ISHIZAKI Ryoko

J-GLOBAL         Last updated: Mar 7, 2019 at 16:21
 
Avatar
Name
ISHIZAKI Ryoko
E-mail
ryokoiaffrc.go.jp
Affiliation
Forestry and Forest Products Research Institute

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1996
 - 
Today
Forestry and Forest Products Research Institute
 

Published Papers

 
The role of Foresters and their knowledge Utilization in Forest Management System in Germany: Focusing on the Forest Management Plan in Baden- Württemberg
ISHIZAKI Ryoko
FOREST ECONOMY   71(11) 1-16   Feb 2019   [Refereed]
ISHIZAKI Ryoko
FOREST ECONOMY   70(3) 10-23   2017
2015年7月、ドイツ連邦カルテル庁は、バーデン・ヴュルテンベルク州と私有林所有者、団体有林所有者による木材共同販売が同国の競争制限禁止法の違反行為であるとの決定を下した。この決定は、自由競争の促進を目的とする競争政策の観点から森林政策のあり方について問題提起を行ったものである。本稿では、この決定に至る議論の展開と連邦カルテル庁の見解を把握することにより、競争政策からみた森林政策の論点を明らかにし、考察を加えた。その結果、連邦カルテル庁の判断と見解は、森林を所有する政府が自己所有林以外の森...
石崎 涼子
森林総合研究所研究報告 = Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute   15(4) 111-143   Dec 2016
ISHIZAKI Ryoko, SANO Kawori, HIRANO Yuichiro
Journal of Forest Economics   62(2) 31-36   2016
今後,皆伐・再造林を拡大させようとした場合,いかに苗木供給を確保しうるのか,苗木生産の担い手の拡大をどのように展望しうるのかが重要な課題となる。本稿では,造林や素材生産を行う林業事業体が苗木生産を行っている3つの事例を取りあげ,苗木生産の現状を把握するとともに,苗木生産の課題と今後の拡大の可能性に関する検討を行った。その結果,事例として取りあげた林業事業体においては,事業活動が多角化しており,そのなかに苗木生産が含まれる形となっているが,多角経営の方向性や苗木生産に着手した経緯,苗木生産に...
HIRANO Yuichiro, KANOMATA Hidesato, ISHIZAKI Ryoko, AMANO Tomomasa
FOREST ECONOMY   69(1) 2-18   2016
近年の日本における林業用苗木の生産をめぐっては、①苗木の「量」と「質」の安定確保(人工林の主伐・再造林への対応、花粉症対策苗木の生産要請等)、②再造林の「低コスト化」への寄与(コンテナ苗活用による一貫作業システムの導入、苗木の効率的な生産・流通体制の確立)、③蓄積された多様な生業・知識・技術(在来知)としての苗木生産の維持という3 つの期待が存在した。北信越地方を主対象とした実地調査からは、これらの期待が個々に実際の苗木生産供給の方向性を規定している一方で、それぞれを効果的に結びつける枠組...
Kohsaka Ryo, Ishizaki Ryoko, Kaze Souichiro
Journal of the Japanese Forest Society   98(1) 39-43   2016
We reviewed and categorized the organizational reforms of state forest managements in Germany. In addition to the review of the current management organizational forms, we captured the characteristics of the two new organizational forms, namely th...
ISHIZAKI Ryoko
林業経済研究   60(2) 65-74   Jul 2014
Switzerland's forestry sector, like that of Japan, has been struggling with weak competitiveness and subsidy dependence for decades. The Swiss government initiated reform of the subsidy system in the 1990s and implemented a new system in the late ...
HORI Yasuto, ISHIZAKI Ryoko, KUBOYAMA Hirofumi, HIRANO Kinichirou
林業経済研究   59(1) 45-54   Mar 2013
The forest owners' cooperative association (FCA) in Germany aims to overcome the economic disadvantage hampering small producers through cooperation, just like the FCA in Japan. Conversely, FBG Isar-Lech is a new type of FCA, established exclusive...
KUBOYAMA Hirofumi, HORI Yasuto, ISHIZAKI Ryoko
林業経済研究   58(1) 37-47   Mar 2012
Since Austria produces same amount of log with Japan even though its small land area, comparative study was done by interview survey on the forestry related organizations mainly in Styria (i.e. national and regional governments, national and regio...
ISHIZAKI Ryoko, HORI Yasuto, KUBOYAMA Hirofumi
林業経済研究   57(2) 30-39   Jul 2011
This paper examines the methods and progress in the development of small-scale private forest management in Canton Lucerne, Switzerland, and discusses the support scheme by the government. The RO project by Canton Lucerne attempts to improve compe...
ISHIZAKI Ryoko
林業経済研究   56(1) 29-39   Mar 2010
In order to resolve the problem of insufficiency, it is important to reconsider forest management in Japan. This paper discusses forest management through the use of public policies focusing on strategic policy design. To formulate an effective fo...
ISHIZAKI Ryoko
Water Science   54(5) 46-65   2010
ISHIZAKI Ryoko
Forest economy   62(4) 1-16   Jul 2009
本稿では、2000年以降に都道府県が策定した自治体計画における森林区分と区分に応じた施策の差別化の現状と特徴を分析し、都道府県による森林ゾーニングがもつ性格について検討した。その結果、(1)都道府県が策定する自治体計画は、幅広い住民に向けた計画としての性格を強めるとともに、法的な位置づけを明確にし始めている点、(2)2000年以降の森林区分は、幅広い人々に施策の目的や対象を簡明に示す表現手段として広がった側面が強い点、(3)特に都道府県では明確な目標設定等が求められ、人工林の針広混交林化を...
ISHIZAKI Ryoko
林業経済研究   50(1) 27-38   Mar 2004
本稿では,独自の施策を展開する先駆的自治体の代表例として注目されてきた神奈川県と,「改革派」とされる知事により積極的な県政改革が進められるなかで独自の構想に基づく施策を導入した三重県を事例として取りあげ,都道府県が独自に展開する森林整備施策と森林管理の現状を明らかにすることで,施策形成主体としての都道府県の特質を検討した。その結果,両県による施策は積極的な独自性を有しているが独自の枠組を築いたがゆえに抱えた問題も生じている点,施策形成にあたっては大規模な施策の費用を負担しうる対象が強く意識...
ISHIZAKI Ryoko
林業経済研究   48(3) 17-26   Nov 2002
現在,地方自治体には施策の策定主体としての責務が与えられ,「自治体」としての林政,住民自治を内実化させる施策形成のあり方が問われている。本稿では,近年独自性を強める自治体施策の政治・行財政過程の分析を通じて,自治体林政における施策形成の実態を明らかにした。事例として,大規模かつ積極的に独自の施策を展開してきた神奈川県において1980年代以降,議論を集めた公的管理施策とやまなみ林道整備施策をとりあげた。その結果,両施策の形成過程は,ともに林務施策が都市部,とくに自然保護の視点へと開かれていく...
ISHIZAKI Ryoko, FURUIDO Hiromichi
林業経済研究   47(3) 25-32   Dec 2001
近年,地方自治体は,地域ニーズに応じた森林管理施策を展開しうる主体として注目されている。地方自治体による施策の性格と独自性を明らかにするためには,これを強く制約する財政基盤を検討する必要がある。そこで本報告では,1980年代後半以降の財政統計データを用いて,都道府県林業費の特徴と動向およびその地域性を分析した。1980年代後半以降,地方債や交付税措置などの活用により都道府県が公共投資の拡大の担い手となり,林業費の構造は変動した。そのなかで地方単独事業が拡大した点,その増大時期や事業別構成に...
ISHIZAKI Ryoko, ENDO Kusao
Tohoku journal of forest science   4(1) 9-16   Mar 1999
Many man-made forests have been left without proper management in Japan. It becomes a serious problem especially from a viewpoint of public benefits. Recently, the local government and the "Commons" have been highlighted to manage the forests. In ...
ENDOH Kusao, ISHIZAKI Ryoko, TSUCHIYA Toshiyuki
林業経済研究   45(1) 75-80   Mar 1999
流域林材業システム化にとって,素材生産と原木消費の結節点になる原木市売市場が重要な役割を担っている。ところが,近年,スギ並材に代表される低単価原木の流通コスト縮減の必要性の視点から,原木市売市場の存在に異議を唱える論調が高まっている。本論文では,この点について(1)岩手県気仙川流域を対象とし,(2)スギ並材大型量産工場の原木市売市場への依存率の変化,(2)森林組合による量産工場への原木直送の実態,(3)原木市売市場の原木集出荷の実態を明らかにし,さらに(4)量産工場と原木市売市場の相互関係...
ISHIZAKI Ryoko, ENDOH Kusao
林業経済研究   45(1) 81-86   Mar 1999
都市近郊の森林管理の主体に関する一考察として,入会林野の系譜をひく小田原市外二ヶ市町組合の森林管理を対象とし実態分析を行った。事例地は,現在,公益的機能の発揮などの森林に対する様々な社会的なニーズが発生するなかで,これらに対応した森林管理を試みている。分析の結果,次の2点が明らかとなった。第1に,小田原市外二ヶ市町組合の森林は,特定の集団が排他的に利用してきたかつての入会林野から,社会的なニーズに対応する,市民に開かれた非排他的・公共的な森林へと変化しつつある。第2に,漠とした社会的ニーズ...

Misc

 
Looking Back over the Interaction between Japanese and European Researchers in Meiji Period, Commemorating the 125th Anniversary of IUFRO
ISHIZAKI Ryoko
70(10) 24-30   Jan 2018
Ishizaki Ryoko
JOURNAL OF THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY   96(5) 292-293   2014   [Invited]
Ishizaki Ryoko, Ohta Yuko
JOURNAL OF THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY   96(5) 294-295   2014   [Invited]
ISHIZAKI Ryoko
林業経済研究   59(2) 19-21   Jul 2013   [Invited]
石崎 涼子, 堀 靖人
林業経済   65(4) 27-29   Jul 2012   [Invited]
石崎 涼子
Bulletin of Research Institute of Economic Science, College of Economics, Nihon University   (40) 97-108   Mar 2010
土屋 俊幸, 興梠 克久, 石崎 涼子
FOREST ECONOMY   63(8) 18-37   2010

Conference Activities & Talks

 
Forest Owner Surveys in Japan: History, Findings, and Future Direction
ISHIZAKI Ryoko
IUFRO 125th anniversary congress 2017   Sep 2017   
Ishizaki Ryoko
The Japanese Forest Society Congress   2015   
[in Japanese]
Ishizaki Ryoko, Hori Yasuto
The Japanese Forest Society Congress   2014   
[in Japanese]
HORI YASUTO, Ishizaki Ryoko
The Japanese Forest Society Congress   2014   
[in Japanese]
ISHIZAKI Ryoko, OTA Yuko, MIYAMOTO Motoe, and FURUSAWA Hitomi
IUFRO3.08&6.08 Joint Conference: Future Directions of Small-scale and Community-based Forestry   Sep 2013