基本情報

所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 農業環境研究部門気候変動緩和策研究領域 緩和技術体系化グループ長 (博士(理学))
学位
博士(理学)(1997年3月 東京大学)

J-GLOBAL ID
200901045776631037
researchmap会員ID
5000101195

外部リンク

学部、大学院を通じて、無機・分析化学の基礎を学んだのち、大気化学の分野に進む。
成層圏オゾン破壊に関わるハロゲン化メチルの大気中濃度測定法開発や、天然起源の温室効果がス(メタン、二酸化炭素、一酸化二窒素)のガスクロマトグラフィーによる同時分析法(特許第4406694号)開発、ガス試料のGCへの自動注入装置(RoVi)開発などに携わり複数の特許を保有。
現在、農耕地から発生する温室効果ガスの削減手法の開発を進めるほか、温暖化緩和技術の社会実装手法についても研究を進める。

研究キーワード

  2

論文

  79

MISC

  181

書籍等出版物

  7

講演・口頭発表等

  68

共同研究・競争的資金等の研究課題

  15