佐藤 吉幸

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/06 02:40
 
アバター
研究者氏名
佐藤 吉幸
 
サトウ ヨシユキ
通称等の別名
佐藤嘉幸
所属
筑波大学
部署
人文社会系
職名
准教授
学位
博士(哲学)(パリ第10大学), 博士(経済学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
   
 
筑波大学人文社会科学研究科 現代語・現代文化専攻 准教授
 
2008年4月
 - 
2013年3月
筑波大学人文社会科学研究科 現代語・現代文化専攻 講師
 
2005年9月
 - 
2008年3月
筑波大学人文社会科学研究科 現代文化・公共政策専攻 講師
 

学歴

 
 
 - 
2004年9月
パリ第10大学大学院 認識・文化研究科 哲学専攻
 
 
 - 
2001年11月
京都大学大学院 経済学研究科 経済システム分析専攻
 
 
 - 
1994年3月
京都大学 経済学部 経済学科
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
2018年10月
社会思想史学会  第43回大会、「デリダ『嘘の歴史 序説』から見るアレントの嘘論」(発表者・和田隆之助)発表司会
 
2017年11月
 - 
2017年11月
社会思想史学会  第42回大会、「「思弁」をめぐるフロイトのアンビヴァレンス——サラ・コフマン『「大変な のは最初の一歩にすぎません」』を読む」(発表者・フィヨル入江容子)発表司会
 
2017年4月
 - 
2021年3月
京都大学人文科学研究所  共同研究「フーコー研究」班員
 
2016年10月
 - 
2016年10月
社会思想史学会  第41回大会、「ミシェル・フーコーの戦争概念について」(発表者・清水雄大)発表司会
 
2016年4月
   
 
雑誌『Actuel Marx』  日本通信員
 

論文

 
判決から導かれる二つの帰結——賠償格差の圧縮、健康影響の否認
佐藤嘉幸
福島原発訴訟かながわ原告団だより   (35) 6-6   2019年3月
複雑なものを複雑なままに提示することの豊かさと困難——重田園江『統治の抗争史』
佐藤嘉幸
『図書新聞』2019年3月9日号   3-3   2019年3月
新刊紹介:『『脱原発の哲学』は語る』
佐藤嘉幸
表象文化論学会ニューズレター『REPRE』、https://www.repre.org/repre/vol35/books/editing-multiple/sato/   (35)    2019年2月
恐れなき発言と抵抗
ジュディス, バトラー;佐藤嘉幸
『現代思想』総特集=ジュディス・バトラー   47(3) 87-99   2019年2月
個人的パレーシアから集団的パレーシアへ——「恐れなき発言と抵抗」へのコメント
佐藤嘉幸
『現代思想』総特集=ジュディス・バトラー   47(3) 100-104   2019年2月

書籍等出版物

 
〈68年5月〉と私たち——「現代思想と政治」の系譜学
佐藤嘉幸 (担当:分担執筆, 範囲:ドゥルーズ=ガタリと〈68年5月〉(1)——『アンチ・オイディプス』、『千のプラトー』をめぐって)
読書人   2019年4月   
『脱原発の哲学』は語る
佐藤嘉幸;田口卓臣;前田朗;村田弘
読書人   2018年7月   
アセンブリ——行為遂行性・複数性・政治
バトラー, ジュディス;佐藤嘉幸;清水, 知子 (担当:単訳)
青土社   2018年1月   
三つの革命——ドゥルーズ=ガタリの政治哲学
佐藤嘉幸;廣瀬純
講談社   2017年12月   
『脱原発の哲学』を読む
佐藤嘉幸;田口卓臣;小出裕章;西山雄二;渡名喜庸哲;岩田渉;五十嵐泰正;早尾貴紀;本間信和;木村周平
読書人   2017年10月   

講演・口頭発表等

 
「福島原発集団訴訟の判決を巡って——民衆の視座から」へのコメント [招待有り]
佐藤嘉幸
「福島原発集団訴訟の判決を巡って——民衆の視座から」、スペース・オルタ(横浜)   2019年4月21日   
バトラーのパレーシア解釈について [招待有り]
佐藤嘉幸
共同研究「フーコー研究」、京都大学人文科学研究所   2019年1月26日   
生権力/生政治とは何か——レイシズム、自由主義、新自由主義 [招待有り]
佐藤嘉幸
共同研究「フーコー研究」、京都大学人文科学研究所   2019年1月25日   
From Individual Parrhesia to Collective Parrhesia: Reply to “Fearless Speech and Resistance” by Judith Butler
SATO, Yoshiyuki
Discussion Seminar about "Notes Toward a Performative Theory of Assembly", Meiji University   2018年12月9日   
ドゥルーズ=ガタリと68年5月 [招待有り]
佐藤嘉幸;廣瀬純
第32回新潟大学哲学セミナー、新潟大学   2018年11月2日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ミシェル・フーコー「コレージュ・ド・フランス講義」総体の理論的・思想史的研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 佐藤吉幸
「フランス現代思想」による「学校」批判と教育実践に関する理論的・歴史的総合研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 廣瀬純
啓蒙期から現代に至るカタストロフィの思想と表象に関する総合的研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(C)
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 西山雄二
「現代思想」と政治—マルクス主義・精神分析・政治哲学を軸とする理論的・歴史的研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤研究(B)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 市田良彦
ジャック・デリダの思想とデモクラシー概念の拡張
日本学術振興会: 科学研究費 若手研究(B)
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 佐藤吉幸