KURIKI Ichiro

J-GLOBAL         Last updated: Dec 18, 2018 at 10:43
 
Avatar
Name
KURIKI Ichiro
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/b45bd4814e739356b9bbca6fa3269717.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Research Institute of Electrical Communication Human Information Systems Division Visual Cognition and Systems Cognitive Brain Functions
Job title
Associate Professor
Degree
Ph.D.(Tokyo Institute of Technology)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Sep 1993
 - 
Jul 1994
Visiting Graduate Student, Department of Psychology, University of California, San Diego
 
Apr 2002
 - 
Dec 2005
Visiting Associate Professor, Department of Information Physics, Tokyo Institute of Technology Graduate School
 
Mar 2001
 - 
Dec 2005
Researcher, NTT Communication Science Laboratories, NTT Corp.
 
May 2000
 - 
Feb 2001
Post Doctoral Fellow, Japan Science and Technology Agency
 
Oct 1999
 - 
May 2000
Research Associate, Graduate School of Engineering, University of Tokyo
 

Education

 
 
 - 
Mar 1996
Department of Intelligence Science, Graduate School, Division of Integrated Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
 
 
 - 
Mar 1991
Department of Mathematical Engineering and Information Physics, Faculty of Engineering, The University of Tokyo
 

Committee Memberships

 
Mar 2008
 - 
Today
Visual Science and Technology Consortium  organizing comittee
 
Jan 2007
 - 
Today
Vision Scoeity of Japan  advisor
 
May 2011
   
 
映像情報メディア学会  本部評議員
 
May 2009
 - 
May 2011
映像情報メディア学会 論文誌編集委員会  部門委員
 
May 2009
 - 
Apr 2011
映像情報メディア学会  東北支部庶務幹事
 

Awards & Honors

 
Sep 2010
2009年 日本感性工学会 優秀発表賞, 日本感性工学会
 
Oct 2007
石田實記念財団 研究奨励賞, 財団法人 石田實記念財団
 
Mar 2003
Best paper award of Japan Society of Applied Physics, 社団法人 応用物理学会
 
Jul 1998
Best paper award of Illumination Engineering Society of Japan, 社団法人 照明学会
 

Published Papers

 
Nagai T, Hosaka Y, Sato T, Kuriki I
Journal of vision   18(13) 6   Dec 2018   [Refereed]
Kaneko S, Murakami I, Kuriki I, Peterzell DH
i-Perception   9(5) 2041669518800507   Sep 2018   [Refereed]
Shioiri S, Hashimoto K, Matsumiya K, Kuriki I, He S
Journal of vision   18(9) 17   Sep 2018   [Refereed]
Shioiri S, Kobayashi M, Matsumiya K, Kuriki I
Scientific reports   8(1) 7171   May 2018   [Refereed]
Kuriki I
i-Perception   9(2) 2041669518761731   Mar 2018   [Refereed]

Misc

 
Review on the vision-science studies using brain-activity-imaging techniques
Ichiro Kuriki & Kaoru Amano
VISION   25(2) 85-94   Apr 2013
What are color illusions?
Ichiro Kuriki
Kogaku   39(3) 89-95   Mar 2010
皮質刺激型人工視覚の新たな可能性
栗木一郎
神経眼科   26(4) 396-406   Dec 2009
内発的な視覚的注意による定常的視覚誘発電位の変調効果
柏瀬啓起,松宮一道,栗木一郎,塩入 諭
VISION   21(1) 39-44   Jan 2009
Color representation in human brain
Ichiro Kuriki
The Science of Vision   29(3)    Sep 2008

Books etc

 
知覚心理学
北岡明佳編著 (Part:Editor, 第3章)
ミネルヴァ書房   Apr 2011   
新編 色彩科学ハンドブック第3版
日本色彩学会編 (Part:Joint Work, 第8章 色の生理)
朝倉書店   Apr 2011   ISBN:978-4-13-061131-2
映像情報メディア工学大事典
映像情報メディア学会編 (Part:Joint Work, 3.4 色覚情報処理:高次機能,4.6 分光感度と明るさへの順応)
オーム社   Jun 2010   ISBN:978-4-274-20869-0
視覚心理入門-基礎から応用視覚まで-
映像情報メディア学会 編・内川惠二 監修 (Part:Editor, 3.1 脳機能計測)
オーム社   Mar 2009   ISBN:978-4-274-20661-1
The methods of experiments for sensation and perception
Ichiro Kuriki et al. (Part:Editor, 第8章「非侵襲脳機能計測」)
Asakura Publishing Co. Ltd.   Oct 2008   ISBN:978-4-254-10635-0

Conference Activities & Talks

 
Study on color category in Japanese by using a clustering analysis [Invited]
KURIKI Ichiro
Asia Color Association Conference 2018   7 Dec 2018   
Colors in the words, colors in the brains. [Invited]
KURIKI Ichiro
Color Association of Japan, 70th anniversary lecture   24 Nov 2018   
Representation dissimilarity analysis of cortical responses to color stimuli
KURIKI Ichiro
ISMRM-Japanese Chapter 2nd meeting   23 Feb 2018   
Color category in languages and infants [Invited]
Color Association of Taiwan Annual Meeting   25 Nov 2017   
Representation of color information in human visual cortex [Invited]
Public Lecture, Department of Psychology, National Taiwan University   23 Nov 2017   

Patents

 
4225414 : 画像色補正装置,方法,プログラムおよび記録媒体
栗木一郎
特許公開2006 - 47601 : 立体画像呈示方法並びに立体視画像生成投影装置及び呈示システム装置
栗木一郎

Social Contribution

 
水色はこの30年で青から独立
[TV or radio appearance, Contribution]  朝日小学生新聞  28 Mar 2017
日本語の色名カテゴリーに関する研究成果に関する記事.3年前の英語における研究と,30年前の同種の研究との比較により現代日本語の特徴を抽出することに成功した.
<東北大>日本人 水色と青色を明確に区別
[TV or radio appearance, Contribution]  河北新報  7 Mar 2017
日本語の色名カテゴリーに関する研究成果に関する記事.3年前の英語における研究と,30年前の同種の研究との比較により現代日本語の特徴を抽出することに成功した.
Babies’ Innate Sense of Color
[TV or radio appearance, Contribution]  Scientific American Mind  1 May 2016
言語を獲得する前の乳幼児の脳活動を測定し,色のグループ(カテゴリー)に対応した脳活動の変化を発見した.
Ma I colori sono uguali per tutti?
[TV or radio appearance, Contribution]  Il Venerdi  1 May 2016
言語を獲得する前の乳幼児の脳活動を測定し,色のグループ(カテゴリー)に対応した脳活動の変化を発見した.
Human visual cortex holds neurons that selectively respond to intermediate colors
[TV or radio appearance, Contribution]  EurekAlert!  13 Oct 2015
脳活動計測により,人間の脳内の色選択性を調べたところ,初期の視覚野において中間色に対応して反応する脳活動の存在を明らかにした.

Others

 
Apr 2010
A report of an investigation on ICT field and a preliminary study on R&D funding strategies
Apr 2010   遺伝子導入による視覚再建研究
一旦失明に至ると視覚を回復させる治療法はない。特定疾患である網膜色素変性症、加齢黄斑変性症では、失明に至った場合でも、視細胞を除くその他の神経細胞は残存し、機能することが知られている。我々は、緑藻類由来の遺伝子をこれらの残存する神経細胞に導入することによって、視機能を回復できることを報告している。本研究では、本遺伝子治療の有効性、安全性を高等動物で調べ、最終年度までに臨床研究用cGMP適合治療用ウイルスベクターの生産に至ることを目的とする。
Apr 2007   人間の大脳視覚野の色選択性に関する研究
サルなどの動物では電気生理学などの生体侵襲的な研究手法によって,大脳視覚野の細胞特性が調べられている.人間でも非侵襲的な脳活動計測手法によってさまざまな大脳の特性が調べられているが,その中でも色刺激に対する応答特性については未だに解明されていない.本研究では高強度の静磁場特性をもつMRI装置を用いて,ヒトの大脳視覚野の色刺激に対する応答特性を明らかにすることを目的としている.
Oct 2006   運動視・形態視情報と色情報の統合過程に関する共同研究
本研究では運動視や形態知覚に関する人間の視覚情報処理における色情報の寄与を視覚探索課題や眼球運動課題によって心理物理学的に調べる.