Y, Horio T, Hoshide S, Ikeda S, Ishimitsu T, Ito M, Ito S, Iwashima Y, Kai H, Kamide K, Kanno Y, Kashihara N, Kawano Y, Kikuchi T, Kitamura K, Kitazono T, Kohara K, Kudo M, Kumagai H, Matsumura K, Matsuura H, Miura K, Mukoyama M, Nakamura S, Ohkubo T, Ohya Y, Okura T, Rakugi H, Saitoh S, Shibata H, Shimosawa T, Suzuki H, Takahashi S, Tamura K, Tomiyama H, Tsuchihashi T, Ueda S, Uehara Y, Urata H, Hirawa N
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   42(9) 1235-1481   Sep 2019   [Refereed]
Diverse Associations between Oxidative Stress and Thromboxane A2 in Hypertensive Glomerular Injury.
Nakano Y, Nakatani Y, Takami M, Taniyama Y, Aima S
Hypertens Res   42(4) 450-458   Apr 2019   [Refereed]
Urinary cell adhesion molecule 1 is a novel biomarker that links tubulointerstitial damage to glomerular filtration rates in chronic kidney disease.
Hagiyama M, Nakatani Y, Takashima Y, Kato T, Inoue T, Kimura R, Otani T, Sato Y, Mori H, Arima S, Ito A
Front Cell Dev Biol      2019   [Refereed]
Nakatani Y, Kawakami H, Ichikawa M, Yamamoto S, Otsuka Y, Mashiko A, Takashima Y, Ito A, Nakagawa K, Arima S
Investigational new drugs   36(4) 726-731   Aug 2018   [Refereed]
中野志仁, 有馬秀二
臨床検査   62(4) 538‐540   Apr 2018
Yoshihiro Taniyama, Yoshihisa Nakatani, Toshiaki Matsuoka, Miyo Takahashi, Kazuyuki Shimizu, sachiyo Yamamoto, Yuki Inoue, Sayoko Oonishi, Norihiro Lobayashi, Yukihito Nakano, Masahiro Takami, Shuji Arima
Ther Apher Dial   21 238-242   2017
Kidney and Hypertension
Arima S
Acta Medica Kinki University   34 1-8   2012   [Refereed]
Tubuloglomerular feedback
67(増刊号6) 538-542   Oct 2009
STEROIDS   71 281-285   2006   [Refereed]
Arima S
J Steroid Biochem Mol Biol   102 170-174   2006   [Refereed]
Role of renal eicosanoids in the control of intraglomerular and systemic blood pressure during development of hypertension.
Contrib Nephrol   143 65-76   2004   [Refereed]
J Am Soc Nephrol   14 2255-2263   2003   [Refereed]
Biphasic vasodilator action of troglitazone on the renal microcirculation.
J Am Soc Nephrol   13 342-349   2002   [Refereed]
Kidney Int   61 169-176   2002   [Refereed]
Clin Exp Nephrol   5 55-61   2001   [Refereed]
New insights into actions of the renin-angiotensin system in the kidney concentrating on the AII receptors and the newly described Ang 1-7 and it’s receptor.
Sem Nephrol   21 535-543   2001   [Refereed]
Isolated jaxtaglomerular apparatus as a tool for exploring glomerular hemodynamics: Application of microperfusion techniques.
Experimental Nephrology   8 304-311   2000   [Refereed]
Angiotensin II type 2 receptors in the kidney: Evidence for endothelial cell mediated renal vasodilatation.
Nephrol Dial Transpiant   15 448-451   2000   [Refereed]
Suppression of rat thromboxane synthase transcription by peroxisome proliferator activated-receptor (PPAR)-g in macrophages via an interaction of NF-E2 related factor 2.
J Biol Chem   275 33142-33150   2000   [Refereed]
The Japanese society of hypertension guidelines for management of hypertension (JSH 2019).
Umerura S, H Arima, S Arima, et al
Hypetension Res      2019

Conference Activities & Talks

 
The analysis of chaperone-mediated autophagy in hypertensive kidney disease
Yoshihisa Nakatani, Masahiro Takami, Shuji Arima
ASN Kidney Week 2019   8 Nov 2019   
PRESおよび腹部大動脈解離をきたし,MPO-ANCA陽性の加速型-悪性高血圧を認めた1例
堀川 亮太,中谷 嘉寿,中野 志仁,高見 勝弘,清水 和幸,谷山 佳弘,有馬 秀二    
第8回臨床高血圧フォーラム   11 May 2019   
腹膜透析療法の継続期間に関する検討
坂口 美佳, 瀬戸口 知央, 樋口 敦, 樋口 侑子, 堀川 亮太, 堀川 有希子, 市川 昌志, 高橋 実代, 山本 祥代, 清水 和幸, 大西 佐代子, 古林 法大, 中野 志仁, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 長谷川 廣文, 有馬 秀二
日本透析医学会雑誌   May 2019   
自然妊娠し厳密な透析管理によって生児を得た血液透析患者の一例
大西 佐代子, 中谷 嘉寿, 山本 祥代, 大道 武史, 松岡 稔明, 坂口 美佳, 谷山 佳弘, 有馬 秀二
日本透析医学会雑誌   May 2019   
腸回転異常症による腸管虚血壊死にてCPAとなり、その後CHDF施行で長期生存が可能となったDIC腎症の一例
堀川 有希子, 中谷 嘉寿, 堀川 亮太, 瀬戸口 知央, 市川 昌志, 高橋 実代, 山本 祥代, 清水 和幸, 古林 法大, 大西 佐代子, 中野 志仁, 高見 勝弘, 古形 修平, 前川 昌平, 佐々木 隆士, 松岡 稔明, 坂口 美佳, 谷山 佳弘, 八木 誠, 有馬 秀二
日本透析医学会雑誌   May 2019   
当院におけるIgA血管炎の臨床病理学的検討
山本 祥代, 中野 志仁, 瀬戸口 知央, 樋口 敦, 樋口 侑子, 堀川 亮太, 堀川 有希子, 市川 昌志, 高橋 実代, 清水 和幸, 大西 佐代子, 古林 法大, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 坂口 美佳, 谷山 佳弘, 有馬 秀二
日本腎臓学会誌   May 2019   
微小変化型ネフローゼ症候群におけるステロイド投与法による治療効果についての検討
中野 志仁, 坂口 美佳, 瀬戸口 知央, 樋口 敦, 樋口 侑子, 堀川 亮太, 堀川 有希子, 市川 昌志, 高橋 実代, 清水 和幸, 山本 祥代, 大西 佐代子, 古林 法大, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二
日本腎臓学会誌   May 2019   
特発性膜性腎症における病理学的及びpSTAT6発現の検討
古林 法大, 中谷 嘉寿, 高橋 実代, 山本 祥代, 清水 和幸, 中野 志仁, 高見 勝弘, 堀内 喜高, 坂口 美佳, 谷山 佳弘, 有馬 秀二
日本腎臓学会誌   May 2019   
高血圧性腎障害の病態における小胞体ストレス誘導Chaperone-mediated autophagy機能・メカニズムの解明
中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 市川 昌志, 大西 佐代子, 中野 志仁, 有馬 秀二
日本腎臓学会誌   May 2019   
糖尿病性腎症におけるNucleobindin-2の効果
中谷 嘉寿, 岡田 秀一, 市川 昌志, 大西 佐代子, 中野 志仁, 高見 勝弘, 有馬 秀二
日本腎臓学会誌   May 2019   
糖尿病性腎症におけるNucleobindin-2の効果についての検討
中谷 嘉寿, 岡田 秀一, 中野 志仁, 高見 勝弘, 有馬 秀二
糖尿病   Apr 2019   
Diverse Associations between Oxidative Stress and Thromboxane A2 in Hypertensive Glomerular Injury
Yukihito Nakano Yoshihisa Nakatani Masahiro Takami Shuji Arima
American Society of Nephrogy   26 Oct 2018   ASN Kiney week 2018
Mycobacterium abscessusによるトンネル感染に対し出口部変更術を行い腹膜透析が継続できた2症例の検討
Norihiro Kobayashi、Kazuyuki Shimizu、Masahiro Takami、Yukihito Nakano、Toshiaki Matsuoka、Yoshihiro Taniama、Shuji Arima
第24回日本腹膜透析医学会学術集会・総会   6 Oct 2018   
慢性急性増悪リチウム中毒に対してCRRTを施行した1症例
桂尾 仁士, 田坂 雪菜, 用貝 俊和, 増田 善文, 吉岡 正訓, 中野 健一, 三谷 雅美, 竹田 圭, 藤堂 敦, 西村 昌美, 谷山 佳弘, 能勢 和弘, 有馬 秀二
日本透析医学会雑誌   May 2018   
選択的血漿交換療法における置換液の検討
吉岡 正訓, 田坂 雪菜, 用貝 俊和, 桂尾 仁士, 増田 善文, 三谷 雅美, 中野 健一, 竹田 圭, 藤堂 敦, 西村 昌美, 谷山 佳弘, 能勢 和宏, 有馬 秀二
日本透析医学会雑誌   May 2018   
維持血液透析患者の骨量評価と骨粗鬆症治療薬の効果について(第2報)
坂口 美佳, 市川 昌志, 高橋 実代, 清水 和幸, 山本 祥代, 大西 佐代子, 古林 法大, 中野 志仁, 高見 勝弘, 松岡 稔明, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二, 大野 卓志, 高橋 計行
日本透析医学会雑誌   May 2018   
腎移植後に発症した巣状糸球体硬化症にLDLアフェレーシス、リツキシマブが有効であった一例
市川 昌志, 松岡 稔明, 山本 祥代, 清水 和幸, 古林 法大, 大西 佐代子, 中野 志仁, 高見 勝弘, 中谷 嘉寿, 坂口 美佳, 谷山 佳弘, 有馬 秀二
日本透析医学会雑誌   May 2018   
臓器連関
有馬 秀二
日本腎臓学会誌   Apr 2018   
腎尿細管におけるChaperone-mediated autophagyについての検討
中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 市川 昌志, 高橋 実代, 山本 祥代, 清水 和幸, 大西 佐代子, 古林 法大, 中野 志仁, 松岡 稔明, 坂口 美佳, 谷山 佳弘, 有馬 秀二
日本腎臓学会誌   Apr 2018   
HK-2細胞におけるシャペロン介在性オートファジーの検討
園 陽平, 中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 中野 志仁, 有馬 秀二
生命科学系学会合同年次大会   Dec 2017   
悪性高血圧モデルにおけるIRE1α、PERK、ATF6の3経路の病態への関与について
高見 勝弘, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   Oct 2017   
高血圧性糸球体障害における酸化ストレスとトロンボキサンA2との関連
中野 志仁, 高見 勝弘, 中谷 嘉寿, 谷山 佳弘, 有馬 秀二
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   Oct 2017   
再考β遮断薬!誰にどう使うか 腎臓内科医の立場から
有馬 秀二
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   Oct 2017   
高血圧薬物療法の基本
有馬 秀二
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   Oct 2017   
The Association of ER Stress Pathway and RAS in Malignant Hypertension Model Rat Kidney
Oct 2011   
Aldosterone and renal injury [Invited]
Arima S
The 5th. Japan-Korea. Pediatric Nephrology Seminar   2007   The 5th. Japan-Korea. Pediatric Nephrology Seminar
Non-genomic vascular action of aldosterone in the renal microcirculation [Invited]
Arima S
The 17th international symposium of the Journal of Steroid Biochemistry & Molecular Biology   2006   The 17th international symposium of the Journal of Steroid Biochemistry & Molecular Biology
Aldosterone and the kidney; Rapid regulation of renal microcirculation [Invited]
Arima S
Fourth International Meeting on Rapid Responses to Steroid Hormones (invited lecture)   Mar 2005   Fourth International Meeting on Rapid Responses to Steroid Hormones (invited lecture)
Nongenomic vascular action of aldosterone in the glomerular microcirculation
Sep 2003   57th Annual Fall Conference of Council for High Blood Pressure Research
Direct vasoconstrictor action of aldosterone in the glomerular microcirculation.
19th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension   Jun 2002   19th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension
The significance of urotensin II, a new vasoactive peptide, in the pathophysiology of kidney diseases
19th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension   Jun 2002   19th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension
A 20-year Survey of the prognosis of renovascular hypertension
26th International Congress of Internal Medicine.   May 2002   26th International Congress of Internal Medicine.
Renal microvascular regulation by AT1 and AT2 receptors [Invited]
FASEB Summer Research Conference (invited lecture)   Jun 2001   FASEB Summer Research Conference (invited lecture)
Biphasic vasodilator action of troglitazone on the renal microcirculation.
18th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension   Aug 2000   18th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension
The roles of endogenous vasodilators in the control of glomerular hemodynamics [Invited]
Arima S, Ito S, Omata K, Abe K
Second International Congress of Pathophysiology   1994   

Misc

 
腎臓生理を考慮した糖尿病性腎症の治療
有馬 秀二
大阪府内科医会会誌   27(1) 28-33   Jun 2018
糖尿病性腎症は慢性腎不全の原因として最多ですが(顕性腎症期になると治療はきわめて困難になりますので)、早期腎症期、可能ならば腎症前期の段階から腎保護を考慮した治療が望まれます。具体的には、RAS阻害薬を主体に血圧管理を行うとともに、糸球体血圧を低下させうるSGLT-2阻害薬を用いた血糖コントロールが求められます。SGLT-2阻害薬には大規模臨床研究で心血管イベント抑制効果が証明されていることから、積極的な投与が望まれます。(著者抄録)
腎尿細管におけるChaperone-mediated autophagyについての検討
中谷 嘉寿, 高見 勝弘, 市川 昌志, 高橋 実代, 山本 祥代, 清水 和幸, 大西 佐代子, 古林 法大, 中野 志仁, 松岡 稔明, 坂口 美佳, 谷山 佳弘, 有馬 秀二
日本腎臓学会誌   60(3) 434-434   Apr 2018
有馬秀二
日本腎臓リハビリテーション学会学術集会プログラム・抄録集   8th 157   2018
低ナトリウム血症
谷山 佳弘, 有馬 秀二
臨床麻酔   41(4) 613-618   Apr 2017