細田 滋毅

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/28 17:46
 
アバター
研究者氏名
細田 滋毅
 
ホソダ シゲキ
URL
http://www.jamstec.go.jp/ARGO/argo_web/argo/index.html
所属
国立研究開発法人海洋研究開発機構
部署
地球環境観測研究開発センター 海洋循環研究グループ
職名
グループリーダー代理
学位
博士(地球環境)(北海道大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2000年
北海道大学 地球科学研究科 大気海洋科学専攻
 

委員歴

 
2013年5月
 - 
現在
JAXA  COMPIRAサイエンスチーム
 
1992年4月
 - 
現在
日本海洋学会  一般会員
 
1998年2月
 - 
現在
American Geophysical Union  General
 
2011年4月
 - 
現在
日本気象学会  一般会員
 

論文

 
夏季北太平洋における表層・亜表層水温の経年変動性
細田 滋毅
Journal of Oceanography   71(1)    2015年7月   [査読有り]
季節躍層下への熱浸透が海面水温に与える影響
細田 滋毅
Journal of Oceanography   71(1)    2015年2月   [査読有り]
Effective Design of Profiling Float Network for Oceanic Heat-content Monitoring
Shuhei Masuda and Shigeki Hosoda
The Scientific World Journal      2014年   [査読有り]
Upper-ocean salinity variability in the tropical Pacific: Case study for quasidecadal shift during 2000s using TRITON buoys and ARGO floats
HASEGAWA TAKUYA , ANDO KENTARO , UEKI IWAO , MIZUNO KEISUKE , HOSODA SHIGEKI
Journal of Climate   26 8126-8138   2013年   [査読有り]
Interannual variations of the Hawaiian Lee Countercurrent induced by low potential vorticity water ventilation in the subsurfac
Sasaki, H., S.-P. Xie, B. Taguchi, M. Nonaka, S. Hosoda, and Y. Masumoto
Journal of Oceanography   68(1) 93-111   2012年   [査読有り]
The role of meso-scale eddies in mixed layer deepening and mode water formation in the western North Pacific
Kouketsu, S., H. Tomita, E. Oka, S. Hosoda, T. Kobayashi, K. Sato
Journal of Oceanography   68 63-77   2011年   [査読有り]
Observed ocean variability in the Mindanao Dome region
Kashino, Y., A. Ishida, and S. Hosoda
Journal of Physical Oceanography   41 287-302   2011年   [査読有り]
Formation and subduction of Central Mode Water based on profiling float data
Oka, E., S. Kouketsu, K. Toyama, K. Uehara, T. Kobayashi, S. Hosoda, and T. Suga
Journal of Physical Oceanography   41 113-129   2011年   [査読有り]
Recent change in global sea surface layer salinity detected by Argo float array
Hosoda, S., T. Suga, N. Shikama and K. Mizuno
OceanObs'09 Conference Proceedings      2010年
Improved description of global mixed-layer depth using Argo profiling floats
Hosoda, S., T. Ohira, K. Sato, and T. Suga
Journal of Oceanography   66 773-787   2010年   [査読有り]
Global Surface Layer Salinity Change Detected by Argo and Its Implication for Hydrological Cycle Intensification
Hosoda, S., T. Suga, N. Shikama and K. Mizuno
Journal of Oceanography   65 579-586   2009年   [査読有り]
On North-South Asymmetry of Warm Water Volume Transport related with El Nino variability
Akio Ishida, Yuji Kashino, Shigeki Hosoda, and Kentaro Ando
Geophysical Research Letter   35 L18612   2008年   [査読有り]
A monthly mean dataset of global oceanic temperature and salinity derived from Argo float observations
Shigeki Hosoda, Tsuyoshi Ohira, and Tomoaki Nakamura
JAMSTEC Rep. Res. Dev.   8 47-69   2008年   [査読有り]
Seasonal Temperature Variation below the Thermocline Detected by Argo Floats
Hosoda S., S. Minato, N. Shikama
Geophysical Research Letter   33 L13604   2006年   [査読有り]
Interdecadal Temperature Variations in the North Pacific Central Mode Water Simulated by an OGCM
Hosoda, S., S.-P. Xie, K. Takeuchi, and M. Nonaka
Journal of Oceanography   60 865-877   2004年   [査読有り]
Preliminary results on the field tests of New profiling float of Japan (NINJA)
Ando K., T. Kobayashi, K. Izawa, K. Mizuno, S. Hosoda, N. Shikama and K. Takeuchi
Argo Information Center (AIC) news letter      2003年
Eastern North Pacific Subtropical Mode Water in a general circulation model: Formation mechanism and salinity effects
Hosoda, S., S.-P. Xie, K. Takeuchi, and M. Nonaka
Journal of Geophysical Research   106 19671-19682   2001年   [査読有り]
Interdecadal Thermocline Variability in the North Pacific for 1958 97: A GCM Simulation
Xie, S.-P., T. Kunitani, A. Kubokawa, M.Nonaka, and S.Hosoda
Journal of Physical Oceanography   30(11)    2000年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
全球海洋監視システム「アルゴ」 [招待有り]
細田 滋毅
2013年度人工知能学会全国大会   2013年6月6日   
Argo float - Innovation for autonomous observations of global oceans - [招待有り]
Shigeki Hosoda
9th Japanese German Frontiers of Science Symposium   2012年10月26日   

競争的資金等の研究課題

 
全球塩分変動メカニズムの解明と地球規模の水循環変動との関連
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 細田 滋毅
地球規模の気候変動に伴う水温・塩分変動と水循環との関係
補助金
研究期間: 2004年 - 2008年
海洋表層から中層にかけて時間・空間的に密に水温・塩分の計測が可能なアルゴフロートが全球的に展開され,これにより海洋の変動をリアルタイムに監視することが出来るようになってきた.これを利用して,気候変動に対する海洋の役割について明らかにする.特に,表層塩分変動に着目し,地球全体の水循環の変動について,観測データに基づいた視点から調べる.
海洋表層の混合層分布・変動の観測的研究
補助金
研究期間: 2007年   
アルゴ観測網の構築によって、全球の混合層分布・変動が10日毎に把握できるようになってきた。これを利用して、各海域での混合層の変動特性を調べる。特に、今まであまり着目されてこなかった、春夏期の混合層変動について、その発達、破壊の過程を観測データから調査する。

社会貢献活動

 
第​1​回​ア​ル​ゴ​ユ​ー​ザ​ー​ミ​ー​テ​ィ​ン​グ
【出演, 司会, 企画, 運営参加・支援】  海洋研究開発機構・気象庁  ユーザーミーティング  2014年1月20日
Argo計画と海洋観測について
【出演, 取材協力】  NHKグローバルメディアサービス  DVD映像  2013年12月24日
IPCC特集取材
【取材協力, 情報提供】  海洋研究開発機構  Blue Earth129号  2013年12月9日
サイエンスZERO 温暖化研究最前線
【出演, 取材協力】  NHK  サイエンスZERO  2013年11月7日
気​候​予​測​の​た​め​の​海​洋​観​測​の​最​前​線​~​3​5​0​0​台​の​小​型​自​動​観​測​ロ​ボ​ッ​ト​「​ア​ル​ゴ​フ​ロ​ー​ト​」​が​明​か​す​地​球​の​姿​~​
【企画, 運営参加・支援】  海洋研究開発機構  ア​ル​ゴ​一​般​向​け​シ​ン​ポ​ジ​ウ​ム​  2011年12月2日