新家 光雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/03 07:46
 
アバター
研究者氏名
新家 光雄
 
ニイノミ ミツオ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/74a4104142dd0b7fdf47a1d38d45286e.html
所属
名城大学
部署
理工学部
職名
特任教授
学位
工学博士(名古屋大学), 博士(歯学)(愛知学院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 金属材料研究所 生体材料学研究部門 教授
 

委員歴

 
2013年
   
 
- Healthcare-Open Access Journal Editorial Board
 
2012年
   
 
- 日本学術会議 材料工学委員会 材料の循環使用検討分科会 委員
 
2012年
   
 
- International Journal of Material and Mechanic Engineering Editorial Board
 
2011年
   
 
- The Scientific World JOURNAL Editorial Board: Biomaterials
 
2011年
   
 
- Journal of Biomatter Editorial Board
 

受賞

 
2015年
平成27年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)
 
2014年
軽金属学会賞
 
2013年
第58回本多記念講演
 
2011年
学会賞
 
2008年
Lee Hsun Lecture Award
 

Misc

 
Baoru Guan, Xuetao Shi, Zhenhua Dan, Guoqiang Xie, Mitsuo Niinomi and Fengxian Qin
Intermetallics   72 69   2016年
E. Takematsu, K. Cho, J. Hieda, M. Nakai, K. Katsumata, K. Okada, M. Niinomi and N. Matsushita
Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials   61 174-181   2016年
Murat Isik, Mitsuo Niinomi, Ken Cho, Masaaki Nakai, Huihong Liu, Hakan Yilmazer, Zenji Horita and Takayuki Narushima
JMBBM   59 226-235   2016年
Ken Cho, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Huihong Liu, Pedro F. Santos, Yoshinori Itoh, Masahiko Ikeda, Mohamed abdel-hady Gepreel and Takayuki Narushima
Journal of Alloys and Compounds   664 272-283   2016年
Junko Hieda, Mitsuo Niinomi, Masaaki Nakai, Ken Cho and Ayaka Matsubara
Materials Transactions   56(10) 1703-1710   2015年

書籍等出版物

 
金属便覧改訂6版
丸善(株)   2000年   
金属材料の加工と組織
共立出版株式会社   2010年   
Non-aerospace Applicatins of Titanium
TMS   1998年   
Structural Biomaterials for the 21st Century
TMS   2001年   
Titanium and Its Alloys, Ency. of Biomaterials Engineering
Marcel Dekker,INC   2005年   

講演・口頭発表等

 
Investigation on abnormal deformation behaviors of biomedical oxygen-modified Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr alloys
日本鉄鋼協会共同セッション   2016年   
Mo添加によるβ型Ti-Mn系合金への双晶変形の導入による延性の改善
日本金属学会2015年度春期大会   2016年   
チタン中でのマグネシウムの固溶強化能
日本金属学会2015年度春期大会   2016年   
Influence of solid-solution strengthening in fatigue strength of construct using Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr alloys for spinal fixation device
日本金属学会2015年度春期大会   2016年   
Balanced mechanical properties of Co-Cr-Mo alloys processed by high-pressure torsion and subsequent short-time solution treatment and characterization of their microstructures
日本金属学会2015年度春期大会   2016年   

Works

 
革新的新構造材料-チタン材料
2013年
チタン材一貫製造プロセス技術開発/高被削性合金厚板の開発における複相チタン合金の破壊と組織開発
2013年
脊柱側弯症矯正用TNTZロッドの研究開発
2006年
Ti-6Al-4V合金における、疲労強度特性におよぼすミクロ組織の影響に関する研究
2006年
生体用チタン合金表面に成膜したハイドロキシアパタイト膜の密着性の生体模擬環境下における変化
2012年 - 2017年

競争的資金等の研究課題

 
生体用チタン合金の設計・開発
その他の研究制度
研究期間: 1995年   
生体用チタン合金の生物学的および力学的生体適合性
その他の研究制度
研究期間: 1995年   
生体用チタン合金の生体活性表面修飾
その他の研究制度
研究期間: 1995年   
歯科用銀金パラジウム合金のミクロ構造と力学的特性
その他の研究制度
研究期間: 1995年   

特許

 
SPINAL FIXATION ROD MADE OF TITANIUM ALLOY (チタン合金で作られた背骨の固定ロッド)
US9,034,017 B2
抗菌性検査方法
特開2014-239677
チタン合金への白色コーティング方法
特開2013-147439
SPINAL FIXATION ROD MADE OF TITANIUM ALLOY (チタン合金で作られた背骨の固定ロッド)
US8,425,567 B2
疲労強度に優れた低弾性率の脊椎固定用チタン合金製ロッド及びその製造方法(旧名称:高耐久性生体用チタン合金)
特開2011-256443