奈良岡 準

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/25 13:58
 
アバター
研究者氏名
奈良岡 準
 
ナラオカ ヒトシ
所属
アステラス製薬株式会社
部署
安全性研究所 先端安全性研究室
職名
室長
学位
博士(農学), MBA

研究分野

 
 

経歴

 
1996年
   
 
山之内製薬株式会社(現在アステラス製薬株式会社)
 
 
   
 
安全性研究(臨床病理検査、バイオマーカー探索)に従事
 
2004年
   
 
日本臨床化学会 認定臨床化学者取得
 

学歴

 
 
 - 
2006年
東京大学大学院 農学生命科学研究科 博士課程 
 
 
   
 
九州大学大学院 農学研究科 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
FIRM幹細胞安全性評価委員会  委員
 
 
 - 
現在
日本臨床化学会 動物臨床化学専門委員会  委員
 
 
 - 
現在
日本毒性学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本臨床化学会  評議員
 

受賞

 
2008年
日本毒性学会 第35回学術年会優秀発表賞
 
2007年
日本臨床化学会 奨励賞
 
2007年
日本臨床化学会 奨励賞
 
2008年
第35回日本トキシコロジー学会優秀発表賞
 

Misc

 
The importance of Urinalysis and Effects of Urine Collection Techniques in Toxicity studies with Rats
Toshiaki Matsuzawa, Atsuko Ishikawa and Hitoshi Naraoka
Biological Reference Data on CD(SD)IGS Rats-1999   9-22   1999年
Urinary protein profiles in Crj:CD(SD)IGS rats determined using proteinchip technology
Hajime Tabata, Mieko Saita, Masayuki Furutsuka, Hitoshi Naraoka, Yukie Saegusa
Biological Reference Data on CD(SD)IGS Rats-2002/2003   35-37   2003年
Hitoshi Naraoka, Kyoko Ito, Michie Suzuki, Kunihiko Naito, Hideaki Tojo
Clinica Chimica Acta   361(1-2) 159-66   2005年
Hitoshi Naraoka, Kyoko Ito, Michie Suzuki, Kunihiko Naito, Hideaki Tojo
Experimental Animals   55(1) 1-9   2006年
The role of biomarkers in toxicity treatment “Metabonomics” as a New biomarker discovery method[Review]
Hitoshi Naraoka, Ken-ichi Suzumura, Ken-ichiro Takeuchi, Takeshi Sasayama
Rinsyo Byori   56(4) 335-42   2008年

書籍等出版物

 
Basic Animal Psysiology
Adthree   2006年   

講演・口頭発表等

 
ラットにおける血中コレステロール分画法の比較
第27回日本トキシコロジー学会,横浜   2000年   
Toxicity profiling of urinary protein expression using the ProteinChip system.
The 18th International Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine.   2002年   
心筋傷害を伴うEGFP-hGHtgマウスにおける心傷害バイオマーカーH-FABPの評価
製薬協基礎研究部会講演会「毒性評価における新規バイオマーカーの現状と展望」   2003年   
消化管潰瘍におけるFABPファミリー測定の有用性の検討
第46回日本臨床化学会学術集会   2006年   
中毒治療におけるバイオマーカーの役割-新しい探索手法メタボノミクスについて-
第54回日本臨床検査医学会年次集会、第43回日本臨床化学会学術集会連合大会シンポジウム「臨床検査現場での薬毒物検査確立と今後の発展のために」   2007年   

Works

 
ヤマザキ動物看護短期大学非常勤講師
2007年

競争的資金等の研究課題

 
創薬バイオマーカー探索研究事業 研究分担者
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2008年