Profile Information

Affiliation
Professor, School of Sociology Department of Sociology, Kwansei Gakuin University
Degree
Ph.D.in International Public Policy(Mar, 1999, Osaka University)

J-GLOBAL ID
200901098761894836
researchmap Member ID
5000100772

External link

経営環境や産業構造の変化に伴い、労使関係や人的資源のあり方が変化している。これらの変化に対して、「新時代に相応しい相互関係実現やそのためのシステム整備」が求められており、「企業・個人間の調整システムの再構築」が不可欠となっている。すなわち、今後わが国の産業・企業が飛躍的に発展するには、高度な知識の連鎖を活発化できるような、企業・個人間の新たな関係構築の社会的メカニズムや規範形成フレームワークが不可欠となっている。換言すると、個人を核にした組織活動が、企業・個人間で公平公正に調整できるメカニズムが求められているのである。その実現には、企業外では代替的紛争調整システムを、企業内では企業・個人間の調整システムを、抜本的に再構築しなければならない。(個別的労使関係論,比較ADR論,人的資源管理論) 

Papers

  35

Misc.

  3

Books and Other Publications

  9

Presentations

  17