鳴海 一成


鳴海 一成

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/14 16:05
 
アバター
研究者氏名
鳴海 一成
 
ナルミ イッセイ
URL
http://www2.toyo.ac.jp/~narumi/
所属
東洋大学
部署
生命科学部 生命科学科
職名
教授
学位
博士(農学)(東京農工大学)
科研費研究者番号
90343920

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東洋大学 生命科学部 生命科学科 学科長
 
2013年4月
 - 
現在
東洋大学 生命科学部 生命科学科 教授
 
2005年10月
 - 
2013年3月
日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 研究主幹
 
2005年4月
 - 
2005年9月
日本原子力研究所 高崎研究所 主任研究員
 
2000年4月
 - 
2005年3月
日本原子力研究所 高崎研究所 副主任研究員
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1993年3月
東京農工大学 連合農学研究科 生物工学
 
1988年4月
 - 
1990年3月
宇都宮大学 農学研究科 農芸化学
 
1984年4月
 - 
1988年3月
東京理科大学 理学部 化学科
 
1981年4月
 - 
1984年3月
弘前大学医療技術短期大学部  衛生技術学科
 

委員歴

 
2017年2月
 - 
現在
The Editorial Board of Frontiers in Microbiology (Review Editor in Extreme Microbiology)
 
2017年1月
 - 
現在
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構  量子ビーム科学研究開発評価委員会委員
 
2017年1月
 - 
現在
日本環境変異原学会  選挙管理委員会委員長
 
2016年6月
 - 
現在
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構  施設共用課題審査委員会専門委員
 
2016年6月
 - 
現在
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構  高崎量子応用研究所放射線照射施設機構内利用委員会専門委員
 

論文

 
Atsuko Miyagi, Sayaka Kitano, Yutaka Oono, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Masatoshi Yamaguchi, Hirofumi Uchimiya, Maki Kawai-Yamada
Plant Physiology and Biochemistry   122 40-45   2018年1月   [査読有り]
Functional analysis of pprA and pprI genes that are involved in radiation/desiccation response in the radioresistant bacterium Deinococcus grandis
Kakeru Kurosawa, Kota Omoso, Hajime Takeshita, Katsuya Satoh, Issay Narumi
QST Takasaki Annual Report 2015   137   2017年3月
Sun-ha Park, Harinder Singh, Deepti Appukuttan, Sunwook Jeong, Yong Jun Choi, Jong-hyun Jung, Issay Narumi, Sangyong Lim
Frontiers in Microbiology   7 article 2124   2017年1月   [査読有り]
Yoshihiro Hase, Shigeki Nozawa, Issay Narumi, Yutaka Oono
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms   391 14-19   2017年1月   [査読有り]
Mutation induction of orchid plants by ion beams
Affrida Abu Hassan, Sakinah Ariffin, Zaiton Ahmad, Mohd Nazir BasiranA, Yutaka Oono, Yoshihiro Hase, Naoya Shikazono, Issay Narumi, Atsushi Tanaka
JAEA-Review 2015-037   1-26   2016年3月

書籍等出版物

 
極限環境生命 -生命の起源を考え、その多様性に学ぶ-
鳴海一成(分担執筆、第11章 放射線耐性微生物、第14章 地球外生命)pp. 157-172、pp. 207-218
コロナ社   2014年10月   ISBN:978-4-339-06747-7
発酵・醸造食品の最新技術と機能性 II (北本勝ひこ 監修)
豊島快幸、茂木喜信、岩下和裕、鳴海一成(分担執筆、第21章 イオンビーム,ガンマ線照射が誘発する麹菌ゲノム変異の解析と麹菌育種への展開)pp. 184-192
シーエムシー出版   2011年10月   ISBN:978-4-7813-0484-7
微生物の辞典 (渡邊信、西村和子、内山裕夫、奥田徹、加来久敏、広木幹也 編)
鳴海一成(分担執筆、放射線抵抗性細菌)pp. 688-691
朝倉書店   2008年9月   ISBN:978-4-254-17136-5
原子力年鑑2008
鳴海一成(分担執筆「量子ビームテクノロジー」の現状と今後)pp. 83-84
日刊工業新聞社   2007年10月   ISBN:978-4-526-05936-0
Biofertilizer Manual
Issay Narumi(分担執筆、Carrier sterilization using γ-irradiation)pp. 44-53
Japan Atomic Industrial Forum   2006年3月   ISBN:4-88911-301-0

特許

 
大野豊, 鳴海一成, 長谷純宏, 川合真紀, 北野紗也佳, 宮城敦子, 内宮博文
長谷 純宏, 鳴海 一成, 田中 淳, 岡村 正愛, 竹下 大学
長谷 純宏, 鳴海 一成, 廣瀬 玉紀
豊島 快幸, 赤川 巧, 鳴海 一成, 佐藤 勝也, 長谷 純宏
小林 亮介, 渡部 潤, 鳴海 一成, 長谷 純宏, 佐藤 勝也

講演・口頭発表等

 
枯草菌胞⼦におけるクラスターイオン照射効果の検討
⻑⾕純宏、佐藤勝也、新井寛規、林秀謙、三善英彦、鳴海⼀成、千葉敦也、平野貴美、齋藤勇⼀
QST高崎サイエンスフェスタ2017   2017年12月   
放射線抵抗性細菌Deinococcus grandisのDnaE2欠損株と定常発現株の解析
三善英彦、面曽宏太、鳴海一成、佐藤勝也、大野豊
QST高崎サイエンスフェスタ2017   2017年12月   
超好熱性アーキアThermococcus kodakarensisのDNA合成酵素遺伝子に関する分子遺伝学的解析
東端啓貴、櫛田卓志、鳴海一成、石野園子、石野良純、藤原伸介、今中忠行
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)   2017年12月   
植物色素合成遺伝子に着目した遺伝子発現と変異誘発頻度の関係を調べるための検出系の開発
平田翔也、北村智、佐藤勝也、鳴海一成、大野豊
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)   2017年12月   
放射線抵抗性細菌のDNA修復機構に関する研究
鳴海一成
2017年日本細菌学会関東支部インターラボセミナー   2017年11月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 鳴海 一成
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 鳴海 一成
タンパク質の安定性向上に向けた突然変異による分子育種
東洋大学: 平成26年度井上円了記念研究助成(個人研究)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 鳴海 一成
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 西東 力 (静岡大学)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 鳴海 一成

受賞

 
2014年11月
極限環境生物学会 第15回極限環境生物学会年会ポスター賞 「放射線抵抗性細菌におけるポリリン酸生産とセシウム蓄積」
受賞者: 上田涼史郎、佐藤勝也、林秀謙、鳴海一成、大野豊
 
2014年4月
日本原子力学会関東・甲越支部 平成25年度原子力知識・技術の普及貢献賞 「イオンビーム微生物育種技術による新規清酒酵母の開発とその実用化」
受賞者: 増渕隆、佐藤勝也、鳴海一成
 
2012年12月
極限環境生物学会 第13回極限環境生物学会年会ポスター賞 「DeinococcusとThermusに共通する新規DNA鎖間架橋修復遺伝子の遺伝学的解析」
受賞者: 小野寺威文、中村顕、佐藤勝也、太田敏博、鳴海一成
 
2012年12月
極限環境生物学会 第13回極限環境生物学会年会ポスター賞  「Thermococcus kodakarensisのpolB遺伝子破壊株の表現型解析」
受賞者: 櫛田卓志、鳴海一成、藤原伸介、今中忠行、東端啓貴
 
2009年11月
日本遺伝学会 第81回大会Best Papers賞 「シロイヌナズナの損傷乗り越え複製欠損は突然変異誘発に影響する」
受賞者: 中川繭、坂本綾子、高橋真哉、田中淳、鳴海一成
 

担当経験のある科目

 

社会貢献活動

 
第18回極限環境生物学会年会 セッション3座長
【運営参加・支援】  2017年11月12日
変異機構研究会第30回夏の学校 特別講演座長
【運営参加・支援】  2017年9月2日
高崎市医師会看護専門学校助産学科 助産診断・技術学Ⅰ(妊娠期)「放射線の基礎知識と人体への影響」
【講師】  2017年4月26日
第17回極限環境生物学会年会 セッション3座長
【運営参加・支援】  2016年11月28日
国際極限環境微生物学会 Extremophiles 2016 Keynote Lecture 座長
【運営参加・支援】  2016年9月14日

その他

 
2016年3月   岡田智行、飯塚正英、関口政行、長谷純宏、野澤樹、鳴海一成、オステオスペルマム「ヴィエントラビオス」品種登録第24758号