内田 和彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/21 02:51
 
アバター
研究者氏名
内田 和彦
 
ウチダ カズヒコ
eメール
kazuhiko.uchidacbiri.org
所属
筑波大学
部署
医学医療系
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
1985年2月
 - 
1988年3月
癌研究振興財団 配属先:国立がんセンター研究所・ウイルス部 リサーチレジデント
 
1988年4月
 - 
1988年6月
国立がんセンター研究所 生化学部 研究員
 
1988年7月
 - 
1995年7月
筑波大学 基礎医学系・生化学分子腫瘍 講師
 
1995年4月
 - 
2001年3月
筑波大学 基礎医学系・生化学分子腫瘍 助教授
 
1997年4月
 - 
1999年3月
筑波大学 先端学際領域研究センター 研究員(併任)
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1983年3月
奈良県立医科大学 医学部 
 
1983年4月
 - 
1987年3月
奈良県立医科大学 医科学研究科 腫瘍病理学
 

委員歴

 
2007年
   
 
オミックス医療研究会  理事
 
2005年
   
 
臨床プロテオミクス研究会理事  理事
 
2000年
   
 
ゲノム創薬フォーラム  幹事
 

受賞

 
2017年6月
めぶきフィナンシャルグループ(取締役社長:寺門一義) 第1回めぶきビジネスアワード最優秀賞
 
「画期的な血液検査による高齢化社会における予防医療の支援」プランで第1回めぶきビジネスアワード最優秀賞に選ばれた。
2017年4月
公益財団法人 りそな中小企業振興財団 中小企業優秀新技術・新製品賞 優秀賞 産学官連携による認知症を早期発見する「MCIスクリーニング検査」の実用化
受賞者: 内田和彦;朝田隆
 

論文

 
Shimazui, Toru; Yoshikawa, Kazuhiro; Ishitsuka, Ryutaro; Kojima, Takahiro; Kandori, Shuya; Yoshino, Takayuki; Miyazaki, Jun; Uchida, Kazuhiko; Nishiyama, Hiroyuki
ONCOLOGY LETTERS   17(1) 1203-1210   2019年1月
MCIと認知症の血液バイオマーカーの現状と展望
内田,和彦
老年精神医学雑誌   29(増刊1) 90-98   2018年2月
アルツハイマー病脳における補体C3の発現解析
内田, 和彦;赤津裕康;鈴木秀昭;小川倫弘;兼坂岳志;橋詰良夫;松川則之;大原弘隆;朝田隆
補体   52(1) 58-58   2015年   [査読有り]
MCIおよびプレクリニカルADの血液バイオマーカーへの期待
内田, 和彦;鈴木, 秀昭
臨床検査   60(13) 1530-1536   2016年12月
MCIとプレクリニカルADの血液・髄液バイオマーカーとその病態生理学的背景
内田, 和彦
老年精神医学雑誌   27(6) 631-639   2016年12月

書籍等出版物

 
認知症の研究 -早期発見・早期介入と予防-
内田, 和彦
アゴラ   2013年   
ラットにおけるDiethylnitrosoamineと3-aminobenzamideによる肝がん発生とその機序に関する研究
内田, 和彦
1987年7月   
ADP-リボシル化はDNA修復と癌にどう関与しているか?
内田和彦;三輪正直 (担当:監修)
代謝 代謝    1991年1月   
ADP-リボシル化酵素の構造とDNA修復機能―研究の最新動向
内田和彦 (担当:監修)
日本臨床 日本臨床    1993年1月   
ポリADP-リボース合成酵素の構造と機能―最近の知見
内田和彦 (担当:監修)
放射線生物研究 放射線生物研究    1996年1月   

講演・口頭発表等

 
Investigation of task for early detection of cognitive decline in elderly people using functional near-infrared spectroscopy (fNIRS) for diagnosis of Alzheimer's disease
Uchida,Kazuhiko
The Alzheimer's Association International Conference 2018 (AAIC2018)   2017年7月16日   
Sequester Proteins Involved in Amyloid-β Clearance as Blood-based Biomarkers for MCI and Alzheimer’s Disease [招待有り]
Uchida,Kazuhiko
Kyudai Oral Bioscience 2018 (KOB2018)   2018年2月11日   
Serum amyloid-β sequester protein and complement activation levels are related to cognitive deline and neuroimaging in normal aging and MCI
Uchida,Kazuhiko
AAT-AD/PD Focus Meeting 2018   2018年3月15日   
MCIと認知症の血液バイオマーカーの現状と展望
内田,和彦
アルツハイマー病研究会 第18回学術シンポジウム   2017年4月21日   
血管病変と認知症:予防につなげる血液検査
内田,和彦
第9回日本未病システム学会近畿地方会・第16回未病臨床検査セミナー   2017年12月16日   

競争的資金等の研究課題

 
ADおよびMCIの新規バイオマーカーの生物学的意義の研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 内田和彦
認知症の超早期診断システムの構築と発症予防のための介入プログラムの作成
厚生労働科学研究費補助金: 認知症対策総合研究事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 内田和彦
本研究では「元気な高齢化社会実現のための生涯の健康脳の維持」を目的に「早期介入のための認知症早期診断法の確立」を目指す。利根プロジェクトと称した2001年から今日まで継続する「認知症予防の地域介入縦断研究」で蓄積してきた時系列の臨床データと血清を活用し、認知症を発症した者としなかった者の分子基盤の解析により、認知症発症と発症リスク要因・リスク抵抗要因に関わる生体分子(バイオマーカー)を明らかにする。申請者らが見いだした軽度認知障害(Mild Cognitive Decline: MCI)の...
ゲノム・プロテオームをベースとしたプロファイル診断システムの研究開発
㈱MCBI: 企業からの受託研究
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 内田 和彦
課題設定型産業技術開発費助成金 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (経済産業省)
ゲノム・プロテオーム解析による病態タンパク質の同定
その他
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 内田 和彦
奨学寄附金
がん早期診断マーカー探索のための疾患プロテオーム解析技術の開発
㈱島津製作所、㈱MCBI、㈱三井情報開発、産業技術総合研究所: 出資金による受託研究
研究期間: 2003年5月 - 2005年3月    代表者: 内田 和彦
即効型地域新生コンソーシアム研究開発事業、関東経済産業局 (経済産業省)

特許

 
PCT/JP2013/67785 : 認知機能障害疾患のバイオマーカー及び当該バイオマーカーを用いる認知機能障害疾患の検出方法
内田,和彦