藤岡 正博

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/15 02:59
 
アバター
研究者氏名
藤岡 正博
eメール
fujioka.masahiro.gnu.tsukuba.ac.jp
URL
http://mfujioka.web.fc2.com/
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
准教授
学位
理学博士(大阪市立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年12月
   
 
筑波大学 生命環境系 准教授(八ヶ岳演習林勤務)
 
2008年4月
 - 
2010年11月
筑波大学 生命環境科学研究科 准教授(農林技術センター筑波実験林勤務)
 
2004年4月
 - 
2007年3月
筑波大学 生命環境科学研究科 助教授(農林技術センター井川演習林勤務)
 
2003年11月
 - 
2004年3月
筑波大学 生命環境科学研究科 助教授(農林技術センター筑波苗畑勤務)
 
1995年10月
 - 
2003年10月
農林水産省農業研究センター 病害虫防除部鳥害研究室 室長
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1987年6月
大阪市立大学 理学研究科 生物学専攻
 
1980年4月
 - 
1983年3月
大阪市立大学 理学研究科 生物学専攻
 
1975年4月
 - 
1980年3月
大阪市立大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
1999年
 - 
2001年
日本生態学会  日本生態学会誌編集委員
 
1996年
 - 
2008年
日本生態学会  保全生態学研究誌編集委員
 
1991年
   
 
日本鳥学会  改革委員、評議員、常任評議員、他
 
1990年
 - 
1998年
日本動物行動学会  J. Ethology編集委員
 

論文

 
水田における鳥類多様性の保全
藤岡,正博
『農業および園芸』   90(10) 995-1003   2015年10月
熊田,那央;藤岡,正博;本山,裕樹
日本鳥学会誌   63(1) 23-32   2014年4月   [査読有り]
カワウPhalacrocorax carboのねぐらやコロニーの分布にアユPlecoglossus altivelisの放流が与える影響を明らかにするために,2006年から2008年の関東地域のカワウのねぐら・コロニーサイズと,その周囲20 kmの採食範囲でのアユ放流量の関係を調べた. 3月のカワウの総個体数は約14,000個体であった.アユ放流量は約120,000 kgで,これは,カワウ1個体あたり1日500 g 採食するとした場合の約17日分の資源量であった.このことからアユがカワウに...
Infanticide by a male parent and by a new female mate in colonial egrets.
Fujioka,Masahiro
Ibis   128 419-422   1986年7月   [査読有り]
Infanticide by a male parent and by a new female mate in colonial egrets.
Fujioka,Masahiro
The Auk   103 619-621   1986年7月   [査読有り]
Kumada,Nao;Arima,Tomoko;Tsuboi,Jyun-ichi;Ashizawa,Akihiko;Fujioka,Masahiro
Fisheries Research   137 81-87   2013年1月   [査読有り]
In Japanese rivers, there is a serious conflict between the great cormorant (Phalacrocorax carbo hanedae) and fisheries. The basis of this conflict is that the cormorants feed on ayu (Plecoglossus altivelis), a commercially important fish that is ...

書籍等出版物

 
Intra-family social relations of colonial egrets, cattle egrets Bubulcus ibis and little egrets Egretta garzetta.
藤岡, 正博
1987年6月   
アマサギ
藤岡正博
大阪の野鳥 大阪の野鳥 松籟社(京都)   1983年8月   
サギ山.
藤岡正博
京都の動物 Ⅰ 京都の動物 Ⅰ 法律文化社   1986年2月   
集団繁殖性サギ類の雌雄関係
藤岡正博
鳥類の繁殖戦略・上 鳥類の繁殖戦略・上 東海大学出版会   1986年3月   
Mechanisms and factors of brood reduction in the cattle egret Bubulcus ibis.
Fujioka, M.
Animal Societies: Theories and Facts Animal Societies: Theories and Facts Japan Scientific Societies Press   1987年4月   

講演・口頭発表等

 
中部日本における牧草地へのシカの侵入頻度
俵,薫乃子;藤岡,正博
第62回日本生態学会大会   2015年3月19日   
The multi-scale aggregative response of cormorants to the mass stocking of fish in rivers.
Kumada,,N;Arima,,T;Tsuboi,,J;Ashizawa,,A;Fujioka,,M
26th International Ornithological Congress   2014年8月23日   
The origin and trend of the common magpie in Japan: Microsatellite analysis of old and new introduced populations.
Mori,,S;Hasegawa,,O;Eguchi,,K;Hayashi,,Y;Fujioka,,M;Kryukov,,A;Nishiumi,,I
26th International Ornithological Congress   2014年8月20日   
The effects of local- and landscape-scale habitat characteristics and their interaction on wintering waterbirds in lotus fields.
Murayama,,H;Furuki,,K;Katayama,,N;Fujioka,,M
26th International Ornithological Congress   2014年8月19日   
定着初期段階におけるアライグマの生息分布と繁殖状況
落合,菜知香;山﨑,晃司;藤岡,正博
第61回日本生態学会大会   2014年3月16日   

競争的資金等の研究課題

 
北海道に新規侵入したカササギ個体群の由来と定着条件の解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 藤岡 正博
カワウによる漁業被害防除技術の開発
国内共同研究
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 村上眞裕美
河川におけるカワウと漁業の関係
先導的技術実用化促進のための研究
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月
水田地域における生物生息ポテンシャル算定モデルの開発
国内共同研究
研究期間: 2007年7月 - 2008年2月
ツキノワグマによる樹皮剥ぎ被害の実態と対策
(選択しない)
研究期間: 2004年4月 - 2008年10月
静岡市北部の井川地区において、針葉樹の樹皮をツキノワグマが剥いで樹皮の下の層を食べる現象について、その実態とクマにとっての意味、有効で経済的な防除対策などを調べている。