熊田 博明

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/06 02:59
 
アバター
研究者氏名
熊田 博明
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
准教授
学位
博士(医学)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年4月
 - 
2009年4月
日本原子力研究開発機構 研究副主幹
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1992年3月
茨城大学 工学部 機械工学科
 
1992年4月
 - 
1994年3月
茨城大学 工学系研究科 機械工学専攻
 
2002年4月
 - 
2005年3月
筑波大学 人間総合科学研究科 機能制御医学
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
2019年3月
日本原子力学会  シグマ特別専門委員会
 
2006年
 - 
2018年
評議員
 
 
   
 
応用物理学会  放射線分科会
 
2008年
   
 
日本中性子捕捉療法学会  幹事会 幹事
 

受賞

 
2012年2月
(財)茨城県中小企業振興公社 平成23年度いばらきビジネスプランコンテスト 優秀賞
 
次世代がん放射線治療用の治療計画システムの制作と販売
2006年4月
文部科学省 平成18年度文部科学大臣賞 若手科学者賞
 
2005年3月
日本原子力学会 第37回日本原子力学会賞 技術賞
 
2004年4月
日本原子力学会 北関東支部 平成16年度若手研究者発表会 最優秀発表賞
 

論文

 
Kumada, Hiroaki; Takada, Kenta; Sakurai, Yoshinori; Suzuki, Minoru; Takata, Takushi; Sakurai, Hideyuki; Matsumura, Akira; Sakae, Takeji
Radiation protection dosimetry   Epub 1-5   2017年10月
To establish boron neutron capture therapy (BNCT), the University of Tsukuba is developing a treatment device and peripheral devices required in BNCT, such as a treatment planning system. We are developing a new multimodal Monte Carlo based treatm...
頭頸部癌に対するホウ素中性子捕捉療法―当施設での歩み―
粟飯原, 輝人; 平塚, 純一; 森田, 倫正; 神谷, 伸彦; 鈴木, 実; 小野, 公二; 熊田, 博明; 原田, 保
耳鼻咽喉科臨床 補冊   149(0) 227-240   2017年
<p>PURPOSE: Boron neutron capture therapy (BNCT) is among the radiation treatments known to have a selective lethal effect on tumor cells. In this report, we summarize our clinical results for BNCT for the treatment of head and neck cancer at our ...
加速器中性子源の利用 医療利用(ホウ素中性子捕捉療法)
Kumada, Hiroaki;Takeji, Sakae;Takada, Kenta;Sakurai, Hideyuki;Matsumura, Akira
加速器   13(4) 253-258   2016年12月   [査読有り]
BNCTの線量評価/治療計画
熊田, 博明
RADIOISOTOPES   64(1) 37-46   2015年   [査読有り]
BNCTの線量評価は,まずホウ素(10B)と中性子との反応によって生じるホウ素線量を評価する。さらに生体組織を構成する窒素や水素と中性子との反応で生じる線量や,ビームに混入するγ線による付随線量も評価しなければならない。中性子の粒子挙動は複雑であるため,BNCTの線量評価にはモンテカルロ法が用いられる。したがってBNCT用の治療計画システムには開発当初からモンテカルロ線量計算エンジンが実用化されている。
Horiguchi, Hironori; Sato, Tatsuhiko; Kumada, Hiroaki; Yamamoto, Tetsuya; Sakae, Takeji
JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   56(2) 382-390   2015年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
BNCT基礎から臨床応用まで
中川義信;切畑光統;田中憲一;増永慎一郎;鈴木実;熊田博明;影治照喜;中井啓;川端信司;加藤逸郎;粟飯原輝人;平塚純一;櫻井良憲;成合直;福田寛;川合将義;奥野功一;時吉正憲;谷口雅弘;小野公ニ (担当:監修)
(財)医用原子力技術研究振興財団   2011年   
Neutron Capture Therapy Principles and Applications
W.S.Kiger3rd;Hiroaki, Kumada;W.A.G.Sauerwein;Raymond, Moss;Andrea, Wittig;Yoshinori, Nakagawa et al.
Springer   2012年   
混合熱・熱外中性子を用いた悪性神経膠腫に対する中性子捕捉療法
松村, 明;山本哲哉;柴田, 靖;中井, 啓;張, 天;阿久津博義;松下, 明;安田, 貢;高野晋吾;能勢忠男;水谷太郎;高橋, 宏;豊岡秀訓;山本和喜;熊田博明;鳥居義也
(編集)田淵一雄,白石哲也.ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療 九州大学出版会,福岡   2002年1月   

講演・口頭発表等

 
A new production method for patient fixing implement by combination with a three-dimensional printing technique and treatment planning system
Kumada, Hiroaki;Mizuno, Yoshihisa;Kurihara, F.;Hayashida, Taizo;Nakamura, K.;Takada, Kenta;Aihara, Teruhito;Sakurai, Hideyuki;Matsumura, Akira;Sakae, Takeji
17th International Congress on Neutron Capture Therapy   2016年10月1日   Taiwan Society of Neutron Capture Therapy
Development status of the linac-based BNCT treatment facility in University of Tsukuba [招待有り]
Kumada, Hiroaki
2nd Academic Conference for Taiwan Society of Neutron Capture Therapy   2017年1月14日   Taiwan Society of Neutron Capture Therapy
小型加速器中性子源の医学応用 [招待有り]
Kumada, Hiroaki
日本物理学会第72回年次大会   2017年3月17日   日本物理学会
筑波大学のBNCT用加速器ベース小型中性子源の開発状況 [招待有り]
Kumada, Hiroaki
第10回Quantum Medicine研究会   2017年2月12日   
ホウ素中性子捕捉療法:BNCTの確立に向けた研究開発 [招待有り]
Kumada, Hiroaki
第16回放射線プロセスシンポジウム   2016年11月8日   

競争的資金等の研究課題

 
加速器型中性子源を用いた悪性黒色腫に対する医師主導治験
筑波大学附属病院: 先進的医療推進支援制度
研究期間: 2017年2月 - 2017年3月    代表者: 熊田博明
BNCT用治療計画システムの薬事承認申請戦略
筑波大学: 筑波大学産学連携推進プロジェクト ベンチャー創業ブーストプロジェクト
研究期間: 2016年12月 - 2017年3月    代表者: 熊田博明
医療用加速器中性子源の産業利用への応用に関する研究
科学技術振興機構(JST): 究成果最適展開支援プログラム A-STEP 平成27年度ステージⅠ 産業ニーズ対応タイプ
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 熊田博明
あらゆる放射線外部照射の治療計画が可能なモールモダリティ治療計画システムの開発
文部科学省: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 熊田博明
BNCT照射中の患者の動きに追従してリアルタイム線量評価を行うシステムの開発
文部科学省: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 熊田博明

特許

 
特願2012-124674 : 情報処理装置、情報処理方法及びプログラム
佐藤達彦;熊田博明
放射線治療の治療計画を高精度するための新しい計算手法の開発
5641503 : マルチステップ・ラティス・ボクセル法
熊田博明
モンテカルロ法による線量計算を高速化するモデリングアルゴリズムの開発